入院手術サポート全国対応遠隔ヒーリング 2010.7.05

          〜手術当日と術後の傷の早期回復をめざすプログラムです〜



     手術中は自律神経のバランスを整え、手術成功の土台を助け、術後は手術当日から
     3日間に集中して痛みの軽減と傷の回復を促進します!!是非、お試しください。

            ***体験談は最下段の方にまとめていきます***

     ご要望にお応えし全世界どこの病院でも対応可能な遠隔ヒーリングのみのプログラムをご用意しました。
     たとえば東京の病院で入院手術されるご家族があれば、距離に関係なく遠隔ヒーリングによって手術中と
     術後のサポートができます。遠隔なんてまゆつばだという方も多いと思いますが、直接施術する場合とほぼ
     同等の効果が確かめられています。

     遠隔ヒーリングはレイキに限らず、EFTでも中国の氣功でもネイティブインディアンのヒーリングでも古くから
     あります。代替医療でエネルギー療法と呼ばれる分野で広く行われています。アメリカでは医学者の間でエイズ
     患者に遠隔療法が試され、その効果がはっきりと認められたりしています。
        (参考:『フィールド 響きあう生命・意識・宇宙』P.268 リン・マクタガート著、インターシフト発行)

           ★★よくあるご質問 Q&A 遠隔療法★★コチラです。

     実際私は10年以上に渡り数多くの遠隔療法を行ってきました。その効果は確実です。熟練して来ますと
     相手の状態がおよそつかめます。大腿骨を骨折した人に遠隔した時も、左右どちらの大腿骨か聞いて
     いませんでしたが、遠隔をしてみると左の大腿骨だと明確に理解できました。距離に関係なく繋がること
     ができます。

   
  ■特徴 @カイロプラス独自の遠隔ヒーリング(レイキ+EFT+言語アプローチ)です。
       A手術当日・手術翌日・手術翌々日の3日間集中プログラム(回復重視)です。
       B遠隔による間接のヒーリングのみです。遠隔終了後、毎日様子をご報告します。
       C最も大切な手術当日、およそ6時間にわたり、たっぷりの時間をかけますので、
        術後の痛みの軽減、傷の回復に大きな効果が期待できます。

  ■内容 @手術中、およそ2時間にわたり遠隔療法を行い、全身、大脳、脊椎、手術箇所などに生命エネルギーを
        賦活し、自律神経のバランスを整え、エネルギーシステムを安定化、手術が成功するための土台を助けます。
        手術後も終日にわたり遠隔療法を全4時間おこない、術後の痛みの軽減、筋肉の断裂や粘膜の損傷などの
        傷の回復、強い薬による副作用で機能低下する肝臓や腎臓などへの生命エネルギーの注入などを行ないます。

       A手術翌日・・・遠隔療法を2時間おこない、痛みの軽減と傷の早期回復をめざします。

       B手術翌々日・・・遠隔療法を2時間おこない、さらに痛みの軽減と傷の早期回復をめざします。

   ■料金 ・遠隔ヒーリング  *全10時間緊急対応料金に準じます   ¥30,000

       *手術前のご本人とご家族の不安を軽減するヒーリングも可能です。併せてご利用ください。
        手術が長時間に及ぶ場合は手術中の遠隔ヒーリングの時間を長くします。



           ***プログラム終了後は必要に応じ、通常のメニューで継続して頂けます。
             詳細はコチラ***

        ■お問合せ・お申込み・・・電話またはメールでご連絡ください。
        予約制ですから緊急の場合を除いて、手術日の1週間前にはご相談ください。
         電話:0829-78-2457 (電話受付は10:00-16:00) 不定休・完全予約制
         メール:chiroplus2012@hotmail.co.jp

      ******ユーチューブにプログラム紹介の動画(2本)をアップしています。******
           動画2本の連続再生はコチラ

                                 

       ★★よくある質問 Q&A★★

     Q:レイキやEFTといわれても良く分かりませんが本当に効果が期待できますか?

