magdalena opal

 

メキシコオパールの履歴   in Spanish

オパールという名称はラテン語のOPALUS、ギリシャ語のOPALLIUS、サンスクリット語のUPALAを語源とし、いずれも遊色効果を表現した

ものです。紀元前250年にすでにローマの文献に見られるように古代オリエントでは秘石として、あるいはパワーストーンとして使用されて

いました。オパールにはその豊かな特性が織り成す多くの伝説が語りつがれてきました。とくに特筆すべきは病いを癒す効果と未来を予見

する能力を与えてくれるというものです。ヨーロッパ中世においてはOFTALMIOS、すなわち眼病療法の異名をとり視力回復のパワーストー

ンとして知られるようになりました。そしてオパールを所持する者は洞察力のある深い知識を有する人としてたたえられたといわれています

キシでは1200年ごろアステカ族により宗教儀式における装飾に使用されて ハミングバードの宝石 と呼ばれました。この小鳥の羽毛

がオパールの虹色の遊色を連想させるからです。 メキシコオパールの鉱山の周辺ではハミングバードの飛翔がよく観察されます。また特

にメキシコオパールの遊色効果の優れたものを ファイアーオパール と呼んでいます。16世紀にアステカ族の神殿で発見されたオパール

のひとつは <アステカ太陽神> の名で世界的にも知られるところとなり、1881年にシカゴの自然博物館に売却され保存されています。

The etymology of opal is derived from Latin opalus, Greek opallius and Sanskrit upala meaning the effect of the expression of play of color.In 250 BC opal had already seen in the Roman literature as secluded stone in the Orient or used as power stone.Many characteristics of opal have woven legendary.Among its features it has been highlighted as being healing, a source of reading the future and the ability to give more.During the Middle Ages in Europe opal had been named as "Oftalmios "for its supposed healing power of sight. And possessor of an opal was regarded as a person with profound knowledge. In Mexico Aztec used opal for ornamental and ceremonial items between the years 1200 and 1519 calling it humming bird jewelry in reference to the similarity of the iridescence of the gem with the rainbow feathers of the bird.The flight of humming birds is often observed around the opal mine. One of the opals employed by the Aztecs known worldwide under the name of God of Sol Azteca,it is assumed that was found in a temple in 16th century was sold to the Museum of Natural History in Chicago,to be part of the collection of Tiffany gems.

  

鉱山画像

現地情報

現地価格

現地地図

衛星地図

オパールの買い方
マヤブルーオパール

Magdalena Gallery

 

E-mail

CURRENT MOON
moon phases

 フォトギャラリーをごらんください 

c Masafumi Senoo