Rômaziつづり問題(1)

内閣告示第1号のローマ字

  ――訓令式,日本式,ヘボン式

           Simizu-Masayuki

 

0.    まえがき

 ローマ字のつづり方については,戦前の<臨時ローマ字調査会>(1930〜1936)で,専門家による公平な形で徹底的な検討が行なわれ,<内閣訓令第3号>(1937/09/21)のような結論がでています.戦後ふたたび文部省の<ローマ字調査会>(1948)でも検討され,それが<国語審議会>に引き継がれて,1954年の<内閣告示第1号>と<内閣訓令第1号>(1954/12/09)となっています.

 このどちらのローマ字つづりも,いわゆる日本式ローマ字(訓令式,第1表式)です.このことは,「公平な形で,専門家による徹底的な検討」を行なえば,その結論は日本式ローマ字になることを示しています.

 

 1.<内閣訓令第3号>,

<内閣告示第1号>と法的な問題

 現在,法的に有効な<内閣告示第1号>の特色は,<第1表>と<第2表>とからなりたっていることにあります.第1表はいわゆる日本式(訓令式)で,第2表はヘボン式と旧日本式(純日本式)です.

 この2つの表の関係は,

@「国際的関係その他従来の慣例をにわかに改めがたい事情にある場合に限り」第2表によってもよいが,一般には第1表によること.(内閣告示第1号まえがき)

 さらに,<内閣訓令第1号>では,

A今後,各官庁において,ローマ字で国語を書き表わす場合には,このつづり方による.

B広く各方面に,この使用を勧めて,その制定の趣旨が徹底するように努めることを希望する.

とあります.第1表によらないローマ字書きを官庁で用いることは,“違法”というほかありません.

 特に,外務省で,パスポートに「第2表にもない,外務省特有の変なローマ字つづり」を強制していることなど,まったく論外です.これについて,外務省の役人が「これは日本語ではない」という意味のことばを述べたそうですが,「いつ,外務省は<日本語を公用語から追放>したのか?」と聞きたいところです.

 

1表 〔( )は重出を示す。〕

a     i    u    e    o
ka   ki   ku   ke   ko
sa   si   su   se   so
ta   ti   tu   te   to
na   ni   nu   ne   no
ha   hi   hu   he   ho
ma   mi   mu   me   mo
ya  (i)   yu  (e)   yo
ra   ri   ru   re   ro
wa  (i)  (u)  (e)  (o)
ga   gi   gu   ge   go
za   zi   zu   ze   zo
da  (zi) (zu)  de   do
ba   bi   bu   be   bo
pa   pi   pu   pe   po
 
 kya   kyu   kyo
 sya   syu   syo
 tya   tyu   tyo
 nya   nyu   nyo
 hya   hyu   hyo
 mya   myu   myo
  
 rya   ryu   ryo
 
 gya   gyu   gyo
 zya   zyu   zyo
(zya) (zyu) (zyo)
 bya   byu   byo
 pya   pyu   pyo 

2表

sha   shi   shu   sho
   tsu
cha   chi   chu   cho
  fu
ja     ji     ju     jo
di  du  dya  dyu  dyo
kwa
gwa
                   wo

 

 さかのぼって,<連合軍最高司令部・指令第2号>(1945/09/03)の「公共の建物や駅の名前をヘボン式ローマ字で書け」という命令を受けて,当時の国有鉄道は 「東京」,「大阪」をTökyö, Ösaka とヘボン式に書き換えていましたが,外務省はこれにも反して, Tokyo(トキョ), Osaka(オサカ)と書くことを強制してきています.

 当時,国内の法では,<内閣訓令第3号>(1937)が有効でしたから,1946/04/18の次官会議でも,「進駐軍関係および鉄道駅名,地名はヘボン式,国民関係は訓令式」とすることにしていたのです.外務省だけが「国民に外務省式ローマ字を強制」していたわけです.

 <内閣訓令第3号>と<内閣告示第1号>との違いは.つぎの2点だけです.

