1メートル測距儀 / Entfernungsmesser 1m R36




 火砲・火器の命中率を左右する重要な要素である「目標までの正確な距離」を測定する測距儀(レンジファインダー)。ドイツ軍も用途にあわせて様々な測距儀を使用しているが、ここで紹介するのは兵士1名で操作・距離測定が行える基線長(左右の対物レンズ間の長さ)が1メートルのもの。名称は「Em 1m R36」。500メートルから10,000メートルまでの測距が可能なため、小・中口径の対空砲や対戦車砲、MG34・MG42などの機関銃射撃まで幅広く距離測定に活用されている。本項では測距儀本体の他に、重い測距儀(重量6.2㎏)を肩と上半身で保持し、長時間の測距を可能にする「ショルダー・ハーネス」も合わせて掲載する。

 ここで紹介する「Em 1m R36」は1943年にドイツで生産されたオリジナルであるが、以下の点でドイツ軍が使用したオリジナルとは異なる部分がある。

・測距儀の銘板に「1m a-instr M/43」とある。ドイツ軍のものは「Em 1m R36」
・各部の調整ノブに付けられた表示プレートが一部ノルウェー語表記となっている
・ダークイエローのオリジナル塗装の上から、フィールドグレイの再塗装、さらにはジャーマングレイ&茶系の迷彩と3回塗りかえ

 これらの特徴から調べると、戦後ノルウェー軍で使用されていた個体のようである。ノルウェー仕様の銘板は文字以外、ドイツ軍のオリジナルと同じ作りになっている。第二次大戦中にドイツ軍がノルウェー向けにわざわざ仕様を変えて生産する可能性は低いので、戦後賠償でドイツから受け取った「Em 1m R36」を、ノルウェー軍が銘板だけを製作して貼り変えるという手の込んだ改造を行った可能もある。

 本ページではノルウェー軍仕様で入手した個体を完全分解・レストアしたものを紹介する。この測距儀に関しては実物を見ても不明な点・よく分からない箇所が多く、本項では一部が中途半端な内容となってしまっている点は予めご了承頂きたい。

■各部のディテール紹介


・測距儀のレストア

・光学部 その1

・光学部 その2

・光学部 その3

・光学部 その4

・測距儀本体筒

・測距儀外観

・ショルダーハーネス その1

・ショルダーハーネス その2

・ショルダーハーネスの装着

・測距儀で見る


ホームへもどる