ようこそ尾瀬・サイトへ

サイトマップ

リンク集

プロフィール

ホーム

尾瀬について

尾瀬・ハイキング

尾瀬・花の群落

尾瀬・花・写真

尾瀬・花ごよみ

尾瀬・歴史

尾瀬・アクセス、駐車場

尾瀬・山小屋、休憩場

問合せ先一覧

尾瀬行き装備

尾瀬Q&A

ブログ


尾瀬国立公園

尾瀬ってどんなところ?

尾瀬は太平洋側と日本海側の境界付近に位置し、標高2,228mの至仏山、標高2,356mの燧ケ岳の2つの山に挟まれている広大な湿原。尾瀬の面積は8,690haで東京ディズニーランド106個分に相当する。 尾瀬は、至仏山、燧ケ岳、中原山、尾瀬ヶ原(長径約6q、幅約2q)、尾瀬沼(1周約6km)と大江湿原などからなり、尾瀬は本州最大の湿原地帯である。
およそ標高1,400m〜標高2,400mにある尾瀬は、豪雪地帯で厳寒地でもある。この厳しい環境の中で生き抜いている植物には、力強さ・美しさが満ち溢れている。
また、2007年8月30日に日光国立公園から独立して、尾瀬国立公園となった。
尾瀬についてのページはこちら
尾瀬ハイキングのページはこちら

尾瀬には何があるの?

尾瀬は自然の宝庫。尾瀬の水芭蕉(ミズバショウ)の時期、湿原や山々の木々が芽生えて新緑に覆われる初夏、湿原の花が咲き乱れる夏、草紅葉と紅葉に覆われる秋と、尾瀬はいつ行っても美しい自然がある。 花の名山で名高い至仏山。湿原の花の群落水芭蕉(ミズバショウ)リュウキンカミツガシワワタスゲニッコウキスゲキンコウカなどは日本有数であり、その美しさは新聞や雑誌、写真集はもちろんテレビなどで紹介されるほど。
花の群落についてのページはこちら
尾瀬の花についてのページはこちら
尾瀬・ハイキングコースについてはこちら
のページはこちら

尾瀬国立公園になる

春の雪解けから秋の終わりまで、その短いシーズンを全力で駆け抜ける尾瀬。 白い水芭蕉(ミズバショウ)に始まり、 リュウキンカワタスゲニッコウキスゲ と紫や紅に咲き競う尾瀬の花々。小鳥のさえずり、遥かかなたへ続く木道と緑で覆われた広大な尾瀬の湿原地帯。
この美しい自然の宝庫尾瀬は、2007年8月30日に尾瀬国立公園になった。 環境省によると、1987年に指定された釧路湿原国立公園以来20年ぶりの指定で、日本の国立公園としては29番目になる。 尾瀬は、学術的価値が高く、ほぼ全域が国立公園特別保護地域および特別天然記念物に指定されている。その為、保存が厳しく義務づけられている。わずかな変化でもその影響は尾瀬全体に及んでしまう。尾瀬の環境そのものを保全するため、現状を変更してはいけないことになっている。

尾瀬国立公園とは

尾瀬国立公園は栃木県、群馬県、福島県、新潟県の4県にまたがる国立公園である。2007年8月30日に日光国立公園から分離し、会津駒ヶ岳(2,133m、福島県)、田代山(1,926m、福島県・栃木県)、帝釈山(2,060m、福島県と栃木県の県境)など周辺地域を編入する形で国立公園に指定された。尾瀬地域は、湿原、沼、森林、渓谷など、変化に富んだ美しい自然の宝庫。その美しさゆえ多くの人が訪れるが、このことが、尾瀬の自然生態系を乱す原因の1つになっている。 将来にわたって尾瀬の自然を楽しむことができるよう、尾瀬は国立公園特別保護地域および特別天然記念物に指定されていて、生態系と景観が厳重に保護されている。

尾瀬の環境保護

尾瀬では自然保護のため、木道が設置されていて、総延長は57kmにもおよぶ。木道を外れて湿原などに入ることは厳禁。また、草や木、枯葉一枚とて尾瀬エリヤ外へ持ち出すことも厳禁。尾瀬の山小屋、休憩所、トイレなどは衛生的でとても利用しやすい。
尾瀬では、高度な汚水処理が行われている。山小屋や公衆トイレには、合併処理浄化槽が設置され、汚水処理が行われたあと、その水はパイプラインで湿原への影響が少ないところに放流されている。 尾瀬では湿原保護のために山小屋や公衆トイレの汚水は何度も浄化され、清水並みにして流される。浄化の過程で出たヘドロは、人力やヘリコプターなどで、尾瀬の外へ運び出されている。

