裁判員裁判 まさかりの部屋
性教育のすすめ 殺人事件 性犯罪 裁判員裁判
裁判員裁判対象の罪 裁判員裁判・判決例 裁判員裁判に関して 検察求刑死刑の可能性
検察求刑で死刑の可能性が高い事件 死刑判決の事件 求刑死刑で無期判決以下の事件 ストーカー殺人事件
更新日時: 2017年11月10日

検察求刑死刑の可能性

検察求刑で死刑の可能性が高い事件一覧 検察求刑で死刑の可能性がある被告の公判予定
求刑死刑で裁判員裁判が終了した被告の事件一覧 法定刑に死刑の規定がある罪での判決例

検察求刑で死刑の可能性が高い事件一覧

 裁判員裁判では、基本的に無期以上の規定がある罪について裁きますので、場合によっては死刑を選択せざるを得ない事件についての審理もします。ただ、罪に死刑の規定があっても、行為が死刑適用基準の要件を満たし、「死刑がやむを得ないと思われる場合」にのみ選択されていますので、実際に死刑が求刑されるとか、死刑判決が下る事件は極僅かです。

 裁判員制度が2009年5月21日に施行され、同日から起訴された対象事件が裁判員裁判となるのですが、それらの事件の中には、裁判で「死刑がやむを得ない」と判断されるだろうと感じる事件もありました。

 ここには、私が報道等で知り得る範囲内の情報でですが、罪質、結果の重大性、社会的影響、殺人計画性、酌むべき事情などを考慮した場合、「死刑がやむを得ない」と判断されても不思議ではないと思われる事件が挙げてあります。

 ちなみに裁判員裁判は、通常、初公判から2週間程度で判決に至ります。判決に死刑が予想される場合、弁護側はその短期間で死刑回避するように弁護しようとしますから、どうしても公判前整理手続きで争点を絞るのに時間がかかります。公判前整理手続きで争点が絞られてからしか日程が決まりませんので、起訴されても公判日程が決まるまでに時間を要します。


事件 被告 事件日 主罪・死者数 起訴日 初公判日 検察求刑 判決 判決日 審理 上訴
相模原・障がい者無差別殺傷事件 植松聖 2016/7 殺人 19 2017/2/24 未定       横浜地裁  
埼玉・熊谷6人連続殺害事件 ナカダ・ルデナ
バイロン・ジョナタン
2015/9 強盗殺人 6 2016/5/20 未定       さいたま地裁  
川崎老人ホーム連続殺人事件 今井隼人 2014/12 殺人 3 2016/4/15 未定       横浜地裁  
事件日:事件が複数の場合は最後の事件発生月。起訴日:追起訴がある場合は、最終起訴日(区):区分審理



検察求刑で死刑の可能性が高い事件一覧 検察求刑で死刑の可能性がある被告の公判予定
求刑死刑で裁判員裁判が終了した被告の事件一覧 法定刑に死刑の規定がある罪での判決例


裁判員裁判対象の罪 裁判員裁判・判決例 裁判員裁判に関して 検察求刑死刑の可能性
検察求刑で死刑の可能性が高い事件 死刑判決の事件 求刑死刑で無期判決以下の事件 ストーカー殺人事件
まさかりの部屋
性教育のすすめ 殺人事件 性犯罪 裁判員裁判
Copyright(C) 2010-2017 masaki All Rights Reserved.