M E N U


ようこそ

会員募集

お知らせ

ギャラリー

トピックス

登山教室

個人山行計画カード

会員のホームページ

藤井諭の山岳写真集

インカの冒険

64さんぽ山歩き日記

日本勤労者山岳連盟

アウトドア菊信

奥多摩山岳会

風の写真展


松江ハイキングクラブのホームページ

松江ハイキングクラブ(MHC)は1982年に創設されました。島根県松江市に事務所を置き、日帰りハイキングを主体にほぼ毎週活動しています。 誰でも気軽に入会でき、安全に、楽しく、安く、登山やハイキングを楽しむことができます。 中国地方を中心に、四季を通じて山行を行っています。バス山行や国内の遠征登山も行っています。 下記の定例山行の中で興味のある方は気軽にお問い合わせください。

4月の定例山行

4月1日(日) 大江高山: 飯谷コースを登り、山田コースを下ります。登山道には、希少な植物「イズモコバイモ」が自生、「ミスミソウ」も咲き、春の女神と言われ美しい姿の「ギフチョウ」にも出逢えるかもしれません!

4月8日(日) 女亀山・赤名湿原: 神戸川の源流で、山頂には一等三角点があります。普段は登り40分の易しい山ですが、今年は豪雪の影響で倒木が多いかもしれません。下山後、ハンノキ林で有名な赤名湿原を散策します。リュウキンカやミツガシワが咲いているかもしれません。

4月15日(日) 星上山・総会: 今年も星上山にて総会を開催します。総会開始時間は11時です。準備の都合がありますので、現地集合の方も利弘まで申し込みをお願いします。春の恵のタケノコは今年はあるでしようか。

4月22日(日) 和気アルプス縦走: アルプスと名がついていますが、最高高度が神ノ上山の370mが一番高い山です。和気富士、観音山、岩山、穂高山、竜王山分岐、神ノ上山、鷹ノ巣、山の学校、和気中学校と約5時間の山旅です。

4月29日(日) 毛無山: 昨年は白馬に向けての縦走路に満開のカタクリが見られました。白いカタクリも数株みることができました。今年もあのカタクリに出会えるとうれしいですね。

5月の定例山行

5月6(日) 大山・振子沢: 昨年は、残雪が多く振子沢の雪渓は十分な雪の量がありました。好天なら象ヶ鼻からの眺めは、疲れた身体を癒やしてくれる絶景を見せてくれるでしょう。また、夏に向かってアルプスなど3000m級を目指している皆さんにとって、最高のトレーニングになることでしょう。

5月13日(日) 朝日山: コースは幾つかありますが今回は古浦から登るコースで、五百数十段の石段からスタートです。山頂からは宍道湖、日本海、うまくいけば大山、隠岐の島も見えるかもしれません。山頂には休憩舎がありますので雨が降っても登ります。希望者は多久の湯に入って帰ります。

5月20日(日) 赤浦海岸周遊: 一畑薬師の本尊である薬師如来像が出現した場所とされる赤浦海岸は坂浦漁港から佐香に至る200mも浜全体が赤っぽく見える砂利浜です。天然石の赤、海の青、山の緑のコントラストは私たちを充分癒してくれるでしょう。

5月27日(日) 広戸仙〜滝山〜那岐山縦走: 岡山県津山にある声ケ乢登山口から登り、爪ケ城跡を経て広戸仙頂上へ、そしていくつかの小ピークを越えて滝山へと歩きます。那岐山への登山道は笹原に続く尾根道となり展望を楽しみながら歩きます。ドウダンツツジが咲いていると嬉しいですね。