サキシマツツジ
科  名
つつじ科
属   名
Rhodoendron
種   名
amanoi
**
**
花;2006.02.18:宜野座村松田

株;2006.02.18:宜野座村松田
新葉と蕾:2006.02.18:宜野座村松田
1.原産:「サキシマツツジ」は先島諸島固有の種で、河岸の崖などに生える常緑の低木です。
宜野座村松田の村道わきに植栽されています。

2.花期:宜野座村松田では通年開花しています。
●花序:花序は頂生で、小花梗は長さ10〜15个覗L咾鰺し、額は5裂、裂片は線状披針形〜披針形、背面と縁に腺毛を有します。

3.葉型:楕円形では葉先が少しとがっています。表面に剛毛があり、触れるとザラザラします。

4.草丈:常緑の低木で、1m位になり、小枝には伏した剛毛あります。

5.その他:**

[赤い花びらの花に戻る]