耐震診断
対象建築物   昭和56年5月31日以前に建築確認を取得し、
 建築した在来工法の一戸建ての木造住宅で階数が2以下のもの等

耐震診断から改修工事まで(相模原市役所:住宅・住まい政策課)

※平成30年度の耐震補助制度内容
※平成30年度:4月中旬から平成31年1月29日まで受付予定
ただし、改修工事は平成30年12月28日まで
※平成31年2月末日までに完了報告が必要です。

予算がなくなり次第終了です!

受付及び問合せは
相模原市役所 都市建設局 まちづくり計画部
 住宅・住まい政策課 耐震推進班
(第1別館4階)へ
TEL 042-769-8252
 @ 窓口簡易耐震診断 (無 料)
     (建物所有者)


  
 申込みに必要なものは、建築確認通知書、または、
 ご
自宅の図面などです。

   (事前に電話での予約が必要です。)
 図面がない場合もご相談ください。
現地耐震診断が必要なもの
 A 専門家による現地耐震診断
     (建物を所有し、自ら居住する人又は同居する1親等以内の親族の人


  
 耐震診断費用(図面の有無、建物規模等による・12万円以上)は12万円上限で助成
 

 申込みに必要なものは、建築確認通知書、住民票、登記事項証明書、印鑑、助成金の振込みのための銀行口座番号です。
現地耐震診断で総合
評価が1.0未満のもの
(B、Cの助成を受ける時にも別途申込みが必要になります。)
 B 専門家による耐震改修計画書、改修図面、工事の概算見積書の作成
     (建物を所有し、自ら居住する人又は
同居する1親等以内の親族の人

  
 耐震改修計画書作成費用(診断結果による・14万円以上)は費用の2/3以内、12万円上限で助成
 C 耐震改修工事費助成
(建物を所有し、自ら居住する人又は同居する1親等以内の親族の人で滞納がないこと。)
 専門家の現場立会いが必要です。


  
 耐震改修工事のそれぞれについて、
 工事費の1/2以内、
80万円上限で助成
 現場立会費(計画内容による・10万円以上)は費用の1/2以内、
6万円上限で助成


高齢者世帯等割増制度拡充→更に25万円上限で助成
  80万円+25万円=最大105万円まで拡充しました!
(対象世帯概要)
@.世帯構成員の全てが65歳以上の世帯
A.65歳以上及び15歳未満又は18歳未満の就学している者により構成される世帯
B.世帯構成員に介護保険法による要介護者又は要支援者のいる世帯
C.世帯構成員に重い障害のある者のいる世帯
D.月の収入が214,000円以下の世帯
ここからは融資を受けられる方が対象になります
 D 耐震(防火構造)改修工事費用融資
     (上記工事費用の助成を受ける方)


  
 融資限度額は、耐震(防火構造)改修工事費用
 併せて400万円、
 返済期間は3年から7年です。

 融資については、あらかじめ市が指定した取扱金融機関にご相談下さい。
 なお、申込者の年間所得が少ない場合など融資が受けられない場合が
 ありますので注意して下さい。
 E 耐震(防火構造)改修工事費用融資制度
利子補給
(上記融資制度により融資を受けた方)

 利子補給は、前年中に支払った利子を助成します。 (2.2%上限)

 耐震(防火構造)改修工事資金について、市が指定した取扱金融機関から融資を受けた場合の利子を助成します。
 申込みに必要なものは、取扱金融機関から出された前年の利子支払明細書、印鑑、助成金の振込みのための銀行口座番号です。
必見!耐震工事状況報告!
戻る