パラグアイに行こう・イグアスに行こう(パラグアイの名所・エステ市)






エステ市-3



発展するエステ市の2010年様子を紹介します。



エステ市(2010年01月20日)

エステ市は膨張し続けており、周辺まで入れた都市人口は40万人に達しているという話もあります。通常の国ですと職を求めて最大都市、多くの場合には首都に人々が集まるのですが、パラグアイにおいてはブラジルの景気の良さを受けてエステ市が受け皿となっているようです。

国境に架かる友情の橋付近は空き地になっていましたが、そこに大きな建物が建設されています。ブラジルから入国した人をターゲットにした商売をするのでしょうね。



(写真:エステ市-国境の橋付近から-01)



(写真:エステ市-国境の橋付近から-02)

パラグアイ側の税関は貧弱でしたが、現在大きな屋根付きの立派な施設が建設されています。



(写真:国境の建設中の税関-01)



(写真:国境の建設中の税関-02)



(写真:国境の建設中の税関-03)

この税関の横に新しいショッピングセンターが完成しています。「ショッピング・デル・エステ」という名称でブラジルからの客で賑わっています。



(写真:ショッピング・デル・エステ外観-01)



(写真:ショッピング・デル・エステ外観-02)



(写真:ショッピング・デル・エステ内部-01)



(写真:ショッピング・デル・エステ内部-02)



(写真:ショッピング・デル・エステ内部-03)

ミクロセントロは相変わらずの賑わいです。ブラジルで運び屋さんの制限を行い一時は閑古鳥が鳴いていたのですが、ここに来て高額で小さい商品、カメラのメモリーなどを運ぶようになり活況を呈しています。タクシー、バイクが多く人と渾然となっている状況には変化ありません。



(写真:エステ・ミクロセントロ-01)



(写真:エステ・ミクロセントロ-02)



(写真:エステ・ミクロセントロ-03)



(写真:エステ・ミクロセントロ-04)



(写真:エステ・ミクロセントロ-05)



(写真:エステ・ミクロセントロ-06)



(写真:エステ・ミクロセントロ-07)



(写真:エステ・ミクロセントロ-08)



(写真:エステ・ミクロセントロ-09)



(写真:エステ・ミクロセントロ-10)



(写真:エステ・ミクロセントロ-11)

韓国人の建物でしょう。



(写真:エステ・ミクロセントロ-12)

ミクロセントロの歩道は歩くのも大変です。



(写真:エステ・ミクロセントロの歩道-01)



(写真:エステ・ミクロセントロの歩道-02)



(写真:エステ・ミクロセントロの歩道-03)

ビルの中は多くの商店が入っており、最近は情報機器、付属品がほとんどを占めています。下の階は売り場になっており、整理整頓がある程度されていますが、商品を引き渡す上の階の状況はひどいものです。客は観光客よりもここで商品を仕入れてブラジルに運ぶ専門の方がほどんどのように見えます。



(写真:ビルの中-1:商店がある下の階-01)



(写真:ビルの中-1:商店がある下の階-02)



(写真:ビルの中-2:商品を引き渡す上の階)



パラナカントリークラブ(2010年01月20日)
エステ市の直ぐ近くに「パラナ・カントリー・クラブ」という場所があります。正確にはエルナンダリアス市になるそうです。ここは同名のゴルフ場とその周囲に広がる住宅地なのですが、外の一般道路と中のクラブの間に商業地域を設定し、安全で高級な施設として人気を集めています。住宅地域に入るには商業地域で一度検問を受け、更にもう一度検問を受ける事になります。治安が問題と言われているエステ市ですが、この中は安全で上層階級の皆さんには人気の場所となっています。エステ市都市圏で暮らす人の中である程度余裕のある人の多くはここに引っ越しをしているようで、急速に発展しています。



(写真:パラナカントリークラブ入口)



(写真:商業地区から住宅地区への入口)



(写真:メインストリート)



(写真:商業地区-01)



(写真:商業地区-02)

商業地域の中には住宅も多くあります。一戸建てもありますが、多くは集合住宅です。最近建てられたものが多く、建設中の建物も多く在ります。急速に整備されているという印象です。



(写真:商業地区の住宅地-01)



(写真:商業地区の住宅地-02)



(写真:商業地区の住宅地-03)



(写真:商業地区の住宅地-04)

住宅には塀が無く自動車も外に停めています。エステ市内は治安が悪いのに対してここは先進国並みの安全が確保されています。大きな塀に囲まれていますが、中も非常に広いので広々とした感じで気持が良いです。



(写真:商業地区の住宅地-05)



(写真:商業地区の住宅地-06)

中にはそれでも囲いを作り更に安全に配慮している所もあります。



(写真:商業地区の住宅地-07)

中には綺麗なホテルもあります。



(写真:商業地区のホテル)



(写真:商業地区のホテル内部-01)



(写真:商業地区のホテル内部-02)

ホテルの駐車場も外では考えられません。道路の横に駐車するようになっています。



(写真:ホテルの駐車場)

広大な敷地の中で緑地を多く取っており環境は抜群です。



(写真:緑と空き地が多い-01)



(写真:緑と空き地が多い-02)



(写真:緑と空き地が多い-03)



(写真:緑と空き地が多い-04)

全ての場所が開発されている訳ではなく、まだ未開発の土地も多く残されており、今後も継続して開発が続くのでしょう。



(写真:建設中の建物)



(写真:まだ開発されていない地区)



関連のページ

パラグアイ-ブラジル国境


次のページ

綜合目次に行く このページの表紙に戻る