○ 聖典感想録 ○

黒猫を読み解く日々


第百六十三話「導きの光」より、奇跡に関する考察(WJ 2004年03号)

第百六十四話「コピーなる”道(タオ)” 」より、「真・黒猫」の存在証明(WJ 2004年04・05合併号)

第百六十五話「シャオリーの技」より論文4点(WJ 2004年06・07合併号)
 第百六十五話「シャオリーの技」より、セイレーンの秘めたる力と矢吹先生の創作スタンス
 第百六十五話「シャオリーの技」より、流星隊の戦略と「真・黒猫」の存在再証明
 第百六十五話「シャオリーの技」より、エーテス様の黒い爪に見る矢吹先生の創作能力
 第百六十五話「シャオリーの技」より、金属材料学的オリハルコン論

第百六十六話「激突! 白蛇の間」より論文2点(WJ 2004年08号)
 第百六十六話「激突! 白蛇の間」より、エーテス様の非紳士的行動学
 第百六十六話「激突! 白蛇の間」より、時の番人の猛攻と恐怖刺激に対する心理を考える

第百六十七話「クリードVSセフィリア」より、クリード様の深みあるキャラクター性を考える(WJ 2004年09号)

第百六十八話「究極の進化」より、クリード様の揺るぎなき紳士魂を考える(WJ 2004年10号)

第百六十九話「神の息吹(ゴッドブレス)」より、紳士魂の極限を考える(WJ 2004年11号)

第百七十話「最終奥義“滅界”」より、策士セフィリア女史の戦略と闘魂を考える(WJ 2004年12号)

第百七十一話「新たな脅威」より、クリード様の生存理由に見る完璧なストーリー構成法(WJ 2004年13号)

第百七十二話「鬼星隊」より、論文2点(WJ 2004年15号)
 第百七十二話「鬼星隊」より、鬼星隊の実力描写に見る演出技法を考える
 第百七十二話「鬼星隊」より、スヴェンの爆弾発言に隠された意味を読み解く

第百七十三話「神に抗う者達」より、トレインの気迫の表現方法に見る奥深い演出効果を考える(WJ 2004年16号)

第百七十四話「掃除屋として」より、頂上紳士決定戦を彩る淑女性と紳士性を考える(WJ 2004年17号)

第百七十五話「掃除屋として」より、頂上紳士決定戦を彩る淑女性と紳士性を考える その2(WJ 2004年18号)

第百七十六話「幻想虎徹LV3」より、超常レベルに達したクリード様の紳士魂を考える(WJ 2004年19号)

ジャンプ イン ジャンプ特別編より、ジェントルメン=スヴェンに見る紳士行動学(WJ 2004年19号・おまけ)

第百七十七話「黒猫の爪」より、果てしなき高みを目指す二人の頂上紳士の紳士的言動を考える(WJ 2004年20号)

第百七十八話「交錯する想い」より、論文2点(WJ 2004年21号)
 第百七十八話「交錯する想い」より、空中回廊の戦いに見る未来学者の見解
 第百七十八話「交錯する想い」より、黒十字が語る紳士魂の極限

第百七十九話「圧倒的力の差」より、「紳士的改造人間計画」が生み出す波紋を考える(WJ 2004年22・23合併号)

第百八十話「殺意と信念と…」より、「紳士的改造人間計画」の決着から出た新たな疑問(WJ 2004年24号)

第百八十一話「エキドナの闘い」より、エーテス様の非紳士行為が意味するものとは?(WJ 2004年25号)

第百八十二話「全ての想いを込めて」より、紳士の高みにつながる二つの道を考える(WJ 2004年26号)

第百八十三話「炸裂電磁銃」より、頂上紳士を争った二人の紳士の相違を考える(WJ 2004年27号)

第百八十四話「終結」より、闘いの終結がもたらす幸福を考える(WJ 2004年28号)

最終話「気ままな明日へ」より、大団円、標なき紳士道を歩むわれわれに残されたもの(WJ 2004年29号)


TRANS BOYより、宇宙を一つにまとめる紳士的精神を考える(WJ 2004年37・38合併号)


ゴジラ4コマ「今度のゴジラは速いらしい」より、未来学者、矢吹先生が見通す科学の行く末(WJ 2004年47号)




当ページへの案内リンクWJ
黒猫研究室に戻る
ショートカット