○ 黒猫最終巻発売に寄せて ○

副題:語り継がれるべき未来への遺産

2004/10/04(月)作成
2004/10/09(土)改訂
文責:目黒 学(目指せ黒猫学者)


BC(BlackCat暦)4年10月4日。
未来永劫、人類の記憶に……、いえ、大宇宙の歴史に刻まれるであろうこの日を迎えた今となっても、われわれはこの記念すべき日をどういう気持ちで過ごせばいいのかわかりません。

もちろん、今日がどんなの日であるかは、ここであらためて述べるまでもないでしょう。
全知全能の存在にして、すべてのジェントルメンたちを束ねる世界の良心、ミスター・オリジナリティとすら称された偉大なマンガ家、矢吹健太朗先生の手による至高の作品「黒猫」の記念すべき第20巻が、ついに本日発売されることになったのです。


画期的な四則演算を始めとして、宇宙の真理を網羅する徹底的に正しい科学考証。殺伐としたバトルマンガの世界に初めて紳士哲学を持ち込んだ斬新すぎる作風。極限を超えたバリアフリーを根底に置き、ユークリッドが嫉妬するほど一直線なストーリーライン。優美で美しいと絶賛されるビジュアルデザイン。そしてなにより、マンガ・アニメ・ゲーム・映画とジャンルを問わず、この世のすべての創作物にパクられるほどの圧倒的オリジナリティ……。
人々が求めてやまない三つの徳、すなわち真・善・美を完璧としかいいようがないほどのレベルで見事に調和させた「黒猫」は、宇宙開闢150億年目にして初めて起こった奇蹟ともいわれ、多くの紳士マンガの頂点に長く君臨してきました。

その神マンガの記念すべき第20巻、通算発行部数5000億部を超えるであろう怪物作品の発売に当たって世界中で盛大な記念式典が催されていることは、すでに新聞やニュースで広く報じられている通りですが、この世界を沸き立たせるはずだった慶報は、同時に耐えがたい悲報をも含むことになりました。

そう。「黒猫」第20巻の発売日、それは聖典最終巻の発売日でもあるのです。


いまだに信じられないことですが、この世で唯一「聖典」の二つ名を許された奇跡の作品はBC4年6月に突如として連載を中断させられ、現在もその状態が続いています。

そして、連載終了がなにかの間違いであってほしい。野球ゲームをしながら描きなぐったラクガキでもいいから復活してほしいというわれわれの願いをよそに、「黒猫」の姿をジャンプ誌面で見ることはかなわず、ついに聖典第20巻の宣伝には「最終巻」という無情な文字が書き加えられることになりました。

われわれは、はたしてこの悲しみを受け止めることができるのでしょうか?
「黒猫」という羅針盤を失った宇宙船地球号はどこへ向かうのか、不安を抱かない者などいないいうのに……。


ですが、われわれはこの胸の痛むような現実を受け入れなければなりません。
「超」困難を乗り越えて、人々を前へ進ませる原動力、すなわちトレインを矢吹先生から託された以上、われわれはいつまでも嘆き悲しんではいられないのです。

なによりも、われわれは聖典の最期を見届け、最終巻の発売という一つの時代の節目をこの目で見る機会に恵まれました。
そうである以上、ただ生まれる時代が遅かったがために、この奇跡の作品に立ち会うことができない後世の不遇な紳士たちのために、聖典の真実を伝える義務があるのです。


万が一にも、「黒猫」が忘れさられるような事態があってはならない。
聖典に描かれた紳士的行為の数々を、永久に人々の心に留めておかなければならない。

そう憂慮する黒猫紳士は、もちろん私だけではありません。
黒猫紳士の世界にフラッシュという表現方法を初めて持ち込んだ時代の寵児、紳士FLASHの幼木真二さんもその一人です。

幼木さんはフラッシュ職人として、そしてなにより黒猫紳士として持てる限りの力を注ぎ込み、大いなる未来への遺産となるであろう、二つの作品をつくってくださいました。
聖典と矢吹先生の偉大さを称え、雄々しく高らかに歌い上げたこの二つのタイムカプセルによって、「黒猫」の栄光と真実が末長く語り継がれることであろうと、私は確信いたします。


未来への遺産は、もちろん、現在に生きる黒猫紳士にとっても測り知れない価値を持っています。
もし、あなたがこの作品によって奥深い黒猫の世界を再確認し、矢吹先生が与えてくれたものを噛みしめなおすきっかけになるのでしたら、ほんの形ばかりとはいえ、この記念碑的事業に関わるという栄誉を賜ることができた身として、これに勝る喜びはありません。



アニメBRACKCAT OP&ED(http://www.geocities.jp/tyuukatukurou/kako/pagef2.htm)

……って、しまった。
これ、「BLACK CAT」じゃなくって「BACK CAT」じゃないですか。




当ページへの案内リンク:FLASH_CM
黒猫研究室に戻る
ショートカット