裁判員裁判 まさかりの部屋
性教育のすすめ 殺人事件 性犯罪 裁判員裁判
裁判員裁判対象の罪 裁判員裁判・判決例 裁判員裁判に関して 検察求刑死刑の可能性
検察求刑で死刑の可能性が高い事件 死刑判決の事件 求刑死刑で無期判決以下の事件 ストーカー殺人事件

死刑判決の事件

殺人事件、裁判員裁判、性犯罪のコンテンツで扱っている事件の一覧

宇土・熊本3人強盗殺傷事件


事件概要

熊本県宇土市医師妻強盗殺人事件

 2004年3月13日、熊本県宇土市走潟町で午後3時40分頃、ゴルフ練習場から帰宅した医師が、自宅玄関で当時49歳の妻が血を流して倒れているのを見つける。妻は頭に殴られた跡が複数あり、顔を刃物で刺され、失血死していた。室内には血の付いた包丁が落ちており、物色した跡があった。

熊本市会社役員夫婦強盗殺傷事件

 2011年2月23日午後6時40分頃、熊本市渡鹿2丁目の民家から「男が大声を上げて、玄関をたたいている」「隣の人が血を流して倒れている」と2回にわたり110番通報があった。熊本東署員が駆け付け、民家の玄関近くで男性が、隣家の中で女性がそれぞれ刺されて倒れているのを発見し、救急車で病院へ搬送。病院で65歳女性の死亡を確認、72歳男性は重傷。



 2011年2月25日午後4時頃、熊本市長嶺東5丁目の無職の39歳男が家族に付き添われて熊本東署に出頭。26日未明、熊本市渡鹿の72歳会社役員方で、妻の65歳女性が刺殺され、72歳男性も重傷を負った事件で、熊本東署捜査本部は、殺人、殺人未遂容疑で無職の39歳男を逮捕。容疑を強盗殺人、強盗殺人未遂に切り替え、39歳容疑者を送検。3月19日、熊本地検は、強盗殺人、強盗殺人未遂罪で、無職の39歳容疑者を起訴した。

 その後、39歳男は、県警の調べで宇土市の事件を実行したことを認める供述をはじめる。県警は、男が宇土市での事件当時着ていたとされる衣服を男の供述通りに熊本市富合町の山中で発見した。

 3月26日、熊本県警は、熊本県宇土市で2004年、医院長の49歳妻が殺害された事件で、無職の39歳男を強盗殺人、住居侵入容疑で再逮捕。4月16日、熊本地検は、強盗殺人、住居侵入罪で無職の39歳容疑者を追起訴した。
更新日時:
2011年07月10日




