魏志倭人伝

倭人在帶方東南大海之中依山島爲國邑舊百餘國漢時有朝見者今使譯所通三十國

倭人は帯方郡の東南にある大海の中にあって山島によって国邑をなしている。もとは百余国で漢の時に朝見する者があったが今は使訳が通じる所が30国である。

從郡至倭循海岸水行歴韓國乍南乍東到其北岸狗邪韓國七千餘里

郡から倭にいたるには海岸にしたがって水行し、韓国をへてあるいは南あるいは東へと進み、その北岸の狗邪韓国にいたる。7千余里である。

始度一海千餘里至對馬國其大官曰卑狗副曰卑奴母離所居絶島方可四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑 有千餘戸無良田食海物自活乘船南北市糴

初めて海を渡り千余里で対馬国にいたる。その大官は卑狗といい副は卑奴母離という。いる所は絶島で周囲は4百余里しかなく、土地は山が険しくて森林が多く、道路は禽鹿の道のようである。千余戸あるが良田はなく海産物を食べて自活し、船に乗って南北に交易している。

又南渡一海千餘里名曰瀚海至一大國官亦曰卑狗副曰卑奴母離方可三百里多竹木叢林有三千許家差有田地耕田猶不足食亦南北市糴

また南に瀚海という名の海を渡ると千余里で一大国にいたる。ここの官も卑狗といい副は卑奴母離という。周囲は約3百里で竹木や叢林が多く、3千ほどの家がある。少し田はあるが不足していて、やはり南北に交易している。

又渡一海千餘里至末盧國有四千餘戸M山海居草木茂盛行不見前人好捕魚鰒水無深淺皆沈沒取之

また海を渡ると千余里で末盧国にいたる。 4千余戸が山海にそってあり、草木は繁茂し前を行く人が見えないほどだ。魚や鮑を好んで捕るが、深い浅いにかかわらず皆が潜水して取る。

東南陸行五百里到伊都國官曰爾支副曰泄謨觚柄渠觚有千餘戸世有王皆統屬女王國郡使往來常所駐

東南に陸行すること五百里で伊都国にいたる。官は爾支といい副は泄謨觚・柄渠觚という。千余戸があり代々王がいるが皆女王国に従属している。郡の使者が往来し常駐する所である。

東南至奴國百里官曰兕馬觚副曰卑奴母離有二萬餘戸

東南へ百里で奴国にいたる。官は兕馬觚といい副は卑奴母離という。2万余戸ある。

東行至不彌國百里官曰多模副曰卑奴母離有千餘家

東へ行くと百里で不弥国にいたる。官は多模といい副は卑奴母離という。千余の家がある。

南至投馬國水行二十日官曰彌彌副曰彌彌那利可五萬餘戸

南に水行二十日で投馬国にいたる。官は弥弥といい副は弥弥那利という。5万余戸ほどある。

南至邪馬壹國女王之所都水行十日陸行一月官有伊支馬次曰彌馬升次曰彌馬獲支次曰奴佳鞮可七萬餘戸自女王國以北其戸數道里可略載其餘旁國遠絶不可得詳

南へ水行十日陸行一月で邪馬台国の女王の都にいたる。官は伊支馬といい次は弥馬升といい次は弥馬獲支といい次は奴佳鞮という。7万余戸ほどある。女王国より北はその戸数・道里の概略を記載できるが、その他の傍国は遠すぎて詳細は得られていない。

次有斯馬國次有己百支國次有伊邪國次有郡支國次有彌奴國次有好古都國次有不呼國次有姐奴國次有對蘇國次有蘇奴國次有呼邑國次有華奴蘇奴國次有鬼國次有爲吾國次有鬼奴國次有邪馬國次有躬臣國次有巴利國次有支惟國次有烏奴國次有奴國此女王境界所盡

次に斯馬国・次に己百支国・次に伊邪国・次に郡支国・次に弥奴国・次に好古都国・次に不呼国・次に姐奴国・次に対蘇国・次に蘇奴国・次に呼邑国・次に華奴蘇奴国・次に鬼国・次に為吾国・次に鬼奴国・次に邪馬国・次に躬臣国・次に巴利国・次に支惟国・次に烏奴国・次に奴国がある。ここが女王の境界が尽きる所である。