@   はねる音(ン)は,つぎにa,i,u,e,o,yがくるとき,                 

n-(訓令3号)   n’(告示1号)

A   長音(引き音)は,a,i,u,e,o の上に

−(訓令3号)   ^(告示1号)

これは内閣訓令第3号を発令するときの事務的な手違いとみられており,<内閣告示第1号>で訂正されたのです.

 

2.ヘボン式ローマ字

 第2表の前半分(5行)がヘボン式で,残りの4行が旧日本式(純日本式)です.

 第1表のローマ字は,日本語の音韻に忠実で,「音素(音韻)と文字とが1対1の対応」をしていますが,ヘボン式と比較すると

 

1表式 s     sy   t       ty    h    z    zy

ヘボン式  s,sh  sh   t,ch,ts ch    h,f  z,j  j

 

と対応しているのですから,一見,ヘボン式は音韻無視のでたらめのようにみえます.

 ところが,音節の単位で,第1表のなかの対応する文字と入れ替えることができます.つまり,音素の単位で見るとでたらめのように見えても,「音節単位で見ると現代日本語の音韻ときちんと対応」をしていることが分かります.第1表式(日本式)ローマ字と,ヘボン式ローマ字とは,「音節単位でみれば同等」なのです.日本式とヘボン式とは

 

日本式 si   ti   tu    hu   zi   zya ・・・

ヘボン式 shi  chi  tsu   fu   ji   ja  ・・・

 

のように1対1に対応していて,例外もありません.

 もちろん,ことばの研究にはことばの最小の単位「音素」を正しく書かなければ,不都合がおこります.わたし個人としても,「日本語に対することば意識」の上でヘボン式ローマ字を使う気持ちは起こりません.しかし,敵視するほどのことでもなくて,“ローマ字の変体がな”といった程度に過ぎません.

 

 3.旧日本式ローマ字

 50年ほど前,はじめて“音韻論(有坂秀世)”という本を読んだとき,“音韻”とはずいぶん心理的なものだな,と思った記憶があります.”zi,di”,”ka,kwa”などの発音の区別は,もうほとんどの地方でもなかったのですが,“ヂヅクヮグヮ”と“ジズカガ”とは別の音韻である,と認める人も多かったようです.

 “日本語として必要で,十分な区別”が“音韻”です.したがって,“日本語を書き表わす文字は音韻と完全に対応する”必要があります.こんな考えが旧日本式ローマ字の根拠です.<内閣告示第1号>の第2表の残りの4行です.

 ヘボン式ローマ字を第1表のように書き換えると,“音素”としては音韻に忠実ではないので,少しちぐはぐです.

ヘボン式(タ行):ta  chi  tsu  te  to

 その点,旧日本式ローマ字はきちんとしています.

wa  i   u   e   wo

da  di  du  de  do    dya  dyu  dyo

kwa   gwa

となります.

 ところが,日本式ローマ字の原典“本會雑誌ヲ羅馬字ニテ發兌スルノ發議及ヒ羅馬字用法意見”(田中舘愛橘,1885)では

ya  yi  yu  ye  yo

wa  wi  wu  we  wo

となっていて,もっとすっきりしています.1885年には,“音韻論”という学問体系はできていなかったのですが,Tanakadate-Aikituの脳の中には,この概念が生まれていたことがこの論文から読みとれます.

 こうみると,音韻の認識は時代とともに変わり,日本式ローマ字もそれに応じて変わってきたものであることが分かります.

 日本語の音韻の研究も,音節ではなく単音で考えられるようになったことが,音韻(音素)の概念をもっと物理的なものに(発音重視に)変えたように感じます.日本語の音韻体系の認識も,現在では

wa  i   u   e   o

da  zi  zu  de  do   zya  zyu  zyo

となって,現在の日本式(訓令式,第1表式)ローマ字になったものと考えています.

