ようこそ"web DiAngelo"へ。このサイトでは、岐阜県美濃市にある" Cafe & Live Bar DiAngelo"で行われるライブ・イベント情報や近隣で行われるイベントの情報などをお知らせします。

Upcoming Events

2016年4月23日(土) 井上憲司(シタール) & 吉見征樹(タブラ)

2016年4月23日(土) 井上憲司(シタール), 吉見征樹(タブラ) 18:30 open, 19:30 start
\3,500(1ドリンク・オードブル付)

ご予約・お問い合わせは E-mail(pupupupumpkin@gmail.com) または 電話(090-4115-4235) まで

井上憲司(シタール)
現代のシタールによるインド音楽は、エタワ・ガラナ(流派)とマイハール・ガラナ(流派)の2大流派の音楽家の演奏スタイルが礎になっている。世界的に活躍したインドの人間国宝パンディット・ラビ・シャンカールやパンディット・ニキル・ベナルジーはマイハール・ガラナの創始者ウスタッド・アラウッディーン・カーンの直弟子にあたる。ウスタッド・アラウッディーン・カーンの直弟子としてマイハールで18年間過ごし、後にコルカタのサンギート・リサーチ・アカデミーで教鞭をとっていたオジョイ・シンゴロイ教授によるマイハール流派の伝統を井上憲司は学んでいる。そんな彼とシタールとの出会いは1982年のインド旅行中だった。その後数年、京都在住の土谷章雄氏に手ほどきを受けた後、独学での研鑽とシタールによる音楽の可能性を追求した後、1987年、オジョイ・シンゴロイ教授の一番弟子であったカルカッタ在住のシュリ・ディジェンドラ・モハン・ベナルジー氏に師事。その滞在中に出演したコンサートが現地のマスコミに高い評価を受け、以後、10年余り年間約半分を師のもとで過ごし、現在も毎年精力的にコンサートやレコーディングを行う。生前、井上憲司のコンサートを聴きに来場したオジョイ・シンゴロイ教授からも指導を受け、現在では演奏されることがなくなりつつある楽曲も数多く受け継いでいる。現在は、やはりオジョイ・シンゴロイ教授の直弟子であった師の息子シュリ・ショシャンコ・ベナルジー氏からも指導を受けている。 2009年のコンサートでは「The most bright and most knowledgeable program of this year」と絶賛を受ける。自身のオリジナル音楽では’90年代から自らのグループ「JAZICO」や「FOOJEAN」を率いる他、多彩なジャンルの音楽家、ダンサー、クリエーターとのコラボレーションも数多く、作曲や編曲を様々な分野に提供し、独自の音楽の可能性を追求し続けている。 舞踏「古舞族アルタイ」パリ公演の作曲・演奏、「FOOJEAN」のデリー公演など、海外プレスからも注目される。(国際交流基金)テレビ・ラジオなど多数出演、様々なジャンルのCDにゲスト参加。ライブ・セッションを通し、新しい音楽の可能性を広げ、伝統音楽と現代音楽との高いレベルでの融合を模索している。エレクトロニクスとアコースティック楽器の融合を目指す「DRACO」に参加し、ファーストアルバム「Zero」を発表、各地のコンサートやイベントで活動を続けている。また最新のオリジナル曲では、音階へのより深い洞察を求めるべく、邦楽器との活動なども精力的に行っている。既発売CDに『水琴窟とタンプーラ』、『JAZICAL WORLD』、『FOOJEAN』があり、2008年に北インド古典音楽のアルバム第一弾『KIRWANI』、2009年にJAZICOの2枚目のアルバム『LIVE AND THEN/ JAZICO at 音や金時』 をリリース。卓越したテクニックに裏付けられた艶やかで美しい音色、豊かな表現力、奔放でありながら、かつ繊細な音楽性は高く評価されている。現在神奈川県逗子市在住。

吉見征樹(タブラ)
1984年タブラを始める。1985年幅広い音楽修行の為ニューヨークに渡る。1987年よりインドはムンバイにてタブラの大御所ウスタッド・アラ・ラカ・カーン氏と、その息子ウスタッド・ザキール・フセイン氏に師事。タブラの可能性を追求する為、インド古典音楽はもとより、あらゆるジャンルの音楽家・ダンサー・アーティストなどとの共演、ミュージカル、ファッションショー、演劇などの音楽を手掛け、またTV・ラジオのCM、テーマ曲、映画、CD等のスタジオ録音など数多く携わっており、国内外を問わず精力的にセッションを続けている。インプロヴィゼーションを得意とし、どのようなセッションにおいても自在に絡みつくその演奏は太鼓でありながらもメロディアスであり、タブラであらゆるジャンルとの共演をこなす貴重な存在である。これまでWAWAWAWA、NADA、Spanish Connection、DCPRG等のグループで活動。共演者も幅広く、坂田明、谷川賢作、川嶋哲郎、鬼怒無月、菊池成孔、ハクエイ・キム、中村善郎、Monday満ちる他、多岐に及ぶ。

Information

マツモリビル テナント入居者募集

近代デザインRC建築(鉄筋コンクリート打放し造)の3階建てテナントビルとして1989年に施工。荻雅司一級建築士設計。国道156号線沿い。駐車場65台。東海北陸自動車道 美濃ICおよび東海環状道 美濃・関JCTに近く、岐阜市を始め岐阜県東濃方面、愛知県名古屋市、豊田市、伊勢湾岸道方面、北は郡上八幡、飛騨高山、富山方面からのアクセスに便利です。現在若干数の各種店舗・事務所用空き物件が有り、入居者募集中です。

Address & Maps

周辺地図 | 広域地図
東海北陸自動車道美濃ICから2分。国道156号線沿い。
※ 国道156号線岐阜方向からお越しの場合、北行き車線からの右折進入はできません。

〒501-3753 岐阜県美濃市松森595 マツモリビル3F
Tel; 0575-35-3386, E-mail: pupupupumpkin@gmail.com

Copyright © Cafe & Live Bar DiAngelo All Rights Reserved
Web designed by htk

web DiAngelo