以下の説明では横方向の行を上からr1, r2, r3...と、縦方向の列を左からc1, c2, c3...と呼びます。
最初のポイントは3国同盟です。ピンクのマス3つと、青のマス3つともに同盟ができてるので、c7列とbox6から大量に候補を削除できます。

その後少し手を進めた後、3の配置に注目すると、オレンジのマスがEmpty Rectangleになっているので、ピンクのマスには3が入らない事がわかります。

なお、Empty Rectangleは非常に使いやすいテクニックです。

最後は例えば、36の4連鎖を使ってピンクのマスから6を削れば解けます。

ピンクのマスと青のマス5つによる6のBroken wingとして緑のマスに6を入れる手や、Homepageでは説明していませんが、Bivalue Universal Grave(BUG)というテクニックを使って、緑のマスに6を入れてもOKです。

→home


2006/11/--