つれづれ日記
思いつくままに毎日あったことを日記に残します。
2017年12月28日(木)更新
鈴木造船所のお父ちゃんとお母ちゃんに年末のご挨拶に行ってきました。
何となく海に行った時に、暇があれば、魚釣りの前に、寒い冬には焚火が恋しくて、 何だかんだと、いつもお邪魔している鈴木造船所に年末のご挨拶を兼ねて遊びに行 ってきました。 焚火に当たっていたらマイボートから日本酒と殻つき牡蠣の差し入 れ、焼いてレモンをかけ食べたら最高、何個でも食べられます。 火に当たっていると昔話に花が咲きます。昔は魚が良く釣れた、クルマエビもいっ ぱいいた。アサリはどうした、と言う調子ですが、幸せなひと時を過ごして23号線 が渋滞する前に帰ってきました。
一年間一杯お世話になり、ありがとうございました。
2017年12月24日(日)更新
正月前のブリ釣り練習で伊良湖水道まで釣りに行ってきました。
料金格安 料金格安 お正月に食べるブリとサワラを釣る練習を兼ねて(今日釣っても正月までは日持ち不可)欲の 皮を思い切り膨らまして青物釣りに行ってきました。今日は遅い出船、7時半出航です。 伊良湖水道の釣り場到着時にはジギング船、プレジャーボートが一杯です。仲間の船も 沢山出ていました。 『ツレター』と大声で聞くと、皆同じように『ツレナーイ』と返事が返ってきます。 もうクーラー一杯、なんて返事が来たら卒倒してしまいますが、釣れないと聞くと、 ニンマリ、他人の不幸は蜜の味とか、まだまだ根性がひん曲がっているようで、大人には なり切れません。いそいそと仕掛けを出して釣り開始、しかしこちらも何にも釣れません。 これは大変と焦っていたら、なんとかワラサ級の魚が掛かって一安心、ニタニタしながら あげてくる途中でばれてガックリ、貴重なお土産を逃がしてしまいました。 その後は全く当たりなく、昼近くなってようやく写真のワラサ(70p)をゲットしました。 この日はこれでお仕舞、他の人もほとんど釣れず、一匹でも釣れた人は幸運だったようです。 何時ものことながら、釣り場に向かう時の高揚感とはうらはらに今日も肩を落とし絶望感 での帰港です。なかなか思うようには釣れません、さて次回はいかなる事やら、毎日天気 の回復を待っています。
2017年12月18日(月)更新
愛知県幸田から、山形県東根から素敵なプレゼントが届きました。
料金格安 料金格安 山形での仕事を終え帰ってきた翌日、素敵なプレゼントが届きました。 ひとつは愛知県幸田から美味しいイチゴ“栃乙女”です。その翌日山形県東根の お客様からリンゴとラフランスが届きました。毎年のお心遣い、本当にありがと うございます。
2017年12月15日(金)更新
名古屋駅の上り新幹線ホームに変なのぞみが止まっていました。
料金格安 12月16日(土曜日)は今年の仕事納め、お客様のところで改善発表会です。 何時もの新幹線ホームで電車を待っていたら、全ての電車が同じホームに入って きます。反対の電車は止まったきりさっぱり動きません。 おかしいなと思って、東京方面へホームを歩いて行ったら 電車の先頭にディーゼル車が二つも連結されているではありませんか。 ディーゼル車が引っ張るのぞみ号を見るのは生まれて初めてです。 これが異常停止したのぞみかと思って写真に納めてきました。 その後新聞に何回も紹介されましたが、台車が破断寸前だったとか、日本は製造業 だけでなく、こうしたサービス業でも無責任経営が浸透してきているようです。万 が一脱線したらとんでもない大事故になる事が経営者は想像出来ないのでしょうか。 乗客の命よりお金の方が大事だとでも思っているのでしょうか。
2017年12月12日(火)更新
毎年恒例になった年末改善発表会で話す講演の原稿がやっと出来上がりました。
料金格安 山形県でお世話になっているお客様のところでは、一年間の改善活動の 締めくくりとして、毎年年末に全社改善発表会を開催しています。 そして、今やそれが恒例行事になっています。 発表会終了後、一時間程度の話をしてくださいと頼まれ、毎年講演を してきましたが、新たな話のネタを探すのも大変、さりとて同じ話をして もどうかと悩みながら、11月中旬から色々考えてきましたが、ようやく 原稿が出来上がりました。途中欲が出てきて、あれもこれも追加したい 気持ちを断ち切って、本日お客様のところに原稿送付し、終了です。 山形のお客様のところでは、自社製品として、ロックミシンの開発・加工 ・組み立てを行っていますが、刈谷の知人宅でその話をしたら40年以上前 の古いものだが、我が家にもロックミシンがあると見せてくれました。 見てびっくり、そのミシンこそ山形で作られたものだったのです。 奇遇と言えばあまりに奇遇だったので写真を撮らせていただきました。 古いけれど調子は良いとか、しかし、万が一壊れたら修理をしてくれるところ がないと気に病んでいたとか、製造元とのつながりが出来たのでこれで一安心 です。世の中は狭いものです。
2017年12月10日(日)更新
昨日はブリ好調との情報に誘われ、久しぶりに沖釣りに行ってきました。
沖釣りは、夏以降絶不調なので、最近はメバル釣りばかりでしたが、久しぶりの好天 (波風静か)と昨日は沖の瀬でブリやワラサやハマチがフィーバーだったとか、そ んな情報が飛び込んで、これはもう行くしかありません。やや暗い6時出航、 沖の瀬(伊勢湾のちょうど真ん中あたり)に一番乗り、ジギング開始です。 一時間ほどして、マイボート(助手)がワラサをキャッチ、これは幸先良いと思った のもつかの間、その後はさっぱり釣れず、ジギング船は周りに一隻も来ません。 師崎方面を見たら、何と沖の瀬と篠島の中間あたりに大船団が出来、鳥山まで 出来ています。竿を上げ早速移動、イワシのベイトが海面を跳ね回っています。 鳥は捕食に余念がありません。期待高まって胸はちきれんばかりです。 しかし何をやっても釣れません、アタリすらありません。 釣り名人皆川さんに電話を入れたら落とし込みが良いとか、早速仕掛けを変え、 やっては見たが、イワシはすぐ付いても青物が喰ってきません。 この繰り返しで11時過ぎ、大船団もばらけ、一向に釣れる気配もないため12時 納竿で帰ってきました。情けない話ですが、釣り餌のイワシを10匹ほど持ち帰り、 刺身にして酒の肴にしてやりました。
2017年12月7日(木)更新
今夜は風も波も月もなく、年に数回有るか無し、絶好のメバル日和です。
