健康おたく うめ のコラム 2018,10,25      home

     ご存じですか? 下記のリスク や メリットを・・・・詳しくは、下記をご覧ください。

 

      胃カメラや超音波画像診断装置、などの 医療機器による検査が必要な方は、

    当医院にて、患者様のご希望の日程にて 検査病院の予約をさせて頂いております。

    

    検査を受けに行って頂く病院は、万一のときは、患者様ご本人が「ここの病院で手術をしたい」という

    ご希望の病院です。

 

     特にご希望のない方は、当医院の側にある、近江八幡市総合医療センター放射線科の検査室を

    予約させて頂いております。

             ............................................................................................................................................................................................................................

      ご存じですか? 下記のリスク や メリットを・・・・

 

     どうして、胃カメラや超音波画像診断装置 などを 置くのをやめたの?

     

     胃カメラも、超音波画像診断装置も、医療機器の進歩はは まさに 日進月歩です。

      しかも、その医療機器は、非常に価格が高額で、ああ、こんなのいいなあ・・・

      なんて思っても、見てください。この価格。 6,850 万円~~ から、です!

 

      超音波画像診断装置 肝臓用エラストグラフィー搭載

      日立のARIETTA E70  

      http://www.innervision.co.jp/products/release/20180130

             このエコーは、肝硬変の固さまで 色で表現されるとか・・・

      肝臓を触ればわかるといいますが・・・ 残念ながら 太っていると 実は、しっかり 触れません。

      しかも 上記のような、高級機種であっても 内臓脂肪が 邪魔をしている場合は 先生が 「はい、健康ですよ」 と 太鼓判を押せないのです。      

      

      もちろん 開業医がもてるものなど・・・それでも 300~1000万円以上します。

      では、どちらの医療機器で みてほしいですか?

      もし 自分に 本当に病気の疑いがあるなら、最新の医療機器で見てもらいたい。

      先生は そう思うそうです。 それで すぐ側の近江八幡市総合医療センターの検査室に行ってもらうわけです。

      

      そう、当医院は 幸い 近江八幡市総合医療センターのすぐ側にあります。 徒歩で数100メートルです。

      ( 当医院が開業した当初は、計画では、医療センターは 八幡山のあたりにできるということでしたので、目の前に建築された時は驚きましたね。

        おかげさまで、高額の医療機器を購入しなくてもよくなり、経営的にも リスク管理の面からも 非常に助かります。)

      

      機器の性能以外に 検査室に行ってもらうメリット   

      ① 実は、残念ながら 太ってしまうと、エコーは うまく映らないそうです。

       結局 そういう方には、はじめから MRIに 行って頂きます。

 

      ② 実は 開業医で 仮に検査をしても、紹介先の病院で、また 同じ検査をされます

        胃カメラ、大腸カメラは つらいとか、はずかしいと 思う人が 多いですよね。

        そんな検査は 受ける回数は たった一回でも  お金も 検査も 減らしてほしいです

 

      ③ 当医院から予約をして、当日は 直接 当医院 目の前の 総合医療センターの放射線科の検査室に、行って頂きます。 

       毎日、それを専門にされている技師さんや先生が、しっかり診てくださいます。 また、その画像は、松澤先生にも届きます。

       二人以上の 専門家の タプルチエックは お得ですよね。 しかも 病院によっては、検査技師 三名で、確認するということも伺っております。

 

      ④ 残念ながら、胃カメラや大腸カメラの検査は、稀ですが いろいろな事情で事故が起こることがあります。

       そういった時には、設備の整った病院でしか、対応はできかねます。

 

      ④ 近江八幡市総合医療センター以外の病院であっても、患者様が希望されれば、その病院に相談しますので、県外でも大抵は受診可能です。

       (  稀なケースですが、ある患者様の アメリカ在住のご家族の希望で、アメリカの専門の先生にデーターを インターネットで送り、

         診ていただき 一週間以内に ご返答を頂いた ということもあるようです。 今は そういう時代なのですね。

          なお、これは、日本の健康保険は 利用できないと思いますが・・・)

 

        地域連携登録医の登録は、ほとんどの大きな病院は スタッフの休憩時間やお休みの日以外は 一時間以内でできるようです。

        検査予約もそのあと、基本的に すぐできるようになります。

        もし、入院するなら、この病院がいいなあ・・・

        と思う病院を、先生にご相談ください。 東京、京都、大阪など、大学病院、日赤病院を含め 実績があります。

         なお、

            血管年齢は、当医院でも調べられます。

            非常に安価なので 定期的に データをとるにも おすすめです。

         

        血管の壁が固くなるとか、厚くなると 血流の流れも 悪くなります。

        血流の流れが悪くなると、いろいろな 箇所で ペーハーも酸性度が 上がりやすく ガンにも いろいろな病気にも なりやすいのてす。

        (アルカリイオン水が 身体にいいとされるのは、酸性度を下げるからです。

         でも血流が悪いと、部分的に酸性に傾いたところは 血液が入れ変わりにくいので、やさしくマッサージが必要。)

 

       もちろん動脈硬化がすすみ、ガンにならなくても、やがて脳卒中・狭心症・心筋梗塞などに なりやすいですね。       

       

               ガンの予防は?

..........................................................................................................................................................................................    

         筆者は、健康おたくと先生から呼ばれている うめ です。

           化学、生物、物理、地学、天文など、理科系 と 体育 現代アートが大好きです。

           先生が「健康オタク」と おっしゃるほど 趣味は 国内外の医学・薬学・栄養学・脳科学 関係書物の読書です。  

        幸い 親友(祖父は滋賀県出身)がヨーロッパで、大学病院の内科医師や、世界的な整形外科学会関係者なので、日本にない情報がダイレクトに 届きます。

        日本の医学はアメリカに偏りがちですが、アメリカとヨーロッパの予防接種事情などは、また違います。  

      home