松ヶ丘ドルフィンズ 会則

 

名称

第1条:本会は千葉市中央区少年軟式野球連盟所属、松ヶ丘ドルフィンズと称し、

    事務所を会長宅におく。(以下本会と称す)

 

目的及び事業

第2条:本会は地区内少年等の野球技の修練を通じ、健全なる発展と少年等の

    健全育成に資することを目的とする。

第3条:本会は目的達成のために次の事業を行う。

    1.相互の親睦融和をはかる。

    2.少年リーダーの養成。

    3.適切なる指導。

    4.球技の修練に必要な場、及び施設の設備。

    5.その他の目的達成に必要な事項。

 

組織

第4条:本会の会員は本会の趣旨に賛同する次の者をもって組織する。

    1.普通会員(部員の父母)

    2.賛助会員(本会の助成を志す者)

 

役員

第5条:本会に次の役員をおく。

    会長1名、監査2名、庶務2名、会計2

第6条:1.会長は本会を代表とし会務を総理する。

    2.監査は会計を監査し、これを総会にて報告する。

    3.庶務、会計は内規により定める

第7条:役員は総会において選出し、その任期を1年以上とする。但し、

    再任は妨げない。

 

顧問相談役

第8条:必要に応じ本会に名誉会長、顧問、相談役をおくことが出来る。

    1.名誉会長は本会の会長経験者とする。

    2.相談役は会長の諮問に応じる。

 

 

会議

第9条:本会の会議は総会、役員会、指導者会とし、会長はこれを招集する。

    1.定期総会は、毎年2月とし、必要に応じ臨時総会を開くことが出来る。

    2.総会は会員の過半数をもって成立する。賛否同数の場合は、議長は

      これを決する。但し、委任状をもって出席とみなすことが出来る。

    3.総会の議長は総会において選出する。

    4.役員会、指導者会は会長議長となり、これを司会する。

      (以下指導者会という)

 

入会及び退会

第10条:本会に入会する者は主旨、会則、内規を承認の上、入会届により所定の

     入会金を添えて申し込むものとする。

第11条:本会を退会する場合は退会届を提出すること。但し、既納の入会金及び

     会費は払い戻ししない。

 

 

会計

第12条:本会の会計は次の会費及び寄付金によって運営する。

     1.入会金  入会時

     2.会費   普通会費(月額)、特別会費(助成金)

     3.寄付金

第13条:本会の会計年度は毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。

 

会則の改定及び内規

第14条:本会の会則は総会の議を経なければ改定することはできない。

第15条:本会則の他内規を定め、必要な細則は指導者会にはかり決定する。

 

その他

第16条:本会に父母の会、及びOB会を設置することができる。

 

附則

第17条:この会則は昭和61年3月16日より施行する。

第18条:この会則は昭和62年3月15日より一部改正し、施行する。

第19条:この会則は昭和63年3月13日より一部改正し、施行する。

第20条:この会則は平成元年3月12日より一部改正し、施行する。

第21条:この会則は平成2年2月25日より一部改正し、施行する。

第22条:この会則は平成3年2月24日より一部改正し、施行する。

第23条:この会則は平成4年2月22日より一部改正し、施行する。

第24条:この会則は平成10年2月22日より一部改正し、施行する。

 

本会の内規

 

入会

第1条:1.本会に入会できる少年は3月現在、小学1年〜4年までとし、募集は

      原則として1月〜3月に行う。但し、特に入会理由が明確な場合又は

      募集の必要が生じた時は、指導者会に図り、これを決定する。

    2.本会に入会しようとする少年は、入会金(2000円)を添えて申し込む

      ものとする。

    3.本会に入会した少年はこれを部員と称す。

 

業務分掌

第2条:本会の業務分掌は次の通りとし、会長の指示に従って各連絡調整にあたり、

    公務の円滑なる推進を図ると共に他団体との連絡、公文章の処理にあたる。

    1.庶務

     (1)文章の起草、受領、発送等一切。

     (2)入会・退会の手続き、部員名簿の作成、保管。

     (3)傷害保険の業務一切。

     (4)対外関係の交渉事務、及び場所の借入

     (5)宣伝活動及び会報の発行、その他。

    2.会計

     (1)会費等の収納、支払い、物品の購入。

     (2)予算・決算の起案

    3.指導部

     (1)事業の中核として指導部を構成し、指導一切を司る。

     (2)心技指導及び指導要領の作成。

     (3)部員健康管理(体力測定等の定期的遂行)

     (4)施設管理(用具、グランドの管理)

     (5)審判(常任審判を含む対外審判)

 

会費

第3条:本会の会費は月額3000円とし、原則として第1日曜日に納入する。

 

傷害

第4条:公傷(練習及び試合中)の場合、その負担については次の通りとする。

    1.加入保険規則に従い処理する。

    2.保険証を利用する

    3.7日以上入院の場合(病気を含む)は、本会より見舞金を贈る。

      なお、公傷の場合は指導者会で決定する。

      部員(指導者を含む)     5000円

 

慶弔

第5条:部員及び会員が死亡された場合は、本会より香料をおくる。

    会員・部員(指導者を含む)    10000円

    上記以外の同居家族        5000円

 

給与

第6条:本会の給与規定を下記により定める。

    1.指導者のユニフォーム及び審判服の支給。

    2.審判員の食事を状況によっては支給する(公式戦のみ)

 

表彰

第7条:本会の表彰規定を下記のより定める。

    1.3年以上引き続き、事務局、指導部において本会の発展に寄与した者。

    2.指導者会において、本会の功労者として認め、推薦された者。

 

対外試合

第8条:地区外のチームと親善試合をすることが出来る。

    1.試合については、指導部において協議の上、決定するものとする。

    2.地区外での試合は選手及び関係者の経費は本会の負担とする。

      但し、輸送に関しては、父母の協力を要す。

 

協定事項

第9条:部員の父母は本会の主旨をよく理解し、指導者と話し合い、目的達成の

    ために協力しなければならない。

    1.大会、練習試合及び遠征試合の時に選手の輸送を行う。

    2.当番制で練習及び試合の時に支援する。

    3.当番日に都合の悪い人は、次の当番の人と交替として支援する。

    4.必要に応じグランドの整備にあたる。

    5.会員は監督、コーチ等の指導方針及び選手の技術等に関与しては

      ならない。

    6.その他目的達成に必要な事項に対して積極的につとめる。

 

その他

第10条 1.学校行事は本会行事より優先する。

     2.本会の内規は指導者会議を経なければ改正することはできない。

 

附則

第11条:本内規は、昭和60年3月24日一部改正し、同日施行する。

第12条:本内規は、昭和61年3月16日一部改正し、同日施行する。

第13条:本内規は、昭和62年3月15日一部改正し、同日施行する。

第14条:本内規は、昭和63年3月13日一部改正し、同日施行する。

第15条:本内規は、平成元年3月12日一部改正し、同日施行する。

第16条:本内規は、平成2年2月25日一部改正し、同日施行する。

第17条:本内規は、平成3年2月24日一部改正し、同日施行する。

第18条:本内規は、平成4年2月22日一部改正し、同日施行する。

第19条:本内規は、平成7年2月26日一部改正し、同日施行する。

第20条:本内規は、平成10年2月22日一部改正し、同日施行する。

第21条:本内規は、平成14年2月17日一部改正し、同日施行する。

第22条:本内規は、平成16年2月15日一部改正し、同日施行する。

 


指導者・役員一覧へ