最近思いついたこと

★ 誰もこたえられない?「なぜ人を殺してはいけないのか。」
 参考までに考えを書いてみた。

「動物に生きる権利はあるか」
「動物はことばを話さない。だから人間にはわからない」と考えてしまう。
「人間の思いやる気持ち」があって初めてその事実に気づく。

★ 素朴な質問:物って何だろう、命って何だろう、宇宙って何だろう。
  これらに関して全くわかっていない基本的なこと。


★ 自分という人間は何故存在するのか
  トーマス・ジェファーソンのことば 「あなたは自分が誰か知りたいですか」

★ ダイレクトメールが届いた。そこには正しい歴史を知りたい方だけ開封してくださいと
  書いてあった。正しい歴史?

★ 人類は何度も滅びた歴史を持っているのではないか?
  スティーブン・ホーキング博士は「宇宙にはたくさんの生命体がいると考えられるが、
  高度に発達した文明は滅びてしまう」と語っていることから、考えられること


今後の課題、制作予定(考え中)

☆ できないことの意味について 
 できること、できるようになることは大切なこととして教えられてきたが、できないことについての意味とどう考えるかについては教えられた覚えはない。教えられてはいないのだろう。
  ことばの認識は世界を変える Part III 「正義にについての考察」の中に次のように書いた。
  「間違えること」は悪ではない。むしろ進歩するための第一歩である。
 できないのを見ると「できないことが悪いこと」のように行動する人がいる。
 「できないこと」は悪ではない。人は学び、訓練すればたいていのことは出来るようになる。
 すべてできる人などいない。誰でもできるわけではない。初めはみなできなかった。
 皆と同じ行動ができない。それは悪ではない。そのように見ること自体が独断と偏見である。
 それは偏った価値観を持っていることで、自分に対する反省が足りないことを意味している。

 では、できるとは何を意味しているのか。できないことを教えるとは何を教えることなのか。


☆ 認識の多面性 (第2部)
  本能とは何か。遺伝子による指令と定義できるか。どのような本能があるか。
  感情は本能と密接な関係があるのか。
  認識は誕生後に「言葉の学習」と教育により造られる。
  感情は認識により制御されるようになる。しかし、感情が制御されない人もいる。
  大人になっても感情が認識より早く反応する場合もある。
  「感情が思考を支配する、思考が感情を制御する」、この意味を正確に理解することが必要である。
  感情と認識は共同作業として働く。それを心と表現できるかもしれない。