matsumo,matsumo2,matsumoto,matumoto,LPレコード,フルトベングラー,Furtwangler,Furtwaengler,フルトヴェングラー,ブッシュ弦楽四重奏団
English Japanese

前ページ クラシック音楽の紹介目次 mp3ファイル目次 Home(coocan) Home(Geocities) 次ページ

LPレコード(02)

初回:2008. 1.26

 mp3はwaveファイルの約1/11のサイズですが,それでもホームページでは結構な容量を占めてしまいますし,無料のホームページではmp3ファイルのupの禁止やファイルサイズの上限が3MBとか制限があるため,私の場合は,今まで僅かなmp3ファイルしかインターネット上でupすることはできませんでした。しかしながら,私が入っているプロバイダー「@nifty」のブログ「cocolog-nifty」ではmp3ファイルはOKの上,upできるファイルの全容量は「2GB」もあります(それに引き替え,「@nifty」のホームページではupできるファイルの全容量は「50MB」しかありません)。このため,今まで行いたかったLPを再生し,mp3化したものを「cocolog-nifty」にupできるようになりました。そして,とりあえずは,ブッシュ弦楽四重奏団によるベートーベンの中期・後期弦楽四重奏曲集,シューベルトの弦楽四重奏曲集・ピアノ三重奏曲等のupを始めました。


ベートーベン:弦楽四重奏曲第12番
[ブッシュ弦楽四重奏団]
録音:1936年
(Toshiba Ongaku Kougyou GR2235,A面・B面)

 1936年の録音です。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Beethoven_String_Quartet_No12_Busch_SQ_1936.mp3 (34.7MB)

ベートーベン:弦楽四重奏曲第13番・大フーガ
[ブッシュ弦楽四重奏団,アドルフ・ブッシュ指揮ブッシュ室内合奏団]
録音:1941年
(CBS/SONY SOCU 13,A面・B面)

 第13番は当初は大フーガが最終楽章となっていましたが,長すぎるとのことで,別な曲に替えられ,大フーガは独立したものとなりました。この録音では,大フーガはブッシュ指揮ブッシュ室内合奏団による演奏です。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1楽章〜第5楽章:Beethoven_String_Quartet_No13_Busch_SQ_1941-1.mp3 (23.7MB)
 第6楽章・大フーガ:6th Movement + Grosse Fuge: Beethoven_String_Quartet_No13_Busch_SQ_1941-2.mp3 (22.9MB)

ベートーベン:弦楽四重奏曲第14番
[ブッシュ弦楽四重奏団]
録音:1936年
(Toshiba Ongaku Kougyou GR2233,A面・B面)

 これも昔から名演として知られていたもので,1936年の録音です。
 なお,この曲は実際は現在の第15番が作曲された後に作曲されたものだそうですが,楽譜の出版はこちらの方が早かったため,こちらが第14番になったのだそうです。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Beethoven_String_Quartet_No14_Busch_SQ_1936-1.mp3 (24.8MB)
 第5〜第7楽章:Beethoven_String_Quartet_No14_Busch_SQ_1936-2.mp3 (12.6MB)

ベートーベン:弦楽四重奏曲第15番
[ブッシュ弦楽四重奏団]
録音:1937年
(Toshiba Ongaku Kougyou GR2233,A面・B面)

 これも昔から名演として知られていたもので,1937年の録音です。この曲の第3楽章「病より癒えたる者の神への聖なる感謝」は大好きです。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1・第2楽章:Beethoven_String_Quartet_No15_Busch_SQ_1937-1.mp3 (25.0MB)
 第3〜第5楽章:Beethoven_String_Quartet_No15_Busch_SQ_1937-2.mp3 (14.6MB)

ベートーベン:弦楽四重奏曲第16番
[ブッシュ弦楽四重奏団]
録音:1935年
(Toshiba Ongaku Kougyou GR2235,B面)

 これも昔から名演として知られていたもので,1935年の録音です。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Beethoven_String_Quartet_No16_Busch_SQ_1935.mp3 (25.2MB)

シューベルト:弦楽四重奏曲第11番
[ウィーンコンツェルトハウス四重奏団]
録音:1951年頃
(Toshiba Ongaku Kougyou IMC-47005,B面)

