トップへ  本棚へ

 お題提供・色彩の綾

 
お題を使用した、一話完結シリーズ。
どれから読んでも大丈夫なように書いているつもり……。

                 
                    〜内容紹介〜

メイドのセレリアーナを帝国の第二皇子クロレンスは今日もまた口説き落とそうとする。
本気なのか冗談なのか、わからない皇子の態度に、セレリアーナの心は揺れるけれど、彼女には誰にも言えない秘密があって……。

                 
                    〜本編〜  リンクが繋がっていないのは、更新予定の話です。



title.1 秘密を閉じ込めて  (原稿用紙換算15枚) 


title.2 秘密の鍵  (原稿用紙換算17枚) 


title.3 優しい微睡みに導いて  (原稿用紙換算15枚) 


title.4 願いは訊かない  (原稿用紙換算15枚) 

title.5 思い出の温度 (原稿用紙換算14枚) 

title.6 甘い言葉で嘘をついて (原稿用紙換算12枚) 

title.7 愚かなわたしへ (原稿用紙換算16枚) 

title.8 風に揺れて (原稿用紙換算16枚) 

title.9 小さな強がり (原稿用紙換算13枚) 

title.10 雨音の狭間 (原稿用紙換算16枚) 

title.11 その光に触れて、夢を見る (原稿用紙換算14枚) 

title.12 その眠り、妨げることなかれ (原稿用紙換算14枚) 

title.13 心、乱されて (原稿用紙換算12枚) 

title.14 捩じれた感情 (原稿用紙換算12枚) 

title.15 甘くて苦い (原稿用紙換算15枚) 

title.16 君だけに贈る詩 (原稿用紙換算12枚) 

title.17 君は入れない (原稿用紙換算12枚) 

title.18 響く鐘の音に (原稿用紙換算12枚) 

title.19 寂しさのため息 (原稿用紙換算11枚) 

title.20 降り注ぐ冷たい雪は (原稿用紙換算16枚) 

                 
                    〜登場人物紹介〜

◇ セレリアーナ
クロレンスに仕えるメイド。
本来はハウスメイド(掃除係)として雇われたはずだが、何故かクロレンスの近侍役に。
苺色の髪と碧の瞳。二十二歳。

◆ クロレンス
帝国の第二皇子。
辺境アルシュにあるエーファ城の主。何かにつけてセレリアーナに付きまとい、彼女を口説く。金髪に緑の瞳。二十四歳。



 ご感想など頂けましたら、幸いです。掲示板・メールまたは→  から。
ポチっと押してくださるだけでも、嬉しいです。

Copyright(C) 松原冬夜 All Rights Reserved.


トップへ   本棚へ