つれづれ日記
思いつくままに毎日あったことを日記に残します。
2009年12月31日(木)更新
もう今年も残りわずか、あと6時間程で平成22年を迎えます。
今年最後のホームページメンテになりました。
12月25日以降も色々ありましたが、書きにくい内容もあって今日まで来てしまいました。 実は27日も渥美まで釣りに行ってクーラー一杯お魚さんを釣ってしまったんです。
とても恥ずかしくて写真なんて載せられません。
今年も元気で一年間、精一杯頑張ることが出来ました。 これも支えてくれる皆様のおかげです。感謝の気持ちを込め、今年一年間の活動を 振り返りました。
@一月はアパート暮らしに区切りをつけ、リフォーム済んだ自宅に戻ってきました。
A長引く不況、教育助成金用の資料作成で、資料の整備と心の整理が進みました。
B大学以来の友人が自分の誕生日(3月7日)に亡くなりました。メール激減です。
C吉良町で潮干狩り、寺子屋改善塾の家族全員大集合です。貝は痩せていました。
D土日の高速1000円で、山形までの車出張には色んな新発見がありました。
E春(4月)の慰安旅行で寺子屋改善塾のメンバーと山形まで遊びに行きました。
〃春に参加できなかったメンバーを誘って紅葉を求め、秋の出羽路を旅しました。
F走行距離がめっきり減ったオートバイは大型テレビに変身、毎日活躍しています。
G奥浜名荘に今年も自主研のメンバーが集合、頑張る仲間から元気をもらいました。
H伊勢湾の豊浜漁港から出港、イサキ・サバ・アジが大漁、配るのも大変でした。
I33年振りのゴルフ再開、100切るのが大変、ベストハーフ44、平均パット2.0が最高
J山形からの帰路、西吾妻スカイバレー経由の裏磐梯の景観にはまってしまいました
K秋の紅葉に訪れた御嶽山の自然の美しさにはまり、雲海までが歓迎してくれました。
L台風18号が愛知県を直撃、吉良マリーナは最小限の被害で済んで助かったです。
M営業の一環で講演を開催したが、参加者少なく、愛知県には元気がありません。
N山形県企業振興公社のご支援で『改善勉強会』を開始、メンバー会社は11社です。
Oメバル爆釣、今年最後の修羅場です。何事も一所懸命が寺子屋改善塾の身上です。
今年一年間、いろいろとお力添えを頂き、また励ましを頂き、ありがとうございました。
景気回復が遅れ、大変なご苦労をされている方々からも励ましを受け、あり難い事と 感謝しております。本当にお世話になりました。皆様、どうか良いお年をお迎えください。
そして来年こそは、皆様にとって明るく、実り多い年であります様、祈念致します。
また本年にも増して、暖かいご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い致します。

2009年12月25日(金)更新
今日はクリスマス、私は性懲りも無く、釣りのリターンマッチです
tairyou 昨日にもまして今日は良い天気、風もほとんど無く、あっても南風。今日の目的地は きっとベタ凪、釣果も期待できます。胸をわくわくさせての二日連続の釣りになりました。 暗くなる前にポイントに船を着け、釣り出す前に、ビールでお清めをして、今晩の大漁を 祈ります。やや暗くなりかけた頃から釣れ始め、その後はひっきりなしの入れかかり状態、 午後7時30分には、さすがにくたびれてしまいました。それでも釣れ続けていましたが、 惜しみなく納竿、午後9時には帰港しました。結局、魚はクーラー満タン、釣ったと言う より、魚を取って来たと言う感じがします。これでしばらく釣りはお休みです。
2009年12月24日(木)更新
佐久島のメバル釣りはボウズ。伊川津の大漁メンバーにもらってしまいました。
久し振りの好天に恵まれ、クリスマスイブの晩だと言うのに、釣りに出掛けましたが、 結果は惨敗でした。言い訳として@潮が動かなかったA場所が悪かったB魚がいなかった・・・ ですが、一緒に別の船で出港した仲間が、海が荒れてきたとかで、30分遅れぐらいで帰港 してきました。なんと、クーラー一杯のお魚さん。いやはやびっくりしました。 これは、腕が悪いとか、言い訳を考え直さないといけません。
2009年12月22日(火)更新
今日は寺子屋改善塾のゴルフ納会、次回は春になってから再開します。
冬のゴルフは生まれて初めて、お蔭さまで、いろんな経験が出来ました。
@ティグラウンドが凍っていてティが刺さりません。専用穴あけ器がありました
Aフェアウェーの芝は枯れ、地面の上から打つ感じ、トップとダフリの連続です
B山の斜面は残雪、打ち込んだらボール紛失確実、オレンジボールも見えません
C雪の上からのショットは水の中から打つような感じ。いやあ、難しいこと
Dグリーン上は夜間シートで保護されるも、その周りは凍ってカーリング
E日本の、それも岐阜県の山中での安価なゴルフはしばらく休むことにしました
当日朝ゴルフ場で買い求めたクラブで頑張ったものの、スコアは107。 標準偏差は0.735(過去最小・・・安定して悪かった)、平均パット数は2.22でした。
2009年12月20日(日)更新
コスモ(工務店)の蕎麦打ち試食会に招待され、新蕎麦をご馳走になりました。
kosumo 当日の朝、蕎麦打ち試食会の連絡(朗報)が入り、お昼は新蕎麦を頂く ことになりました。ポカポカ陽気の中、軒先で頂いた蕎麦はとっても 美味しかったです。山形に足繁く通ってホテルの前にも有名な蕎麦屋さん がありますが、今年の新蕎麦は初めてでした。 目の前でこねて、打って、茹でて、すぐ食べる。これはもう最高ですね。
美味しい蕎麦をご馳走様でした。またご連絡ください。すぐ飛んで行きます。

2009年12月19日(土)更新
寒波が居座って山形地方は大雪、鶴岡では積雪1mを越えました。
ekimae 今回の山形は、今年最後の活動日、12月16日(水)到着時には、街中に雪は無く、 豪雪地帯の米沢にも雪は皆無でした。山形は、もはや、雪国(北国)ではない。 などと、冗談を言ってたら、翌日から降り止まず。風が弱く、雪は庄内地方、特に 鶴岡あたりで、どかっと降ったようです。 応援団の先輩が、定年後鶴岡(旧藤島町) に移り住んでいるため、冷やかしで電話をしたら1mも積もって外に出られないとか。 その後も雪は降り続き、道路は滑ってツルツル、危なくて歩くのも大変です。 しかし山形の高校生は傘をさして自転車に乗っていました。 元気なのは分りますが、転んだら大怪我です。
2009年12月15日(火)更新
4連続パーとワンバーディ、ハーフ44は気持ち良かったです。
前半は55と大たたきでしたが、後半は頑張って44であがりました。 後半は、今年一番の出来で、4連続パーと1つのバーディが 出て、もう気分は最高、前半の酒が効いたのか、たまたま偶然か分りませんが、 たまには良いでしょう。平均パット数は2.0でした。
2009年12月12日(土)更新
我が家の庭にも秋がやってきて、紅葉がきれいに色づいています。
niwanoki 9月に入った頃から紅葉を求め、あちらこちらと走り回りましたが、そんなに 頑張らなくても時がたてば、自宅の庭でこんなにきれいな紅葉が見られる事が 分りました。高校卒業時に『土曜の夜の期待感と日曜朝の失望感』と言った 友人がいましたが、他人より先に追い求め、それが得られた時は、何となく 幸せで、誰も彼もが満たされる時(旬)には、満足感を感じないのと良く似て います。『少欲知足』も同じようなものかも知れません。
来年は少しエコも考えて行動するようにします。
しかし山形(西吾妻スカイバレー)の紅葉はきれいだったなあ。
2009年12月11日(金)更新
蜜が一杯入った美味しいリンゴが、山形のお客様から送られてきました
ringo mitu align=
       箱一杯のりんご                 蜜が一杯
山形県でお世話になっているお客様から待ちに待った美味しいリンゴが 届きました。月に何回か山形県に行っているため、リンゴが食べたければ 自分で買ってくれば良いようなものですが、そう云うものではなく、ここの 農園にはリンゴ作りに特別のこだわりがあって、お客様が毎年送ってくれる このリンゴが楽しみなのです。今年のリンゴも形が大きく蜜が一杯で甘さも 抜群でした。ただ、あまりに美味しいため、長く置いて不味くなってもと 思っていましたが、そんな心配をよそにあっという間に食べ尽くしてしまい ました。美味しいものは誰が食べても美味しいようで。本当にご馳走様でした。
2009年12月9日(水)更新
遊びの合間を縫って今年の締めくくりの残務処理に精を出しています
遊びが忙しく仕事が手につきませんが、それでも何とか年越しをと、 寺子屋改善塾の事務の残務処理を毎日精一杯頑張っています。例えば
@11月の月次処理
A支払い通知の作成と源泉徴収票作成と郵送
Bかんばんケースの手配の確認
D次回出張用チケットの手配
E来年用手帳の手配
F年賀状の作成と送付
G出張旅費の清算
Hお金の振込み
I資金繰り(今年は大赤字でしたが、得られたものは多かったです)
Jゴルフの練習
K釣りに行った後の道具の片付け
Lブルーファイルの購入
M夏物のクリーニング受け取り
N毎日の散歩とペダル漕ぎ(パナソニック電工製)
Oホームページのメンテ
P営業活動と講演の原稿作成・・・など等です。
あ〜あ、毎日忙しい、やっぱり師走だわ。・・・・でもやること無くなったら・・・・
2009年12月7日(月)更新
自宅の近所にある小学校のイルミネーションがとてもきれいです
irumi 早いもので今年も残すところあとわずか、世間の仕事はともかく世の中は クリスマスと除夜の鐘を残すのみになりました。
晩飯の準備をしようと、ぶらり歩いて近くのスーパーに買い物に行ったところ、 スーパーの向かい側にある小学校のネットにイルミネーションが輝いているのを 発見しました。
とてもきれいだったので、家に返ってカメラを持って写真を撮ってきました。 良く考えてみたら昨年のと全く同じものでしたが、早々と日が落ちた町の片隅を 照らすイルミネーション、何とはなしに心温まる、良いものですね。
2009年12月5日(土)更新
11月後半から昨日までひたすら仕事に精を出していました。
ムム・・・ムム・・・
この間は、知立図書館と刈谷図書館に行った。出張もあった。『のぞみ』に乗った。 目が覚めたら目の前に富士山がきれいに見えた。山形新幹線ではビールを飲みすぎた。 月山の頂上は雪で既に真っ白。
何と言う季節の移り変わりの速い事よ・・・『少年老い易く学成り難し』・・・
ムム・・・ムム・・・
2009年11月27日(金)更新
今年初めて胸キュンキュンで佐久島にメバル釣りに出掛けました。
tairyou 昨日はゴルフ、今日は釣り、少しまとまりの無い生活をしていますが、釣りの場合は 風次第・天気次第・お魚さん次第で自分の都合が言ってられない世界のため、良いと なったら、とことん何が何でも行きたい遊び。
アハハと笑ってご容赦を。 潮は若潮、あまり動かない感じですが、昔から『冬の夜の干潮は潮が引く』。 期待が持てます。釣り師の腕も加味した結果、少し当てが外れたようですが、 何とかお土産をゲット。『クーラー一杯の魚をぶちまけた写真は下品』と言う方 もおりまして、今回は上品に料理済みの美味しそうなメバル。 『この魚がメバルかいな?』なんておっしゃる方は魚食いの素人です。
2009年11月26日(木)更新
33年ぶりにゴルフを再開、4回目にしてやっと100が切れました。
若かりし頃と較べ、用具から自分の体型など全てが違って(最終的に全てが 言い訳だったと判明)昔と同じスコアを出すのは、もう難しいのかなと最近は 弱気になる時もありましたが、その都度弱点を改善し、今回やっと100を切る事 が出来ました。前半(IN)50、後半(OUT)44、しめて94でした。 バーディはゼロ、パーが6、平均パット数2.2でした。 前半はよれよれでしたが、後半は4ホール連続パーなど復調の兆しが 少し見えてきたような気がします。 その反面、先輩のスコアがガタガタになってしまい、今度はゴルフに誘って もらえないのでは・・・と、新たな心配が頭を悩ませています。
2009年11月22日(日)更新
日曜日午後七時から吉良漁業組合にて海上安全講習会を開催しました。
hoantyou 吉良宮崎マリーナクラブ主催で海上安全講習会を開催しました。場所は吉良漁業組合の 会議室をお借りしました。講師は海上保安庁から派遣してもらい、日曜夜の一家団欒の 貴重な時間でしたが大勢のメンバーが参加し、熱心に講習を受けてくれました。 内容は海上での安全に関する基本的なことや最近の衝突事故事例などでした。
分りやすい説明で、なお一層の安全航行を心がけねばと決意を新たにしました。 しかし、何で、あんな広い海で衝突なんて・・・思いますが、見張りが不十分だったり、 あり得ないような不注意な動作が重なったりして事故が発生する事も良く分りました。
『周りの漁業従事者などに配慮して港内徐行』はあたり前なのですが、 釣り場に早く行きたい、と言うはやる気持ちが中々そうもさせてもくれません。 これからは余裕を持って、早めに出発し、安全航行に心がけたいと思います。
しかし事故を起こす人は大体こうした講習会には参加してないことが多いようです。
2009年11月19日(土)更新
山形県内では冬の装いが周囲の山々から徐々に始まっています。
yuki 山形県を訪れるたびに冬の装いが確実に進んでいることを実感できます。 今回訪れた時には、周囲の山々は雪で覆われ、天気の良い時、時々顔を見せる 月山の山頂付近はすでに真っ白、普段は厚い雲に覆われていて毎日雪が降って いるような感じです。空気もめっきり冷たくなってきました。 リンゴも蜜が入り、完熟の季節になってきました。新酒もいただけます。 改善は進んでいるでしょうか。次回は改善の成果発表会です。
2009年11月14日(土)更新
第30回寺子屋会議を刈谷市産業振興センター205号室で開催しました。
9月5日以来、久し振りに寺子屋会議を開催しました。 先ずはメンバーの健康確認。青木がここ数日風邪で静かだったが他のメンバーは元気で何より。 メンバーからいろいろと話題提供がありました。

