1メートル測距儀 / Entfernungsmesser 1m R36





 火砲・火器の命中率を左右する重要な要素である「目標までの正確な距離」を測定する測距儀(レンジファインダー)。ドイツ軍も用途にあわせて様々な測距儀を使用しているが、ここで紹介するのは兵士1名で操作・距離測定が行える基線長(左右の対物レンズ間の長さ)が1メートルのもの。名称は「Em 1m R36」。500メートルから10,000メートルまでの測距が可能なため、小・中口径の対空砲や対戦車砲、MG34・MG42などの機関銃射撃まで幅広く距離測定に活用されている。本項では測距儀本体の他に、重い測距儀(重量6.2㎏)を肩と上半身で保持し、長時間の測距を可能にする「ショルダー・ハーネス」も合わせて掲載する。

Em 1m R36は各部が高度な技術を持って生産されており、ドイツ光学機器の高品質を実感できる。本項では1942年製のオリジナル品(ジャーマングレイ)と1943年にドイツで生産されたオリジナル品(ダークイエロー)であるが、戦後にノルウェー軍で使用されたと思われる2本をあわせて紹介する。

なお測距方法に関しては実物を操作しても不明なため未掲載。測距の方法という重要な部分が抜けている点は予めご了承頂きたい。

■各部のディテール紹介


・1943年製 測距儀のレストア

・光学部 その1

・光学部 その2

・光学部 その3

・光学部 その4

・測距儀本体筒

・1943年製 測距儀(レストア完了)

・ショルダーハーネス その1

・ショルダーハーネス その2

・ショルダーハーネスの装着

・測距儀で見る

・1942年製 測距儀 その1

・1942年製 測距儀 その2

・1942年製 測距儀 その3


ホームへもどる