副都心線のページ

2008年6月14日開業した東京メトロの新しい路線、和光市〜渋谷間を結びます。
2013年3月16日から、東急東横線・みなとみらい線との直通運転を予定しております。

主な使用車両(東京メトロ)

7000系

7127F(8両編成)
ドア部分と屋上にあるクーラー機器が更新している。
和光市にて  2008.6.14

7130F(8両編成)
8両の7000系は主に各停などで使われる。
北参道にて  2008.6.14

ドア上にあるLED案内表示器
南北線と同様2段式スクロール表示である。
2008.6.14

副都心線カラーの7000系の車内
新しい路線なのに扇風機が付いている。
もともとは有楽町線の車両だった。
2008.6.14





10000系

10101F
「8CARS」のステッカーが付いているのは8両編成、各停中心に使われる。
西早稲田にて  2008.6.14

10116F
「8CARS」のステッカーなしの編成は10両編成である。10両編成は優等列車を中心に使われる。
2008.6.14



副都心線の駅

千川(F-07)
1面2線の島式ホーム、有楽町線用ホーム下に副都心線用のホームを新設。



要町(F-08)
1面2線の島式ホーム、千川駅同様、有楽町専用ホーム下に副都心線用のホームを新設。

 

池袋 (F-09)
1面2線の島式ホーム、2008年6月13日まではは有楽町線(新線)の新線池袋駅であった。
副都心線池袋駅とJRの池袋駅との距離はやや離れている。



大きな地図で見る

 

雑司が谷 (F-10)
1面2線の地下駅だが、単線シールド式の構造となっている。



大きな地図で見る



西早稲田 (F-11)
雑司が谷駅同様1面2線の地下駅で、単線シールド式の構造となっている。写真中は和光市方面のホーム、写真右は渋谷方面のホームである。



大きな地図で見る

 

東新宿駅(F-12) 
2面4線の構造だが、急行線はホームドアの代わりに簡易的な壁が設置されている。



大きな地図で見る



新宿三丁目 (F-13)
1面2線の島式ホーム。急行停車駅。
東京メトロ丸ノ内線、都営新宿線の乗換駅である。



大きな地図で見る

 

北参道 (F-14)
1面2線の島式ホーム。各駅停車のみ停車。



大きな地図で見る





 

明治神宮前<原宿> (F-15)
千代田線の乗換駅で、原宿・竹下通りの最寄り駅。1面2線の島式ホーム。
2010年3月6日のダイヤ改正から明治神宮前を<原宿>を付け加え、さらに、土曜・休日のみ急行停車するようになりました。



大きな地図で見る




渋谷 (F-16)
渋谷駅は東急電鉄が所有する駅。副都心線渋谷駅をデザインしたのは建築家の安藤忠雄氏。「地宙線(地中の宇宙船)」をイメージにした駅である。
渋谷駅の構造は2面4線であるが、実際使われているのは両端の2線のみ。2012年度には東急東横線に乗入れる。



大きな地図で見る






       

 

   

Copyright (C) Morizou128 All Rights Reserved.