稲庭うどん七代佐藤養助(秋田横手) 麺'sプラザ [そば・うどん編]

 稲庭うどん  七代佐藤養助・横手店     
 
  住所
 
    秋田県横手市赤坂富ヶ沢62-46
                秋田ふるさと村内

        電話 0182-33-8833 


   ◆
営業時間/ 
11:00〜17:00

      ● お店の紹介HP >>  




つるっとした創作肉みそうどん


昆布だしのだし汁をかけて、
肉みそを少しずつ溶かして味わうと、
メチャおいしいです。


あったかかけうどんが付くお得な「昼御前」

かけうどんもコシがあっておいしい!



                                 


   
せいろ 700
せいろ(ゴマ)  800
かけ 700
天せいろ 1300
天せいろ(ごま) 1350
肉みそ 950
           ほか

ニュース 
無味感想

角館の桜を見に行く途中、秋田道・横手ICを下りて稲庭うどんを食すために途中下車しました。
稲庭うどん発祥の地にある本店は横手の隣町の秋田県湯沢市稲庭町にあります。
その
佐藤養助商店万延元年(1860年)創業で、そこで作られる稲庭干饂飩(いなにわほしうどん)は細くてツルツルした食感のおいしいうどんです。

私は八丁味噌に鶏そぼろが入っている肉味噌うどんをいただきました。
ヨメは温かいかけうどんが付いているお昼のセットメニュー「昼御前」です。
肉みそうどんには、白髪ネギとみつば、細切り玉子がのっており、肉みそに昆布のきいただし汁を適宜溶かしながらいただきます。
まぁ、なんと!おいしい!
コシのある稲庭うどんにはピッタンコの味です。
また、かけうどんも食感的にはざるにかないませんが、温かくてもあいかわらずコシが残っていてこれもおいしかったです。
昼御前は、混ぜごはん、いぶりがっこ(おしんこの燻製)なども付いていてお得なメニューでした。
なお、私は肉みそうどんの方がお勧めですがね・・・・。



七代佐藤養助・角館店 角館武家屋敷の桜
                                          (C)2003 Tadano-Mohroku    [060507]


 |  画面上部へ戻る  |    |