いつも考えさせられる話題を少々辛口で
@若手に期待して無償でTPS教育を開始したとか。確かに良いことには違いない
----何でも自由が寺子屋改善塾の良い所。これからもお客様に奉仕します----
Aパレット山積みでも『先入れ先出し』は完璧とか、言葉の意味が分っていない
B社内の指導者がなかなか育たない。人材育成は時間かかるがやり方に工夫を!
C社内だけの活動では改善のスピードが遅い。力を借りてさらに実力向上したい
D余分な物を造らなくなったら赤字が減少。余分な物が造れる程のお金持ち?
E後補充生産方式で欠品が無くなった。次は在庫を減らして実力アップを!
F景気が悪く二月に一回の活動でスピード鈍化。環境変化はさらにスピードアップ
G人員が多過ぎ改善のニーズなし。改善は流行ではなくニーズに基づけ!
H品質は悪くとも良く売れる? 今や品質は命取り、悪い品質では生き残れない。
I道具づくりが下手で改善が前へ進まない。言い訳言わず、やれる方法で進める
J山形県の勉強会は大盛況。多少は大変だがこれも社会貢献活動と割り切って
K韓国から熱烈依頼『義を見てせざるは勇なき也』困った人あればそこに行く
LNHKスペシャル『自動車革命 苦悩するトヨタ』、みんな頑張っている
M中産連との協賛セミナー企画、経費削減で人集まらず我人知れず苦悩する

2009年11月12日(日)更新
ポートメッセの『異業種展示会』に寺子屋改善塾のお客様が新製品を展示!!
jyouka natukasi align=
       高濃度廃液浄化装置          ジェーテクトのお嬢さん
風邪を早く、確実に治すため、先週の土曜から今週の水曜まで、何と5日間も家で 大人しくしていました。お蔭さまでどうにか80パーセントぐらい回復してきたので 本日は名古屋金城埠頭にあるポートメッセで10日から開催している『異業種展示会』 に遊びに行ってきました。遊びというより、寺子屋改善塾でお世話になっているお客様が 新製品の『廃液浄化装置』を開発・展示した事を聞き、差し入れに行って来た訳です。 タバコの吸殻を水に溶かしたような高濃度の廃液をきれいに浄化し、その水で、きれいな 水にしか住めないメダカを泳がせていました。全くの驚きでした。 お客様も沢山集まって興味深げに見ていましたが、引き合いが沢山くるとうれしいです。 パチンコ屋のタバコの吸殻を処分した水などは、こうした処理をしないと自然界に放出 出来ないそうで活躍が期待されます。
激励した後、あちこちぶらぶらしてきましたが、トヨタやデンソー、アイシンといった トヨタ大手も各社展示していました。思いがけずジェテクトのコーナーで懐かしい メンバーに出会い写真を撮らせてもらいました。
2009年11月4日(水)更新
富士山も初冠雪、とてもきれいでした。 (写真をクリックすると拡大します)
fujisan 名古屋から新幹線に乗り換え5分もすると車窓に刈谷の町並みが映ってきます。 それを確認すると、何となく眠くなってしばらくウトウトしていると、運が良い日は 富士川を渡るあたりで目が覚め、更に運が良いと、きれいな富士山を見ることが出来ます。 今回はもっと運が良く11月3日の寒波で富士山も初冠雪、そして 空気が済んでいたため きれいな富士山を望むことが出来ました。空が真っ青で、白い山頂と白い雲がきわだって 何となく儲かったような気分のお裾分けです。 ところがその後、風邪を引いてしまい、土曜、日曜と二日間も寝込んでしまいました。
2009年11月1日(日)更新
天気が悪くなると期待して、日産マリーナの試乗会に行ってきました。
nissan 昨日から幡豆の日産マリーナで、日産とヤマハが『ボート試乗会』を共同開催しています。 何で共催かと言うと、最近はお客が集まらないので単独開催は費用負担が大きく大変との 事でした。土曜日に出掛けようと思っていましたが、あいにく穏やかな日和で、多分波も 無く、試乗しても船が波に強いかどうかは分りません。 天気予報によると今日は曇りで天気は下り坂、少しは波が期待できた ので幡豆まで遊びに行ってきました。しかし今日も穏やか、マリーナの周りを少し走っただけで 帰って来ました。写真のヤマハYF27は剛性感があり、波にも 強く、走りも良いとの実感を得ましたが、居住性を重視した結果、釣りスペースが少なく、釣り 目的の人には中途半端な感じでした。しかしまるきり釣り仕様の船というのも最近は売れないとか 、なんとも悩ましい話を聞いてしまいました。
2009年10月31日(土)更新
凝り性とは自覚していましたがこれほど執着するとは、トホホ・・・
daijyu パットを練習するため練習マットを998円で購入し自宅で練習に励んでいますが、 これに飽き足らず、今日は大府にあるゴルフ練習場にやってきてパットの練習 に精を出しました。上り、下り、フックにスライスと どんなラインでもボールはすすっとカップに吸い込まれるイメージだけは出来 ましたが、実際はなかなか難しく、思うようにはなりません。
しかし何でも思い通りになってしまうのも、これまたつまらないものです。

2009年10月31日(土)更新
刈谷市リサイクルセンターに向かう途中の畑にコスモスが満開です。
kosumosu 11月25日に開催予定しているセミナーの原稿づくりが一応終了しました。 まだまだ見直しは必要ですが、一段落が付いたので気持ちはぐっと楽になりました。 いつも資源ゴミを捨てに行く途中の畑に、満開のコスモスを見つけ写真に撮ってきました。 稲の収穫が終わった後に種を蒔いたものと思われますが、畑一面満開のコスモスは それはそれは見事なものでした。明日からは11月、まだ秋ですが、秋と 言うより冬支度のイメージが強い晩秋です。初雪も間もなく、皆様、流行性感冒 (インフル)にご用心。
2009年10月29日(木)更新
ドンキホーテで998円のパット練習マットを買い猛練習を行っています。
matto 先日のゴルフは練習の甲斐があって、ドライバー、アイアン、アプローチ共に冴え、 これならボギー無しで上がれるかなと思ったのもつかの間パットに足を引っ張られ、 ミドルホールで2オン9パットなど、7パット、5パットとパット練習のために コースに出たようになってしまいました。再発防止計画にもとづき練習マットを 買い励んだ結果、写真のようにホールはボールでてんこ盛りになってしまいました。 次回は90を切るゴルフを(何が何でも、なんて硬いことは抜きにして)展開します。 乞うご期待。
2009年10月28日(水)更新
仕事減で改善を中断していた会社を訪問し、改善再開をお願いしてきました。
社内の改善活動は継続していますが、コンサルが入っての活動は、今年春から 中断していた会社を訪問し、コンサル再開のお願いをしてきました。 久し振りに訪れた会社でしたが、集まってくれた皆さんが、元気だったので、 まず一安心しました。改善の将来についてあれこれ提案したり、課題点を まとめて報告してくれましたが、きちんと要点をつかみ、問題点を前向きに とらえ、過去はともかく、今後の進め方を真剣に議論している姿を拝見し、 成長したなあ、と実感すると共に、教える側もさらに頑張る意欲が湧いてきました。 成長したメンバーの姿を見ることは、教える側もやりがいを感じると共に、かけがい の無い喜びを感じます。全てのことに感謝です。ありがとうございます。
2009年10月25日(日)更新
台風18号の高潮で打ち上げられたゴミをマリーナのメンバーで清掃しました。
taifuugo 台風18号の高潮で沢山のゴミが堤防に打ち上げられ、いつまでも 放置するわけにもいかず、メンバーに連絡して清掃することになりました。 当初は役員だけで行おうか、との提案もありましたが、みんなの施設なんだから 皆でやろうよ、とまとまり、メンバーに声をかけ、一致協力して清掃活動を 行いました。 活動を始めてからあまりのゴミの多さにビックリ。 『役員だけだったら一日やっても終わらなかった』との声も聞かれました。 ほぼ一時間ぐらいで完了しましたが、やはり数の威力に勝るものは無く、 協力するということは本当に力強く、頼もしい限り、参加者の皆さん、本当にありがとうございました。
2009年10月24日(土)更新
10月21日から三泊四日の日程で紅葉の東北旅行に行ってきました。
(写真をクリックすると拡大します)
unkai ontakesan align=
       西吾妻スカイバレー             裏磐梯五色沼
100年に一回の不景気のあおりを受け、寺子屋改善塾も例外ではなく、今年は 何となくのんびり過ごそうか、と思っていた矢先、教育助成金の話があちら こちらから舞い込んで、結構忙しい年になりました。 お金は儲かりませんでしたが、お客様のお役に立てたのはうれしかったです。 また、そのお蔭で資料もたくさん整理する事ができ、ありがたい限りです。 秋になってようやくそれも一段落してきたので寺子屋改善塾のメンバー全員で 『紅葉の出羽路を訪ねる旅』にポンコツのエスティマで出掛けました。
愛知県を21日の水曜日に出発し

木曜日 最上川船下り 出羽三山 寒河江の慈恩寺
金曜日 若松寺 山寺(立石寺) 蔵王温泉 蔵王の紅葉とお釜
土曜日 西吾妻スカイバレー 裏磐梯の桧原湖 五色沼 白虎隊の墓 会津若松城
を見学し、会津からは高速1000円で藤岡町インターまで帰って来ました。
山寺の農園では、林檎とラフランスをお土産に頂いたりして、全員 すっかり山形ファンになってしまいました。お世話になった皆さん!!今後ともよろしくお願い致します。
2009年10月19日(月)更新
秋晴れの下、何処にも出かけず、ただひたすらセミナーの準備をしています
天気晴朗、風も弱く、潮も良し。毎日釣りをしていても飽きないくらい好天が続いて いますが、こんな時でも暇が無く、釣にも行けません。
『仕事が無いのに忙しいとはこれ如何に』・・・・・。 実は、11月25日に中産連主催で 行われるセミナーの資料をひたすら準備しているのです。
長々と続く不景気の閉塞感で、寺子屋改善塾の仕事もこのところ徐々に減少。 仕事を増やすべく、中産連に行って営業活動を持ちかけた結果、セミナーを開催する ことになりました。話の流れから、講師役にはまり、その準備に余念がないのです。
セミナー参加者特典として、お客さんから要望があれば、現地現物で無料相談会を 考えていますが、何社集まることやら(弱気はダメ)。たとえお客さんは少なくとも 『やる以上は一所懸命』が持ち味ですので、資料もしっかり準備しておくつもりです。
トヨタ生産方式の基本から5Sや保全、それにOJTやコーチングまで、退社後の 6年間に学んだことを一所懸命話そうと思っています。無料ではありませんが、間違いなく元が 取れるセミナーにするつもりですので、興味のある方は是非聞きに来てください。
会い(差し入れ)に来て頂けるだけでも結構うれしいです。
気分転換結構、中部の企業の皆様の、熱烈・ご参加お待ちしています!!