料金格安 料金格安 今夜は年に数回有るか無しの絶好のメバル釣り日和、風がなく波もなく月の出も遅く 大潮の後の中潮で満潮が午後8時過ぎ、渥美伊川津で今夜はメバル爆釣の予感です。 出港がやや遅くなって午後5時少し前、アンカーを打って船を停めたのがすっかり 暗くなった5時半、 (うれしい事に)メバルが待っていてくれました。第一投から メバルが掛かって、その後は入れ掛かり状態。エサ取りもいなくて、今夜はメバル 一色です。午後10時に納竿、終わってみれば釣り過ぎでした。 20p以上のメバルを26匹持ち帰り、残りは カサゴばかり釣っていた釣り友に進呈しました。今夜は腕の差が出ました。
2017年12月6日(水)更新
年賀状の準備が完了しました。12月15日の受け付け開始を待っています。
料金格安 毎年のことですが、この時期になると講演の原稿を書いたり、年賀状の準備をしたり 釣りに行ったりと、何となく慌ただしい日々を送っています。 会社を辞めた時、年賀状は一時期止めていたのですが 『年賀状はお世話になった方へ年に一度のささやかな贈り物』 と考え方を改め、極力出すようにしてきました。現役の頃の知人に加え、寺子屋改善塾 でお世話になった方がさらに増え今年は150枚作成しました。一年間を振り返って励まさ れた事や感謝する事を簡単にまとめお知らせする形にしています。 これだけ大きい真鯛 を釣りました、ブリも釣りました、とさりげなく自慢の写真も入れるのですが、今年は 載せる写真がありません。中の島礁で釣った76pの真鯛が最長寸ですが船上で写した ものがなくダメ、 今年の夏、東北大学応援団が七大戦で名古屋大学に来た時の写真を いっぱい載せました。これも滅多にある事ではありません、今年一番の思い出です。
2017年12月3日(日)更新
天気予報と釣り場は大違い、西風強く波高し、メバル釣り大苦戦です。
料金格安 今夜は渥美伊川津でメバル釣り、天気予報に寄れば西風ながら、風力1〜2、 夜になれば多分ベタ凪になることを期待しての出航です。 しかし何時になっても 風は弱まりません。時折強く吹くくらい、電気ウキは風で左に流され、仕掛けは 下げ潮で右に引っ張られ、棚が定まらず、とても釣りにくい状態です。 途中から電気ウキを諦め、やや重めの胴付き釣りに変更、これでようやく安定して 釣れるようになったものの、棚がどうしても深くなってしまい、カサゴが多くなります。 潮も引き、食いが悪くなり、風も強くなってきた午後8時過ぎ早目の納竿です。 この日は、大小全て持ち帰ってしまったので、お土産は結構な量になってしま いました。
2017年12月1日(金)更新
会社設立から15年、後継ぎも亡くなったので、去寰q屋改善塾を店じまいします。
去寰q屋改善塾は自分自身の独立と、トヨタ生産方式の仲間の定年後の受け皿として 15年前に設立しました。当初のもくろみ通り、約10年間は皆で頑張ってやってきました が、 定年後受け入れた3人の仲間もいつしか70歳を過ぎ、仕事に対する 気力も徐々に萎え、一人去り、二人去りと少なくなって、後継者と見込んで 育ててきた仲間が一昨年肺がんで早逝、私も来年は70歳、一生現役のつもりで 仕事は続けるにしても、会社形態は不要なので店じまいする事にしました。 来年からは個人事業主として、お客様には迷惑をかけないよう継続していきたいと 考えています。会社形態は変わっても、私自身は何ら変わらないので今後とも よろしくお願い致します。
2017年11月26日(日)更新
お目当てのマダイ、ブリ狙いは不発、釣果はハマチ二匹でした。
料金格安 昨日は渥美半島風車前でブリ、サワラ、ハマチが爆釣とのニュースに つい釣られ、6時半出航で行ってきました。ところが現地はイワシや 小鯵を捕る二艘引き船団が何艘もひしめき合って、網を引いています。 これでは釣れるはずもありません、ベイトの影も形もありません。 一時間ほど様子を見ていて、見切りをつけ、伊良湖水道朝日礁へと 向かいました。 ここで偶然ハマチを一匹、愈々時合いかと力を入れても その後アタリは全くなく、周りの船も誰も釣れません。風車前を諦めた 人たちが次から次へとやってきて声を掛けますが、誰も釣れずすぐ去って いきます。 昼12時満潮の潮どまり、それまで遊んでくるかと神島漁港前の テトラ周辺を探ったり、丸山出しで色々試すも当たり皆無、海の中は一体 どうなってしまったのでしょうか。 辛抱しきれず11時前に朝日礁に再び戻ってジギング再開、ハマチ一匹を 追加、しかしその後は何も釣れず沈黙の二時間、13時ギブアップの沖上が りです。帰港後、皆の釣果も思わしくなく、真鯛はほとんど釣れていません。 運の良い人がタイラバ仕掛けでワラサを二本釣ったとか、しばらく沖釣り は止めにしたほうが良さそうです。
所で二艘引き漁船が捕った小魚はどうなるかと言うと、ハマチやブリの 養殖場の餌に加工され売られるとか、養殖場の餌を捕るために、天然の 漁場の魚の生態系を壊している訳で、これはもう人間の浅はかさ、あるいは 強欲と言わずに何と呼ぶのでしょうか。
2017年11月21日(火)更新
出港時には風が強かったものの天気予報を信じメバル釣りに出かけました。
料金格安 出港時は多少風が残っていましたが、6時以降、風は止むと言う天気予報 を信じ、渥美伊川津までメバル釣りに行ってきました。沖釣りは連敗中なので、 今はメバルに遊んでもらっている状態です。 午後7時頃まで波がダバダバ、その後は予報通り風が弱くなってベタ凪寸前、 潮も良く動いてメバル大漁の予感で胸ワクワク。 しかし釣れるのは相変わらずエサ取りのセイゴと黒鯛、黒鯛4連発もありました。 これではメバルも寄り付けません。9時過ぎまで粘って何とかお土産が確保出来たので 帰ってきました。 メバルは産卵真近、お腹の大きいメバルが釣れます、産卵が済むと魚体は痩せ 不味くなるとか、さりとて腹ボテのメバルを釣るのも心悩ましく、秋田のハタ ハタのように、自然保護の面からも休漁が妥当なのでしょう。
2017年11月17日(金)更新
今夜は最高のメバル釣り日和、いつでも釣行できる年金生活に感謝します。
料金格安 最近の沖釣りはさっぱり、こんな時にはメバル釣り、今日も渥美伊川津まで メバル釣りに行ってきました。 出航する時、釣り友・鈴木さんの船が無い事に 気づき、電話したら、風車前でブリが釣れるとの情報があり、年休を使って風車 前でブリ狙いしたとか、ところがブリはさっぱり釣れないのでジギング止めて、 今からメバル釣りに移動するとの事、何と昼と夜のダブルヘッダーのようです。 そして私らが伊川津に到着した時には、既に船を付けていました。 水中堤防の、先端には見かけない船、二番目に鈴木さん、そして私らは三番目に アンカーを打って船を止め、釣り開始です。 海の状態は風も波もなく、潮は流れ最高でしたが、本命のメバルが釣れず、エサ 取り(セイゴと黒鯛)ばっかりです。今夜はやばいと観念していた、ほんの一時 大型メバルが回ってきて、入れ掛かり 状態、30分くらいの時間でしたが、お土産を確保、 干潮で潮が下がってしまい、 アタリも遠のいた9時少し前、鈴木さんが帰り、その後粘るも釣れないので9時半 納竿し帰ってきました。ほんの一瞬、メバルとの遭遇に救われた釣果です。
