標準時間とは                      

  はじめに  

皆さんは標準時間って知っていますか?世界共通の時刻のことかと思われることでしょう。いえいえ、製造業関係の会社で使われているもので、品物を加工する時に決められている作業時間のことです。一般には、標準の作業者がその仕事を完了するまでの標準的な時間を称します。

 

ある品物を今から加工(製作)する時、貴方に何時までに何個加工しなさいとか、個数分の製作時間または、1個あたりの時間指定がありませんか? 

ラインで加工している所は、品物のラインスタートからラインエンドまでを何分とか、設定していませんか?そのためにストップウオッチを持ってきて測定されたことが、ありませんか?

 それが、作業目標時間であり、いろいろな名前がついていることだろうと思います。あるところでは、標準時間とか見積時間とか標準作業時間とか企業によって呼び方が異なっています 又、作業者まかせで、時間設定をしていない所もあることでしょう。そうした所では、管理者が、過去の経験でどの位の作業時間で出来るのかを見込んで、生産計画をしていることでしょう。

 

加工品毎に作業時間が、指示されている(表示している)会社では、どんな、方法で作業時間を設定しているのでしょうか?  その方法によっては、信頼度や、管理に多大な影響があることを知っていますか。いい加減な設定・管理・方針によっては、会社に損失を与えることにもなるのです。

 

又、内作(自分のところで作ること)だけでなく外注(他の会社に注文すること)に発注することもあるでしょう。そうした時、どんな方法で発注価格設定をしているのでしょうか?

 担当者の経験、勘、過去の類似品で対応しているかもしれませんね。又は材料費、加工費などきちんと設定して相手の業者と交渉している所もあるでしょう。その中の加工費はどのようにして設定するのでしょうか?

            加工費=加工時間×設備毎の単価
                 設備毎の単価=設備費+人件費

                              設備費・人件費の設定は別の機会に紹介したいと思います。

 加工費を設定するため加工時間を求めます。そのために標準時間が必要となります。勘とか経験値では人に依り変動し同
じような部品の価格がバラバラとなり、あげくに、会社に損失を与えかねません。

  このように適正な加工時間(標準時間)が大切ということがお分りいただけたことと思います。では、どうやって内外作の標準時間を設定したらよいかを紹介します。ページに制限があり、連載形式で進めていきたいと考えています。
今回は第2回ということで

   1 .......... 標準時間とは .......  
   2-1 ...標準時間理論A.... 標準時間の定義 作業上必要な環境設備
 2-2 ...ST資料の作成A.... 測定技術の紹介 SW法の事前準備項目
                                                RWFとBASIC-MOST分析実例紹介
   3 ............STソフト作成@... STソフトの実例公開

を紹介します。

又、私が経験した悪い面も合わせて紹介することにより実務で現在されている方に役立てばと取り上げました。このHPを暖かい目で応援願います。