●はじめに


 明府真影流は、故染谷親俊先生を初代宗家とする、新進の武道流派です。
 初代宗家は、戦前「香取神道流」を学ばれましたが、神道流のあまたの武技の
中から、特に手裏剣術を抽出して、さらに工夫と改良を加え、
「明府真影流」を創始されました。
 三十年近く後進の指導にあたられた初代宗家は、平成11年6月、惜しまれつつ
逝去されましたが、現在、二代大塚宗家によって、流儀が継承されております。

 当ホームページは平成11年8月に開設いたしました。
 当時はインターネットの黎明期で、古武道に関する情報も少なく、そんな時期に
当サイトは手裏剣術の情報を提供する希少な存在であったと、自負しております。

 しかし時代は進み、古武道/手裏剣術を取り巻く状況も大いに変化しました。
 当HPの役割も、また変わったかと思います。
 二回目のサーバー移転を機に、従前の内容を整理することにいたしました。


           明府真影流手裏剣術 二代宗家 大塚 保之

平成11年 8月 ホームページ新規開設
平成21年11月 サーバー移転
平成29年 9月 サーバー移転(二回目)
真打無敵の教え   初代 染谷 親俊 先生

●次ページへ