平野屋の庭
 

プロフィール

所在地:

 〒960-0201 福島県福島市飯坂町字十綱町17

 電話:024-542-3227 

料  金:

 

料金
素泊まり
¥3,800
1泊朝食付き
¥4,700
ビジネスプラン(2食付き)
¥5,500〜

観光プラン2食付き)

¥6,000〜¥8,000

泉  質:

 単純泉

風呂の種類:

内湯(男女別?)×2/内湯(混浴?)×1

公式サイト

 http://www.f-onsen.com/hiranoyaryokan/

見所

 昔から東北一の歓楽温泉と呼ばれた飯坂温泉。福島交通・飯坂線の終点である飯坂温泉駅より徒歩2分(・・・もかからないかな)の便利なところにある旅館です。このページに旅館正面の写真は無いのですが、初めて訪れる人は必ず思うでしょう。「まだこんな旅館があったんだ・・・」と。
 一歩中に入ると、お世辞にも「綺麗!」とは言えない旅館ですが、レトロでどこか懐かしさを感じ、飯坂温泉が繁栄していた頃(飯坂温泉の方々、ゴメンナサイ)を彷彿させる旅館です。

 客室

 客室は左のような感じです。やはり長い年月を経ている部屋ですね。細かいことを言えば、見えにくいところにホコリが積もっていることも・・・。ちなみにこの部屋は年代物のトイレがついています。
 ご主人からお風呂の説明を受けてビックリ!風呂は小さい風呂と大浴場の3箇所があるのですが、何れも中から鍵が掛けられるそうです。すなわち全部家族風呂状態!

小さな浴室 

 左右のお風呂が小さいお風呂です。ここには脱衣場は写っていませんが、脱衣場と浴場の仕切りの扉はついていません。昔ながらの公衆浴場の構造です。でも洗い場にはカランやシャンプー・ボディソープは常備されてます。

小さい浴室

 一方大浴場は、脱衣場と大きめの浴槽、こちらもカランがあり、広いのとあいまってゆったり洗えます。勿論、すべて掛け流しです。

大浴場

  もちろん、宿泊客が少なくて、タイミングがよければ、ここも貸切風呂です。ただ、飯坂温泉そのものが元々熱めなので、人があまり入っていないときは、湯もみ(加水)が必要かもしれません。(熱いときには水を入れてくださいと言われました)

 食事は部屋食なのですが、私たちが宿泊した部屋ではなく、空いている別の部屋に用意してあり、そこへ案内されました。

夕食(05.7.15)

  そこで目にしたものは・・・。宿泊費からは想像できない沢山の料理でした。(宿泊費を改めてご覧ください)全部で10品。かなりのボリュームです。料亭や高級旅館のような料理ではありませんが、素朴で温かさを感じる料理でした。満足!
 満腹状態の私たちは、夜の温泉街へ散歩に出かけました。

  一夜明けての朝食です。昨夜あれだけ食べているのに、なぜかお腹がすいています。右の写真がそのときのものですが、特に珍しいものはなくて一般的な朝食です。(家庭的か・・・)御飯はたくさんあり、結構満足感がありました。この日は7月の中旬でしたので、デザートにさくらんぼがついていました。
 食事後に再び飯坂の湯を堪能しました。

 朝食(05.7.16)

 ご主人と奥様(?)の対応もよく、高級旅館には無い家庭の温かさを感じる旅館です。そして、この翌月に再び泊まるのでした・・・。(^o^)家族連れの方にはお勧めです。

(photo by kemu :2005.7.15/8.29) 

交通

鉄道:

JR福島駅より福島交通に乗り換え。終点の飯坂温泉駅下車。徒歩2分

車:

東北自動車道・福島飯坂IC→国道13号線を米沢方面へ。福島交通・飯坂線踏み切りで右折、県道3号線を飯坂温泉へ向かう。飯坂温泉駅前交差点を道なりに直進(一方通行)してすぐ。


東北地域へ戻る