  セミナーのご案内
◆演題  『日常管理から見直す改善活動のススメ』
◆開催日 平成21年11月25日(水)13:30〜17:00
◆場所 中産連ビル セミナールーム(愛知県名古屋市東区白壁3-12-13)
◆対象 管理監督者 改善に携わる人 改善活動にお悩みの方
◆セミナーの目的とねらい
 改善活動の基礎とはどういったもので、何を重視すべきなのでしょうか。
 また、大きな需要変動が起きたとしても、改善活動の目標やテーマは変更しなくても
 良いのでしょうか。当セミナーでは、長年改善活動の指導者として活躍している講師
 より、JMSの切り口から日常管理に焦点を当て、具体的な現場での工夫(活動事例)を
 紹介すると共に、コスト低減するためのモノの見方や考え方、改善に楽しく取り組み
 活動を定着させるための考え方・行動のあり方をアドバイスいたします。厳しい経済
 環境が続いておりますが、将来を見据え今こそ人材育成・改善活動の基礎固めに
 注力してはいかがでしょうか。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
◆プログラム概略
 @効率の良い生産マネジメントの考え方
  〜JMSやトヨタ生産方式の考え方を中心に紹介
 A日常管理の重要性を整理
  〜5S(特に清潔・躾)を含めた日常管理について考察
 B改善活動の土台づくりと効果
  〜現場の取り組みがもたらす経営効果を解説
 C景気低迷期に効果的な改善テーマとは
  〜 需要変動に伴う改善活動の事例を紹介
 D改善活動が楽しくなる方法 
  〜 楽しくなければ続かない、明日からできる活動の工夫
 E質疑応答(テーマ以外でもお悩みがあればお応えします)
◆講師 青木 正雄 (社)中部産業連盟 委嘱コンサルタント
             (有)寺子屋改善塾 取締役社長
             〔元 豊田工機(株) 生産調査室室長〕
◆講師プロフィール
 1972年、豊田工機(現ジェイテクト)に入社、工作機械事業部に配属。技術部の
 CAD導入、生産管理部では現場実績把握システム(工場内LAN)構築に参画。
 生産技術部では社内生産設備の近代化に取り組む。その間、デミング賞、PM事業
 場賞、PM優秀事業場賞、受賞に携わる。1993年部品事業部生産調査部に移り、
 トヨタの林南八氏からTPSの薫陶を受ける。トヨタからの要請で『造りマップ』を展開
 トヨタ自主研 部品Bグループリーダーとしても活躍する。
 2003年、55歳で豊田工機を退社、寺子屋改善塾を設立。
 現在は、当連盟の委嘱コンサルタントとして、企業の体質改善等で活躍中。
◆お問合せ先 社団法人中部産業連盟 JMS事業部 担当:佐藤
       〒461-8580 名古屋市東区白壁三丁目12-13 
       TEL:052-931-9825 E-mail:m-satoh@chusanren.or.jp

2009年10月13日(火)更新
船は流されていませんでしたが、自分自身も流されないために
先日、中日新聞に掲載されていた記事(亀井鑛(ひろし)氏寄稿)を紹介します。
お釈迦様の幸福の三条件
十大弟子の一人、阿那律尊者とそのグループが暮らす村へ、釈尊が巡回された時 『皆、食べ物に困っていないか』と問われました。『はい。晴天には田畑を耕し、 作物を収穫し、托鉢にも出ておりますので、十分満ち足りています』の、弟子尊者の 答えに『それはけっこうです』と、うなずかれました。二度目の巡回で、『皆、仲良く 暮らしているか』との問いに、『はい。教えときまりを守り、お互い思いやりあって 暮らしています』『それはけっこうです』と、去られました。三度目に、『皆、いつ 死んでもよい覚悟が出来ているか』と問われました。『はい。私達は釈尊の教え、縁起 の道理を心に体し、無常・無我の法に従い、すべてに我への執われを離れた生き方を、 確かめあって、いつなりと死ぬ心構えができています』と答えるのに、大きくうなずかれ、 『それはけっこうです。これまで前後三回の問い、この三つを満足できるのが、人の幸福の 三条件なのです』と教えられました、と。
このお釈迦様の、幸福の三条件の中、三番目の【いつ死んでもよい覚悟】、これが宗教の 問題だと思います。因みに第一は経済の問題、第二は愛の問題だと学ばされます。
この記事を読んで、考えさせられたり、ホッとするような年頃になりました。合掌
2009年10月10日(土)更新
台風一過から数日後、船の安否を確認にマリーナに行って来ました。
釣り仲間二人から『青木さんの船は無事だったよ』と連絡はもらっていましたが、 無事を確認するため、吉良マリーナまで出掛けてきました。補強したロープは、同じ バースに停めている仲間がすでにかたずけてくれていたので、何もやることはなくなって いましたが、強い風で吹き飛ばされた木の葉やゴミが船の中や船体に一杯張り付いていた ので水できれいに洗い流してきました。帰り道、鈴木造船の親父 さんに聞いた所、台風が 直撃した早朝は、高潮と返しの風で船が木の葉のように揺れ、それは見ていられない 程で、何艘かの船は固定が甘く、バースに繰り返し当たり孔があいたとか。それでも 沈した船がなかったのでマリーナの強度・安全性が確認でき、皆、一安心でした。
勢い余って、昨日12日(月)、三河湾から、伊良湖水道を横切って、 ビューホテル前や神島の前あたりまで走り回りましたが、何も釣れず。ボウズで口惜しい・・・
2009年10月7日(水)更新
台風18号が接近しているため、船の『もやい』を補強してきました。
天気予報を見ていたら台風18号がだんだんやばい方向で近づいています。 急遽、吉良のマリーナまで走って『もやい』を補強してきました。 これでヤレヤレです。後は台風が少しでもそれてくれることを祈ります。 こんな時は、農家の人も大変ですね。
2009年10月1日(木)更新
雨の合間、御嶽山で紅葉を見て来ました。 (写真をクリックすると拡大します)
unkai ontakesan align=
        見事な雲海                御嶽山の紅葉
今年9月1日(防災の日)御嶽山に行きましたが、すっかり気に入ってしまい、次回は 紅葉の季節にと9月29日を計画するも雨で中止し、仕切り直し、今日10月1日に雨の 合間を縫って紅葉を見てきました。 快晴には程遠く、途中曇り空が多かったものの、御岳スキー場の辺りから青空が顔を 覗かせ、徐々に紅葉(高揚)気分。ふと麓を見たら何と雲海が見えるではありませ んか。今週は『晴耕雨読』で資料ばかり作っていましたが、神様からお駄賃をもらった ような気分になる程、見事な雲海でした。 七合目の駐車場に車を止め、登山道入り口 辺りを散策し、胸いっぱい清清しい空気を吸い、途中『道の駅』で買った弁当 (山菜おこわ)を食べ、思いっきりリフレッシュしてきました。 距離は往復360キロ程度でしたが、行きも帰りも通勤割引利用で、高速代は往復2900円 で済みました。
2009年9月25日(金)更新
日本全国不景気真っ最中ですが、山形のリンゴは今年も順調に育っています。
tendou 景気がどうのこうのと言っている間にも、自然は正直なもので、山形のリンゴは日増しに 大きく育っています。天童市内の仕事を終え、駅まで送っていただく道すがら、車を 停めてもらい写真を撮って来ました。『李下に冠を正さず』という格言があり、少し ヒヤヒヤものですが、どうにか写真を撮ることができました。素人目には食べ頃に見えて しまいますが、これから冷え込みが増すに従い成熟が進み、『雪かぶり』と言って、初雪 の後ぐらいには、中に一杯蜜が詰まって美味しいのだとか。たとえリンゴ一個でも育てる 人のご苦労と真心がたっぷりしみ込んでいる山形のリンゴ、美味しいに決まっています。
2009年9月17日(木)更新
景気悪化の影響を受け、中断したままの改善が再開出来ない会社への緊急提案
昨年の秋以降の景気の悪化で、せっかく数年間も続けてきた改善活動 が中断したままになっている会社が数社あります。 ただ単に景気が悪くなってきたから、という理由だけではないと思います が、一旦中断した活動を再開させるには、特別なエネルギーが要るようで 『継続は力なり』とは良くいったものです。
こう云う時期にこそ、あらためて改善活動の意義を考えて見ました。

@会社が存続(生き残る)ためには、世の中に対し、それなりの存在意義を 示さなければなりません。良い製品を提供し続けるとか、利益を出し続ける とか、世の中の変化に柔軟に対応できる優れた人材をいつも育てているとか、 が重要であります。ほったらかしでは人材は育ちません。こうした改善活動 を通して、課題を与え続け、考えさせ、行動させることが大切です。 このためにお金を使うのはまさしく教育的投資であり単なる経費ではありません。 設備投資も大事ですが、教育的投資も忘れてはならないものなのです。
A改善に使用したお金は無駄遣いではありません。とにかく出費を抑えようと 経費削減活動に張り切って、必要な改善活動まで停止させてしまうことが ありますが、これはあくまで、戦略を見失ったトップの意思の弱さ故でしょう。
B改善に使用した金額は全くの無駄ではなく、投資である以上、あくまで費用対 効果で結果を評価・確認し、効果の無いものはやめ、効果のあるものは継続する といったメリハリが必要です。普段行っているこうしたプロセスが、世の中の 動向やマスコミにも惑わされ、異常心理にも似て右往左往した結果、パニックの ように必要な活動まで停止してしまうのは、これまたトップの意志の弱さでしょうか。
C今はどんなに辛くても、将来が楽しみなら、人間、意欲が湧いてくるものですが 、今は良くても将来が見えないといった場合は、不安になり、希望も持てません。 社員が将来にわたって希望を持って頑張れる魅力ある企業を目指して頑張れるよう 職場の環境を整えるのはトップの務めだと思います。あれもこれも縮小・打ち切り では夢も消えてしまい、我慢・辛抱・苦労の種ばかりが残ります。
D良き人材は会社にとって無くてはならない資産です。人材の格差がじわりじわりと 将来にわたって会社の格差に広がっていく気がします。人を育てようとしない会社は 会社の体質を徐々に悪化させ、利益の出ない会社にしていくものです。

こうした時期にこそ、社員の活力を向上させ、将来に向け、エネルギー を充填させる、あるいは徹底した『仕事のやり方の見直し=改善』に挑戦し、他社との差別化を 図り、活力ある企業を目指してみてはいかがでしょうか。
2009年9月16日(水)更新
吉良にある白瀬隊長の墓に南極観測船『しらせ』のスクリューが飾られていました
pera setumei align=
       『しらせ』のスクリュー             説明書き
雨の翌日、海上はさぞ視界が良好だろうと思い立ち、吉良まで 車を走らせ、マリーナに行って船の試運転をしてきました。 途中、南極観測隊、白瀬隊長の墓に立ち寄った ところ、退役した南極観測船『しらせ』のスクリュー(4枚羽のうちの一枚) が展示されており、それはそれは見事な曲線で、鉄とチタンの合金で、重さは 一枚でも3.7tとか。思わず見とれてしまいました。 お墓自体ひっそりしていて訪れる人もありませんが、こんな立派な 展示物が追加されても、寂しいことに、誰もいませんでした。
2009年9月12日(土)更新
9月12日(土)新潟県関川の『道の駅』で美味しそうな鮎の塩焼きを見つけました。
nimono tennen align=
        旨そうな煮物             鮎の塩焼き(四万十産)
山形からの帰り道、新潟県関川の『道の駅』で美味しそうな煮物と鮎の 塩焼きを見つけました。丸々と太って美味しそうな鮎。ご出身は?と聞い たら、何と四国の『四万十川育ち』だそうな。どうしてこんな山奥にまで 来たの!すぐ近くには清流もあって美味しい鮎が沢山取れるのに、と思い ながら食べて見ましたが、焼け上がった後も囲炉裏のふちで長時間待機して いたせいか、皮が硬く、見た目ほどではありませんでした。お値段は一匹350円。 隣の店では小振りの天然鮎が300円でしたが、今さらもう一匹なんて。 大きなツヅラを選んだ欲深さをつくづく反省しました。しかし、お店の人も 『四国から・・・』なんて正直に話してくれるあたりは、さすがに山形県でした。
話し変って、ここ関川は、今年夏の高校野球決勝戦で中京高校がどえらい目に あった、相手高校の所在地とか。地元から見れば、あの決勝は優勝以上の価値が あったとか。優勝以上に価値ある準優勝、本当におめでとうございました。
2009年9月7日(月)更新
最近は足腰を鍛えるため、自宅周りを毎日6キロ程散歩しています。
itijiku tanbo align=
         イチジクの実            稲刈りの終わった田んぼ
33年振りのゴルフまでは良かったのですが、途中で足が痛くなってしまい カートにもたれながらコースを回る始末、これでは何ともなりません。 毎日サイクリングをして足腰は鍛えていたつもりですが、サイクリングと 実際に歩く際に使用する足首等、使用する筋肉は少し違うようでして・・・。 昔の話ですが、現役時代、刈谷総合病院の診察を受けた時、『股関節』 が良くないので、あまり歩かない方が良いと言われていました。一方最近では 近所の整形外科医から、レントゲンを見るところ、股関節は何ともないと 言われていましたが、正直言って、臆病の習慣が抜け切らず歩くことは控えて いました。ここにきて思い切って歩くことにしましたが、今のところは順調の ようで、股関節の痛みもまったく無く、これならなんとかカートに、もたれ かからずともゴルフが出来そうな感じがしてきました。
そんな散歩の折々、目を楽しませてくれた景色、安城あたりで有名なイチジク (無花果)と、早々と稲刈りを済ませた田んぼが季節感を感じさせてくれます。
2009年9月5日(土)更新
第29回寺子屋会議を刈谷市産業振興センター205号室で開催しました。
先の選挙では民主党の圧勝でしたが、当選証書を受け取る 顔ぶれを見ると、中には、なんでこんな人がと、思える人(見かけだけの 判断)もいます。 郵政民営化の劇場型茶番選挙では、自民党公認なら××でも当選と言った人が いましたが、同じ事が二度無いよう祈ります。しかし良く考えてみると、民主 主義は最終的には多数決、上げた手の数で政策が決まるなら、手を上げるだけの 役割の人がいてもおかしくない訳でして??
そんなことには関係なく秋晴れの下、第29回寺子屋会議会議を開催しました。
景気がやや持ち直してきたようですが、まだまだの感じもします。 お客様も、ただひたすら自己防衛に走り、効果云々はさておき、何でも良いから 社外への資金流出を止めようということで、栓を停められ息苦しい寺子屋改善塾です。
しかしこう云う時期にこそやるべきことはやろう・・・と、中産連と相談し、 各社の人材育成に役立つセミナーを企画しました。 5S(整理・整頓・・・)中心の内容ですが、今までの改善経験をもとに、これから 改善に取り組もうと思っている若手の参考になるよう一所懸命、話をするつもりです。

