home フィッシング詐欺に、ご注意ください。

当医院のサイトで、個人情報の入力をお願いすることはありません


-
「しゃっくり」の止め方
-

--
-
-


-
-

-
- しゃっくりは、きつぎゃく というそうです。

たまに、「しゃっくりがもう3日もとまらなくて・・・そちらに行っていいでしょうか?」

というお電話があります。

 私は子供の頃、いつもしゃっくりが出て苦しんでました。

ある日、小学校2、3年生の頃コロンボ刑事が映画の中でしゃっくりの止め方を教えてくれたので、必死で覚えました。

それ以来、これでとめてます。子供だって苦しいですよね。


 ちなみにお電話でも「これでとまらなければ、来院してくださいね」と申してますが、

このように応対した方で来られた方はひとりもいないので、たぶんとまったのかな?と思ってます。


※注意! 

失敗して何度もやると水でお腹がふくれて苦しいので、

水を飲まずに、まず下記の順番で2〜3回練習してから行って下さい。


用意するもの・・・コップに入ったぬるま湯

 /叱撞杪腓く2.5回する・・・ゆっくりしない

  吸ってはいて、吸ってはいて、大きくすってすってすって・・・止める!

◆‖を止めながら、コップの水を7口ごっくん と のむ。

 止めてた息を吐いて、また大きく息を吸い、出さずに止める! 胸一杯に空気を吸うのがポイント。

  そのまま息をとめたまま、10秒我慢する。おわり

  小さい子供さんは、息を自分で止められないので、大人が鼻と口をふさぐ。



※ 深呼吸ができない子供さんには無理です

そういうときは、お風呂に入るなどして、体をあたためてやると緊張がほぐれるのか 

とまりやすいようです。 横隔膜を鍛えると しゃっくりしなくなるといいます。

マラソンなんて きっといいんでしょうね。 

しかも、頭が良くなるという研究データもあるとか。


なお、先生は別の方法を指導してます。

上記は家庭用民間療法です。念のため・・・

これで はやく 楽になるといいですね

    松 澤 医 院  電話 0748-32-4508 

               〒523-0082 滋賀県近江八幡市土田町268−3
home

-