1表式(現日本式)との対応は

現日本式:z   k      g      o

旧日本式:z,d   k,kw   g,gw   o,wo

と,現在では,“必要以上の区別”になっています.区別を認識していない人にこれを強制することは,“むつかしいローマ字”になります.しかし,読む側には問題はないし,日本語のことば意識に反することはありません.

 こうみると,標準化の方向としては日本式(第1表式)にすべきでしょうが,少なくとも有害な点はありません.    (Tuzuku)

 

Rômaziつづり問題(2)

<かな式ローマ字>のいろいろ

             Simizu-Masayuki

 

0.      まえがき

 ことばの違いを示すものが音韻ですから,文字が音韻にもとづくのは当たり前です.しかし,文字のほうがことばの変化より少し保守的で,旧かななどは1000年もむかしの音韻を基本としています.

 ローマ字つづりの中には,音韻ではなくて,<かなづかい>にもとづいたものがあります.これにもいろいろな種類がありますが,検討を加えながらまとめてみます.

 

 1.源氏物語,万葉集など.

 近ごろ,興味をもってみているのが,高千穂大学の渋谷栄一教授のホームページ

http://www.sainet.or.jp/~eshibuya/

です.源氏物語の,1.桐壺から54.夢浮橋まできちんとしたローマ字文がみられます.

 Saki no yo ni mo ohom-tigiri ya hukakari kem, yo ni naku kiyora naru tama no wonoko miko sahe umare tamahi nu. Itusika to kokoro-motonagara se tamahi te, isogi mawirase te go-ran-zuru ni, meduraka naru tigo no ohom-katati nari.

 先には,多田齋司さんのMan’yôsyû (I,1934. II,1936) などもあります.

 これらは,一見,旧かなづかいにしたがったローマ字のように見えますが,旧かなづかいが,当時の音韻を表わしていたわけですから,このローマ字は適当なものといえます.

 

2.旧かな式ローマ字

 ローマ字を習うまえの少年・少女時代に,<かな式ローマ字>を使った経験をもっておられる方は多いことでしょう.

 下敷きのローマ字表を見ながら

iratusiyaimasita  (irassyaimasita)

benkiyausimaseu  (benkyô simasyô)

と書いて得意がっていたおぼえがあります.

 ローマ字国字論の元祖,南部義籌も,旧かな式のローマ字を使っています.しかし,benkiyausimaseuと書いたとき,これを読むのも[--------]と読もうということです.ローマ字は読みことばと一致していますが,<読み書きの日本語>と,<話しことばの日本語>とが違う,二重生活ということです.

旧かな式の現代日本語をそのままローマ字に対応させた<旧かな式ローマ字>は可能です.津田左右吉さんはご自分の著書でも<つださうきち>と書いておられ,ローマ字でTuda-Saukiti と書いておられるのをみたように思います.旧かな式ローマ字を使っていた人は,ほかにもあるようです.

かなは現代日本語の音韻をきちんと表わせませんが,ローマ字はたいていのことばの音韻をあらわすことができます.旧かな式のローマ字で書いていると,もう少し旧かな式の音韻にすなおなローマ字を書きたくなります.たとえば,おなじく[ヨンデ]と書くとき

Hon o ヨンデ imasu.

の「ヨンデ」は,yomite の音便だから yomde

A Kun o ヨンデ kudasai!

では,yobite の音便だから yobde

と書きたくなったりします.

 このようなことは,かなづかいの上でたくさんあります.さらに漢字音については,たとえば[日本ニッポン]にしても

Nitihon,Nitipon, Nitpon, Nippon

など,いろいろ考えられます.鳴海要吉さんは,yomde, yobde, Nitpon などという案をだされていますが,他人から見るととても使いきれないローマ字つづりになっています.

 ことばを考えるとき,“ある特定の時代”(ソシュールの<共時性言語>)の,“特定のことば”について考えることが大切です.1000年以上むかしの日本語と,各地の方言のまざった昔の中国語音とに“もとづいて”現代の日本語を書き表わそうとした点に根本的な誤りがあったものと考えています.

 

   3.現代かな式ローマ字

 現在では,かな式ローマ字つづりも,<現代かな式ローマ字>がほとんどです.