なお本日の話題は(ムダ話しの中に味わいがある)
@仕事減でシルバー生活、8時間勤務、4時間休憩、それでも体力は限界!
A在庫低減も現地現物で。在庫の必要性(理論在庫)を明確に、不要在庫は低減!
 製造現場と在庫品置き場(倉庫)が離れていることも管理を困難に!
B名古屋の平和公園愛好家によれば、自殺、殺人、車の放置、何でもあり、怖い!
C某熱処理工場で小ロット化挑戦中、地道に改善に取り組む会社が最後は残りそう
Dカンコツ作業を数値化し、誰でも簡単にやれるようにする事が改善の始まり!
E中国から改善指導の要請あり、中国は元気が良いが、日本企業は萎縮したまま?
F中産連と協賛で、セミナー企画、日本企業の若手よ、集まれ!!
G山形県で改善勉強会(自主研活動)を9月から開始する。これにも若手、集まれ!
H『士魂詳細』武家の商法でも成功多く、名古屋コーチンや牧の原茶畑開墾など!
 『お客様を大切に』が基本精神、現在の市場原理主義とは一線を画す!!
I昔の改善仲間が入院中、病魔退散、早期回付を祈る。自分の健康は自分で守る。

こんな時こそ改善を先んじて進めましょう。改善でお悩みの方には、改善の プロを無償で派遣します。まずは遠慮なくご一報ください。
2009年9月1日(火)更新
台風一過の秋空のもと、木曾の御嶽山の登山口周りを散策してきました。
ontakesan shukubamati align=
        御嶽山登山口                  奈良井宿
何時かは行って見たいと思っていた所に、二箇所も行ってきました。 一箇所目は、木曾の御嶽山です。場所は知っていましたが『行ってどうするの』 という思いもあって、長いこと足が向かずにいました。 ところが、寺子屋改善塾メンバーの中に、『必ず毎年一回は登っている』と言う 信心深い方がおり、その方の話しを聞き、ヨシ!と思い立ったが吉日で出掛けて みました。 距離は刈谷から180キロ前後。時間にして3時間ほどでした。 王滝口から7合目(標高2100m)まで車で行き、駐車場から(一応)頂上 (標高3067m)目指して歩き出したのですが、汗を拭くタオルも持たない準備不足も たたって、二時間ほど歩いた八合目(金剛童子)でくたばって休憩。 運良く雲の切れ目から顔を出した山頂を仰ぎ、その後は、迷わず下山してしまいました。 登山道はしっかり整備されていたものの、段差が大きく(足が短い私は)大変疲れました。 御嶽山自体は素晴らしかったが、どうも私の体型には合っていないようです。 帰り道、ここも一度は行って見たいと思っていた、中仙道の『奈良井宿』を訪ねてきました。 馬籠宿や妻籠宿とは少し違う趣きで、町並みはきれいに整備されていました。 次回はゆっくり散策してみたいと思います。
御嶽山の詳細は 『女人堂ホームページ』の中の『御嶽山案内』をご覧ください。
2009年8月30日(金)更新
山形県舟形町で美味しい天然鮎をいただき、さて、そのお値段は?
300en 金曜日の午後、たまたま時間が空いたので、新庄の一歩手前の舟形町に美味しい鮎を 食べに行って来ました。天童からおよそ60`、愛知県だと二時間は掛かる道程ですが、 山形では、なんと一時間。ヤナ場の茶店でドブロクを飲み、天然鮎をご馳走になって きました。気になるお値段は時価(写真)になっていましたが、養殖鮎が一匹400円、 天然鮎はそれより小振りだったので300円でした。 天然の場合、大きさの違いではない と思いますが、何か変?な値段でした。味はとても美味しかったです。
2009年8月22日(土)更新
矢崎川の堤防工事は、何と、こんな風に進められています。
kouji 矢崎川堤防の補強工事のため、マリーナ建設も先行して行われましたが、本日 たまたま堤防道路を通りかかった時、工事のやり方が良く見えたので写真に撮って来ました。 通常は、堤防道路を通行止めにするそうですが、生活道路でもあり、通行止めが難しいと いうことで、川の中に中州を築き上げ、中州に重機を持ち込む工法を採用したそうです。 中州の土砂は一体どれ程か?が、私の興味でしたが、工事責任者に 聞いてみたところ、10トンダンプカーで約1000台、取り除くのにも1000台のダンプカーが 必要との事で、一車いくらかなと計算したら、いやもう驚きでした。さすが愛知県です。
2009年8月24日(月)更新
8月23日(日)船の試運転を兼ね、久し振りに三河湾に釣りに行って来ました。
先週(8月17日〜)一週間は、愛知県でおとなしく仕事をしていましたが 外を眺めていると、夏の終わりが近づくにつれ、皮肉なことに、どんどん夏らしく なってきます。今頃晴れてもと思うのは、夏物の家電屋さんや海水浴場・行楽地の方々。 今夏は、悩ましい限りの雨続きで、本当に大変だったと思います。 日照時間が少なく稲の茎が細いのに、穂ばかり育ち、倒れてしまうのでは、と稲作農家は 心配しきりでしたが、日照りの持ち直しで、いくらかは稲の足腰もしっかり してくるでしょう。レタスも高いですよね。
話はそれましたが、こうした天気に誘われ、昨日、船の試運転を兼ね、久し振りに 三河湾まで釣りに行って来ました。 朝5時出発、6時出港。途中、車の中から見る、久し振りの日の出は6時36分、随分日も 短くなったものです。釣った場所は佐久島と日間賀島の中間辺り、船は一艘もなく、 本当に釣れるか心配になる雰囲気でしたが、何とかお土産はゲットする事が出来ました。 当初のねらいは、まず小アジを数匹釣って、それを餌にハマチを、と思っていましたが、 結局ハマチは一匹も釣れず、小アジだけがクーラーいっぱい、釣った餌は家に持ち帰り、 刺身やマリネにして美味しくいただきました。
2009年8月14日(金)更新
一週間前(8月6日)に畑で取ったスイカを割ってみたら腐っていませんでした
suikao あたり前といえばあたり前ですが、釣りあげた魚はどんどん鮮度が失われ、三日も過ぎると 少し匂ってくるように感じます。畑で取ったスイカも、早く食べなくては思ってましたが 冷蔵庫の中に、前に割ったスイカが何時までも存在感を示しているため、物置の中に、一週間も ほったらかしのままでした。本日包丁を入れて見たら写真のように、腐っているどころか、一層 熟れたような状態で、それは食べても美味しかったです。割らずに保管したスイカは空気や雑菌 にも触れないため、腐らないということなのでしょうか。
2009年8月12日(水)更新
8月8日(土)山形からの帰り道、裏磐梯の桧原湖と五色沼を散策してきました。
bisyamon bentennuma align=
         毘沙門沼                   弁天沼
今回の山形出張には楽しいことが一杯ありました。一部を紹介します。
一つは、天童で仕事が終わってから『村山市内の富並』まで出掛け、スイカを もらってきたことです。スイカ畑に車を横付けし、寺子屋のメンバーや、近所の 人たちにもと欲張ってトランク一杯スイカを頂き、スイカを配りながら帰ってきました。 汗を流した後、畑でいただいたスイカは生暖かく甘味ぎっしりで格別の美味しさでした。 お世話になった人情豊かな山形県の皆さん、大変ありがとうございました。
もう一つは、米沢から西吾妻スカイバレーを通って、裏磐梯に出て、桧原湖や 五色沼を散策してきたことです。明治時代、磐梯山の噴火によって、河がせき 止められできたこの地は、自然が美しく、今や観光地スポットとして賑わって いましたが、噴火の際の被害や、幾つかの村落が水底に沈んだ歴史も忘れては いけません。今回初めての訪問でしたが、裏磐梯から栃木県の 実家までは何と200キロ、驚きの近さでした。
詳細は 『五色沼観光案内』をご覧ください。
・・・・・
翌日は高速道路の大渋滞が予想されたので、通常は東北自動車道と東名を乗り継いで 帰るところを、埼玉県の本庄から信越自動車道に入り長野ジャンクションから長野道、 中央道、東海環状線を使って帰りました。意外なことでしたが、栃木県からですと、 東名より距離が短く、渋滞もまったく無く、運転マナーも数段良くて、安全な ドライブを楽しむことが出来ました。 ただ残念だったのはここ数日、曇り空が多かったことです。
一転して11日早朝の地震では東名上り線の路肩が崩れ、大変な状況です。
台風9号も大きな被害をもたらし、被災者の民さんには心からお見舞い 申し上げます。
夏の高校野球、久し振りの作新(栃木県)は一回戦で敗退、中京は勝ちました。
2009年8月7日(金)更新
夏の東北は祭りの真っ盛り、山形は花笠まつり(5,6,7日)です。
yamagata kaminoyama align=
        山形花笠まつり           『おくりびと』ロケ地(上山)
8月の東北は、あちらこちらで祭りが開催され、観光客も多く、とても賑やかです。 青森のねぷた祭りに始まって、秋田の竿灯、山形の花笠、そして仙台の七夕、最近では 『どんと晴れ』で一躍有名になった、盛岡のさんさ踊りと祭り一色です。 また、山形の花笠まつりは、山形市内で開催されるものが有名ですが、上山市内の 花笠を皮切りに、山形市内、天童市内、そして最後は花笠発祥の地、新庄市内の花笠で 締めくくられます。たまたま今日、8月7日は山形市内の花笠の最終日になっており、 山形市内は大混雑でした。少し雨模様でしたが、少し雨の方が涼しいようです。 東北地方では祭りが終わると、芋煮会と紅葉狩り、リンゴの収穫、そして雪の季節へと 装いに変えながら、だんだん静かに、そして酒は、益々美味くなっていきます。
山形に比べ、祭りが済んでしまった上山市内は、とても静かだったので、温泉旅館『古窯』 に戻る途中、映画『おくりびと』の撮影スポットに寄ってきました。 場所は、『かみのやま温泉駅』のすぐ前の川べりで、駅から歩いても5分足らずです。 撮影前は空き家だったようですが、映画が大ヒットした後は、訪れる人も多くなり、上山市 が管理するようになったとか、観光客の増加に繋がるよう祈ります。
映画のひとコマ(広末涼子)は 『おくりびとホームページ』をご覧ください。
2009年8月1日(土)更新
本来ならば夏たけなわの8月、毎日降る雨を眺めながら資料を作っています。
今日は岡崎の花火ですが、今朝からの雨は上がることなく、時どき思い出したように 降っています。気温も27度前後と低い状態で、野菜や米など農作物への影響が心配です。
今朝早くは曇っていたので刈谷総合運動公園で自転車をこいできましたが、その後すぐ降りだし、 晴耕雨読と言いながら、毎日パソコンに向かって資料作りをしています。
しかし、こう毎日の雨では、指も痛くなり、気分も晴れません。
先日から忘れっぱなしの試運転にも行かなくては。イヤハヤです。

