いしかわ耳鼻咽喉科クリニック   淡路駅西口から徒歩約2分  淡路駅すぐです。

 Ear, Nose, Throat, Neck  &  Thyroid Clinic     

 

耳鼻咽喉科の病気全般    アレルギー科 (花粉症 咳喘息)   甲状腺疾患 (腫瘍 橋本病 バセドウ病 etc )  気管食道・耳鼻咽喉科    

みみ、はな、のど、かぜ、花粉症(アレルギー性鼻炎)、甲状腺や首や顔のはれ、声のかれ、のどの違和感や痛み、飲みこみ、中耳炎、めまい、耳鳴、副鼻腔炎(ちくのう症)、インフルエンザ 、扁桃腺の溶連菌感染の心配、咳喘息、気管支喘息など、どんな健康不安でも、お気軽に、ご相談ください。  花粉症の方は、花粉飛散時期より少し早めの薬の予防投与をおすすめします。花粉症の時期の症状が軽くなります。   

 

お知らせ

★現在、ブタクサ花粉の患者様の来院しはじめてます。 花粉症の方は早めの受診をおすすめします。 この季節は、PM 2.5や黄砂にも注意が必要です。 

★スギ ダニが原因のアレルギー性鼻炎に対して舌下免疫治療も施行しています。また、ご相談ください。                                

★8月13日(月)〜8月18日(土)まで夏季休暇をいただきます。ご迷惑おかけしますがご了承ください。

超音波エコー装置をリニューアルしました。頸部の微細な病変も描出も可能になりました。

 

聴力検査室の防音を強化しました。 かなり静かな環境で正確な難聴の診断の一助になると思います。

アナフィラキシー・ショック等の対策のため、エピペン、AED等を院内に置いてます。  

水曜日の午前診で一般外来の他、補聴器外来もしています。ご利用ください。

 

バセドウ病の投薬治療中の稀な合併症ですが、非常に重篤な合併症の無顆粒球症の診断のため、急性の感染症の診断のために、血球迅速測定装置を設置しています

アレルギー性鼻炎・喘息の迅速診断キットを導入しました。  20分〜25分程度でスギ花粉ほか8種類の抗原の診断が可能です。  お忙しい方や小児の方が良い適応かと思います。

 

インフルエンザの予防接種、および診断と治療も例年どおり施行しています。 13歳以上、2500円 1回接種、   4歳以上13歳未満、1回 1900円 2回接種です。 予約制になっております。

 

肺炎球菌ワクチンの摂取も施行しております。  5年間有効です。 インフルエンザ同様、予約制です。  またご利用ください。

 

花粉情報 :  花粉症の方は、花粉飛散時期より若干早めの薬の予防投与をおすすめします。  花粉症の時期の症状が軽くなります。  

 

〒533‐0032   大阪府大阪市東淀川区淡路4丁目4−10   Te:l  06−6322−6807   Fax :  06−6321−6688     e-mail:  ishikawa-jibika@mopera.net

 

アクセス  阪急電車、淡路駅西口から、三菱東京UFJ銀行に向かって右沿いに行かれて銀行のならびです.     淡路駅西口から徒歩約1分です。  駅の近くです。                    

地図と医院の前です。 淡路駅西改札口から向かいますと餃子の王将の少し手前で三菱東京UFJ銀行右沿いです。 あづま泌尿器科、ペガサス淡路薬局の前にも電柱看板ありますので目印になると思います。

クリックで地図見れます。   https://map.yahoo.co.jp/maps?ei=utf-8&fa=rss&rendering=true&from=%25E6%25B7%25A1%25E8%25B7%25AF%25E9%25A7%2585&stn=2581601&to=%25E3%2581%2584%25E3%2581%2597%25E3%2581%258B%25E3%2582%258F%25E8%2580%25B3%25E9%25BC%25BB%25E5%2592%25BD%25E5%2596%2589%25E7%25A7%2591%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AA%25E3%2583%258B%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF&lon1=135.51629908&lat1=34.73953205&lon0=135.516854&lat0=34.739443                          

 

診察受付時間

 

午前診察  10:00〜12:00 (午前10時00分〜午前12時00分)

 

午後診察  16:30〜18:30 (午後4時30分 〜 午後6時30分)

 

木曜日、土曜日の午後診察、日曜日と祝日は、休診です。

 

現在、予約制はとっておりませんが、早めに診察券を出された方は、外出後も診察順の変更はしません。  外出後、帰院時に、診察が遅れる心配はございません。

水曜日の午前に一般外来の他に補聴器外来もしております。 補聴器もデジタル化されかなり良くなっています。  ご利用ください。

木曜日の診療は、堺市のベルランド総合病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科での診療および手術等、多忙のため休診となりました。 申し訳ございません。

古い医院ですが、リフォームしました。 できるだけ、最新の医療機器を駆使して診断にあたります。  また、当院は、電子カルテシステムで患者様の個人情報もお守りいたします。

 

いしかわ耳鼻咽喉科クリニックでは、これからも地域に密着した「ホームドクター」として皆様の健康をサポートさせていただき、ひとりひとりの患者様の病状に最適な医療を探求していきます。患者様がリラックスし、安心して治療が受けられるようスタッフ一同努力しており、小さなお子様からお年寄りの方まで笑顔で帰っていただけるような雰囲気作りに励んでおります。どんな健康不安でも、お気軽に相談できる地域の「かかりつけ医」を目指しております。お気軽にご来院ください。

 

 

  [ 当院の耳鼻咽喉科に対する考えをほんの少し ] 