 現代かなに忠実なローマ字は,つぎのふたつの場で使われているように思います.

 ひとつは,漢字かな文が使いにくい場です.たとえば,コンピュータの基本ソフト(OS)としてLinux FreeBSD が広まっていますが,それの説明ファイルで<現代かな式ローマ字>の文章を見た記憶があります.

 もうひとつは,ワープロのローマ字入力です.ヘボン式も日本式もありますが,

watasi ha kyou gakkou he itte benkyou wo simasita.

といったふうなローマ字です.

 現代かなづかいは,“現代語音に基づいて”決められたものですが,(a)かなで書き表わせない,つまる音(促音)や拗音に小さな文字を使う(っ,しゃ,しゅ,しょ,など),(b)助詞のwa, e, o “は,へ,を”と書く(c)引き音(長音)は“オ段だけ例外的に<う>”を使う,という,変則的な点が3カ所あります.これは過去の“棒引きかなの失敗の経験から”大きな妥協をした結果です.

<現代かな式ローマ字>では,(a)つまる音と拗音は内閣告示のローマ字とおなじように書く場合が多いようで,内閣告示のローマ字との違いはつぎの2点です.

@   助詞の wa, e, o ha, he, woと書く.

A   引き音(長音)は,

  â aa   ê ee   î ii  û uu

   ô oo, ou

  上の@,Aの書き方が悪い,という議論もありますが,わたしは“現代かなそのものが悪い”のであって,現代かな式のローマ字の責任ではない,と考えています.この現代かな式ローマ字は,多くの欠点を持ってはいますが,“ローマ字の実用面での長所”をたくさん残していますから,それなりの評価をしています.

 

   499式と外務省式ローマ字

かな式ローマ字をみていると,“ha, he, wo と語音との食い違い”はとても気になります.“助詞のha, he, wo をやめて wa, e, oとする”現代かな式ローマ字が生まれました.これを,<99式>と名づけて日本ローマ字会で使うことになったため大きな論議を生んだことは記憶に新しいところです.

 現在,引き音の山形 “^”が使いにくい場はたくさんあります.このとき,正式のローマ字が使えないからかなで,ということを避けるという意味で,99式を一定の評価しています.しかし,これを“現代かなとの対応”とみることには,無理があります.

 現代かな式ローマ字が現代語音と食い違っている2点のうち,助詞のハ,ヘ,ヲの部分のほうがはるかに大きな位置を占めています.(量的にも,質的にも)また,引き音のâ, ê, î, ô,û は,aa, ee, ii, oo, uu と区別しなくてもよいほどのもので,内閣告示でも,“^が書きにくい大文字では使ってもよい”ことになっています.山形が使えない場では,“aa, ee, ii, oo, uu”を使っても内閣告示に違反しないものと解釈してよいと思います.

 結局,99式の特徴は,“ô (oo) を ooouに書き分ける”点だけです.現代の日本人にとって,まったく意味のない区別をさせることは,“むつかしいローマ字”を生じます.

Douro o tooru. (道路を通る.)

と書かせる,むつかしさを強制してしまいます.この結果は,意味も発音もまったく違う日本語の区別がつかないことになるだけです.コウリ(小売り)も,コーリ(高利)も,kouri と書きますから.”kouri” を見ても,コウリか,コーリか,読み方が分からないことになります.“ローマ字をみても,読めない!”,これは表音文字の使い方としては,誤りです.

 ここで,パスポートで強制している“外務省式ローマ字”についてひとこと.

<外務省式ローマ字>は,引き音を無視して,“道路を通る”も“泥を取る”も

Doro o toru.

と書かせるのです.ここには,日本語に対する理解も,愛情も感じられません.日本語を破壊するものです.

 99式には文字使いとしての誤りがありますが,“外務省式は論外の悪”です.なお,99式は“オーは oo と書く”と変更するだけで完全な日本式ローマ字になります.

