総天然色カリン様

カリン様って何色?と聞くとおそらく多くの人が白と答えるのではないでしょうか。
実はこのカリン様、さまざまなカラーバリエーションがあったりします。


まず、初めてカリン様がカラーで描かれたのが1987年のカレンダーのイラスト。

カリン様の色は茶色です。まぁ見方によっては白と言えなくもないですね。


そしてほぼ時期を同じくしてアニメにカリン様が登場。

白色です。アニメでは一貫して白色となります。
アニメが先だったからスタッフが決めた色なのか、それとも鳥山先生が白ということを伝えたのか・・・「ソバ」を「シュウ」としてしまった鳥山先生のことですから後者も十分あり得ます(笑)


その次は原作本編の其之百六十二「如意棒の秘密」のカラーページ。

何と青色。鼻の部分だけ白となっています。既に原作で茶色が出ているので、これは完全にミスかと思われます。


そして単行本の背表紙にも登場。この部分のイラストが描かれたのは少なくとも17巻発刊以前、だいたい1989年ごろ。

青色。どうやらカリン様の色は完全に青で定着したようです。・・・が、よく見ると、鼻の部分も青い。


その三年後、1992年に書かれたキャラ集合イラストに久々登場。

ん・・・?



また茶色!戻ってしまいました。もうはっきりとした茶色です。

その後カラーでカリン様が描かれることはなく原作は終了・・・しかしその翌々年、DB大全集7の表紙で再びカラーに。ちなみにこれは原作最終話最終ページのイラストをカラー化したものです。


やっぱり茶色。完全に茶色に戻した模様です。



結果、カリン様はなんと4パターンもの着色が存在することがわかりました。

ちなみに大全集別巻2でもこの謎に触れられていて、そこでは「季節によって色が変わるのかも」との独自解釈が記されていました。真相や如何に・・・?


記:2008.05.06
©鳥山明・バードスタジオ/集英社・東映アニメーション
TOPDB雑ネタ集 >総天然色カリン様