ハコイリクロッキー

ようこそ「ハコイリクロッキー」へ。このサイトでは色粘土と羊毛フェルトで作る動物作品を紹介しています。
b140103.jpg

羊毛アルバム2 (No.W018-)

w037dosanko_100_100.jpgW037 道産子 New!!
今年の干支は午ということで馬の中でも日本の和種馬がいいな、せっかくなので個人的に縁のある北海道に根付く、北海道和種にしよう!ということで道産…

もっと詳しくLinkIcon

w036kamedango_100_100.jpgW036 ヤマガメとダンゴムシ
タイトルが長くなってしまうので略しましたが、正確には「トラバンコアヤマガメとフチゾリネッタイコシビロダンゴムシ」。一体どうしてこの組み合わせなのかというと贈…

もっと詳しくLinkIcon

w035shirohebi_100_100.jpgW035 白蛇
2013年の干支は巳、ヘビ、ということでここはやはり日本のヘビ代表アオダイショウ、そのアルビノであるおめでたい白蛇を。普通のアオダイショウは我が家でも飼育して…

もっと詳しくLinkIcon

w034sirokumafam_100_100.jpgW034 ホッキョクグマの母子
ホッキョクグマの赤ちゃん兄弟に合わせてお母さんを作りました。母子揃うとやっぱりいいですね。後ろからついてくる赤ちゃんをチラッと振り向いて確認する母さんです。…

もっと詳しくLinkIcon

w033akakedani_100_100.jpgW033 アカケダニの一種
なんと昆虫ですらない生き物を作ってしまいました。アカケダニの一種。このダニは人間に害のあるようなものではなく、森の中で何かに寄生するわけでもなく地面を歩…

もっと詳しくLinkIcon

w032sirokumababy2_100_100.jpgW032 ホッキョクグマの赤ちゃん
少し前に作ったホッキョクグマの赤ちゃんに、兄弟ができました。今度は元気に歩き回る姿。
前作は爪をつけていなかったのですが、今回一緒につけてみま…

もっと詳しくLinkIcon

w030harinezumi_100_100.jpgW031 ヨツユビハリネズミ
フクロウを作る私を見ていた家人からのリクエストで急遽作ることにしたハリネズミ。確かに似た手法で良い感じに作れそうだったので、勢い良く作…

もっと詳しくLinkIcon

w029welcomeowl_100_100.jpgW030 ウェルカムフクロウ
結婚した友人に、お祝いの気持ちを込めて作りました。ウェルカムアニマル的なものにしたかったので、何の動物がいいかな?と訊くと、旦那さんから…

もっと詳しくLinkIcon

w028sirokumababy_100_100.jpgW029 ホッキョクグマの赤ちゃん
お母さんと一緒に巣穴から出てきたくらいの赤ちゃんシロクマです。このくらいの成長段階が一番、可愛い…!って感じます。頭でっかちで(おでこが丸い!)、まだよちよち歩…

もっと詳しくLinkIcon

w027pugmarimo_100_100.jpgW028 パグのまりも
2年ちょっとぶりに、よそのお宅の子をモデルに制作。パグの女の子、まりもちゃんです。この子とは一度まだ赤ちゃんの時に会って遊んだことがあって、すごく可愛…

もっと詳しくLinkIcon

w026gianttortoisedome_100_100.jpgW027 ガラパゴスゾウガメ(ドーム型)
ガラパゴスゾウガメは亜種によって甲羅の形が鞍型とドーム型、その中間型にそれぞれ進化した生き物なのですが、ピンタゾウガメであるジョージは鞍型だったのでだいた…

もっと詳しくLinkIcon

w026lonesomegeorge_100_100.jpgW026 ロンサム・ジョージ
2012年6月24日、ガラパゴスゾウガメのロンサム・ジョージが亡くなりました。ピンタ島亜種最後の一匹になって研究施設に保護されてから40年生きたそうです。ガラパゴスゾウ…

もっと詳しくLinkIcon

w025emperorpenguin2_100_100.jpgW025 コウテイペンギン親子
コウテイペンギンの雛に続き、親子を作りました。今度の雛は、親ペンギンのお腹の下(足の上)に乗れる幼いサイズ。高さ3cmほどです。お父さんペンギンが厳しい冬の間…