 

Rômaziつづり問題(3)

そのほかのローマ字,まとめ

             Simizu-Masayuki

 

1.      まえがき

 これまで,(1)現・旧日本式ローマ字とヘボン式ローマ字という伝統的なローマ字つづりと,(2)現・旧かなづかいの流れを残したローマ字つづりについて,紹介と検討をしてきました.現在,このほかにも,せまい範囲ではありますが,いろいろな方式のものも使われています.最後に,それらのいくつかついて検討してみます.また,あわせてそれらすべての現代的な位置づけを試みます.

 

 1.<u>を省略する方式

 ウ段の“u”を省略する方式は,古くからありますが,考え方として2種類あります.

 desu,masuなどはもちろん,purintoの“u”も実際には発音していないようです.des, masでよいし,“英語ではprint,日本語ではprinto”ということになります.ku, su, tu, nu,…と書くようになったのは,ク,ス,ツ,ヌのような“音節文字”(カナ)にとらわれたためで,発音していない“u”は書かない方が合理的だ,ということです.

 これを一歩進めて,いっそのこと“すべて—uの音があっても,なくても--uを書かない”という方式もあります.ここまでくると,これをさらに,一層徹底させて,カ,サ,タ,ナ,...は k, s, t, n, … のどこかに記号をつける.キ,シ,チ,ニ,...には k, s, t, n, … に別の記号をくっつける. .....という方式もできます.こうすると,音節の多くは一文字で書かれるわけですから,文章が短くなって便利だ,というふうにもみえます.しかし,ここまでくると,もうこれは“ローマ字ではなくて,カナの新字体”というべきもので,ローマ字の長所の多くは捨て去ったことになります.

 つぎに,“発音しても,しなくても<u>は書かない”という方式は,ひとつの表音文字の組織の中に“音節文字と音素文字をごちゃまぜに”することになり,賛成できません.

 “発音しないuは書かない”という方式は,将来の書き方としては賛成です.しかし,現在は,発音する場合と,発音しない場合との区別は明確ではありません.もう少し待った方がよいように感じています.

 

2.“rのかわりにl”など.

 ラ,リ,ル,レ,ロを,ra, ri, ru, re, ro ではなくて,la, li, lu, le, lo と書こうという人もあります.<l> は上に飛び出して読みやすいし,<r> は,“引く音”(長音)を表わす記号として使えばよい,という意見もあります.もっともな意見です.

 日本式ローマ字では,アルファベット26文字のうち,c, f, j, l, q, v, x 7文字をを使いません.これらの文字はなかなか特徴があって“かっこいい”文字が多いようにみえます.

 たとえば,“ふくぶくしい”ということばを書くとき,

  hukubukusii   より

  fukubukusii あるいはfucuvucusjj

と書く方が“かっこいい”と思うひとがいるかもしれません.

 もうひとつ,にた例があります.

理事の木村一郎さんが,インターネットに,“Roomazi no Kuni” というメーリング・リストを開いておられます.ここでつい先ごろ

1) 引く音に  “l”  Tolkyol   (Tôkyô)

2)つまる音に “x”   kixte    (kitte)

3) はねる音に  “q”  kiqyolbi  (kin’yôbi)

とかく,いう意見が出ていました.

 引く音つまる音,“はねる音”をひとつの文字,または記号で表わしても音韻の上からは間違いではないことは古くから知られております.それなりに,意味のある意見でしょう。

 ところが,しばらくすると

1) はねる音に   x     kixyolbi

2)つまる音に   q      kiqte

3)引く音に    l       Tolkyol

という意見がでました.これも,おなじ程度に意味のある意見で,どちらがよいともいえません.

 このように,“論理の上で同等な方式”はたくさんあります.いま,日本式ローマ字であまっている7文字 c, f, j, l, q, v, x から,この3種類を使う同等な方式は 7×6×5210通り の方式が可能です.古くから“引く音”に“:”,“はねる音”に“ñ”という案もあります.この2文字をくわえると,9×8×7504通り となります.個人的に適当と感じる方式で,“論理的には悪くない”ローマ字つづりはいくらでもできるのです.