2017年11月9日(木)更新
本日は月一回の寺子屋改善塾ゴルフ大会でした。スコアは散々です。
月一回の寺子屋改善塾ゴルフ大会、今回は3人参加です。INスタートで前半は48、昼食後の 後半は張り切り過ぎてアドレナリンを出しまくり56、残念ながら合計104でした。
しかし結果を検証してみると、10ホールはボギーペースで回れており、後半のOB連発が スコアを乱したようです。アドレスもクラブ選択もよし、アプローチもパターも良かった のですが、ドライバーが不調、後になって気が付きましたが 飛ばす事ばかり考えて、ボールをきちんと見ていなかったのが原因のようです。
2017年11月7日(火)更新
11月6日(月)又しても真鯛釣りは撃沈、翌日11月7日(火)夜はメバル大漁でした。
11月3日(金)真鯛釣り予定で3時半起床、出掛けに携帯を確認したら、釣友から メール、確認したら昨晩遅くの連絡、風が強いので釣りは無理との事でした。 やむなく、その日は朝4時から読書三昧、あまりの天気の良さに、昼過ぎガソリン 補給にマリーナに行ったら、渥美の風車前までは行けブリもワラサもハマチも釣れた との事、悔しいと思っても後の祭り。 3日後の6日(月)朝5時半出航、満を持して風車前 へ直行、しかし一時間ほどウロウロしたものの、ベイトも鳥山もたたず、あきらめて神島 西、中の島礁へ移動、真鯛釣りに転向です。ところがどんなに頑張っても釣れるのは、小 さな真鯛ばかり、 嫌気さし、船団が見える瀬木寄瀬まで走る事に、ところがそこは餌釣りの 船ばかり、卑しくも他人のコマセで釣ろうと、潮の下を数回流したもののアタリもなく、 餌釣りの船も釣れる様子もなく、鯛の島へ移動、ここでも釣れず、10時くらい早々と ギブアップです。 帰り道、神島東25bゾーンを流したら釣友のスーパーライトジギング 一発目ヒラメがまぐれヒット、その後はアタリなく丸山出し経由で11時過ぎ納竿帰港しました。
料金格安 料金格安 沖釣りがボウズの翌日は気分転換のメバル釣り、翌日7日(火)午後3時半出航で、渥美伊川津に、 今夜は貸切です。 セイゴ、赤チン、黒鯛、フグ、カサゴ交じりで、何とかお土産を確保、 28p、26pのビッグサイズも混じって賑やかな釣り、隣の20pクラスのメバルが小さく見えます。 釣ったメバルは翌々日の9日、ゴルフで一緒になる岐阜の友人へ、何時も野菜を頂いているお返し のお土産にしました。
2017年10月29日(日)更新
台風続きで釣りにも行けず、泣きっ面に蜂、帯状疱疹でダウンしています。
先週末に続き、今週末も台風による雨、ホームページを書こうと10月12日以降を 振り返ってみたら良く雨が降っています。そんな中でも何とか生きていますが。

10月14日(土)小人閑にして不善・・、アオリイカ用ベイトリール調達、不要物また増加
10月17,18日 山形出張 徐々に秋が深まってきました、蔵王は紅葉の季節です。
10月22日 台風21号が通過、衆議院選挙投票日、今度の台風は超大型です。


料金格安 台風一過の快晴に恵まれても吹き返しが強かったりして、海は荒れ模様、なかなか 釣行できる日はやってきません。雨の日は大人しく読書、晴れた日はサイクリン グで過ごしていましたが、 10月26日(木)とうとう静かな日がやってきました。 長期予報に寄れば、週末はまた台風が通過するとのこと、この日を逃したらまた しばらく釣りはお預けと、頑張って渥美伊川津までメバル釣りに行ってきました。 カサゴ混じりでどうにかお土産だけは確保できたものの、 釣りの最中、右肩首筋に 異変、ズキンズキンと神経に触るような痛みが走り、翌朝観察したら赤い発疹が、 釣り道具の片づけやらで、金曜日は自宅で我慢していたが、、どうにも痛いので、 土曜日午前中、皮膚科で診療受けたら、帯状疱疹、それも重症との事、よく我慢 出来ましたねえとお褒めの言葉まで頂戴、しばらくは安静にしてくださいとも、 じぇじぇじぇです。
2017年10月12日(木)更新
暑さも通り過ぎ、寺子屋改善塾ゴルフ大会を3か月ぶりに開催しました。
寺子屋改善塾ゴルフ大会は春から3回、秋から3回の計6回、暑い中と寒い中は お休みです。涼しくなったので久々に4人が集合してゴルフ大会を開催しました。 8時31分スタート、フェアウェイ内のカート乗り入れとかで、楽チンゴルフ、 スコアはINが50、OUTが47、計97で残り3人は101,104,110みな下手くそでした。 場所は多治見市の山岡カントリー、ここのコースは距離が長くお年寄り向きで はありません。(白杭から打ってます)
2017年10月9日(月)更新
10月8日久々の真鯛釣りは撃沈、翌日夜はメバル大漁でした。
料金格安 料金格安 旅も終わって一段落、久々に出かけた神島周辺の真鯛釣りは撃沈、30センチ未満の 小さいものは釣れるのですが50pオーバーは一匹も釣れません。まるで魚が海の中 から消えてしまったかのようです。 釣り歩いた場所は、朝日礁(波が高くて釣りに ならず、ベイトも映らない)、神島東の30mゾーン、ここではライトジギングでいろ んな魚が活発に掛かってくるが小さ過ぎ。中島礁からヘエデ礁と回っても当たりが ないので、 伊良湖水道の太刀魚狙いに転身、第一投でアタリがあり上げようとしたら、 穂先に糸が絡んで巻けません。直しているうちに魚はいずこへ。第2投でまたも当た り、あれっと思ったらリーダー切られジグはバイバイ、仕掛け直してのジグには反応 なし、太刀魚も撃沈です。 御土産にならない小さな魚を知人にすべて上げたら、お返しにカニをもらってしまい ました。翌日9日(月)のメバル釣りは午後6時前から入れ掛かりでもう大変、大きい サイズ20枚キープ、残りは釣り友に進呈、ようやく気分も晴れたようです。
2017年10月4日(水)更新
山形での仕事を終え、秋深まって、五日ぶりに自宅に帰ります。