そういえば今晩は東京で応援団の飲み会だったなあ。
岡崎の花火は雨天決行だそうです。ラジオがそう言ってました。
2009年7月30日(木)更新
甲府から、そして福島から、美味しい桃が沢山届きました。
momo 桜が散り始めた頃、きれいなピンクの桃の花が咲く頃は、黄色い菜の花と、白い 梨の花が好対照で、まるで桃源郷のようですが、その後、すっかり忘れた頃に 毎年、宅急便で、桃が思い出したように届きます。今年も 甲府から、福島から 沢山の桃が届き、本当にあり難い事で、感謝感謝です。早速、冷蔵庫で冷やし ていただく事にします。
2009年7月28日(火)更新
第二回目寺子屋改善塾ゴルフ大会は大雨の中、川の中で行いました。
梅雨明けのかんかん照りだと大変だなあ、と心配していましたが、前日まで雨降り、 予報によれば今日も雨降り、しかし午前中は何とか曇り空、まずまずの涼しいゴルフで スタートしましたが、午後1番から雨がジャバジャバ降り出し、上州屋で買った釣用合羽を 着てのプレーになりました。雨でグリップはすべるし、グリーン 上はまだしも、フェア ウエーはまるで川のよう、流されないようカートに引きずられて一生懸命歩きました。 散々なゴルフ(貴重な体験)でしたが、スコアは前回113から今回103と、少し改善できた ものの、爽快なゴルフとは程遠い一日でした。しかし、これに懲りず、まだまだ頑張ります。
2009年7月27日(月)更新
吉良町の鈴木造船から美味しい蟹をてんこ盛りで頂いてきました。
kani 26日の日曜日、久し振りにマリーナまで試運転に行って来ました。 船の場合は、定期的に動かさないと船外機(エンジン)の調子が悪く なったり、特に船体には貝が付着し、船が走らなくなってしまいます。 折角と、給油も行ない給油完了してエンジンを 掛けようと思って初めてキー忘れに気がついたが後の祭り。試運転無しでむなしく帰りました。
翌日の27日(月)午前中、マリーナ近くの鈴木造船から『蟹がいっぱい 取れたので取りにおいで』と、電話があり、早速飛んでいってもらって きました。
昨日、やり損ねた試運転をやろうと思って出掛けましたが、 今度は蟹に目がくらんで、なんと言う事か、試運転を忘れ、そのまま帰ってしまいました。
造船のおかあちゃん。沢山の美味しい蟹を、ありがとうございました。
2009年7月19日(日)更新
海の日(7月20日)を前に会員総出で吉良宮崎マリーナの一斉清掃を行いました。
seisou 海の日(7月20日)を前に7月19日(日)の早朝6時から、小山会長の挨拶を受けた後、 各班(トイレ清掃、駐車場内、駐車場外、桟橋の貝落とし、岸壁周りの5班)に分かれ マリーナ近辺の一斉清掃を行いました。
昨年10月の使用開始から、今回が初めての清掃とあって、なかなか要領を得ない所もありましたが、 吉良町の方や吉良建設の重機の参加もあって、さらに多くのメンバーが参加してくれたお蔭で、 一時間ほどで見違えるほどきれいになりました。 私は清掃活動の写真撮影と、トイレ清掃を担当しましたが、すっかり きれいになった便器は全く気持ちが良いものです。トイレ清掃をさせていただき、あり がとうございました。
2009年7月17日(金)更新
トヨタ自主研の仲間が今年も元気に奥浜名荘に集合しました。
menber 7月17日(金)の午後6時、共和レザーの奥浜名荘に、今年もトヨタ自主研Bグループで 活躍していた仲間が大勢(13名)集合し、美味しい酒を飲みながら、懐かしい話しに 花を咲かせ、参加できなかった人たちの消息を訪ね、そして今後の抱負を語り合い ながら楽しい一時を過ごしました。
昔のメンバーが主体になっているため、引退者が年々増加し、少し寂しい感じは しますが、皆なが生きて年輪を重ねている証拠と割り切って、相変わらずの元気良さ で、いつも通りのにぎやかな飲み会になりました。
翌朝はゴルフの予定や仕事の予定、そして予定が何もない人もいましたが、お互い 元気をいっぱい頂いて、それぞれの職場や家庭に帰って行きました。
終わったばかりですが、また来年集まるのが今から楽しみです。
歳をとるとなんと言っても『健康が一番です』、健康に留意しながら程ほどに頑張って 来年もまた元気に『奥浜名会』に集まりましょう。幹事の山本さん大変お世話になりました。

2009年7月12日(日)更新
暑さに負けた結果、キスとコチを魚広場で買って、蟹は鈴木造船から頂きました。
kira 7月11日(金)夜遅く、山形から帰ってきました。乗り換えた東京の暑さに びっくり。名古屋の暑さにさらにびっくり、翌日土曜日は尾鷲地方で38度とか。 刈谷でも出歩けない暑さ、おまけにアブラゼミまで鳴き出す始末。 セミの声は今年初めて、梅雨はどこへ行ったやら中部地方はすっかり夏模様です。
翌日日曜日、朝4時起床で一色(ウナギで有名)の『魚広場』に行ってキスとコチを 買いました。釣るのが本分でしょうが、この暑さ、餌を買うより魚屋さんで買ったほう が、安くて確実で熱中症にもならない!とは単なる釣り人の負け惜しみ、そのうち船も 不要物になりそうな気配です。
魚広場からマリーナに廻り2時間ほど試運転(梶島一周)をした帰り道、 鈴木造船によって奥さんから捕れたての蟹を沢山タクサン頂いて帰りました。 ルンルン気分で矢崎川の堤防を走っていたらきれいな蓮の花を発見。 先日はヒマワリ、そして今日は蓮の花といよいよ夏本番です。 家に帰ってから魚の下拵え、夕食はキスとコチの天ぷら、そして茹でた蟹と それはソレハ豪勢な食卓になりました。蟹は食べて美味しく大変ご馳走様でした。
2009年7月4日(土)更新
第28回寺子屋会議を刈谷市産業振興センター205号室で開催しました。
相変わらずの不景気で仕事量は少なく、反面、時間はたっぷりあるので、改善は 進んでいるかというとそうでもなく、日本の製造業は一体何処に向かうやら、やや心配です。
今回の寺子屋会議の話題も少し変ってきました。
@名古屋の平和公園で若い男の人の首吊り自殺を見た。
A同じ死ぬのにも列車飛び込みはお金がかかるし遺体もばらばらで大変。
B人は死ねば皆仏だが四十九日法要が済むまでは霊になって宙をさまよう。
C幽霊は恨みを持つ人にしか姿を見せないがお化けは誰の前にも現れる。
無償改善勉強会を今月末から山形県で開催することになりました。 遊んでいてもしょうがないので今後はボランティアでの人材育成活動に軸足を 移していきたいと考えています。日本全国何処でも希望の会社があれば ご気楽にご相談ください。こちらから伺います。
今こそ人材育成の好機です。整理整頓、便所掃除、何でも前向きに頑張りましょう。

2009年7月2日(木)更新
『小説デミング賞』を読み、最初は驚き呆れ、最後はホッとしました。
近くに住んでいる会社の先輩にお裾分けのサクランボを持っていったところ 『小説デミング賞』を紹介され、図書館に寄り道し、借りて帰り一気に読みました。
昔勤務していた豊田工機でも80年代デミング賞を取得し、その後、引き続き TPM事業場賞、TPM特別賞と、賞獲りに邁進した経験がありますがそれで 会社の体質が果たして良くなったやら悪くなったやらは歴史の評価するところであります。
この本を読んで感じた事、学んだ事を幾つか紹介します。
@QCとTQCは全く異なりTQCは日本が開発した経営手法だと言う事。
Aデミング賞受賞は、日科技連の教祖が恫喝し洗脳し人格破壊しながら推進する事。
 (トヨタ自主研にも同じように進める人がいました)
B最後は人間の尊厳回復に立ち上がった心ある有志によって企業革新が図られた事。
新たな事に挑戦する時には相手の心が変らないとなかなか前進しません。 しかし安易な方法と言っても恫喝や洗脳はもってのほかで、相手に感動を与える事 こそが人の心を変え行動を起こさせるものと私は信じ心がけています。
2009年6月28日(日)更新
山形県から美味しい完熟サクランボ(2Kg)がどっと届きました。
sakuranbo 先週金曜日山形から帰る際、美味しいサクランボを頂いて帰りました。 そして今日はサクランボを2キロも送って頂きました。ハウス物から 始まって路地物に移り、6月末になると佐藤錦も最終章、この頃は完熟タイプの サクランボでとても甘くて美味しいの一言です。ただ痛むのも早いので食べる分を さっさと頂き、残りはご近所のお世話になっている人達におすそ分けさせていただきました。 貴重なものを沢山送って頂き、本当にありがとうございました。 また、大変ご馳走様でした。
2009年6月27日(土)更新
吉良町内のガソリンスタンドに早や向日葵の花が咲いていました
himawari 仕事が一区切りついたので、来週から魚釣りに精を出そうと、給油と先週初めに 実施した船底塗装の効果確認を兼ね、マリーナまで船点検に行ってきました。 試運転に近くの梶島を軽く一周、船底がきれいになったおかげで船速は29ノット まで回復し、これなら渥美半島沖も可能だとルンルン気分で帰ってきました。 ところが港に入って間もなく、エンジンにアラーム点灯、そのうち アラーム音が鳴り出し、様子を見るためエンジンを停止しました。点検の結果、異常が 無さそうだったので再起動しようとしたがエンジンがかからず立ち往生、とうとう鈴木造船 を呼び出す始末。造船到着後起動してみたら正常に起動????その後は異常なし。 こんな状態では安心しての釣り遠征は難しいので、翌日の日曜日に今度は長時間試運転を 行い、佐久島周辺を走り回ってきました。『一日異常無し』だったのでで何とかなりそうです。 帰り道、吉良町農協が経営するガソリンスタンドに夏の風物詩・向日葵の花が 早くも咲いていたので写真に撮って来ました。
2009年6月27日(土)更新
天童市にある鈴立山若松寺(じゃくしょうじ)に行って来ました。
jyakushouji miharashi align=
        若松寺本坊             遠く月山を望む見晴台
数年前から機会があったら是非行って見たいと思っていた、天童市内の 鈴立山若松寺(れいりゅうざんじゃくしょうじ)に行って来ました。 民謡の花笠音頭の中で『めでた〜めでたあ〜の〜若松さあまあよ・・・枝あも・・・チョイチョイ』と 出てくる開山1300年の縁結びのお寺です。 今回の山形出張で26日の午前中、日程が空いたので訪ねてみました。 天童ホテルから歩いて行こうと思っていたのですがフロントの女性から 『車でも20分はかかりますよ』と脅かされ、タクシーを呼び若松寺の境内まで 乗せていってもらいました。 yamadera 平日のせいか境内には人影もなく、また天気にも恵まれ寺の中をゆっくり 散策する事が出来ました。本因坊裏手からは遠く月山も望むことが出来、空気が 澄んだ時期の景観はいかばかりか、次回の訪問が楽しみです。 帰りは大欅と杉の歴史が滲む参道をブラブラ下ってきました。 一旦ホテルに戻ってから、今度はサクランボ狩りを楽しんできました。 たわわに実ったサクランボを枝からもぎって食べたのは初体験であり 少し緊張ですが、実は新鮮そのもの、甘くてとても美味しかったです。 ただサクランボ狩りと言ってもお金は払ってなく、知り合いの人の畑で ご馳走になったという感じでした。
若松寺の詳細は 『若松寺のホームページ』をご覧ください。
2009年6月23日(火)更新
梅雨の合間のわずかな晴天(チャンス)に恵まれ船底塗装を行いました。
zousen 年間を通して4月はメバル釣りの絶好機ですが今年は サッパリ釣れず欲求不満だけ蓄積していきました。その内、知り合いの船で国崎沖まで イサキ釣りに行ったりゴルフをして遊んでいたため最近2か月は船が停泊したまま 船底は貝の養殖場になってしまいました。 6月20日(土)久し振りに動かした所、サッパリ走りません。今週に入ってからも 雨が多く事務処理をしていたら22日(月)の午後、俄かに陽が差してきて、天気予報に よると明日も晴天とか。早速吉良町の鈴木造船に船を上げてもらい、 昨日23日(火)に船底塗装をしてきました。船底塗装の他にエンジンオイルとプラグを交換、 エンジン腐食防止用のアノードを3箇所交換してもらいました。 前回の塗装は昨年10月12日、約8ヶ月振りでしたが付着していた貝は少なかったものの 走りへの悪影響には驚きです。
2009年6月19日(金)更新
約30年振りのゴルフはOB連発で散々な結果に終わりました。
仕事の仲間達とひょんなことから約束したゴルフを岐阜県多治見市の『笹平カントリー』 で楽しんで来ましたが、何と言っても30年振りのゴルフ、OB連発で上がってナンボの スコアは113と散々なものでした。 しかし梅雨の合間に恵まれた晴天のもと、緑の芝生の 上を歩き回る爽快感と昼食付きで6000円のプレー代はそれ以上に得した気分でした。
(30年前は2万円位かかりサラリーマンとしてはとても贅沢な遊びでした)
しっかりかいた汗もクラブハウスに戻った後の風呂でさっぱり。 コマセ餌臭い釣りに比べ、ゴルフもなかなか楽しく、今後の楽しみになりそうです。
次回は何とか100を切れそうな予感と救いが今日四つのパーでした。
2009年6月14日(日)更新
天童のホテルから望む月山 (写真をクリックすると拡大します)
gassan 山形に行った時いつもお世話になっている天童ホテルの窓から天気の良い日には 月山を仰ぐことが出来ます。 山形地区は昨日から梅雨に入ったものの、今朝は雲ひとつ ない良い天気に恵まれ、月山をきれいに見ることが出来ました。 夏スキーが盛んと聞く月山ですが、雪も大分少なくなってきたようです。 月山手前右側の『葉山』の雪はすっかり消えてしまいました。 毎日見ているとふとやり過ごしてしまう季節の移り 変わりですが、月に何度かお邪魔する身には大変早く感じられます。
2009年6月6日(土)更新
低気圧通過後のうねりに完全に船酔いし情けなくも完敗でした。
toyohama 今日は早朝4時30分に豊浜を出港し、同じ柳の下の泥鰌を求め張り切って三重県 国崎沖までイサキ釣りに出掛けました。しかし晴天に恵まれた ものの低気圧の通過直後とあって大きな『うねり』が残っていたため竿を出すまでもなく イサキをあきらめ、鳥羽の内海に退避し、メバルねらいに転じました。 ここまでは話しも順調でしたがメバルは一向に釣れず とうとう痺れを切らし再度沖まで戻ることになってしまいました。 しかしうねりは依然大きく、釣りどころか、情けなくもとうとう船酔いする始末。 帰港してからも胃袋がひっくり返ったような気分が直らず、夕方まで悶々として 晴天の日を過ごしてしまいました。
2009年6月3日(水)更新
梅雨入りも間もなく、今日は形原にある『あじさいの里』に行って来ました。
katahara 愛知県の梅雨入りももう間もなくです。梅雨になって輝きを増すのはあじさいの花。 今日は形原にある『あじさいの里』に行って、程なく満開を迎えるあじさいの花を 堪能してきました。 しかし、あじさいといっても最近ではいろんな色や形があります。 子供の頃、井戸の周りに、大きなあじさいの株があり、毎年梅雨の頃になると、紫色の 大きくきれいな花を一杯咲かせていました。郷愁を通して花を眺めるため残念ながら 品種改良後の花では感動は小さいようです。 anjyou 帰路、知立バイパスの沿道に『黄金色に色づいた麦畑』を発見、思わずわき道に 停車し、写真を撮ってきました。まさしく『麦秋』の美しさです。 釣りの往復で 毎年この景観は見ているのですが、カメラを持ってなかったり、停車する間もなく 撮影スポットを通り越してしまい、何度も写真を撮り損ねていましたが、今回は ばっちりでした。知立バイパスの沿道には梨の畑も多く、春先に白い花がきれい ですが、気付いてもなかなか撮れず、又次回にと行っている間に季節が通り過ぎ、 写真にならないことが多いものです。 詳細は 『梅雨だからこそ出かけよう あじさいの里』をご覧ください。
2009年6月2日(火)更新
二日前の日曜日、お客さんを案内して中部国際空港で遊んできました。
kuukou 遠方からお客様が見えた時、中部国際空港(セントレア)を案内する時があります。 自宅から高速を使って25分くらいで行ける為、何も考えず今回(5月31日(日))も 空港を案内して来ました。 例のインフルエンザの影響もあって、空港はお客様が少なく ロビーや送迎デッキなど、開港当時の混雑がウソのようにひっそりしていました。 習慣的に一時はマスクを取り出したものの、程なく外してしまい、のんびりと遊んできました。
ところが今日6月2日(火曜日)になって、5月30日(土曜日)ハワイからセントレアに 戻った二人がインフルエンザを発祥したとか、驚くべきニュースが流れてきました。 しかし、考えてみれば、飛行機を利用する人はともかく、こんな時期に空港見学する 人も迂闊さは免れないでしょう。一日違いのニアミスでした。

