サワオトギリ  オトギリソウ科 オトギリソウ属

 オトギリソウの類は種類が多く、素人では区別に苦労します。

 オトギリソウ、コオトギリ、サワオトギリ、アゼオトギリ、ナガサキオトギリ、ヒメオトギリ、コケオトギリなど、なかなか大変です。

 サワオトギリは、葉が倒卵形あるいは長だ円形、先は円形または鈍頭で、葉の基部にかけて幅が狭くなる特徴があるそうです。

 やわらかく薄く、透かして見ると明るい油点が多数あり、ふちに黒点があります。

 北海道西南部から九州に分布、山地の水湿地に生える多年草です。

N104768 サワオトギリ 06.7.16 県道30号線

N104769 サワオトギリ 06.7.16 県道30号線

N104770 サワオトギリ 06.7.16 県道30号線

N104771 サワオトギリ 06.7.16 県道30号線

身近な野の花 7月目次に戻る
身近な野の花 総目次に戻る
トップページに戻る

 茎は叢生、高さ10〜15cm、上方で枝分かれします。

 葉は対生し、長さ30〜35mm。

 花は小さく、茎の先や枝の先に2出集散花序につきます。

 がく片は狭長だ円形、花弁は倒卵状長だ円形、長さ3.8〜6mm。

 花にも明点が散在します。

 秋に美しく紅葉します。


 ナガサキオトギリは、別途撮影しました。葉の形を比較してみてください。