料金格安 9月30日に自宅を出た時はまだ夏のような暑さでしたが、翌日岩手県に到着したら 寒いのなんのって、名古屋と岩手県では5度から10度くらいは気温の差があるようです。 山形県も結構寒くなっていましたが、岩手県で体を慣らしていたので楽でした。 仕事が終わって東京駅へ、新幹線ホームの待合室の中は冷房ではなく暖房でした。

2017年10月3日(火)更新
自宅を出てから三日目、ローカル線の旅で山形へ向かいます。
明日4日(水)は山形で仕事、今日は一関から山形へ移動する日です。 通常は、東北新幹線で仙台まで戻り、仙山線で山形へ向かいますが、それだと3時間弱で 山形に到着してしまいます。今日一日のんびりとローカル線の旅を楽しむことにしました。
料金格安 料金格安 一関から東北本線に乗って小牛田に向かい、小牛田からは陸羽東線で古川、鳴子温泉を 経由して新庄まで、新庄からは奥羽本線各駅停車で山形に向かいます。
料金格安 3分の待ち合わせで、小牛田駅で陸羽東線に乗り変え新庄に向かいます。車窓から眺める景色は 黄金色の稲穂が波打ち、秋一色。東北本線と違ってここは単線、上りも下りも本数が少なく すれ違う列車もありません、長閑な時間が流れています。しばらくして古川駅到着、 しかし列車は止まったまま動きません、放送に寄れば、ここで30分停車とか。古川は新幹線駅 なので新幹線待ちなのでしょうが、あまりにのんびりし過ぎています。 30分後発車、途中大学の先輩が今も住んでいる岩出山(伊達正宗が仙台に移るまではここに 居城があった)を通過し、13時01分鳴子温泉駅到着、ここで途中下車、次の新庄行きは15時発です。
料金格安 料金格安 写真は鳴子温泉駅と駅前のお土産物屋さんです。このお店のご主人と先輩が高校の同期とかで 紹介されたこともあって、ここで昼食を摂った後、タオルを求め荷物を預かってもらい、鳴子温泉 滝の湯へと歩いていきました。駅からわずか3分くらいの近さです。
料金格安 料金格安 鳴子温泉は温泉自体も有名ですが、ここの有名スポットは紅葉、まだ早いですが、 紅葉の時期になればお客様がいっぱい、ほとんどのお客様はトンネルを抜け出る列車と鳴子峡の 紅葉をコントラストとして写真に納めているようです。 入浴料は150円、蔵王温泉の共同浴場は200円、それより安く驚きです。温泉を出た後、駅まで ぶらぶらと歩く道すがら、鳴子こけし(鳴子こけしの特徴は首が回り、その時キュキュと澄んだ音が出ます) の販売店がありました。孫たちへのお土産は写真に納めたこけしです。
料金格安 料金格安 鳴子温泉駅15時発、いよいよ新庄に向かいます。新庄までは約一時間16時4分到着の予定です。 列車名は奥の細道号、余談ですが反対側の3番線まで陸橋を渡ります、今どきエスカレータも エレベータもない駅は希少価値がありますが、足腰の弱ったお年寄りは大変です。
料金格安 料金格安 新庄に向かって走る列車の景色、稲刈りも終わって冬支度真っ最中、途中小学生が乗り 込んできて驚き、一区間でしたが、電車通学している小学生の集団でした。 途中最上駅を通過、山形県は大きく、置賜地方(米沢周辺)、村山地方(山形周辺)、 最上地方(新庄周辺)、庄内地方(酒田周辺)の四つに分類されますが、最上地方の 最上とはこのあたりかと妙に感心したり、旅はまだまだ続きます。
2017年10月1日(日)更新
栃木県から岩手県、宮城県そして山形県へのミニ旅行・旅立ちです。
今日は岩手県一関千厩で田舎暮らしをしている会社と大学の先輩宅に行きます。 天気にも恵まれいざ出発、写真は小山駅の全景と新幹線ホームから見た街の景色です。
料金格安 料金格安 東北新幹線一ノ関駅到着は11時23分、有難い事に先輩が何時も迎えに来てくれます。 一ノ関駅から千厩までは車でおよそ30分、先輩宅のログハウスでは、車や電車の音は 全く聞こえず、音と言えば小鳥の鳴き声と風の音くらい、外をのんびり見ながら寛ぐ 時間はまさに至福のひと時、癒されます。
料金格安 料金格安 しばしの休憩後、田舎道の散歩、時間から 解放され、なだらかな丘陵地帯をのんびり歩けるのは健康のお蔭、有難い事です。 夕方は隣のTBさん宅に御土産を届け、そのまま上り込んでお酒を頂いてしまいました。 隣のTBさんは明るい性格のお酒飲みで私とはとても気が合うのです。
料金格安 料金格安 翌日は何時ものように早朝散歩した後、被災地の気仙沼まで遊びに行きました。 何時もは気仙沼市内をウロウロした後昼食を摂って帰るのですが、今日は気仙沼港から フェリーに乗って湾内に浮かぶ大島まで足を伸ばしました。市民の足としてのフェリー 料金は片道大人410円、三河湾の佐久島に渡る料金の半額です。
大島までの所要時間は 約20分、到着した島の港周りは何とも殺風景、草地や沼ばかり、対岸まで道なりに歩いて 行くとそこはきれいな海水浴場、植樹されたばかりの小さな松の木が囲いで保護されており、 どうやらここは昔松林だったようです。注意してみると津波に流された松の木などが数か所 に集めてありました。帰り道、船着き場近くの食堂で遅めの昼食、 店のおばさんに尋ねたら、 昔の船着き場には旅館が一杯あって、ロープウェイもあったんだよと教えてくれました。 津波が船着き場と海水浴場側と両方から迫ってきて、町はみんな流されてしまい、亡くなった方も 大勢いたとか、その食堂は一からやり直しているんだが、お客様が少なくて復興も大変ですと嘆いていました。 気仙沼市内を見れば、大きな防波堤の建築と市街地のかさ上げでゼネコンだけが大忙し、放置されたままの 市民は高台に家を再建する人が多く、この町はいったいどうなってしまうのかと嘆いていました。 市民のための行政が、市民に背を向けゼネコンと一体になってのお金儲けに走り回り市民もあきれ 返っているようです。
2017年9月30日(土)更新
栃木県小山市立間々田中学校昭和37年卒業の同窓会が開催されました。
9月30日(土曜日)中学校の同窓会(11クラス550名)が10年ぶりに企画・開催され、出席
料金格安 してきました。東海道新幹線名古屋8時22分発ののぞみで東京駅へ、東京駅から 東北新幹線で10時53分小山到着、自宅から会場までの所要時間はおよそ3時間です。
小山駅構内で萩野選手と海老沼選手の出迎えを受けました。海老沼選手は実家のすぐ 近くの子で、実家を継いでいる甥の長男の幼稚園時代からの同級生だとか、萩野選手は 今や世界の萩野選手に成長、二人とも小山出身だったのです。
料金格安 料金格安 会場は小山グランドホテル、11時受付開始、12時開宴、駅前のホテルに荷物を預けてから 会場まではタクシーで10分、到着してびっくり、そこはお爺さんとお婆さんばかりの別世界 でした。10年振り、顔と名前が一致するのは数人、話は孫の事ばかり、小学校の同窓生 (2クラス60名)が集まって記念撮影もしていただきました。