事件経過
日付 摘要
2004 03/13 午後、宇土市走潟町の医院長方で、妻の49歳女性の頭や顔を鈍器のようなもので何度も殴って殺害し、約10万円やバッグなどを奪う
午後3時40分頃、ゴルフ練習場から帰宅した医師が、自宅玄関で妻が血を流して倒れているのを発見
妻は頭に殴られた跡が複数あり、顔を刃物で刺され、失血死していた。血の付いた包丁が落ちており、室内には物色した跡があった
2011 02/23 午後6時40分頃、熊本市渡鹿2丁目の民家から「男が大声を上げて、玄関をたたいている」「隣の人が血を流して倒れている」と2回にわたり110番通報
熊本東署員が駆け付け、民家の玄関近くで男性を、隣家の中で女性が刺されて倒れているのを発見
救急車で病院へ搬送したが、女性は間もなく死亡を確認。男性は重傷
02/24 熊本県警は、熊本東署に捜査本部を設置
02/25 午後4時頃、熊本市長嶺東5丁目の無職の39歳男が家族に付き添われて熊本東署に出頭(会社役員宅のカメラ付きインターホンに撮影された際に着用していたというハンチング帽や洋服、凶器に使ったとするバタフライナイフを持参)
02/26 未明、熊本市渡鹿の72歳会社役員方で、妻の65歳女性が刺殺され、72歳男性も重傷を負った事件で、熊本東署捜査本部は、殺人、殺人未遂容疑で無職の39歳男を逮捕
02/27 熊本東署捜査本部は、容疑を強盗殺人、強盗殺人未遂に切り替え、39歳容疑者を送検
03/19 熊本地検は、強盗殺人、強盗殺人未遂罪で、無職の39歳容疑者を起訴
03/23 県警の調べに宇土市の事件を実行したことを認める
03/24 衣服などを捨てたと供述した熊本市富合町の山中を被告を立ち会わせて捜索。当時着ていたとされる衣服を供述通りに発見
03/25 宇土市走潟町の事件の捜査本部がある宇城署に被告の身柄を移送
03/26 熊本県宇土市で2004年、医院長の49歳妻が殺害された事件で、熊本県警は、無職の39歳男を強盗殺人、住居侵入容疑で再逮捕
03/27 熊本県警は強盗殺人などの容疑で39歳容疑者を熊本地検に送検
04/16 熊本地検は、強盗殺人などの罪で無職の39歳容疑者を追起訴
10/11 第一審 初公判
10/17 第一審 論告求刑公判 検察側は死刑を求刑
10/25 第一審 判決公判 熊本地裁(鈴木浩美裁判長)は、求刑通り死刑を言い渡し
11/01 弁護側は判決を不服として控訴
2012 03/07 控訴審 初公判
04/11 控訴審 判決公判 福岡高裁(陶山博生裁判長)は、弁護側の控訴を棄却
04/19 担当の弁護士が18日、被告と接見し上告の意思を確認し、最高裁に上告
09/10 被告が上告を取下げ、死刑判決が確定
2016 11/11 福岡拘置所に於いて、田尻賢一死刑囚(45)の刑を執行
リンク:産経新聞
更新日時:
2016年11月11日




起訴状況

刑法

(強盗致死傷)
第二百四十条  強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

(未遂罪)
第二百四十三条  第二百三十五条から第二百三十六条まで及び第二百三十八条から第二百四十一条までの罪の未遂は、罰する。

(住居侵入等)
第百三十条  正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

銃砲刀剣類所持等取締法

罪名 該当法 法定刑 量刑例
強盗殺人罪 刑法第240条 死刑、無期懲役 強盗殺人罪の場合
強盗殺人未遂罪 刑法第243条
住居侵入罪 刑法第130条 3年以下の懲役、10万円以下の罰金
銃砲刀剣類所持等取締法違反 銃砲刀剣類所持等取締法

※ 死刑がやむを得ない場合死刑執行方法
更新日時:
2011年07月10日




公判関係

第一審 熊本地裁(鈴木浩美裁判長) 裁判員裁判


事件番号:平成23年(わ)第154号など|傍聴券交付情報:熊本地方裁判所
日付 摘要
2011 10/07 裁判員選任手続き
10/11 初公判 (罪状認否、冒頭陳述) 被告は起訴事実を認める。自首の成否をめぐって検察側と弁護側の主張が真っ向から対立
10/12 第2回公判 (証拠調べ) 調書で被告は「警察官から車を止めた位置が書かれた図を見せられてドキッとした。もう逃げられないと思い、正直に話すことにした」
10/13 第3回公判 (証拠調べ) 熊本市の事件で強盗に押し入った心境を表す被告の供述調書を朗読
10/14 第4回公判 (遺族の証人尋問、被告人質問、遺族の意見陳述) 遺族は厳刑を求める
10/17 第5回公判 (検察側:論告求刑、弁護側:最終弁論、被告の最終陳述) 検察側は「命をもって償いをさせるほかはない」などと述べ、被告に対して死刑を求刑
10/18
〜24
裁判官・裁判員評議
10/25
第6回公判 (判決) 熊本地裁は、求刑通り死刑を言い渡し
 パチンコや風俗店で使った借金返済のため強盗殺人を繰り返しており「身勝手かつ短絡的」とし、凶器で顔を執拗に狙った手口も残虐と批判。県警への自首は罪の意識からではなく、逃げ切れないと考えた経緯を考えれば過大評価はできず、「極刑をもって臨むほかない」
リンク:産経新聞|時事通信