2009年5月30日(土)更新
第27回寺子屋会議を刈谷市産業振興センター204号室で開催しました。
相変わらずの不景気で仕事がめっきり減ってしまいました。 その結果時間だけは余るほど出来たので普段出来ない事を始めようと思います。 さて、皆さんの対応は
@シルバーセンターに行って仕事を分けてもらう。
Aひたすら健康増進に努める。とにかく散歩が1番。
B名古屋の平和公園で世の中から少しはみ出した人たちと交友を深める。
C中国に行って頑張る。
D晴耕雨読に徹する。
Eボランティアで改善の指導を行う。
『歳月は人を待たず』、折角の技能を使わないまま朽ちらすのは モッタイナイので山形方面に出向いて、無償で改善の指導会を開催 することにしました。人生色々です。
『世のため人のため困っている人のために役立つ』のが 寺子屋改善塾の原点です。こんな時の生き方で性根が問われます。 道に迷うことなくスマートに生きることにしました。

2009年5月25日(月)更新
30年振りにゴルフのクラブを振ってきましたが昔とは様変わりです。
古い話しですが昭和50年代にゴルフを始めたものの素質無しと決断し、それ以来 釣り一筋に励んできました。今回久し振りにゴルフをやる機会に恵まれ30年振りに 練習場に行って来ましたが、30年前とは隔世の感がありました。
気付いた点を幾つか紹介します。
@まず、昔の練習場が無くなってしまい、インターネットで探し出し行ってきました。
Aドライバーのヘッドが猫の頭程にも大きく、靴もソフトスパイクに変わっていました。
B練習球は自動的にティーアップ、自動マージャン卓みたいで横着なものです。
C平日午後なのに大盛況、定年退職者はともかく、奥様(おばさん)が多く驚きです。
D少しでも汚れている球は蹴落とす傲慢なおばさんには驚愕。まるでお化けです。
 (昔の練習場といえば汚れどころか裂けたボールが一割は混じっていました)
E打ってみて最悪。理論は昔と同じシングルですが、年齢や体型が昔と大きく乖離。
 (打球が何処に飛ぶかは『球に聞いてくれ』と言った状態でした)
一番の要因はお腹の出っ張りと筋力の衰え、それに致命的なものは老眼、それでも 最後には何とか前方に転がるようにはなりましたが、100を切るのは至難の状況です。 『今のうちなら勝てるかなと思う方』は是非挑戦してみてください。
2009年5月24日(日)更新
生まれて初めて三重県の国崎沖までイサキ釣りに行って来ました。
irago いつもお世話になっている会社の方から国崎沖のイサキ釣りに誘われ(本当はこちらが せがんだ)三重県の国崎沖までイサキ釣りに出掛けてきました。 愛知県知多半島の豊浜漁港から伊勢湾に向かって午前3時半に出港、海は夜明け前で 真っ暗、たまたま漁師の出港時間と重なり、ひしめくような形で港から出て行きました。 夜が明けるまでは、並走する船や、前方の横切り船、そして伊良湖水道を走る巨大船と 突然起こる三角波、操船はしていなくても冷や冷やものの航行でした。 伊勢湾口はさすが船の銀座通り、そんな中でも船長は平気な顔、何時もの事とは言え、 慣れとは凄いものだと感心しました。 国崎沖のポイントに付いた頃(4時半)ようやく夜が明け、早速釣りを開始。 第一投からイサキが釣れ、本日は幸先の良いスタート。最初はひたすらイサキに専念、 途中から大アジに変更し、最後は刺身用の真鯖(まさば)をねらってこれも難なく クリアーしクーラーはあっけなく満タンになってしまいました。 周囲に釣り船が多くなってきた7時前にはすでに釣り終わっていました。 同行した仲間には不調の人もいたので、何が欲しいか聞きながら、サバ、イサキ、 アジと魚種を釣り分け応援。それでも8時には全員満足し、豊浜に戻ったのは午前9時、 なんとも慌しく、久久に大漁大満足の釣行でした。
船長のやまちゃん、そして仲間の皆さん、本日はお世話になり、大変ありがとう ございました。次回からもよろしくお願いします(又連れていってチョウダイ)。
写真は帰り道に撮った神島の灯台、三島由紀夫の小説『潮騒』のモデルです。
2009年5月17日(日)更新
天童から月山を抜け鶴岡に出ると右手にきれいな鳥海山が見えました
yama 今回の山形出張は車で出掛け、仕事終了後、昨日16日(土曜日 高速1000円) 愛知県まで戻ってきました。4月に行った時は会津回りで帰りましたが今回は 天童〜寒河江(隣町の河北町には『孫御殿』があります。)〜鶴岡(藤沢周平 で有名)そして国道7号線で新潟の中条町に戻り、中条インターから愛知県まで 全て高速で帰ってきました。
片道走行距離は710キロ、燃費はリッター13`、 所要時間は10時間でした。電車でも7時間近く掛かりますので多少体力は必要 ですが、道路環境の良さ(高速が整備され非常に空いている)を考えると 割りと楽な感じです。
またこの時期、道路周辺はどこも新緑が鮮やかで、特に 月山を越えるあたりは残雪と新緑のコントラストがとてもきれいで清清しく 誠に爽快なドライブを楽しむことが出来ました。月山を通り越し鶴岡に入って しばらく行くと、右手にうっすらと鳥海山を見ることが出来ました。 おりしも田植え時期と重なり、田んぼに鳥海山が映ってきれいなものでした。
天童から月山までは約一時間、山形の人たちは月山にスキーに行ったり 山菜取りに行くと言うお話しを良く聴きますがこんな近くとはうらやましい限りです。
なお、鳥海山の雄姿は 『鳥海山フォトギャラリー』をご覧ください。
2009年5月12日(火)更新
五月連休後半は風邪を引いてダウンしていました。
5月5日の朝から喉が痛くなってダウン。かかりつけの病院もあいにく連休とあって お休み。やむなく、ひたすらうがいをしながら自宅待機し7日(木)に早速診察を受け その後もダウンしたまま連休も終わり、ムムー残念。昔と比べやや回復遅し。
病床にて五木寛之の『林住期』と『遊行の門』を読む。人間良く死ぬことは良く 生きる事とおぼろげながら妙に納得、これも年のせい。
2009年5月3日(日)更新
潮周りが悪く夜のメバルをあきらめ、佐久島周りにカレイ釣りに行って来ました。
karei 潮周りが悪く、メバルの夜釣りをあきらめ、早朝5時出港でキスとカレイをねらって 佐久島周りに出掛けてきました。海は風も無く穏やかで、一見良さそうに見えましたが 潮がさっぱり動かず釣果は残念ながらごらんの通りでした。 早や午前11時には港に戻ってきましたが、このままではお土産にもならないので、一色町 の魚広場にキスを探しに行きましたが、時間が遅く入手できませんでした。 こんなことなら魚を買ってから釣りに出掛けたらどうかと思う人がいるかもしれませんが 早朝は釣る気満々で、間違ったって魚を買ってから釣りに行く人はありません。 止む無く吉良まで戻りマリーナ前のアサリ屋でアサリをゲットして帰りました。 夜が悪いということは、昼間もダメな訳で何とか理由(言い訳)を作って 出港したものの・・・しかし十分気分転換にはなりました(これも言い訳?)
2009年4月27日(月)更新
寺子屋改善塾のメンバー全員揃って吉良海岸で潮干狩りを行いました。
kaijyou menber align=
       潮干狩りの海岸            寺子屋改善塾メンバー
今日は大潮で干潮は午後1時15分、そして平日の月曜日、絶好の潮干狩り日和と 気持ちも勇んで、午前9時にマリーナに集合し、寺子屋改善塾メンバー全員が揃って 潮干狩りを楽しんできました。仕事の忙しいときにはなかなか揃わないものですが、 時間がタップリあった時の余暇の過ごし方としては(年齢を無視してまで頑張らなければ) 太陽の光を浴びて、健康のためにも絶対良いかと思います。 ただ低気圧が過ぎた後の吹き返しが今日もきつく、少々ハードなコンディションになりました。 堤防に一番乗りで到着し、最も近い所に車を停めたまでは良かったのですが、潮が引くまで スッカリ待たされてしまいました。それでも11時ごろに潮が引き出すと一気に砂浜が現われ、 それからは、無我夢中で貝を掘り続けました(楽しいことは皆頑張る) 入場料1500円、8キロまでの制限はありますが、キロ1000円とすると8キロでナンボ 等と胸算用しながら一所懸命取り続け、午後2時前には全員一杯取れたので 後顧の憂い無く海から上がり、適当な疲れと共に気分爽快の一日でした。 しかし残念ながら家に帰って食べたらあまりの身の小ささに驚き且つ 落胆してしまいました。翌朝はハイゼットのリモコンスイッチ(塩水に濡れる)が故障。 交換代7800円は悲惨でしたがビニール袋に入れるという簡単なことを忘れた結果でした。
2009年4月23日(木)更新
山は萌黄色、畑は桃、林檎、サクランボ、菜の花といま山形は花一色です。
fuji sitare align=
        富士山の雄姿             天童市内の枝垂桜
名古屋から山形まで移動する時、新幹線の車窓から移りゆく景色を眺めていると 愛知県ではすっかり葉桜になり、あちらこちらにはツツジの花が咲き、山は新緑が 次第に濃くなってきました。静岡県の茶畑も緑が鮮やかになっています。 トンネルを抜け富士川を越えたあたりから急に富士山が視界 に入ってきて圧倒されます。 天気の良い日は裾野から山頂まで見ることが出来、こんな日は得をした気分になります。 宇都宮あたりまでは東京と同じような春の感じですが、郡山を越えたあたりから少し 冷たげな景色に替わり、米沢に向かう山中ではまだ春といった感じで桜もちらほら 咲いています。天童市では遅咲きの枝垂桜が今満開で、まだ 十分春です。右岸には市役所や文化会館といったパブリックな施設が立ち 並び左岸にはスナック街とアンバランスながらも一体感をなしていました。
moegi momo align=
        萌黄色の山々               桃と林檎の花
一方周囲の山々を眺めると、木々の芽吹きが始まり、山は萌黄色 になって生命感を感じさせてくれます。畑にはピンクの桃の花、白い林檎や サクランボの花、そして黄色い菜の花と山形は今花真っ盛りの良い季節になっています。 サクランボの花は桜とは違いぼってりとして八重桜や林檎の花に近いような感じです。
2009年4月19日(日)更新
三河湾の佐久島から吉良に向かい元気良くボートを漕ぐ人達を見つけました。
bo-to 今日は『若潮』で潮が全く動かず釣には不向きですが、船の補修には絶好の 天気に恵まれ、キャビン入り口のシートを交換してきました。 先日1200円ほどかけて交換したばかりですが、その後、より上質のテント生地 を無料で入手し、時間はかかるが、新たな費用は一切発生しないので交換を 思い切ったのが理由です。慣れた手順で作業は程なく終了し、その後佐久島まで 試運転にドライブしてきました。船は時々走らせないと船底に貝がついたり、エンジン が不調になったりするからです。話し変って昔、佐久島周りの浅瀬にはホンダ ワラを中心とした海草がびっしり生えていましたが、ここ5、6年は『磯焼け』 と呼び、海草が全く無い時期が続きました。海草の生え具合が見たかったのが もう一つの理由です。島周りの浅瀬をゆっくり走ってきましたが、うれしいことに 昔と同じように海草がすっかり甦って、海草の間にはメバルの稚魚らしきものが 一杯泳いでいるのが確認できました。 帰り道、吉良方面に向かって漕いでいるカヌー見つけましたが、余りに小さいため 船からは見えにくく、漁に出掛ける漁船にぶつけられなければ良いがと思いながら の帰港でした。