料金格安 中学校の同窓生は550名、まさにベビーブーム・団塊世代のど真ん中です。 本日の出席者は130名とか、すでに物故者になった方もチラホラ、生きていても 体調不良や家庭の事情などで出席できない人の方がむしろ多いくらい、 出席できる方は恵まれている人たちと言っても過言ではないでしょう。 今回が最後かもしれないなあ、と言いながら惜しみながらの同窓会、足がおぼつかない人も 多く、体も丈夫、口も頭も達者だと言うだけでここでは一番です。 宴は二時間ほどで終了、間々田駅前に移動し、無理やり開けてもらったスナックで カラオケ大会、二次会に来る人は元気のいい人ばかりです。みんなが歌い興じて いる間、駅前を懐かしく散策、思い出に浸ってきました。 カラオケ終了後は喫茶店で大談笑、そしてみんなはまた別の店へ、私は面倒みてくれた 友人に別れを告げ、ひとりタクシーで小山に移動、昼からまともに食事してない事に気 づき、駅前で宇都宮餃子と佐野ラーメンを頂き、ホテルに戻って午後8時就寝です。
2017年9月26日(火)更新
沖釣りがだめなら内海でメバル釣り、困ったときの渥美伊川津です。
料金格安 翌日の26日(火)午後4時半出航で、渥美伊川津までメバル釣りに行って来ました。 午後8時半満潮の潮どまり、前半は上げ潮、後半は下げ潮で、今夜は大漁と勝手に決めて 出掛けたものの、さっぱり釣れません、本当に釣れません。 このままではお土産もままならないので、ここ10年以上、やった事のない胴付き仕掛け でやってみました。それが大当たり、メバルの入れ掛かりです。サイズの小さいものは 一緒に行った釣り友にプレゼント、大きいメバルが17匹、まずまずの大漁で、やっと心 が落ち着きました。 ただ今どきのメバル釣りは赤チン、フグ、アジ、セイゴとエサ取りが多く、高価なエサ があれよあれよと言う間もなく消耗、11月中旬頃まではエサ取りとの戦い、エサ代が嵩みます。
2017年9月25日(月)更新
久しぶりの沖釣りは今流行のスーパーライトジギングに挑戦しました。
料金格安 本来なら喪中なのですが、20歳のころから50年近く遠く離れて暮らしていると、顔を見れば 悲しさも滲みますが、愛知県まで戻るともう普通の生活に戻ってしまいます。とくに薄情 と言うのではなく、まあこんなものでしょう。 たまたま翌日は釣り日和だったので助手と一緒に 沖釣りに行って来ました。今流行のスーパーライトジギングの練習も兼ね行って来ました。 釣果は残念ながら、真鯛二匹とハマチ一匹、助手は真鯛、ホーボー、カサゴ、カイワリ、ヒラメと 手あたり次第、節操のない釣りを楽しんでいたようです。貧釣でどうにもすっきりしません。
2017年9月24日(日)更新
3番目の兄の葬儀出席で、茨城県古河市まで日帰りで行って来ました。
料金格安 料金格安 山形からの帰り道(9月20日)マナーモードにしてあった携帯電話が鳴り やまないので誰か死んだと直感、案の定、3番目の兄の訃報でした。 お通夜が23日(土)葬儀が24日(日)に執り行われたので、日帰りで葬儀 に行って来ました。 ついこの間まで元気、病気などしたことなかった兄の 死因は何とノロウィルス感染だとか、発症してからは食事がとれなくなって 衰弱甚だしく、3週間ほどであっけなく往生、突然の訃報だったようです。 満86歳の生涯でしたが、若い時に買った自転車をせっせと磨いて錆び一つなく、 車には乗らず、どこに行くのもひたすら自転車、自転車と共に過ごした人生でした。 息子(甥)がポルシェに乗っているのとは好対照です。 9人兄弟で5人が他界、残りはあと4人、ほぼ順番通りです。 60歳までは自分が死ぬことなど考えたこともなく、60歳を過ぎた頃からいつかは 死ぬ時が来ると自覚し始め、今は死んだら親父やおふくろ、そして兄弟5人にも あの世で会えるか、死ぬのもそう怖い事ではないと思うようになってきました。
2017年9月21日(木)更新
台風18号の強風で屋根のアンテナが曲がってしまいました。
料金格安 9月17日(日)の夜、迷走を続けていた台風18号が日本列島を縦断して最接 近、一晩中強い風が吹いたものの、朝起きてみたら目立った 被害もなく、やれやれと思っていたら衛星放送が映らなくなっていました。 普段テレビそのものを見ないので気づかなかったのですが、家族に言われ テレビをつけてみたらなるほど映りません。 屋根のアンテナを見たら、下を向いているようです。10年前アンテナを立 ててくれた電気屋さんに連絡し修理していただきました。アンテナを瓦屋 根に固定していたコーキングも破損していたとかで修理していただき結果良好です。
2017年9月16日(土)更新
釣りにも行けず、雨の休日は読書三昧で過ごすのが一番です。
料金格安 本来なら今日は沖釣りですが、台風18号の接近で朝から生憎の雨で海は大荒れ、 午後からは少し風も吹き出し、まあ天気の悪い日はバタバタしてもしょうがない ので朝から読書三昧をしています。
『薩長史観の正体』、明治維新以降の日本の歴史は薩長政府が塗り替えたもの、 江戸時代までの武士政治、町民文化から大きく乖離し、まるでテロリスト政治のよう、 富国強兵一筋から日清、日露戦争、そして海外侵略としての日中戦争、そして破滅の 敗戦、終戦後は懺悔する事もなく日米同盟の枠組みを通し、米国隷従一筋、さらには 今再び戦前の様相に戻りつつあります。そんな政治の源が一層よく理解できる本でした。 ジョンダワーの『敗北を抱きしめて』は終戦直後の日本が、戦争責任も含めどう変革して いったのかを戦勝国アメリカ人の目線で観察したもの、 戦後70年、ドイツと日本の違いは その戦後処理の違いから、民主主義国家として生まれ変われるはずだった日本が今ここで どうして躓いているのか良く理解できました。 堤未果さんの『核大国ニッポン』、核弾頭だけに限らず劣化ウラン弾、原発が生んだプルト ニウムなど、被爆国でありながら 核大量保有国になっている日本の危うい現状を警告しています。 (毎日が休日ですが)雨も又良しの土曜日の休日です。
2017年9月13日(水)更新
孫が転倒し大けがを負ってしまった椅子の転倒防止改善しました。