其南有狗奴國男子爲王其官有狗古智卑狗不屬女王自郡至女王國萬二千餘里

その南に狗奴国があり、男子を王となす。その官は狗古智卑狗で女王に属さない。郡から女王国にいたるまで1万2千余里である。

男子無大小皆黥面文身自古以來其使詣中國皆自稱大夫 夏后少康之子封於會稽斷髪文身以避蛟龍之害今倭水人好沈沒捕魚蛤文身亦以厭大魚水禽後稍以爲飾諸國文身各異或左或右或大或小尊卑有差計其道里當在會稽東冶之東

男子は大小となく皆が黥面文身をしていて、昔から使いが中国に詣でると皆大夫と自称した。 夏后少康の子が会稽に封ぜられた時に断髪文身をして蛟龍の害を避けたという。いま倭の水人は好んで潜水して魚や蛤を捕らえるが文身は大魚・水禽を避けるためであったという。今では飾りとなっていて、諸国の文身はそれぞれ異なり、あるいは左に・あるいは右に・あるいは大きく・あるいは小さく、尊卑によっても違いがある。その道里を計ってみると会稽の東冶の東に相当する。

其風俗不淫男子皆露紒以木緜招頭其衣横幅但結束相連略無縫婦人被髪屈紒作衣如單被穿其中央貫頭衣之

その風俗は淫らではなく、男子は皆が露紒で木綿を頭にかけ、その衣は横幅で結束し相連ねるだけで縫わない。婦人は髪を屈紒し、衣を単被のように作りその中央に穴をあけて頭を出して着る。

種禾稻紵麻蠶桑緝績出細紵縑緜其地無牛馬虎豹羊鵲

禾稲・紵麻を植え蚕桑をし、糸をつむぎ細紵・縑綿を作る。その地には牛・馬・虎・豹・羊・鵲はいない。

兵用矛楯木弓木弓短下長上竹箭或鐵鏃或骨鏃所有無與儋耳朱崖同

兵は矛・楯・木弓を用いる。木弓は下が短く上が長く竹箭は鉄鏃か骨鏃である。有無するところは儋耳・朱崖と同じである。

倭地温暖冬夏食生菜皆徒跣有屋室父母兄弟臥息異處以朱丹塗其身體如中國用粉也食飲用籩豆手食

倭の地は温暖で冬夏とも生菜を食し皆徒跣である。屋室があって父母兄弟は異なる所に臥息する。朱丹でその身体を塗るのは中国で粉を用いるのに似ている。飲食には籩豆を用い手で食べる。

其死有棺無槨封土作冢始死停喪十餘日當時不食肉喪主哭泣他人就歌舞飲酒已葬擧家詣水中澡浴以如練沐

その死には棺はあるが槨はなく土に封じて塚を作る。死んでから十余日で喪を止めるが、喪中は肉を食べず、喪主は哭泣するが他人は歌舞飲酒し、葬った後は家を挙げて水中に詣でて澡浴しあたかも練沐のようである。

其行來渡海詣中國恆使一人不梳頭不去蟣蝨衣服垢汚不食肉不近婦人如喪人名之爲持衰若行者吉善共顧其生口財物若有疾病遭暴害便欲殺之謂其持衰不謹

その行来は渡海して中国に詣でるに常に使者の1人の頭をとかせず・虱を取らせず・衣服は汚く・肉を食べさせず・婦人を近づけず喪人のようにさせる。これを名付けて持衰という。もし行く者が吉善ならばその生口・財物をともに分け、もし疾病があり暴害に遭えば持衰が慎まなかったとしてこれを殺す。

出眞珠玉其山有丹其木有杼豫樟楺櫪投橿<烏號楓香 其竹篠簳桃支有薑橘椒蘘荷不知以爲滋味有獮猿K雉

真珠・青玉を産出し、その山には丹がある。その木には・クスノキ・クサボケ・クヌギ・投・カシ・ヤマグワ・楓香がある。その竹には篠・ヤダケ・桃支がある。ショウガ・橘・サンショウ・ミョウガがあるが滋味なのを知らない。大猿・黒雉がいる。

其俗擧事行來有所云爲輒灼骨而卜以占吉凶先告所卜其辭如令龜法視火坼占兆

その俗は挙事・行来にもめごとがあればすぐに骨を焼いて割れ目を見て吉凶を占う。まず割れ目を告げるのだがその言葉は令亀の法のようで火で出来た割れ目を見て兆を占う。

其會同坐起父子男女無別人性嗜酒見大人所敬但搏手以當跪拜其人壽考或百年或八九十年其俗國大人皆四五婦下戸或二三婦婦人不淫不妒忌不盜竊少諍訟其犯法輕者沒其妻子重者滅其門戸及宗族尊卑各有差序足相臣服收租賦有邸閣國國有市交易有無使大倭監之