     A:レイキは大正時代に臼井甕男(ウスイミカオ)という人が始めた日本伝統の手当て療法です。
     皮肉なことに日本より海外の方が有名で、代替医療のひとつとして医療の現場でも活用されています。
     イギリスなどの一部の国では社会保険が適用されています。また欧米のいくつかの国では看護師の履修
     科目に加えられています。スペインなどでは公立病院でがんの患者さんたちに活用され始めました。その
     模様は現地のテレビ局で取り上げられています。→コチラをご覧ください!(スペイン語です。英語の説明あり。)

     これまで『手術後、痛む時は我慢せずに座薬を使ってくださいね。と言われていたけど、ほとんど痛みが
     無かったので使わなくてすみました。』とか『年齢の割に回復が順調で先生も驚いていました』とかの感想を
     いただいています。


                    胸部大動脈瘤の手術      2012.02.08

   今まで入院や手術など大きな病気をした事のない父が、突然検査で胸部大動脈瘤が見つかり、破裂すると
   死に至るので早急に手術しなければならない、それも約8時間位の大手術になる、と聞かされ、父共々大変
   ショックを受けました。急いでこの病気の名医を探し出したものの、すでに今の病院で手術を決めていた父は、
   がんとして他に行くことは考えず、ある名医のいる病院のコーディネーターに電話した時に、「この手術は大変
   難しく、本当に上手な医者に手術してもらわないと大変なことになりますよ」と聞かされ、父を説得しても話も
   聞いてくれず、本当に不安でした。

   後に検査で冠動脈が狭くなっていて、狭心症を起こしているので、バイパス手術も同時にするなど、いろいろ調
   べた結果、脳などの後遺症が起こらないために、まずは手術に成功する事が、本当に大事なんだとわかりました。
   以前からヒーリングなどの力を信じていた私は、父のためにネットでいろいろ探しましたが、手術中や術後に集中
   して何時間もかけてヒーリングをしてくれるプログラムを、森さんのHPで見つけ、是非ここに頼みたい!と思いまし
   た。私が調べた限りでは、他には見つかりませんでした。

   父の手術成功はもちろんのこと、私自身が不安で耐えられるだろうか?と心配していたので、お電話して、たくさん
   森さんにお話を聞いてもらい、本当にほっとすることができました。森さんはお話を聞いて、すぐに今夜からヒーリ
   ングをしましょう。と言って下さり、まずは私から、遠隔を送ってくれることになりました。このとき、すぐに対応して
   頂いて、本当に涙が出るほど嬉しかったです。森さんからヒーリングを送って頂いてから、すーっと私の中の不安
   感が消えて、安心感に包まれ「大丈夫!」という気持ちになったのがとても不思議でした。また父も手術への
   不安感が強かったようで、それを取り除いて下さいました。

   森さんのヒーリングのお陰なのか、当日の手術を待っている間も、安心していられました。ご主人の手術を待って
   いるご婦人が1人で同じ部屋で待っていて、お話すると私ととても似た価値観を持っていて、楽しくお話している
   うちに、時間通りに主治医が「予定通り終わりました。後遺症も見られません」と伝えに来て下さり、無事に終
   わった事に本当に安堵しました。もしも、森さんにヒーリングを送って頂いてなかったら、どうなっていたのだろう。
   と思いました。

   その後、ICUではなかなか回復が見られずとても心配でしたが、そのつど、森さんに励まして頂き、ヒーリングを
   送って頂いていたせいか、主治医も驚くほど順調だったらしく、最短でICUを出て、あんな大手術をしたにも関
   わらず、最短の2週間で退院、その後、約1ヶ月で温泉旅行に行ったり、1ヵ月半位に、横浜から山梨まで自分
   で車を運転して温泉に湯治の旅に出かけ、お寺の約3000階段を往復してもへっちゃらな位、回復しました。