料金格安 ダイニングの椅子が少ししゃれた格好をしているのは良いのですが、良く見ると 後部の脚が接近していてまるで3脚のよう、倒れやすくなっています。 危ないと承知しながら放置したままの椅子で孫が転倒、背もたれの間に足の指先を挟まれ骨折、 とんでもない事になってしまいました。 起こった事はしょうがないとしても、まずは 再発防止と転倒防止対策を施しました。見た目は悪くても安定感が増し、これならば 再び転倒する事はないでしょう。 やれやれとは言っても、職場で不安全作業を 見つけたら即刻改善せよと言っておきながら、自宅では孫に痛い目を負わせてしまい、 反省しきりです。
2017年9月10日(日)更新
日曜夜はリベンジのメバル釣り、お土産は確保できたものの竿を折って大涙です。
料金格安 前日の9月9日(土)は単独行で伊良湖水道・神島周辺に沖釣りに行って来ました。 5時半出航、日が短くなって、ややうす暗い中での出航です。先ず始めに伊良湖水道の 朝日礁に立ち寄り、一週間前と違って全くベイトが映りません。 どうしたものかと迷っ ていたら後から走ってきた釣り仲間のNMRさんも『ベイトが映らない』と早速移動モード、 沖の方にジギング船の船団が出来ています。近くに寄って見ていたら小さな太刀魚 を釣っていました。竿も出さずにすぐ移動、今度は神島東の30mゾーンへ、時々真鯛が釣れ るも30p程のリリースサイズ、今度は神島西・中の島礁周りでアジ、カサゴねらい、大 きなカサゴを二匹を釣ったもののジグを二個紛失、釣れない時は何をやっても釣れません。 10時過ぎた頃、ハタバタ礁とヘエデ礁を結んだ線の東側になにやら船団が、暇だったので 見に行ったら、釣り仲間のMOKさんがいました。ポツポツとハマチが釣れるとか、でも40 p弱のハマチ、戦意湧かず、朝日礁に戻って時合いを待つ事に、結局、それも不発で終了、 惨めな釣りでしたが、 お土産に確保した小鯛5枚とカサゴ二匹は先日茄子をもらった近所 の奥さんにお返しし喜んでいただきました。 翌日の日曜夜はリベンジのメバル釣り、型の 良いメバルをお土産に釣って少し気分も上向いてきたのに最後の根がかりで竿を折って 泣き泣き、天狗堂に修理依頼したところ部品は確保できそう修理代7.000円でがっかりです。
2017年9月5日(火)更新
自動販売機も様変わりです。
料金格安 料金格安 東京駅コンコースで見つけた自動販売機、見本が何やら変なので、側に寄ってよく 見たら半割見本です。なるほどこれなら販売機の厚みが多少は薄くなると喜んでみた ものの、それなら写真でも貼っておけば良さそうなものだと気づいて、何やらつまらない と思ってしまいました。でもそんなことは体験しないとわかりませんのでとりあえず、 ここに記載して、あ〜あつまらない話だと思ってください。
写真とは別に、パソコンで何気なく見つけた『つもり違い十か条』を紹介します
@高いと思ってもついつい買ってしまう釣り道具
A控えめに伝えたつもりでサイズアップする魚の大きさ
B深いつもりの浅瀬で船外機のペラーとシャフトを破損、これは痛い
C浅い深さでも食う時は喰うタイラバ、でも昨年から神島東は絶不調
D厚いつもりで切っても薄くなるのはカワハギの刺身
E薄いつもりで切っても厚くなるのはブリの刺身
F強いつもりで油断して思わずのけぞる船長の船酔い
G弱いつもりの初心者が大鯛を何枚も釣り上げ絶句する自称ベテラン
H多いつもりで少ないのはクーラーの釣果(クーラーがでか過ぎる)
I少ないつもりでも多いのは役に立たず残ったクーラーの氷
などなど、最近はこんな感じで釣りをしています。
2017年8月29日(火)更新
スナメリに騙されブリ釣り損ね、その後は台風15号居座りで釣行不可です。
太平洋上に台風15号が発生、そのまま居座っています。しかし週が明けてからは 徐々にその影響が出てくる心配があるため、その前にと本日伊良湖水道まで ブリ、サワラ、ギガアジを狙って釣行しました。 先ずは朝日礁、先に到着した山岡さんの船が竿を曲げています。どうやらブリの ようです。すぐに船を止め、恥も外聞もなくすぐ隣でジギング開始、浅はかな事 この上なし。しかし30分粘っても反応がありません。 正気に戻ってギガアジ探しに神島方面へと走っていきました。中の島礁、ハタバタ 礁、コンサ、シモーサ礁と答志島前まで走っても、魚探の反応がいまいちです。 このままではやばい事になりそうと、今度は、横瀬と神島の中間地点、皆川さんの 上げ潮・真鯛ポイント(50bゾーン)で真鯛狙い、しかし何も釣れません。 本日は11時半の干潮がジアイだと早目に見切って、10時半には朝日礁で待機、待つ 事しばし、目の前でスナメリ数頭がバシャバシャとベイトをあら食いし始めました。 この時、海の底ではブリやサワラがベイトを追いかけ回し、海面 ではスナメリが踊り狂っていたとは気づかず、あんなスナメリが釣れても困ると 竿も入れずにぼやっと見ていたが、それが本日のジアイだったのです。 マイボートがやっとこさのタイミングで投入したらすぐブリがヒット、然し惜しくも ハリはずれ、その後はスナメリも消え、何も当たらなくなって本日お終いです。 結局今日は二人ともボウズでした。悔しい悔しい釣りでした。あ〜あ、クヤジー
2017年8月25日(金)更新
ギガアジ求め航行するも、魚探には姿かたちも見えません。
料金格安 脂がのったギガアジの旨さが忘れられず、一週間後の本日、ギガアジの姿を追い求め 伊良湖水道を越え、ハタバタ礁周りを走り回りました。 しかし、どこにもその姿かたちは映らず、しょうがないとあきらめて真鯛釣りに方向 転換するも、潮が速く真鯛も簡単には釣らせてくれません。やっと釣れたと思ったら 30p程のリリースサイズばかり、最後の最後、それでもお土産をと粘って何とか一匹 釣ることができましたが、欲求不満になりそうな釣りになってしまいました。 しかし、そうは言っても健康で海に出られただけでも感謝しないとこれは罰が当たり そうです。
2017年8月19日(土)更新
夏の最終章『刈谷わんさか祭り』が、刈谷総合運動公園で開催されました。
料金格安 料金格安 刈谷総合運動公園で開かれている『わんさか祭り』、広場では盆踊り、公園内道路 両側には屋台がひしめいています。締めくくりは何と言っても花火大会、午後7時開宴 です。家から近く一キロ余りなので昔は歩いて観に行きましたが、最近は面倒くさいと 家から眺めることが多くなりました。 玄関先でも花火は綺麗だし、音もガラスが震える程の大迫力で、そして刈谷市はトヨタ 系の本社が多いため寄付も集まるのでしょう、花火は毎年盛大で大変ありがたい事だと 感謝しています。 翌朝のゴミ集めは中学生やシルバーの方たちがボランティアで頑張っ ていました。できれば自分の出したゴミは持ち帰って欲しいものだし、そういう企画も 宜しいかと思います。
2017年8月18日(金)更新