判決要旨

 弁護側が主張する走潟事件の自首については、自発的に犯罪事実を申告したとは到底いえず、自首は成立しない。動機は誠に身勝手かつ短絡的で、酌量の余地はまったくない。

 いずれの犯行も強盗については高い計画性があり、被害者らの親切心につけこむような姑息なうそをついて巧妙に玄関を開けさせて侵入した上、強固な殺意をもって被害者らを殺傷したものであり、その態様は極めて執拗かつ冷酷で、残虐さが際立っている。

 被害者、遺族は一様に、被告に対する非常に厳しい処罰感情を明らかにしている。

 走潟事件という衝撃的な犯行を行ったにもかかわらず、約7年後に、同じような理由で同様の手口による渡鹿事件の犯行に及んでおり、走潟事件の犯行後の情状は最悪というほかない。同一の機会に強盗殺人、強盗殺人未遂で3人を殺傷した事案よりも更に悪質だ。

 渡鹿事件についての自首は、罪の意識や良心の呵責に基づいたものではない。両事件で全容を包み隠さず供述したが、事案の解明に協力したことを評価するにしても、自ずと限界がある。殺害が偶発的であったとは到底いえず、当初から家人の殺害を明確に計画していたわけではなかったことを過大に評価するのは相当でない。公判で罪を認め、自己の刑事責任を受け入れる潔い態度を示し、涙を流して被害者の遺族らに謝罪している点は酌むことができる事情だ。

 被告の罪責が誠に重大であることを考えると、酌量すべき事情を総合しても死刑を回避することは相当でない。罪刑均衡の見地からも、一般予防の見地からも極刑をもって臨むほかない。

控訴審 福岡高裁(陶山博生裁判長)

事件番号:         |傍聴券交付情報:福岡高裁
日付 摘要
2012 03/07 初公判 (冒頭陳述、被告人質問、被害者参加人の意見陳述、弁論)
弁護側は、死刑制度の違憲性を訴えるとともに、自首が成立するなどとして改めて死刑回避を求め、検察側は控訴棄却を求めた。被告は被告人質問で遺族に謝罪した。
04/11 第2回公判 (判決) 福岡高裁は、被告側の控訴を棄却
リンク:時事通信|共同通信
 
上告審 最高裁第2小法廷

 2012年9月10日、被告が上告を取下げ、死刑判決が確定。
更新日時:
2012年09月15日




被告の判決状況

氏名 罪名 第一審 控訴審 上告審
求刑 判決 裁判所・日付 判決 裁判所・日付 判決 裁判所・日付
田尻賢一 強盗殺人などの罪 求刑死刑 死刑 熊本地裁
2011/10/25
控訴棄却 福岡高裁
2012/4/11
上告取下 最高裁第2小法廷
更新日時:
2012年09月15日




死刑執行

 2016年11月11日、法務省は、平成16年と23年に熊本県で女性2人を殺害し、現金などを奪った田尻賢一死刑囚(45)の死刑を同日に執行したと発表した。死刑執行は、28年3月25日に鎌田安利元死刑囚ら2人に執行されて以来約7ヶ月半ぶり。28年8月に金田勝年法相が就任後は初の執行となる。裁判員裁判で死刑が確定し、執行されたのは2人目。
更新日時:
2016年11月11日



殺人事件、裁判員裁判、性犯罪のコンテンツで扱っている事件の一覧


裁判員裁判対象の罪 裁判員裁判・判決例 裁判員裁判に関して 検察求刑死刑の可能性
検察求刑で死刑の可能性が高い事件 死刑判決の事件 求刑死刑で無期判決以下の事件 ストーカー殺人事件
まさかりの部屋
性教育のすすめ 殺人事件 性犯罪 裁判員裁判
Copyright(C) 2011-2012 masaki All Rights Reserved.