○ 四則演算 ○


Q.矢吹先生が新しい四則演算を提唱されたって本当ですか?

A.疑問の余地なく本当です。

(解説)
これは聖典 第百二十七話「試練の部屋」において明らかにされたことです。
「魔術師」の異名を取る時の番人(クロノナンバーズ)、リン=シャオリー(が変装したグリン)がクリード・アイランド特攻隊を選別するためにつくったゲーム、「グリンの部屋」において、トレインとイヴが挑んだ最後のゲームの問題が以下のようなものでした。


Q3.○×クイズ

最終問題は○×クイズ!!

38543×42+68342÷20
×36−6539×7.5+8456
÷40+43629−83254−
80004×4=1795075.15

この数式の答!! 正しいかそうでないか!!

      正しい…○
      間違い…×


トレインはこれを勘で「○(正しい)」と答えて正解したわけですが、上記の数式を通常使われている(誤った)四則演算法則に従って解こうとすると、どう計算しても1333349.5となり、1795075.15は「×(間違い)」になってしまいます。

しかしながら、神のごとき矢吹先生の描かれる黒猫に間違いがあろうはずはなく、矢吹先生に愛される主人公トレインの勘が外れるはずもなく、「魔術師」の異名を取るリン=シャオリーが計算間違いをするはずもないわけですから、この式は正しいに決まっています。
この式を正しく解くには、すべての計算を加減乗除の区別なく頭から順番にこなしていけばよいのです。

38543×42=1618806
1618806+68342=1687148
1687148÷20=84357.4
84357.4×36=3036866.4
3036866.4−6539=3030327.4
3030327.4×7.5=22727455.5
22727455.5+8456=22735911.5
22735911.5÷40=568397.7875
568397.7875+43629=612026.7875
612026.7875−83254=528772.7875
528772.7875−80004=448768.7875
448768.7875×4=1795075.15

これまで私たちは、加減乗除の混じった計算を行う場合、加減よりも先に乗除の計算をしなければならないと誤った計算方法を教えられてきました。
しかし、ちょっと考えてみればわかることですが、フィルムのつなぎ方を勝手に変えた映画や、ページをランダムに並べ換えた書籍がまったく意味のないものになってしまうように、計算問題には出題者の意図した順番というものがあり、それを解答者の都合で勝手に変えるという暴挙は許さることではありません。
「1+2×3」は9にならなければおかしいのです。もし、先に掛け算をしてほしいなら、出題者は「2×3+1」と記述することでしょう。

古代ギリシャの時代から連綿と受け継がれ、これまで常識とされてきた誤りを見抜き、正しい計算方法を提唱した矢吹先生はやはり偉大です。
しかしながら、この語り継がれるべき成果はジャンプ本紙に掲載されるに留まり、コミックスにおいては従来の間違った計算方法に改悪されていました。
そこに巨大な組織の暗躍を感じる者はすくなくないようで、黒猫学会においては、これはローマ・カトリック教会の陰謀ではないかとの噂が飛び交っています。



黒猫用語の基礎知識に戻る
黒猫研究室に戻る
ショートカット