66式鉄帽



【66式鉄帽】
1966年に採用され、陸・海・空自衛隊で使用されているヘルメット。
写真の一般用以外に顎紐などが異なる空挺用もあります。
現在では1988年に採用された88式鉄帽に更新されつつあるが、教育隊・一部の後方部隊・予備自衛官訓練等ではまだ使われているようです。
米軍のM1ヘルメットのコピーですが、よく見ると異なる箇所が多く、外帽ではつばがM1よりも長めに出来ています。



【内帽】
プラスチック製のヘルメットで非常に軽量ですが、耐弾性はありません。
警衛勤務や執銃訓練等の軽作業時はこの内帽のみを着用します。
災害派遣等で着用されている姿をニュースや新聞等でよく目にしますね。
最近では88式鉄帽の普及に伴い、内装が工事現場の安全ヘルメットのようになっている新型内帽が支給されつつあるようです。
ちなみに、この新型内帽と外帽(鉄帽)を組み合わせて装着する事は無いようです。



【内装】
M1ヘルメットと同じくシェル(外帽)とライナー(内帽)を組み合わせて(重ねて)着用します。
しかし緩いのでガタツキが大きく、走ったり激しい動きをすると内帽と外帽がカポカポと暴れて非常に被り心地が悪いです。
そこで写真のように後頭部辺りにクリップを挟んで内帽と外帽がズレないようにします。ちなみにクリップは官給品ではありません。
内装はM1やPASGTヘルメットのように見えますが、よく見ると異なる箇所が多いことに気付きます。
内装のハンモックと顎紐は帽体の内側に突出しているループによって止められて(釣られて?)おり、リベットで止められているのはネックバンドのみです。
個人差(頭の大きさ)はありますが、着用時にこのハンモックを止める(釣る?)ループが頭に当たり違和感を覚えます。
またスウェットバンドに5個のクッションが縫い付けられているのも特徴の一つです。
正直言いまして余り被り心地の良い物ではなく、安定性もイマイチでM1やM2(M1956)の方が被り心地も安定性も優れているように感じます。




【右・実物、左・ウソッパチ】
外帽は鉄製で重く、長時間被っていると首が疲れるためPX業者が製造・販売したのが樹脂製のウソッパチです。PX品のみで官給品は存在しません。
実物の鉄帽は通称「テッパチ」と呼ばれていたので「ウソッパチ」という名が付きました。
樹脂製のため非常に軽量で、被っていても疲れが出にくいのですが、耐弾性は皆無なので安全性に問題が有り使用は禁止されているようです。
実物(てっぱち)と外観を比べると質感(樹脂と鉄の差)が異なり、つばの部分のカーブも微妙に異なります。
また顎紐を通すためのループを止めているリベットも実物と識別する時の注意点となりますが、リベット止めではなく帽体に直接金具が埋入されている物もあるようです。
実際には外観の差は鉄帽覆いを被せる事により判別が難しくなり、重さが一番の判別点となります。
ちなみに内部に突出している顎紐ループ用リベットと樹脂の収縮のためにライナーの装着が少々きつくなっています。



【ウソッパチ・フルセット】
ライナーとPX品のワンタッチ顎紐を装着した写真です。ぱっと見は実物との判別は難しいです。
ちなみにウソッパチは第二次世界大戦中のドイツ軍でも将校の私物として樹脂・アルミ製の軽量なパレード用ヘルメットが存在した。
・・・らしいですが本当かな?どうなのかな?



【旧迷彩覆い(スイカタイプ)】
初期の旧迷彩覆いで6枚の布を放射状に縫い合わせて出来ていることから通称「スイカタイプ」と呼ばれる物です。
普通の旧迷彩よりやや濃い目の色です。
現在、自衛隊では完全に使用されていません。



【旧迷彩覆い】
こちらは3枚の布で出来たタイプで、色合いも通常の旧迷彩らしい淡い色です。
私的には66式にはコレが一番好きですね。
最近は迷彩況燭帽洪靴気譴道僂鮓かけません。



【迷彩況進いぁ
迷彩況進いい箸い┐88式鉄帽を思い出しますが66式鉄帽用も存在します。
裁断が66式鉄帽用となっている他にヘルメットバンドを通すループが無いのが特徴です。(簡単に言うと旧迷彩覆いの色違い)
教育隊・一部の即応予備部隊・一部の長官直轄部隊等の88式鉄帽がまだ支給されていない部隊で使用されているようです。



【偽装網・ヘルメットバンド】
写真の上から二番目は偽装網で鉄帽に装着し、草木を差し込んで鉄帽の輪郭を不鮮明にし偽装効果を上げる物です。
一番上はPX品のヘルメットバンドで脱落防止の金具が付いており、これを鉄帽の縁に引っ掛け脱落を防止します。(金具の無い物もあるようです)
下の2本は88式鉄帽用のヘルメットバンド(上・旧迷彩用、下迷彩況人冤)ですが、66式鉄帽にも装着されているようです。
この他にも米軍のキャッツアイバンドやタイヤチューブを切って使用している写真も何度か目にしました。
66式鉄帽用の官給品のヘルメットバンドは存在しないらしく、私物購入か部隊ごとに購入していることが多いそうです。



【顎紐】
上が官給品の顎紐で平紐の端にリングが付いているだけの物で、装着方法は単に左右の紐を結ぶだけの非常に単純な構造です。
下はPXで販売されているワンタッチ式の顎紐で、官給品の顎紐が使い難いためこちらを私費で購入し付け替えて使用している人は多いようです。
PXで販売されている顎紐は写真の物以外にも数種類あるようですので収集しても面白いかもしれません。



【テッパチ・旧迷彩フル装備】
旧迷彩覆いに偽装網とヘルメットバンドを装着した写真です。私的には66式はコレが一番かっこいいと勝手に思っています。



■装備のページに戻る■