いしいのそば宮古本店(宮古そば) 麺'sプラザ [そば・うどん編]

 宮古そば  いしいのそば 宮古本店     
 
  住所
   宮古本店 福島県喜多方市山都町大字蓬莱字殿屋敷3360
               TEL 0241-38-
2604

   
営業時間/ 12:00〜
(予約制)  ◆定休日: 年中無休

     [越谷分店] 埼玉県越谷市神明町3-152-2

    ◆ お店の紹介HP   >>    
    ◆ お達者麺'sプラザ/越谷分店の紹介 >>    
宮古そば

宮古地区への狭い国道を・・・


ふきのとう

今年の1月雪の山都(やまと)町を訪れ、おいしい蕎麦をいただきましたが、ついに、この春、我慢できずに山都町のさらに奥にある宮古まで蕎麦を食べに行ってしまいました。我が家から車で262kmありました。ばかだねぇ

福島県でも有数のそばの産地である宮古は、飯豊(いいで)連峰に抱かれた山都町にあります。会津坂下ICから車で40分、山都からは国道459号線の細い山道を登っていくと約30軒ほどの集落が現れます。4月中旬でしたがまだまだ雪が残っており、フキノトウが顔を出してようやく春を告げているようです。
宮古地区は標高が高く良質なそばが採れ、昔からのそばの食文化があったそうですが、作家・村松友視さんが訪れ元祖宮古そば処「なかじま」の湧き水を夢見乃水と名づけて、これを題材に「夢見そば」という小説を書きました。
その後、そばの食通の皆さんが訪れるようになったそうです。
集落にある約30軒のうち13軒で手打ちのそば屋を営んでいます。
囲炉裏のある昔ながらの民家の広い座敷に上がりそばを食べます。各店とも共通の値段で、3500円のコースから1500円のコースが用意されています。原則的に事前予約制となっていますが、シーズンOFFのためか、フリーでも可というお知らせがどのお店にも貼ってありました。
私達は、息子(石井辰巳氏)さんが越谷で開いている宮古そばのお店「いしい・越谷分店」のお蕎麦が気に入っていたので、迷わずご本家を訪問することにいたしました。



Dコースに野菜てんぷらを追加

蕎麦本来の味を堪能の「水そば」


越谷店と同じ盛りつけだぁ(当たり前か)
お店の内部
そばがきの揚げだし豆腐



                                 


   
   Aコース               3500
      てんぷら、川魚塩焼き、鰊の山椒漬け
      刺身こんにゃく、山菜、そば揚げだし豆腐など
   Bコース 上記の焼魚抜き   
   3000
   Cコース 上記のからてんぷら抜き  
2500
   Dコース  山菜、刺身こんにゃく   
1500
   この地区はどのお店も協定料金で値段は同じ

                               

ニュース 
無味感想

おばあちゃんが一生懸命蕎麦打ちをしていました。
食べる分だけ打って、すぐ茹でてくれるので風味が違います。

まず最初に出されるのが、お椀に山の湧水を張って食べる「水そば」です。喉ごしも滑らかな蕎麦本来の香りと味が堪能できます。次に、ダシの利いたつけ汁で一気に食べます。
水がよいところはお蕎麦も汁もおいしいですね。山菜のてんぷら(衣がそば粉)もカリカリしていておいしいです。
また、おやじさんがお客さんへ「そばがき」の揚げだし豆腐をふるまい、(余分に打ってしまったのか)そばのお代わりを勧めたり大変気遣いをしてくれます。
外はまだまだ寒いけれど、ほどよい春の日差しが残雪の残る斜面を照らして、なぜか気が晴ればれとする心地よい時間を持つことが出来ました。たまにはいいようなぁこんな時間。

本当は他のお店の食べ歩きをしたかったのですが、旅館の夜の料理が食べられなくなると困るので断念しました。残念っ!
なお、息子さんの越谷分店のおそばも、なかなか負けておりません。また、越谷へ食べに行こうーっと。


おやじさん

心のこもった手打ちそば
[050415]
                                          (C)2003 Tadano-Mohroku


権三郎

かわまえ屋

いしのそば

 |  画面上部へ戻る  |    |