2009年4月16日(木)更新
三河湾で小型ボートが転覆し、残念ながら一人亡くなったようです。
以下はニュースの内容です。
13日夜、愛知県・渥美半島の三河湾で、小型ボートが転覆し、行方不明になっていた男性が 14日朝、遺体で見つかり収容された。名古屋海上保安部によると、13日午後8時35分ごろ、 愛知県田原市の渥美半島沖の三河湾で、航行中の船が漂流していた男性を救助した。救助された のは半田市在住の会社員・酒井匡史さん(67)。酒井さんの話によると、13日午後4時ごろ、 友人の自営業・土井令久さん(57)と2隻の小型ボートで釣りをしていたところ、2隻とも転覆 し海に放り出され、土井さんの行方が分からなくなったという。14日朝から、巡視艇2隻と ヘリコプターで捜索が行われ、午前9時ごろ、男性の遺体が発見され、土井さんと確認された。
事故が大漁の翌日だったことと場所が同じなだけに 他人事のような感じがしません。亡くなった土井さんのご冥福をお祈りいたします。
遺体が上がらない場合は地元の漁業組合総出で探索が継続され、こんな場所で 釣りをしていると、海に沈んだ人が船べりに手をかけて『どう?釣れますか』と 出るそうですが、今回は回収されているので、出ないそうです。地元の人に 確認しました。
2009年4月12日(日)更新
春告魚(メバル)がやっと顔を出してくれました。
tairyou 2月から3月はメバルに見放され『腕が鈍ったかな』と自信も失い疑心暗鬼になって いましたが今回の釣行は春告魚(メバル)の名の通り、ようやく海の中にも正真 正銘の春がやってきたような感じです。油を流したような静かな海面にメバルも 浮き上がり、腕が痛くなるほどの大漁を久々に味わいました。
帰りは春特有の厚い靄に覆われましたがレーダーのお蔭で通常と変わりなく 僚船をリードしながら、難なく帰ることが出来ました。
2009年4月11日(土)更新
山形から愛知まで、高速料金2000円で帰ってきました。
sakura 3月28日から土曜、日曜、乗用車、ETCに限って、高速料金が何処まで走っても 1000円になったことを悪用し、山形まで車で出張に行き、帰りに天童から会津まで 1000円、会津から東海環状線の藤岡まで1000円、合計2000円で帰ってきました。 高速道路は他県ナンバーに埋め尽くされ、地元の人たちはあまり走っていない ようにも見受けらこんなしくみは間違いなく環境に良くないという思いからも 経費節約は出来たものの、天気とは裏腹に今ひとつ心晴れない出張でした。 (会津若松城の前で記念撮影)
なお、詳細は 『若松城のホームページ』をご覧ください。
2009年4月6日(月)更新
刈谷洲原公園の桜は今が満開です。 (写真をクリックすると拡大します)
sakura 4月に入ってから桜満開の時期をねらっていましたが、今朝は絶好の快晴だったので 起きてすぐに刈谷市内の洲原公園に満開の桜を見に行ってきました。散っている花が 無かったので満開直前かもしれません。写真を撮りながら池を一周していたら奥まった 所でへらぶなを釣っている若い男性がいたので、昔を思い出し、懐かしく話をしてきました。 『月曜休みは床屋さん』かなと思ったら、なんとトヨタの社員でした。 伺うと月曜から水曜までラインが止まるので釣りに来たとか。(別に驚く話しではないの ですが)こういう時期だけに、景気の悪化を考え、少し戸惑いを感じました。
2009年4月5日(日)更新
高浜マリーナで開催されていたフロ−ティングボートショーに行って来ました。
show 高浜マリーナでフローティングボートショーが開催されており、試乗を兼ね遊んできました。 通常のボートショーは、例年名古屋国際展示場(金城埠頭)で開催されますが フローティングボートショーはその名の通り、マリーナで開催され、その場でお目当ての船に 試乗できるのが特長であり 楽しみでもあります。顔見知りも多く、桟橋をウロウロしながらヤンマーや日産の船に乗せて もらって遊んで(遊ばれて)きました。今年のボートショーにはジェットやレガッタなども 参加していて、試乗も出来る事から多くの子供さん達が家族連れで来ており賑やかな一日でした。
2009年4月4日(土)更新
第26回寺子屋会議を刈谷市産業振興センターで開催しました。
最近は土曜や日曜に関係なく仕事をしたり釣りをしたり(いわゆる晴耕雨読)の 長閑な生活を送っており、今朝も6時からパソコンに向かっていました。 9時20分頃、改善塾のメンバーから電話が入ったので『こんなに早くどうしたの』 と聞いた所、何と今日は寺子屋会議の日。 しまった、こりゃ大変。とあわてて飛んでいき、40分遅れの開始となってしまいました。 ドタバタで始まった会議の決議事項は、結局、4月27日の潮干狩りと、1000円のリサイクル ゴルフクラブを買って100を切るかどうか皆で検証するとの2項目でした。 ボールはスタート前に拾うとか、恥ずかしい話も飛び交っていました。
2009年3月30日(月)更新
久々の釣り日和で渥美まで船を走らせましたが貧釣に泣きました。
mebaru とにかく長閑な良い天気につい誘われて三連敗中のメバル釣りにまたまた性懲りもなく 出掛けてしまいました。南風とあって渥美の海は『ノッタリノッタリ』と油を流した ような絶好のメバル凪。おまけに平日とあって釣り人も少なく、これはいけるとの 期待もむなしく、結局4連敗を喫してしまいました。しかし、この日はメバルのみに こだわった結果、写真のようになりました。メバルが釣れ出すのは一体いつのことやら。
2009年3月29日(日)更新
特別な用事もないのに高速道路を1000円で走ってしまいました。
ryoukin 高速料金が何処まで走っても1000円という誘惑につい誘われ、特別な用事もないのに 岐阜の友人宅まで走ってしまいました。走ってみた結果『豊明インター』から 『岐阜・各務原インター』までは実測85k、朝夕の通勤割引と殆ど同じ割引で 少し損をしたような気分にもなりましたが、高速道路が空いていたことと、 朝晩に限定無く、いつでも利用でき、チョッピリ得したような気分になりました。 岐阜インターを降りる際、さぞかし皆ETCレーンに集中するものと思っていましたが 殆どの人は通常レーンに入っていくので少し驚きもありました。 その晩、マリーナの役員会があって吉良まで行きましたが、メンバーの一人から 『わしらは高速道路は年に数回しか走らないのでETCは必要無いし付ける気もない』 と言っていたのが印象的でした。これが一般の人の受け止めかも知れません。 生活に困っている人が、わざわざETCを付けて高速を飛ばすなんてやっぱり 変だし、車そのものを所有しているかどうかも分かりません。トラックは異常に少なかったです。
2009年3月28日(土)更新
船のキャビンシートを新しいものに交換してきました。
fune 船のキャビンにゴミが入らないよう設置したシートが古くなって、あちらこちらに穴が 開いてきたので思い切って新しいものに交換してきました。朝9時過ぎ自宅を出発、まず 船に行き、入り口の寸法を調べてからホームセンタでシート、接着剤、紐を調達・・・合計 金額1284円でした。シートは5000円を越す超高級品もありますがゴミが入らなければ 良いので620円の格安品にし、紐を通すハトメ穴は借りた道具で間に合わせました。
晴天でしたが風が冷たくマリーナには誰もいませんでしたが、干上がった海には、 『群がる蟻』のように潮干狩りの家族連れで賑わっており春らしい風情でした。 帰り道に寄った鈴木造船から『究極の美味しいアサリ』を頂いて帰り、酒蒸しに していただきましたが、さすがに美味しく、ご馳走様でした。感謝感謝
2009年3月28日(土)更新
王将戦七番勝負第七局目が山形県天童ホテルで開催中でした。
tenjihin kanban align=
    天童ホテル内 将棋駒の展示         王将戦を知らせる看板
何時もお世話になっている天童ホテルに3月25日(水)夕刻到着し 何気なく玄関先を見ていたら王将戦第七局目が開催されていることを発見しました。 そう言えば天童は将棋の駒の名産地、今までに数々の名勝負が行われた所だという事 を思い出しました。 山形で有名なものと言えば『さくらんぼ、リンゴ、蕎麦、ラフランス、葡萄、 温泉、そしてあたたかい人情』といつも自慢していましたが、これからは日本一の 将棋の駒も忘れずに紹介したいと思います。 『王将の羽衣さんも泊まっているのかなー』と思っていましたが、翌朝のバイキング で、食事中の羽生さんを見つけました。王将戦の最中だからという事も あるのでしょうが、取り巻きもなく一人静かに食事してました。 なお、天童ホテルの玄関ロビーには沢山の将棋の駒が展示されており、このホテルで 熱戦を展開した歴代の棋士達のサイン入り扇も展示されて、将棋好きには たまらないかと思います。
毎年、五月連休には近くの舞鶴山公園で人間将棋も開催されます。
なお、詳細は 天童市のホームページ『人間将棋』をご覧ください。
((後で知った事ですが羽生さんが4勝3敗で勝ったようです))
2009年3月25日(水)更新
相変わらず景気が悪い中で雇用助成金対象の教育資料を毎日整備しています。
資料整備をしながら考えている事。
トヨタ生産方式の場合は現場中心の指導や活動が多く、座学の教科書はあまり整備されて いないのが現状です。そこで常日頃、現場でやっていることを、この機会に整理しようと 毎日、資料整備に奮闘していますが、いろいろ調べていくうちに『何だそうだったのか』 と思う内容もあって、これはこれで楽しみながら整理を進めています。
その中で5S,TQM,TPM,TPSとの関連を整理していたら、どれも皆、手段で あって目的ではなく、どれでも極めれば、改善は進み、会社の経営体質は良くなる事を 確信しました。反面、何をやっても中途半端な会社はどんな手段を選んでも、やはり 中途半端に終わることが多く、目的は達成できず、会社はなかなか変れない気がします。
ただ他の手段に比べTPSの場合は『ムダを取り除き会社が儲かるようにする』こと を究極の目的に設定しているため、活動がボケ難く、またトップダウンで進めることが 多いので成果に結びつき易いのかも知れません。しかし、一部の人の活動に終わって しまうことも多く、改革的な内容が多いこともあって、後戻りも早いような気がします。
2009年3月22日(日)更新
『言うは易く行うは難し』、想い出の品はなかなか捨てられません
koori 5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の指導をしている時、必要なものと 必要でないものとを分け、必要でないものを廃却することが整理であり、いつかは必要になるかも 知れないや昔の想い出は必要ではないので処分しなさいと指導していながら先日 自宅の押入れを整理していたら大学入学と同時に始まった下宿生活にと両親が衣類収納用に準備して くれた懐かしい『柳行李』が出てきました。一旦は捨てようとゴミ袋に 押し込んだものの、やはり捨てきれず、再度押入れにしまってしまいました。
思い出を捨てることはなかなか容易ではありません。