 ことばが変化することは,言語学の常識で,それにもとづいて文字づかいも変化するのは当然です.しかし,“ことばも文字も,社会の約束ごと”であり,いたずらに個人の感情で変化をねらうものではない,と考えています.田中舘愛橘先生が,あえて,ヘボン式ローマ字に異論をとなえられたのは“ヘボン式ローマ字に文字づかいとして誤り”があり,これでは“ローマ字広めは不可能”と感じられた結果の,やむにやまれぬ気持ちからでたものと思っています.

 

   3.服部式ローマ字

 日本語の音韻にもとづくものとして,東京大学の言語学の服部四郎教授が提案されたいわゆる服部式ローマ字が知られています.

 簡単にいうと,日本語の連濁などで

kuma+sasa   kumazasa

o+sika        ozika

aka+tama    akadama

hana+ti      hanazi

の場合,s⇒z,t⇒d,z となるのが,日本式ローマ字ただひとつの欠点である.

 タ,チ,ツ,テ,ト,チャ,チュ,チョを

ta, ci, cu, te, to,  cya, cyu, cyo

と変更すれば,s,c⇒zとなってすべてが解決する,というものです.

 佐伯功介先生は,これに“記述科学の段階で,説明科学の段階に達していない”として音韻論の立場から,くわしい反論を雑誌“コトバ”に発表されました.服部教授は,これに答える形で,本文350ページの著書“音韻論と正書法”を発表されましたが,やはり納得できる理論とは感じられません.

 たとえ,服部理論を完全に認めるとしても,タ行の子音をおなじ文字で書いて

ta,ti,tu,te,to, tya,tyu,tyo

としてはならない根拠にはなり得ないものと思います.

 つまり,この方式も“誤りではないものの一種”というのが譲りうる限界であろう,と思います.

 

   4.各種ローマ字つづりの位置づけ

 以上,3回にわたって種々のローマ字つづりを,眺めてきましたが,現代日本語を書く場合の標準的なローマ字つづりは現日本式ローマ字(第1表式)ということになります.

 ことばは変化します.これにもとづく文字づかいも変化しますが,ことばの変化より遅れるのが普通です.旧日本式ローマ字は,現代日本語に対しては,少し遅れすぎているといえましょう.

 現在の内閣告示第1号をきめた最後の総会で,佐野利器会長が“世間では,あまりこまかいところは気にしていない.現に学術会議の委員にしても,姓と名前とで日本式とヘボン式をまぜて使っている方がおられる.変体がなのようなものだ.”と発言されたのを思いだします.ヘボン式ローマ字は,理論的な誤りを含んでおりますから,正当性をもったものとはいえませんが,すしやさんが「寿」の草書体のようなカンバンを書いたりする程度に使われるのなら我慢できないこともなさそうです.

 “発音しないuを書かない”,ということは将来当然のことと思います.が,現在はまだ標準的な書き方とするべきではなくて,個人的な使用に限る時期でしょう.

 理論的には,誤りではない方式は限りなくあることが分かっています,“文字は社会の約束ごと”である点を理解して,できるだけ“標準化”に協力していただきたいものと思います.

 最後に,パスポートに強制している“外務省式ローマ字”は,“ハハ”,“ハハー”,“ハーハ”,“ハーハー”,“ハッハ”の区別さえできない(haha,hahha)まったく論外の悪い方式であることを強調しておきます.

 

5.まとめ

 日本語のローマ字つづりについては,過去10年以上にわたって,“専門家によって,公平な形で,公の場で,徹底的な議論”を行なって結論がでているところです.このため,ローマ字なかまの中でも,“解決ずみ”としておられる方も多いと思います.

 ふりかえってみると,外務省の無謀な強制が原因となって,現在もローマ字つづりの混乱が存在しています.この問題には,あくことなく世間に訴える必要を感じて,このようにまとめてみました.広く,ご意見,ご批評をいただきたいとお願いいたします.