もっと詳しくLinkIcon

w024emperorpenguin_100_100.jpgW024 コウテイペンギン雛
コウテイペンギンの小さな雛を親指大で作りました。いろんな大きさ、いろんなポーズでたくさん作ってコロニーにしたい生き物です。もちろん親ペンギンも。実は恥ずかしいことにこ…

もっと詳しくLinkIcon

w023cookie_100_100.jpgW023 愛犬クッキー
子犬で迎えて17歳まで生き、先月亡くなった実家の愛犬。彼女をずっと世話してくれた両親へ感謝の気持ちを込めて作りました。嬉しそうな顔でこちらを見上げる表情、濃いめの毛色、短…

もっと詳しくLinkIcon

w022silkworm5_100_100.jpgW022 カイコ5齢幼虫
「もぞもぞ・虫、蟲展」用に制作したカイコの成虫♂とスケールを合わせて、5齢幼虫を作りました。手で持っている写真を見ていただければわかりますが、なんとも大きな芋虫になりま…

もっと詳しくLinkIcon

w021panda_100_100.jpgW021 親子パンダ
前年に作ったパンダをリメイクして、子パンダも作って親子にしました。子パンダを抱き寄せる母パンダと、大きな母の腕に抱かれて眠る子パンダのホッとするような表情を意識して。2匹…

もっと詳しくLinkIcon

w020kaiko_100_100.jpgW020 カイコ

「もぞもぞ・虫、蟲 展」という企画展に参加するため制作した、羊毛フェルトで初めて作った虫第一号はもふもふの蛾、お蚕様ことカイコの成虫(♂)です。作ってみて、これ以上羊毛フェルト向きの虫は…

もっと詳しくLinkIcon

w019sirokuma_100_100.jpgW019 ホッキョクグマ

元日に北海道で初詣の後、円山動物園に初めて行って出会ったホッキョクグマの親子、ララとアイラ。子グマのアイラのコロコロ転がりながら遊ぶ愛くるしい姿にすっかりやられてしまい、新年一作目は…

もっと詳しくLinkIcon

w018ryu_100_100.jpgW018 龍

2012年の干支、辰年の年賀状用に制作した龍です。
十二支の中で唯一架空の生物である辰。西洋のドラゴンにするか、それとも原生の爬虫類などでそれらしいものを…

もっと詳しくLinkIcon

羊毛アルバム1(No.W001-W017)

w016kusa_100_100.jpgハコイリクロッキー 羊毛フェルトW001-W017

10年3月から11年11月に制作したもの。詳細はこちら

もっと詳しくLinkIcon

粘土アルバム2(No.012-019)

IMG_1782_720.jpgハコイリクロッキー 012-019

09年2月から10月に制作したもの。詳細はこちら

もっと詳しくLinkIcon

粘土アルバム1(No.000-011)

IMG_7343_643.jpgハコイリクロッキー 000-011

08年2月から12月に制作したもの。詳細はこちら

もっと詳しくLinkIcon

■販売情報■

作家もの、アーティスト雑貨のshop
irodoriya.さんでの委託販売が始まりました。

* 詳細はブログ記事をご参照ください

* irodoriya.ブログ「いろどりやま」でもご紹介いただいています

■掲載情報■

2012年9月25日
 文一総合出版から発行の季刊誌
 「このは」創刊号に羊毛作品の
 カイコが掲載されました。

文一総合出版|このは

更新履歴

2014.1.3

  • 羊毛フェルト作品「道産子」をアップ
  • 今年もよろしくお願いいたします!

2013.11.25

  • 羊毛フェルト作品「ヤマガメとダンゴムシ」をアップ

2013.1.1

  • 羊毛フェルト作品「白蛇」をアップ

2012.12.10

  • 羊毛フェルト作品「アカケダニの一種」「ホッキョクグマの母子」をアップ

2012.12.4

  • ■販売情報■を追加

2012.11.26

  • ■お知らせ■の展示情報を更新

2012.11.6

  • ■お知らせ■に11月の展示・販売の予定をアップ

2012.11.6

  • 羊毛フェルト作品「ホッキョクグマの赤ちゃん」をアップ

以前の更新情報はこちら

はじめに

ハコイリクロッキーとは

市山美季の作る動物を中心とした造形を紹介するサイト。
2008年に色付き粘土の人形に紙で作った背景をつける実験サイトとして始まりました。
現在では粘土の他に羊毛フェルトによる作品も展示しています。

感想、お問い合わせ

メールは mail.jpg まで。