著:Misty ミュウ   原作:柳田昌宏   監修:秋元正






  

マジシャンがオリンピックの選手や発明家達と同様、
膨大な努力と研究を積み重ねていることは、
あまり知られていないようである。
マックス・マリニ・・・・・彼は決して才能に恵まれたわけではなかった。
マジシャンにとって手は大切なパーツの1つであるが、
彼の手はとても小さく、婦人用の手袋でもまだあまる程であった。
そんな小さな手で数々の奇跡を起こしてきたマリニ。
しかし、その努力は想像を絶するほどであったに違いない。
彼は非常に忍耐強いマジシャンであった。
タイミングを待ち、チャンスを作る為に時間と労力を惜しまなかった。
その全ては、たった一瞬の奇跡のために・・・・・。



 

               
 
 幼い頃のマリニ。 
 ニューヨークの港にて。
社交界にデビューしたマリニ




                            
  


  ルーズベルト大統領の前でマジックを見せるマリニ。