マイケル・ジャクソンは無罪だった。
「マイケル・ジャクソンが少年に性的虐待を行った疑惑で訴えられた」
という事実を知る人は多いだろう。

しかし、その疑惑の真実を知る人は少ない。
未だに、彼は限りなく黒(有罪)に近い白、またはグレーだった、
と勘違いしている人が多くはないか。

マイケル亡き後の某追悼番組のナレーションが
「少年への性的虐待疑惑については真実は明らかになっていない」
と伝えているのを観た。怒りを通り越して悲しくなった。

マイケル・ジャクソンは無罪だった。
それが公正な裁判で下された結果であり、真実だ。

真実を知らない人が多い理由は、報道が不十分であるからに他ならない。
真実を知れば知るほど、マイケルがメディアの偏向報道の被害者であったこともわかるだろう。

このサイトはマイケル・ジャクソンのファンでない(なかった)人に特に届けたい。
ここに記してあること全てを盲目に信じて欲しいと訴えたいのではない。
真実が知りたいなら、このサイトを含め世界中に溢れる様々な情報から
あなた自身が見極めて欲しい。何が真実なのかを。

1.はじめに

2.登場人物

3.マーティン・バシールのドキュメンタリー番組

4.マーティン・バシールのドキュメンタリー番組のカットシーン

5.アルビーゾ家の反論ビデオ

6.検察側:アルビーゾ家の証言
6−1.ギャビン・アルビーゾ(告発人)の証言
6−2.スター・アルビーゾ(告発人の弟)の証言
6−3.ダブリン・アルビーゾ(告発人の姉)の証言
6−4.ジャネット・アルビーゾ(告発人の母親)の証言

7.過去の訴訟について

8.検察側:その他各証人の証言
8−1.マーティン・バシールの証言
8−2.アン・マリー・カイトの証言
8−3.アルバート・ラファティの証言
8−4.ポール・ゼリス、スティーブ・ロベルの証言
8−5.キキ・フォーニアーの証言
8−6.ローレン・ウォレス、シンディ・ベルの証言
8−7.ジョージ・ロペスの証言
8−8.ラリー・フェルドマンの証言
8−9.ヘスス・サラスの証言
8−10.ラルフ・チェイコン、エイドリアン・マクマナスの証言
8−11.ジェイソン・フランシアの証言
8−12.ジューン・チャンドラーの証言
8−13.ブライアン・バロンの証言
8−14.デビー・ロウの証言

9.弁護側の証人の証言
9−1.ウェイド・ロブソンの証言
9−2.ブレット・バーンズの証言
9−3.マコーレー・カルキンの証言
9−4.ジョー・マーカス、バイオレット・シルバの証言
9−5.ラリー・キングの証言
9−6.ジェイ・レノの証言
9−7.クリス・タッカーの証言

10.審判

11.私的考察と関連リンク

12.画像あれこれ

※サイト中の証言等の多くは、著書「マイケル・ジャクソン裁判〜あなたは彼を裁けますか?〜」からの引用です。
更に詳しく真実を知りたい方は購入をお勧めします。amazon商品詳細はこちら


サイト作成日:2009年9月10日 サイト主:わむー
Counter