尾瀬の生態系

尾瀬には、珍しい植物が多く成育している。オゼソウオゼヌマアザミは、尾瀬とその周辺にしか見られないし、尾瀬ヶ原一帯に生えているオゼヌマタイゲキは尾瀬の固有種である。また、ナガバノモウセンゴケも北海道と尾瀬だけに見られる珍しい植物だ。 尾瀬にこのような珍しい植生が見られるのは、1つは太平洋側と日本海側の境界付近に位置していること。 また、尾瀬は標高1,400mの尾瀬ヶ原から標高2,356mの燧ケ岳まで、およそ1,000m の標高差の中に 高山、湿原、沼、森林、渓谷と多様性に富んだ地形が見られることなどによる。
ナガバノモウセンゴケについてはこちら

尾瀬の森林・亜高山帯樹林

尾瀬沼林道(約5km)は、標高1,415mの下田代と1,660mの沼尻を結ぶ燧ケ岳の山裾行く。 この尾瀬沼林道は尾瀬自然観察路。尾瀬で森林浴目的のハイキングには最高のコース。特に、尾瀬自然観察路No19地点白砂峠(標高1,670m)は亜高山帯樹林。
深呼吸をすると鼻にツーンと独特なさわやかな香りがする。これはオオシラビソ、トウヒ、コメツガなどの亜高山帯針葉樹林の樹脂の香りである。また林内には、亜高山帯で多く見られる広葉樹のダケカンバがあり、秋には美しい色相が見られる。
尾瀬・ハイキングコース、尾瀬沼林道についてはこちら

至仏山がなぜ花の名山?

標高2,228mと、それほど高くない至仏山に多くの高山植物が咲く理由は、この山が植物の成育しにくい蛇紋岩(ジャモンガン)でできているから。普通、樹木が成育できる上限、いわゆる森林限界は2,400m〜2,600mだが、至仏山では、1,700m付近で森林限界となる。それより高所は、高山植物の適地となる。さらに、数億年前にできた古い山であることから、氷河時代に成育していた高山植物にとって、適した種々の環境を備えている。蛇紋岩の山は高山植物の宝庫としてよく知られている。北海道の夕張岳、アポイ岳、戸蔦別岳、岩手県の早池峰山、群馬県の谷川岳、長野県の白馬岳などには珍しい植物が多い。
尾瀬・ハイキングコース、至仏山登山コースはこちら
その他、尾瀬・ハイキングコースについてはこちら
尾瀬・至仏山に咲く花はこちら

尾瀬研究見本園について

至仏山の山裾、猫又川の南に広がる湿原に、尾瀬に咲く湿原植物を移植して作られた尾瀬研究見本園がある。約1kmの木道がはりめぐらされたハイキングコース。尾瀬研究見本園では、5月下旬、水芭蕉がまず姿を現わしリュウキンカワタスゲと湿原を覆い始め、レンゲツツジタテヤマリンドウヒオウギアヤメなども咲きそろう。夏とともに、ニッコウキスゲが湿原を覆い、 キンコウカサワギキョウコオニユリオゼミズギクなども咲き競う。 尾瀬では、花の群落時期などの混雑時期でも、多くの人は中田代や 龍宮十字路方面へ向かう。この尾瀬研究見本園のハイキングコースは、 あまり人が入らないので、混雑時期の土・日でもゆっくりと 花の群落地を歩くことができる。
尾瀬研究見本園についてはこちら
尾瀬・研究見本園ハイキングコースについてはこちら

いろいろな尾瀬の姿を

尾瀬には主要な入山口だけでなく、その先に派生する様々なハイキングコースがある。ルートや季節などを変えて訪れる事で、尾瀬の豊かな自然の移り変わりを感じることが出来る。 尾瀬を理解するには時間が必要。できる限り尾瀬で過ごす時間が長くなるようなスケジュールを組むこと。尾瀬研究見本園のハイキングコースは、水芭蕉(ミズバショウ)の時期の土・日でも、ゆっくりと水芭蕉(ミズバショウ)群生地を歩くことができる場所。また、アヤメ平燧裏林道などのハイキングコースは、多くの人が利用しないため、シーズンを通じて静かな山旅を約束してくれる。
尾瀬・研究見本園ハイキングコースについてはこちら
尾瀬・ハイキングコースについてはこちら
のページはこちら


ホーム

尾瀬について

尾瀬・ハイキング

尾瀬・花の群落

尾瀬・花・写真

尾瀬・花ごよみ

尾瀬・歴史

ブログ

尾瀬・アクセス、駐車場

尾瀬・山小屋、休憩場

問合せ先一覧

尾瀬行き装備リスト

尾瀬Q&A

Copyreght 2006 尾瀬・サイト. All rights reserved. E-mail:mhnskow@yahoo.co.jp