応援団も帰って興奮も覚め、日常生活に、日常生活と言えば沖釣りでしょう。
応援団の後輩が帰ってしまうと寂しいものです、でもこれは仕方のない事、興奮を冷まし ながら徐々に日常生活に戻すしかありません、張り切り過ぎて疲れも溜まりました。
激励会の翌日から舌先に口内炎が出来てしまい、痛いのなんのって、食べることも、飲む ことも、話すことさえ不自由です。 ビタミン不足だとか、疲れだとか、原因はいろいろ考え られますが、しばらくおとなしくしていれば何とか治るでしょう。
今日は久しぶりに釣り友(助手)と、神島周辺まで沖釣りに行って来ました。
料金格安 料金格安 最近はタイラバで真鯛ばかりでしたが、今日は大きなアジが釣りたい、青物も釣りたい、 真鯛も少し釣りたいと期待(欲望)に胸を膨らませて、伊良湖水道を越え神島周辺まで 行って来ました。神島東の30mゾーンから始まって、瀬木寄瀬、神島西と走り回り、どう にかねらい通りの釣果を上げることができました。 特筆すべきは40センチ近いギガアジが釣れたことです。 サバもイサキもホーボーもカサゴもイシモチもそして真鯛も釣れました。 これだけ釣ったらさっさと帰ればいいのに、時間ギリギリまで釣ってしまい、 写真のような釣果になってしまいました。釣り人は意地汚いのが玉に傷です。
2017年8月13日(日)更新
名古屋大学豊田講堂で開催された七大学応援団合同演舞・演奏会で感激
大激励会の余韻覚めやらぬ翌13日(日曜日)は午前10時半から、名古屋大学豊田講堂で 七大学応援団による合同演舞・演奏会です。東北大学応援団の演舞の素晴らしさ、充実 振りに感激、加齢の影響もあってか目はウルウルの連続、あ〜長生きして良かったと 思うばかりです。
料金格安 料金格安 最初の演舞は北海道大学、 相変わらずの汚いいでたちは伝統ゆえしょうがないと しても、演舞の時間は守らない、会場にゴミを撒き散らかす、お客さんにスプレー を浴びせるなどの無礼の数々、これはもう改めてもらうしかありません。 北大の時間が伸びた分、最後の催しである七大学合同演奏の時間がずれてしまい、 遠くから足を運んでくれた諸先輩方の予定が狂うばかりか、最悪は最後まで見れ なくなってしまいます。 こんな不作法は一般社会に出たら通用せず、大学生だか ら、応援団だから許されると言うものでもありません。即刻是正して欲しいものです。
料金格安 料金格安 同じような写真ばかりですが、あるものは全部載せました。いずれも割愛するには 勿体ない写真だからです。これは先輩後輩の絆ではなく単なる未練かもしれません がご容赦ください。東北大学の次は東京大学応援団、 最近の東北大学応援団は東京 六大学の応援を良く研究して、応援の仕方、腕の振り方など、東大に似てきたよう な感じはしますが、内容的にはびしっとして東大より優れており、これぞまさに 『出藍の誉れ』とも言えるでしょう。
料金格安 料金格安 東京大学の後は、京都大学、大阪大学、九州大学と続き、最後は主管校である 名古屋大学応援団の演舞、ラストは七大学のブラバンとチアーによる合同演奏 会で締めくくられます。一昨年仙台での七大戦の時は、仙台宿泊だったため、 最後まで見させていただきましたが、今回は東大終了時点で午後二時近く、 空腹と疲れもあって早めに切り上げました。 各応援団の皆さん本当にあり がとうございました。50年近く前になりますが、4年間応援団を頑張って 良かったとつくづく思います。 皆さんも挫折することなく、伸び伸びと、最後まで応援団生活が送れるよう 切に祈っています。最後になりますが4年生の方は各大学とも卒団になるかと思います。 最後の最後まで応援団活動有難うございました。これからは先輩として後輩を 導いて欲しいと思います。
2017年8月12日(土)更新
名古屋に加え大阪、京都、東京、仙台本そして現役64名、計94名の大激励会
今夜は後輩の激励会、これには這ってでも参加しなくてはいけません。 熱中症の疲れか単なる老化か、残念ながら名古屋大学との野球の決勝戦には行け ませんでした。 それでもトヨタ系が今日から夏休み、夜の激励会に備え、早々と 名古屋入りしてくれ各支部の先輩方が応援に駆け付けてくれ素晴らしい応援に なったようです。息詰まる投手戦でしたが、東北大学惜しくも敗れ、準優勝に 輝きました。硬式野球部の皆さん、おめでとうございます。
料金格安 料金格安 ・    びっしり一杯の会場             下駄踊り創設者の藤沢君
料金格安 料金格安 ・大阪支部の山本さんと紅一点の鈴木さん    新生応援団生みの親 出雲さん
料金格安 夜7時からは名古屋駅前の『神戸館』でOBOG30名、現役64名、総勢94名の大コンパ開催 です。名古屋支部長(青木)の挨拶に始まり、仙台本部の木島先生、出雲さん、各支部 参加者の挨拶、現役の自己紹介(学年ごとにまとめて)最後は高岸団長の七大戦優勝の 決意表明と挨拶、学生歌で締めくくって無事終了です。 取りあえず明日は名古屋大学 豊田講堂で七大学応援団の合同演舞会がありますが、来年の七大戦は北海道大学主管 と言う事、来年は札幌で、7年後にまた名古屋で会いましょう。
2017年8月11日(金)更新
野球二回戦は名古屋パロマ瑞穂球場での応援です。
今日は名古屋にあるパロマ瑞穂球場で野球の二回戦、相手は京都大学です。 昨日の経験を生かし、今日もたっぷり水分を持って差し入れに行きました。 試合開始11時30分、と言う事でしたが、やや遅れて45分頃に試合開始、二回までは とんとん拍子に試合が進んでいったのですが、その後両チームともにフォアボー ルが多くなって、だらだらした試合展開に、それでも応援団は必死に応援、観客も 巻き込んで素晴らしい応援を繰り広げてくれました。
料金格安 料金格安 刈谷球場に比べ雲が多く、何とか暑さはしのげそうですが、湿度が半端ではありません。 良く見ると、学生服の袖からポタポタと汗がしたたり落ちています。 その内俄かに空が曇ってきて、ものすごい雷雨になってしまいました。 雨が降っても応援団は休み無く、雨の中断時間を活用して、松島名物大漁歌い込みの演舞まで 披露、これには瑞穂球場の観客が大喜び、素晴らしい応援を披露していただきました。
