ローマ字運動のバイブルを作った
東大教授


Tamaru-Takurô
田丸卓郎

(1872-1932)


岩手県盛岡市の生まれ.

第一高等中学校,理科大学(現在の東京大学理学部)物理学科卒業.

第五高等学校教授,京都大学助教授,東京大学助教授を経て,1907年同教授.

理論物理学,地震学,航空物理学の研究にたずさわる.のち,航空研究所所長を

かねる.

財団法人日本のローマ字社,社団法人日本ローマ字会を田中舘愛橘,芳賀矢一(ともに東大教授)とともにつくり,

理事および日本ローマ字会の副会長としてローマ字運動に尽くした.

おもな著書:多数の教科書のほか

ローマ字書きの "Rikigaku no Kyôkwasyo"(日本のローマ字社),

"RIKIGAKU III"(岩波書店).

岩波講座(物理と化学)中の「力学」

「ローマ字国字論」,「ローマ字文の研究」はローマ字運動のバイブルと呼ばれてきた.

Tamaru-Takurô はローマ字の母とも呼ばれる.

 

Kagaku zuihitu de nadakai buturigakusya Terada-Totahiko wa, Kôtô Gakkô zidai no Tamaru Sensei no eikyô de buturigaku no miti ni susunda sô desu.