 シューベルトの弦楽四重奏曲では第13番〜第15番が好きなのですが,切りが良い第11番からupすることとしました。これは1951年頃の録音です。

 この「シューベルト:弦楽四重奏曲第11番」は1816年に作曲されたもので,おそらく家庭での演奏を前提にしたものでなく,専門の四重奏団による演奏を念頭に置いて書かれていると言われています。なお,シューベルトが次の,弦楽四重奏曲第12番『四重奏断章』は1820年に作曲されたのだそうですから,4年間の中断があったことになります。と言っても,弦楽四重奏曲第10番は1813年の作曲だそうですので,第10番の後,3年間の中断があったと言うことですので,あまり意味はないのかもしれませんが。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Schubert_String_Quartet_No11_Concertohaus_SQ_1951.mp3 (21.2MB)


<mp3ファイル>
「OneDrive」中の「sound911」中の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Schubert_StringQuartet_No11_KonzerthausSQ_1950B.mp3(21.3MB)
シューベルト:弦楽四重奏曲第12番
[ウィーンコンツェルトハウス四重奏団]
録音:1951年頃
(Toshiba Ongaku Kougyou IMC-47005,B面)

 シューベルトの未完の弦楽四重奏曲第12番です。シューベルトには未完成の曲は結構あるようで,その中の最も有名なのは,「交響曲第8番 未完成」ですが,この第12番は第1楽章のみしか残っておりません。普通はこのような場合,番号が付かずに消え去るのですが,この曲から急に質が高くなったせいか,未完の曲なのに第12番と番号が付けられました。
 この曲では,「スメタナ弦楽四重奏団」によるものが好きですが,隣接著作権が切れていないので,この1951年頃の録音を選びました。

 「シューベルト:弦楽四重奏曲第12番」はシューベルトが1820年に着手した弦楽四重奏のための曲ですが,第1楽章のみが完成され,第2楽章は41小節のスケッチのみで放棄されたものです。未完のものですので,本来は番号がつかない筈ですが,後期の弦楽四重奏曲の先駆的な作品であり,劇的で気魄に富んだ表現のために,第12番との番号が付けられたようです。この曲の初演はシューベルトが亡くなってから約40年後の,1867年3月1日にウィーンにおいてヨーゼフ・ヘルメスベルガー率いるヘルメスベルガー弦楽四重奏団により行われたそうです。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1楽章:Schubert_String_Quartet_No12_Busch_SQ_1951.mp3 (9.61MB)


<mp3ファイル>
「OneDrive」中の「sound912」中の以下のファイル
 第1楽章:Schubert_StringQuartet_No12_KonzerthausSQ_1950B.mp3(9.62MB)
シューベルト:弦楽四重奏曲第13番
[ウィーンコンツェルトハウス四重奏団]
録音:1951年頃
(Toshiba Ongaku Kougyou IMC-47005,A面・B面)

 この曲では,「チリンギリアン弦楽四重奏団」によるものが好きですが,隣接著作権が切れていないので,この1951年の録音を選びました。この曲はシューベルトの弦楽四重奏曲の中では,第14番の次によく演奏されるもので,第2楽章に,”シューベルト:劇音楽「ロザムンデ」”中の間奏曲第3番の美しい旋律が使っているため,「ロザムンデ」とのあだ名が付いています。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1・第2楽章:Schubert_String_Quartet_No13_Busch_SQ_1951-1.mp3 (20.2MB)
 第3・第4楽章:Schubert_String_Quartet_No13_Busch_SQ_1951-2.mp3 (13.8MB)

シューベルト:弦楽四重奏曲第14番
[ブッシュ弦楽四重奏団]
録音:1936年
(Toshiba Ongaku Kougyou GR2230,A面・B面)

 これは昔から名演として知られていたもので,1936年の録音です。この曲の魅力が全開の演奏だと思います。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1・第2楽章:Schubert_String_Quartet_No14_Busch_SQ_1936-1.mp3 (19.7MB)
 第3・第4楽章:Schubert_String_Quartet_No14_Busch_SQ_1936-2.mp3 (10.8MB)

シューベルト:弦楽四重奏曲第15番
[ブッシュ弦楽四重奏団]
録音:1939年
(Toshiba Ongaku Kougyou GR2236,A面・B面)

 この曲は,あまり演奏されないものですが,第14番と同じくらい好きです。シューベルトとしては,かなり構成的な感じの曲です。

<mp3ファイル>
「cocolog-nifty」中 の以下のファイル
 第1・第2楽章:Schubert_String_Quartet_No15_Busch_SQ_1939-1.mp3 (22.6MB)
 第3・第4楽章:Schubert_String_Quartet_No15_Busch_SQ_1939-2.mp3 (13.9MB)



前ページ クラシック音楽の紹介目次 mp3ファイル目次 Home(coocan) Home(Geocities) 次ページ