   今は、2ヶ月しないうちに仕事に復帰し、寒いときは傷が痛んだり、苦しかったりするそうですが75歳とは思えぬ
   ほど順調に回復し、周りの人たちに驚かれています。私のヒーリングをして頂いたときも、今は特に病気はないよう
   だが左の腰がちょっとこっているなど、何でわかるんだろう?という不思議な体験をしました。お値段も最初に伝え
   てくれますし、良心的だと思います。何より、森さんがお話を聞いてくださり、精神的に助けて頂いた事や、ヒーリン
   グにより、父が無事に生還できたことが何よりも嬉しく、心から感謝いたします。本当にありがとうございました。           
              (横浜市、40代女性)


       【コメント】昨年11月にお父様の手術についてお電話を頂き、「入院手術サポート全国対応遠隔ヒーリング」をさせて頂きました。このプログラムは
               レイキとEFTを用いた遠隔療法で、手術前・手術中・手術後のそれぞれに必要なヒーリングを行います。術前は手術を受けられる
               ご本人と家族の方の不安を軽減することが主な目的になり、EFT(感情解放テクニック)を中心に行います。
               手術中は初めに手術が行われる手術室と執刀医、スタッフに調和的なエネルギーを送り、手術成功の土台を築きます。手術が
               いよいよ始まり、麻酔がかけられる頃から終わるまでずっと大脳や手術の部位にエネルギーを送り、自律神経系統が安定するよう
               に努めます。術後は傷の早期回復と痛みの軽減、肝臓や腎臓の機能を助けるためにエネルギーを送ります。今回は術前に娘さんに
               3回延べ3時間10分、お父様には6回延べ6時間10分、術中はお父様に連続的に5時間40分、術後は当日の夜から6日間にわたり、
               11回延べ15時間10分遠隔しました。トータルでは12日間、24回、30時間10分という長い遠隔療法になりました。こうした辛抱強い
               ヒーリングによって、好ましい結果が生まれたと思います。こうしたエネルギー療法や遠隔療法が、これからはもっと認知される時代が
               来ると思います。「いいものはいい」と言える時代が来ると思っています。              



                    変形性膝関節症で人工関節置換手術         2009.9.11

   私は数年前より変形性膝関節症がだんだんひどくなり、外出、家事もままならず杖をついてどうにか過ごして
   いました。いろいろ良いと聞けばその病院に走り、テレビコマーシャルのサプリも随分試してみましたが、一向
   に良くならずとうとう手術で人工関節のお世話になることにしました。ちょうどその頃友人の親しい方がカイロ
   プラスで快方に向かうよう施術していらっしゃるとのことで、遠隔療法のお話も伺いました。半信半疑ながら
   手術中、手術後と遠隔施術をお願いすることにしました。

   手術は全身麻酔で3-4時間、知らない間に終わり、無事に成功しました。その後ナースの方が度々『痛みま
   せんか?』と体温や血圧の測定、点滴に来るたびに声をかけてくださいましたが、まったく一度も痛いと感じた
   ことがなく、ただ眠たいばかりで術後2日目、3日目と順調に過ぎました。同室の方は皆さん、痛み止め、安定剤、
   座薬を使っても何日も眠れない様子でした。その後はリハビリも順調で予定のスケジュールを2週間も早くこなして
   退院の運びとなりました。痛みに苦しむことがなかったこと、とても早い回復ぶりに驚きました。これは手術中、
   手術後に10時間以上も遠隔で『氣』のエネルギーを送ってもらったおかげと思います。カイロプラスの方には
   とても感謝しています。      (広島県廿日市市、80代女性)


       【コメント】遠隔療法については一般常識では認められません。科学的証明もアメリカなどの国では取り組まれていますが、日本ではエセ科学の
              扱いでしょう。それはそれとして氣の世界では常識になっている遠隔療法は確実に届いています。敏感な人にはそのエネルギーが感じ
              取られます。この女性のような手術による痛みの改善、傷の回復にはレイキが大きな力を発揮します。レイキは細胞の修復能力を最大限
              高める作用があります。出血や傷にはレイキが素晴らしいと覚えておいてください。ポイントは手術やけがの直後すぐに行うことです。
              たっぷりと時間をかけることも大切です。この女性の遠隔療法の経験から『入院手術サポートプログラム』ができました。


戻る