その会同・座起には父子男女の別はない。生まれつき酒を嗜む。大人が敬する所を見るとただ手を打つだけで跪拝に当てているようだ。その人は長寿であるいは100歳あるいは80〜90歳になる。その俗は国の大人は皆4〜5婦、下戸も2〜3婦を持つ。婦人は淫らではなく・妬まず・盗まず・訴訟は少ない。その法を犯すと軽い者はその妻子を没収し、重い者はその門戸と宗族を滅ぼす。尊卑にはそれぞれ順序があり、宰相は十分に臣服している。年貢を徴収しその立派な貯蔵庫がある。国々には市があり有無を交易し大倭にこれを監督させている。

自女王國以北特置一大率檢察諸國諸國畏憚之常治伊都國於國中有如刺史 王遣使詣京都帶方郡諸韓國及郡使倭國皆臨津捜露傳送文書賜遺之物詣女王不得差錯

女王国より以北には特に一大率を置き諸国を検察している。諸国はこれを畏憚している。常に伊都国にいて国中に刺史のような者がいる。王が使いを遣わして京都・帯方郡・諸韓国に詣でたり、また郡が倭国に使いする際には、皆が港に臨んで伝送文書・賜遺の物を検査し、女王の所に到着するのに入り乱れることはない。

下戸與大人相逢道路逡巡入草傳辭事或蹲或跪兩手據地爲之恭敬對應聲曰噫比如然諾

下戸が大人と道路で相会うと逡巡して草の中に入り挨拶をする。話をする時にはあるいはうずくまり・あるいはひざまずき両手を地面に突いてうやうやしくする。応対する声は噫であり、承知したという意味のようである。

其國本亦以男子爲王住七八十年倭國亂相攻伐歴年乃共立一女子爲王名曰卑彌呼事鬼道能惑衆年已長大無夫壻有男弟佐治國自爲王以來少有見者以婢千人自侍唯有男子一人給飲食傳辭出入居處宮室樓觀城柵嚴設常有人持兵守衞

その国はもとは男子を王としていたが、70〜80年で倭国は乱れて互いに何年も攻め合った。そこで共に1人の女子を立てて王となした。名は卑弥呼という。鬼道を事としよく衆を惑わした。既に大変な高齢であるが夫は無い。弟がいて国を治めるのを補佐している。王となってからは見た者は少なく婢千人が仕えた。ただ男子1人が食事を給仕し取次ぎをするために居室に出入りする。宮室・楼観・城柵が厳かに設けられ常に兵士が守備している。

女王國東渡海千餘里復有國皆倭種又有侏儒國在其南人長三四尺去女王四千餘里又有裸國K齒國復在其東南船行一年可至參問倭地絶在海中洲島之上或絶或連周旋可五千餘里

女王国の東に渡海すると千余里でまた国があるが皆倭種である。また侏儒国がその南にあり、身長は三四尺で、女王から四千余里の所である。また裸国・黒歯国がその東南にあり船で行くと1年ほどで到着する。倭の地を問えば海の中の島の上に点在し、あるいは離れあるいは連なり、周囲は五千余里ほどである。

景初二年六月倭女王遣大夫難升米等詣郡求詣天子朝獻 太守劉夏遣吏將送詣京都

景初二年六月に倭の女王が大夫の難升米らを遣わして郡に詣で、天子に詣でて朝献したいと求めた。 太守の劉夏は吏を遣わして随行させ京都へ詣でた。

其年十二月詔書報倭女王曰制詔親魏倭王卑彌呼帶方太守劉夏遣使送汝大夫難升米次使都市牛利奉汝所獻男生口四人女生口六人斑布二匹二丈以到汝所在踰遠乃遣使貢獻是汝之忠孝我甚哀汝今以汝爲親魏倭王假金印紫綬裝封付帶方太守假授汝其綏撫種人勉爲孝順汝來使難升米牛利渉遠道路勤勞今以難升米爲率善中郎將牛利爲率善校尉假銀印綬引見勞賜遣還今以絳地交龍錦五匹絳地縐粟罽十張蒨絳五十匹紺五十匹答汝所獻貢直又特賜汝紺地句文錦三匹細班華罽五張白絹五十匹金八兩五尺刀二口銅鏡百枚眞珠鉛丹各五十斤皆裝封付難升米牛利還到録受悉可以示汝國中人使知國家哀汝故鄭重賜汝好物也

