本文へスキップ






        311-0105 
         茨城県那珂市菅谷4503-3
      会 長  小 林 茂 雄
            ☎ 029-295-1503

  • 根 本  正   
  •  1851(嘉永4年)〜1933(昭和8年)
     
    • 根本正は、茨城県でごく少数の人にJR水郡線を作った代議士として知られています。しかし、明治・大正の時代の数ある政治家の中で、根本正ほど子供の立場に立って、子供が健全に成長し、自立できる人間になるよう努力した政治家はあまりいません。根本は明治31年衆議院議員に当選すると「国民教育授業料全廃の建議案」を提出し翌年可決されました。当時小学校では授業料が払えないため子供たちの3分の1(300万人)が学校に行けませんでした。
    • 根本は国民全員が平等に義務教育を受ける事が、国の発展と拡大する格差是正に必要と考えました。明治30年代末には就学率は96%になり、その結果、明治40年義務教育は4年から6年になりました。そして、未成年者をタバコや酒の害からまもるため明治33年には「未成年者喫煙禁止法」を「未成年者飲酒禁止法」を21年間苦闘して大正11年成立させました。
    • 根本は水戸市の北の那珂市東木倉で生まれ、親戚の豊田天功という武士の下僕になりその後東京に出て人力車を引き乍ら、啓蒙学者中村正直の塾に入り英語と西洋の学問とキリスト教を学び、苦学してアメリカに留学しました。そのひたむきさに共感した篤志家に支援されバーモント大学を卒業しました。
    • 座右の銘 「楽は苦の種苦は楽の種」 
           「踏まれても 根強く忍べ 道芝の やがて花咲く 春をこそ待て」
    •  那珂市名誉市民に選定されました。(H26年4月) 

    根本正顕彰会

    発足の背景   
    平成7年11月、仙台の医師 加藤純二氏から著書「根本正伝ー未成年者飲酒禁止法を作った人」が那珂町(現在は那珂市)に寄贈されました。平成8年8月、町民による町つくりを目指す「なかなか塾」が誕生。同年11月著書に啓発された塾員らにより「根本正調査・顕彰委員会」が設置され、平成10年10月正式に発足しました。
    生誕150周年記念
    平成10年10月記念式典を挙行い致しました。この時作成した書籍の内容をPDFで公開しました。また、ビデオ「根本正の生涯」(約22分)をYoutubeにアップロードしました。検索キーは”根本正Youtube”です。是非、ご覧下さい。
    現在 会員は約95名です。会報;年3回発行、公開講座;年2回 定期総会:年1回です。 その他、”根本正ゆかりの地を訪ねる旅”を年1回日帰りで行っております。
    ニュース
    2016年5月21日 会長が代わりました。
    「根本正伝」は頒布中です。

    ホームページ管理人
    鈴 木 正 矩 
    Tel 029-298-7780
    茨城県那珂市菅谷1941-290 
    メール:masuzuki100@hotmail.co.jp


NEWS

  2016年6月13日  お知らせ」を更新しました。   

バナースペース





ウィキペディア

輝く茨城の先人たち
HP;茨城県生活環境部生活文化課

newpage1.htmlへのリンク