2009年3月21日(土)更新
明日遊びに来るお客様のためにとメバルを釣りに行きましたが・・・・
お客様をもてなそうと、渥美の伊川津まで夜釣りに行きましたが、メバル11匹の貧釣果、 最近は3連敗継続中でトホホ・・・・。魚屋ではメバル一匹300円で、これも又驚きです。
2009年3月16日(月)更新
異常なしに弾みがつき、渥美伊川津まで夜釣りに行って来ました。
検査異常なしに弾みがついて、夕方から渥美の伊川津までメバルねらいに行って来ました。 しかし波風などのコンディションとは裏腹に全く何も釣れず、未練たっぷり早々と吉良まで 戻る羽目になりました。何とこれで二連敗です。 釣れない事との相関はないと思いますが、三河湾には今赤潮が発生 しています。この日は渥美側がひどかったのですが、今朝(20日)の新聞によると吉良の 入り口近くが最もひどいと紹介されていました。
2009年3月16日(月)更新
内視鏡による大腸がん検査の結果、異常は見つかりませんでした。
昨年12月の人間ドッグで便鮮血が陽性反応だったため家田病院に大腸がん検査を 申し込み、本日検査の結果、異常は見つかりませんでした。 大腸をきれいにする為、早朝6時半からの見出し9時半から検査を開始、終了は 午後2時過ぎでした。空腹で力が入らないのを除けば、異常が見つからなかった ので一安心です。
2009年3月14日(土)更新
かみのやま温泉の日本の宿『古窯』に久し振りに滞在してきました。
3月10日(火)から3月13日(金)までの4日間、山形県かみのやま温泉、 日本の宿『古窯』に久し振り(今年初)に行ってきました。 先月、天童ホテルに泊まっていた時、古窯さんでノロウィルスが発生、 現在営業停止中、振り替えのお客様であちこちのホテルが大忙し・・・と 色んな情報が錯綜していましたが、今まで沢山お世話になっていた古窯 さんのメンバーを激励しようと思い立ち仕事も兼ね行って来ました。 滞在中、運良く、女将さんや調理部長にも会うことが出来、お話ししてきました が、さすがに老舗旅館の古窯さん、事故後の対応の 素晴らしさもあってか『災い転じて福となす』の言葉通り、連日超満員の お客様で大賑わい、12日夜は大型バス12台の大盛況でした。 考えてみるとノロウィルスに関しては今の古窯さんが一番安心・安全な旅館なの かも知れません。ホッと一安心
2009年3月9日(月)更新
雇用調整助成金対象の教育依頼を受け日夜資料を作っていました。
3月2日(月)から3月9日(月)まで10日間、部屋に閉じこもって資料づくりに 精を出した結果、何とか資料をまとめることが出来、お客様に送ることが 出来ましたが、乾燥した部屋での作業だったため、気管支がダメージを受けて しまい今度は声が出なくなってしまいました。こりゃ大変だと、早速耳鼻咽喉科に 駆けつけました。
2009年3月8日(日)更新
いたづらに年を重ね、恥ずかしながら61歳の誕生日を迎えました。
誕生日だったからという訳でもなく何となく早く目が覚め、早朝から パソコンに向かって仕事をしていた所、甲府の友人の携帯から電話が 掛かってきました。昨年秋、大学の同窓生4人 が甲府の『湯村温泉』に集合し、昇仙峡の紅葉を楽しみましたが、甲府 の彼は、その後、暮れ頃から鬱に入りしばらく連絡が途絶えていました。 やっと鬱を抜け出し早朝の電話に及んだものとの期待は『彼が昨日 亡くなりました』という奥さんからの連絡で吹き飛んでしまいました。 前日の3月7日は60歳の誕生日で、その日に亡くなったとの事です。 彼との付き合いは大学入学以来なのでかれこれ40年です。 お互い休学したり留年したりと脛に傷を持った気のあう仲間で、まだ まだ若いのに残念でなりませんが、今はただご冥福を祈るばかりです。 葬儀には弔電と生花を届けてもらいましたが、落ち着いた頃に友人を 誘って墓参りに行きたいと思っています。 最近、身近な方が次々と亡くなり、自分も そろそろ『老い』を自覚しないといけないのかなと、妙に感傷的に なりましたが、幅広い年代層の諸先輩からお付き合いをしていただい ている分、若いうちから、こうして死別の悲しみに見舞われるので あって、自分が沢山の人達に助けられている事を先ず自覚、感謝し、 これからも一所懸命生きて行こうと決意を新たにしました。
2009年3月1日(日)更新
『徒然草』吉田兼好さんの生き方に感銘し生活習慣を変えました。
『徒然草』の一節に『名利につかはれて、閑かなる暇も なく、一生を苦しむるこそ、愚かなれ・・・、折節の移りかはるこそ、ものごとに あわれなり・・・、人はおのれをつづまやかにして、奢りを退けて、財を持たず、世を むさぼらざらんぞ、いみじかるべき』・・・・簡素な生活を心がければ心がけるほど、 精神の営みが活発になっていく。
という新聞記事を見て、眼からウロコがぽとりと落ち、もう少しで61歳になろう としているのに、なかなか整理が付かず、身の丈にあった生き方も出来なかった 生活を改めようと知立のレッドバロンに行って、オートバイ(CB1300SB)を 処分してきました。何と、4年間で走行4000キロ、恥ずかしながら、これはもうムダの極みでした。
2009年2月24日(火)更新
雨が降っていましたが刈谷市内の梅と早咲きの桜を見てきました。
ume sakura align=
      『日高公園』の紅梅              早咲きの河津桜
今日はあいにく朝からシトシト雨が降っており、何となく湿った一日でした。 毎日、パソコンに向かって作業をしていたので気分転換と買い物を兼ね 出掛けた帰り道、刈谷市内の『日高公園』の紅梅と、土手に咲いている 早咲きの河津桜を眺めてきました。暖冬の影響で早い感じがしますが 世の中の不景気に関係なく、花は季節を忘れず咲いて人の心を和ませてくれる のはまったく有り難く、今日は花から一杯元気を頂いて帰りました。
2009年2月17日(火)更新
伊勢神宮を久し振りに参拝してきました。 (海の写真はクリックすると拡大します)
okage naikuu align=
     閑散とした『おかげ横丁』          内宮前の石段にて
お世話になった方が最近次々と亡くなり、さすがの元気印も少し気が 滅入っていましたが、気分転換と伊勢神宮の掛け軸を求め、何年かぶりに 伊勢神宮にお参りしてきました。 全国的に日曜(15日)までは春のような陽気でしたが寒波の到来で今日の 伊勢地方は最高気温が5度の予想の寒い一日になりそうです。貧しき者は 早起きし、2枚のETCカードと通勤割引で高速料金を節約しようと刈谷を 朝7時に出発、桑名を過ぎた辺りから空模様がおかしくなり御在所を通る 頃にはなんと雪になってしまいました。 それでもなんとか9時過ぎには伊勢神宮に到着し駐車場はがらがら。 時折雪の舞う『おかげ横丁』には人もまばらで寒々としていました。 聞く所によると土日はいつも大混雑で・・・全くうそのような話ですが 、とにかく寒い一日のスタートでした。
写真1 伊勢神宮(内宮)をお参りし、市内で昼食を済ませた後、帰路も通勤割引を 活用させていただくため、たっぷりある手待ち時間を使って鳥羽方面まで ドライブすることにしました。通常ですと無料一般道専門ですが 今日は大奮発して『伊勢志摩スカイライン』を通ることを勇断。 恨めしい位の寒さで大気が澄み切り、お蔭さまでスカイラインの中間地点に ある展望台から写真のようなパノラマを見ることができました。 手前が鳥羽市外、左の島がメバル釣りに通った答志島、右が菅島、 伊良湖水道の真ん中には神島、そしてその先が渥美半島、さらに 遠くには愛知県も見渡すことが出来、1220円の高い通行料を一時忘却。 吉良から釣りに行く対岸の渥美半島から伊良湖までは20分程、 伊良湖から30分も走れば鳥羽まで来れそうな、まさしく絶景かな!!でした。
2009年2月9日(月曜日)更新
家田病院に行って、大腸がん内視鏡検査の申し込みをしてきました。
尾篭な話しですが、切れ痔の治療薬がもう少しで切れてしまうところだったのと 親切な医者がこっそり教えてくれた情報で、診察日から三ヶ月が経過する(前回の 診察日は11月14日)と初診扱いになり、料金が高くなってしまうとのお粗末な話しで 本日午前中、家田病院に行って来ました。診察のついでに12月の人間ドッグの結果、 便鮮血で陽性になっていた大腸がんの疑いを晴らすため内視鏡検査の申し込みを してきました。予約者が多く3月以降になるとの事です。午後はマリーナに行って 新しいGPSの地図情報を打ち込み、その後吉良港周りを慣らし航行してきました。
仕事が減った分スローナ生活、そして普段出来なかった生活をしたいと思います。
2009年2月1日(日曜日)更新
正月明けからの不規則な生活で体調を崩し寝込んでしまいました。
soukai 正月も無事終わり、初釣りはメバル大量ゲットで順調な滑り出しをした平成21年 でしたが、初仕事(1月13日の週)を山形で終了してから何となくほっとして 不規則な生活を送っているうちに、とうとう体調を崩し三日も寝込んでしまいました。 肩も凝り、少しだるいとは思いながら、21日(水)散髪後、一気に体調を崩し 翌22日の朝は喉の痛さに我慢できずに何時もの大竹耳鼻科に行って来ました。 内視鏡検査の結果、気管支が相当腫れているとの事、そのまま寝込んでしまいました。 25日(日曜日)はマリーナの総会で声を嗄らしながら司会役を務めてきました。 27日(火曜日)に再院して薬をもらい28日から山形方面の仕事を済ませてきました。
1月27日、エムテックスマツムラの社長だった鑓水さんの訃報が届き、今日は又 旧豊田工機の専務だった和田さんの訃報が届いて驚いています。 鑓水さんは70歳、和田さんは74歳だったそうです。 いろんなご縁で多くの方々にお世話になった分、訃報に接する機会も多く残念です。 その前にまずは自分が健康第一で過ごす事が肝要です。
亡くなったお二方のご冥福を祈り、合掌

2009年1月1日(木曜日)更新
みなさん明けましておめでとうございます。
kao みなさん明けましておめでとうございます。 旧年中はなにかとご支援をいただきありがとうございました。 お蔭さまにて寺子屋改善塾メンバー5名全員が健康で一年間の活動を締めくくることが出来ました。 そしてまた新しい年を迎えることが出来ましたのもみなさんに支えられてのことと深く感謝しています。 メンバー全員、本年も寺子屋改善塾設立の趣旨(初心)を忘れず、少しでも『世のため・人のため』に お役に立てるよう頑張る所存ですので、昨年同様お導きの程よろしくお願い致します。
さて、昨年秋以降に顕在化した金融不況のあおりを受け、生き残りをかけた各社が様々な対応を 行った中で、人員削減のみが過大にマスコミに取り上げられ、世の中全体が消滅、あるいは意気 消沈したかのようでありました。寺子屋改善塾では、企業のあらゆるむだの削減を通し、生産性 向上や経営体質の改善に取り組みますが、その基本はそうした事が進められる人材の育成にあります。 人あっての企業、企業基盤は人が支えるものであり、こうした時期こそ寺子屋改善塾の出番だと心を 引き締め、安易な人員削減で企業の風土やモラルの劣化、あるいは過度の減量による体力損耗(やつれ) することなく、改善によって利益体質が再構築できるようお役に立ちたいと願っています。
最後になりますがご家族様を含め皆様方の今年一年間のご健勝とご活躍を お祈りすると同時に今後とも忌憚のないご指導ご鞭撻をいただきますようよろしくお願い致します。
雲ひとつない初日の出の太陽の光(恵み)を全身に受け今年も頑張ります。

今年の抱負
(1)苦しい時こそ皆で助け合い協力し合って皆が生き残れるよう全力投球で支援します。
(2)経費削減と効率の良いしくみづくりと従業員の体力増強で耐える力を養います。
(3)目標を見失わないよう目指す姿を見据え皆の心を一つにして改善を進めます。
(4)改善の根底は人間関係、相手の気持ちに立って耳を傾け考え行動を積み重ねます。
(5)現地現物にそって事実が見極められるよう、さらに謙虚で柔軟な心を養います。
(6)何事も『実践が大事』行動の源泉である夢と感動を与え続けていきます。
(7)『明るく(前向きに)楽しく(自ら行動)元気良く(すぐやる)』を基本にします。
(8)目指す姿に一歩でも近づくまで決してくじけず、あきらめず、しつこくやります。

とにかく何事にも誠心誠意、一生懸命、一期一会の心で行動します。
そのためにもまず健康第一です。健康にも十分留意します。合掌