 例えば、病気によって、診療所での治療が良いのか、あるいは総合病院、大学病院での治療が良いのか、適切に見極めるのは、案外難しいものです。  

それは、耳鼻咽喉科の領域が、耳鼻咽喉科をはじめ頭頸部外科、アレルギー科、甲状腺、気管食道科 音声 嚥下 中耳 内耳 鼻・副鼻腔とかなり広い事にも関係しています。 耳鼻咽喉科医は、その全ての領域の専門的、総合的知識が必要とされています。 大学病院や総合病院でのかなり長期にわたる修練を要します。 

当院で、治療可能な疾患に関しましては、誠心誠意、治療にあたります。 花粉症などのアレルギー疾患、甲状腺疾患に関しては、投薬治療を希望される方には、なるべく長期投与を心がけております。 薬は、正規品と信頼できるジェネリック医薬品とを使い分けております。 また、当院では、入院を要する病気、重症例や外科的疾患は、おすすめの総合病院や大学病院に紹介いたします。 ご安心ください。 より安全な治療を私はおすすめします。

 

[ 甲状腺の病気について少し ]

 甲状腺は、首の部分の気管にくっついている約15〜20グラムくらいの甲状腺ホルモンを出す臓器です。 耳鼻咽喉科の領域にあります。 

通常の甲状腺の病気の場合、首の腫れていることが多いですが、頸部の腫れがなくても、 心臓がどきどきする、汗が多くなった、暑がりになった、疲れやすい、体がやせてきた、手足がふるえる、目がかすんできた、目がでてきた、物が二重に見える、まぶたが垂れてきた、体がかゆい、 皮膚がかさかさになった、いくら眠っても眠い、髪の毛がぬける、寒がりになった、顔や手足がむくむ、何をする気もおこらない、耳が遠くなった、耳鳴りがする、咳や痰がでる、めまいがする、不安感がある、気分がすぐれない、などの症状がある方、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍など) の可能性もあります。 当院でも、超音波エコー検査必要に応じて 血液検査(至急、白血球数の測定をふくめ)、細胞の検査 などで診断しています。    甲状腺ガンは、特に女性では、子宮ガン、乳ガン、胃ガンに次いで多く発見されます。また症状からみますと甲状腺の病気はわかりにくく発見が難しいことが特徴です。     本当に困った病気ですが、一度、診断がつけば、治療方法は、比較的単純ですので、ご安心ください。  経過観察のみの疾患も多い領域です。  早めに専門医への受診をおすすめします。

 

[ 私の経歴等についてですが ]

亡き父を継承し、平成23年1月末で、ベルランド総合病院・耳鼻咽喉科・頭頸部外科・部長を退職し、同年、2月より、医療法人いしかわ耳鼻咽喉科クリニックの院長・理事長に就任しました。

私は、それまで、近畿大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科、 大阪赤十字病院 耳鼻咽喉科・気管食道科、 ベルランド総合病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科、等での長きにわたる勤務医時代に、数多くの頭頸部外科症例(扁桃腺の摘出手術から頭頸部癌手術、頭頸部再建外科手術、甲状腺癌手術まで)を経験しました。 病院勤務医の時代に、耳鼻咽喉科の領域は、診断や治療の難しい病気が、実に多いと感じたことがしばしばありました。

 

舌ガン、咽頭・喉頭のガン、甲状腺ガンなど耳鼻咽喉科のガンや甲状腺疾患(超音波エコー検査、細胞の検査、血液検査で診断します)等の御心配な方も耳鼻咽喉科受診をおすすめします。  耳鼻咽喉科のガンは、早期発見で治ることが多いのが特徴です。薬や放射線治療の進歩で治療も良くなってます。喫煙歴が長い、飲酒も多い、のどが気持ち悪いなどの方は特にご注意ください。

 普通のかぜでも、のどに症状があるときは、耳鼻咽喉科に行かれた方が、正確な診断 (急性喉頭蓋炎などで息の通り道がふさがり、呼吸が苦しくなる怖い病気もあります) ができて、局所的な治療で早く良くなるのでおすすめです。特に咽喉科〜気道の病気は、息の通り道と関係が深いので注意を要します。 

お近くの耳鼻咽喉科受診をおすすめします。

 阪急、淡路駅の広告看板です。

 img1.gif

 追記: いしかわ耳鼻咽喉科クリニック (旧名 石川耳鼻咽喉科医院) は、大正12年頃、開院で、戦前は大阪天満宮の近くで祖父が開業しました。  戦争の空襲で全焼し、戦後、阪急京都線、淡路駅前に移転し、現在も続いています。   大阪でも最も古い耳鼻咽喉科医院の一つです。

最新の診療技術はもちろんですが、古い伝統的技術や治療も大切と考えています。

さいごに

日常生活を制限する患者さんを苦しめる類の治療法は良い治療法と考えていません。

当医院では、適切かつ丁寧な診療をご提供しつつ、患者さんの生活の質(Quality of Life)を損なわない治療を目指しています。

                                                            

                             いしかわ耳鼻咽喉科クリニック  院長 理事長 管理責任者      石川 雅洋 

                                   

                                   日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医

                                   日本気管食道学会認定専門医

                                   日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医

                                                                              厚生労働省認定補聴器適合判定医師

                                                                         医学博士

                                                                               身体障害者福祉法第15条指定医師 (聴覚・平衡機能障害、音声・言語・そしゃく機能障害) 

                                   大阪府耳鼻咽喉科医会元理事