その年の十二月に詔書して倭の女王に返答した。「親魏倭王卑弥呼に詔する。帯方の太守の劉夏が使を遣わし汝の大夫の難升米・次使の都市牛利を送り、汝の献ずるところの男生口4人・女生口6人・斑布2匹2丈を奉り到着した。汝の在る所は遥かに遠いのに使いを遣わして貢献した。これは汝の忠孝であり我は汝をとても哀れに思う。いま汝を親魏倭王となし金印紫綬を貸与し、装封して帯方の太守に仮に授ける。汝は種人をなだめ努めて孝順をなせ。汝の来使の難升米・牛利は遠きを渉り道路勤労す。いま難升米を率善中郎将となし・牛利を率善校尉となし、銀印青綬を貸与し、引見してねぎらい遣わし帰す。いま絳地交龍錦5匹・絳地縐粟罽10張・蒨絳50匹・紺青50匹を以って汝が献ずる所の貢直に答える。また特に汝に紺地句文錦3匹・細班華罽5張・白絹50匹・金8両・5尺刀2口・銅鏡百枚・真珠・鉛丹各50斤を賜い、皆装封して難升米・牛利に預ける。還り到らば録受し、ことごとく汝の国中の人に示し、国家が汝を哀れむを知らしめよ。ゆえに丁重に汝に好物を賜うものなり」と。

正始元年太守弓遵遣建中校尉梯儁等奉詔書印綬詣倭國拜假倭王齎詔賜金帛錦罽刀鏡采物倭王因使上表答謝詔恩

正始元年に太守の弓遵が建中校尉の梯儁らを遣わし、 詔書・印綬を奉じて倭国に詣で、倭王に拝仮し、ならびに詔をもたらし金帛・錦罽・刀・鏡・采物を賜う。倭王は使を介して上表し詔恩を感謝した。

其四年倭王復遣使大夫伊聲耆掖邪狗等八人上獻生口倭錦絳縑緜衣帛布丹木弣短弓矢掖邪狗等壹拜率善中郎將印綬

その4年に倭王がまた大夫の伊聲耆・掖邪狗ら8人を遣わし、生口・倭錦・絳青縑・緜衣・帛布・丹・木弣・短弓矢を献上する。掖邪狗らは率善中郎将の印綬を壱拝した。

其六年詔賜倭難升米黄幢付郡假授

その6年に詔して倭の難升米に黄幢を賜い郡に付して仮授させる。

其八年太守王頎到官倭女王卑彌呼與狗奴國男王卑彌弓呼素不和遣倭載斯烏越等詣郡相攻擊状遣塞曹掾史張政等因齎詔書黄幢拜假難升米爲檄告喩之

その8年に太守の王頎が官に到る。倭の女王卑弥呼は狗奴国の男王卑弥弓呼と以前より不和であった。倭の載斯烏越らを遣わして郡に詣で、相攻撃する様を説く。塞曹掾史の張政らを遣わして、よって詔書・黄幢をもたらし難升米に拝仮し、檄をつくって告喩する。

卑彌呼以死大作冢徑百餘歩徇葬者奴婢百餘人更立男王國中不服更相誅殺當時殺千餘人復立卑彌呼宗女壹與年十三爲王國中遂定政等以檄告喩壹與壹與遣倭大夫率善中郎將掖邪狗等二十人送政等還因詣臺獻上男女生口三十人貢白珠五千孔大勾珠二枚異文雑錦二十匹

卑弥呼が死に大規模な塚を作る。直径は百余歩で奴婢百余人を殉葬する。あとに男王を立てたけれども国中が従わず互いに殺し合いこの時に千余人が殺された。再び卑弥呼の13歳の宗女の壱与を立てて王にしたところ遂に国中が治まった。政らが檄をもって壱与を告喩する。壱与は倭の大夫で率善中郎将の掖邪狗ら20人を遣わして政らを送った。そのまま臺に詣でて男女生口30人を献上し、白珠5千孔・青大勾珠2枚・異文雑錦20匹を貢いだ。