料金格安 料金格安 刈谷球場ではブラバン、チア、リーダーが一体となっての応援を繰り広げて くれましたが、ここ瑞穂球場では近所迷惑になるからと鳴り物は禁止されています。 したがって、ブラバンの方はリーダーに早変わりしての応援です。 紅一点、女性リーダーの鈴木さん、今日も頑張ってくれました。お陰様で京都大学にも 勝利し、明日は、ここ瑞穂球場で名古屋大学との決勝戦です。 4時間にも及ぶ長い試合で 救急車のお世話にこそならなかったものの、みんなぐったり、歩くこともおぼつかない学生 三人を宿舎まで送っていきました。午後4時過ぎ、ものすごい雷雨がやってきて 高速の登り口は滝のように水が流れ落ちています。前も全く見えません。 照明をつけ何とか宿舎まで送って帰宅したら足腰がギスギス、どうやらこちらも グロッキーになってしまいました。明日は決勝戦と、夜は現役の歓迎会、いったい どうなる事やら、取りあえず早目の就寝です。
2017年8月10日(木)更新
7年前の夢の再現、東北大学応援団が刈谷球場にやってきました。
料金格安 今年の七大戦は名古屋大学が主管校、東北大学応援団は8月10日から応援開始の由、現役に確認しました。 硬式野球の会場は7年前と同じ刈谷球場、自宅と同じ刈谷市内、これはもう応援に行くしかないでしょう。 現役に確認したら今回は総勢64名での遠征だが、いくつかの会場に分かれて応援に行くため、刈谷球場に は15人がやってくることに、ここ数日の暑さは半端じゃありません、熱中症がやはり心配、少しでもお役 に立てるよう、通常はお魚を入れる大型クーラーに氷水を作って水分を大目に差し入れする事にしました。
料金格安 料金格安 試合開始一時間前に球場に行ったら、現役はすでに到着し、ミーティングの最中です。 重たいクーラーを若手に球場内まで運んでもらいました。
料金格安 料金格安 野球は九州大学に勝利しましたが、猛暑の中懸命に応援を続けていた団員が 熱中症でバタバタ倒れ、一人は刈谷総合病院へ救急車で搬送されました。 試合終了後、体力を消耗しきっている団員を三名を名古屋大学豊田講堂前まで 送っていき、その足で刈谷総合病院に戻ったら、元気に回復し、すでに電車で 名古屋に帰ったとのこと、自力で帰ったのならやれやれです。 これは明日も行かなくっちゃ。
2017年7月29日(土)更新
今日は株式会社コスモさんの海の家でのバーベキュー大会、そのお手伝いでした。
料金格安 料金格安 今日は豊明にある住宅会社、株式会社コスモさんが、吉良にある海の家(崎山)に お客様を呼んでバーベキュー大会、手伝いに駆り出され、行って来ました。 午前11時開始でしたが、朝8時から準備を始め、先ずは荷物の運搬(車入れず手運搬)、 次にテントやテーブル、コンロ、食材の準備です。 天気予報は曇りだったのにカンカン照り、BBQの炭火は真っ赤に燃えて熱いし、日照りも きついし、焼き上がったものをクーラー効いた部屋の中でビールを飲みながら頂くお客さん は最高のようでしたが、BBQは汗をかかなくっちゃ、タンクトップで出かけたので 肩まですっかり焼けしてしまいました。
2017年7月22日(土)更新
今日も真鯛釣りは苦戦です、真鯛ダメならカサゴ釣り、その餌忘れ大苦戦です。
料金格安 一週間前、真鯛は釣れなかったものの、餌釣りでカサゴが沢山釣れ、これが 結構面白くはまってしまいました。これに味を占め、真鯛が釣れない場合は カサゴに転進と思っていたが、玄関先に餌を忘れてしまいました(泣)。 こうなったら真鯛を一所懸命釣るしかありません、何時ものところで始めたものの、 さっぱり、どうせ釣れないなら、新しい場所を開拓しようとGPS見ながらポイント探し 下げ潮の駆け上がりポイントを探って何とか真鯛を二枚ゲットする事ができました。 場所は神島南、ハタバタ礁、 海面がざわついているので近寄ってみたら なんと暗礁岩、大潮のときは海面に岩が出てきそうです。 こんな場所とは知らず船で通過したらエンジンが吹き飛んでしまいそう、 周囲を眺めたらなんと岩だらけ、怖いもの見たさに、真鯛釣るのをやめ、危険個所 を恐る恐る近寄って確認してきました。
2017年7月15日(土)更新
潮動かず真鯛は釣れず、節操もなくカサゴ釣りに転向しました。
料金格安 今日は風もなく波も穏やか、こんな天気は滅多にありません、本日は神島東の浅場で 真鯛を狙おうと早朝5時出航です。伊良湖水道を越えながら、正面に見える神島を撮影、 波もなく上々の釣り日和です。 神島東に到着、仕掛けを作成し、投入したら潮が動かず、 風もないため船が同じ位置にとどまったまま、これでは流し釣りになりません。
近くに僚船が一艘もないので、電話をし場所を確認したら、潮が動かないため あちこち移動しながら何とか真鯛を拾っているような感じです。こちらにおいでよと 誘われて向かった神島南、しかし移動した頃はアタリも遠のいた後でした。
料金格安 料金格安 やむを得ず、そして節操もなくカサゴ釣りに仕掛けを変更し、仕掛け投入、最初の 一投から良型のカサゴが釣れ出し、真鯛を釣る事を忘れ、しばしカサゴ釣りに専念です。
どうにかお土産が確保でき、潮目も変わって下げ潮になったので、再び真鯛仕掛けに戻し 投入、それからの二時間は何処へ行ってもノーバイト、11時納竿で早目の帰港です。 実を言えば、暑くて辛抱できません。三河湾を走って帰る途中、車両運搬船とすれ違い ましたが、いつ見ても何回見ても大きいです。
2017年7月8日(土)更新
贅沢な話ですが、ムニエル用の天然真鯛を釣りに行って来ました。
料金格安 真鯛の美味しいシーズンは花見鯛と言って3月から4月、桜の花が咲く頃に釣れる 産卵前の時期が一番、この頃は食い気もあって大きな真鯛が釣れる時期でもあります。 その花見鯛は一通り釣って、今は産卵を終え、魚体が痩せている時期なのです。 釣って帰っても脂が抜け刺身には向かないので、最近は真鯛釣りから遠ざかっていました。 しかしムニエルにすれば美味しく食べられると言うリクエストがあって、本日は神島周辺で 久しぶりに真鯛を釣る事になりました。 とはいっても大きなサイズの真鯛を釣るのはそう簡単ではありません。この時期の真鯛は あちこちに散らばっており何処でも釣れる半面、大型はなかなか釣れません。 しかし運も良く、どうにか60pの真鯛をキャッチすることができ、やれやれです。
2017年7月6日(木)更新
夜遊びの一環、渥美火力発電所前にワタリガニを捕りに行きました
料金格安 料金格安 7月からお盆までの期間ワタリガニの産卵があり、夜間海面に浮いているワタリガニを 捕まえに行くことを覚えたのは、昨年盆も終わった頃、今年はチャンスが来たら何時でも 出航しようと手ぐすねを引いて待っていましたが、どうにか今夜が良さそう、山形から 帰った当日でしたが、ワタリガニ取りの名人を連れて三人で行って来ました。 夕方7時に出航、発電所前で夕食の弁当を食いながら、暗くなるのを待ちます。 辺りが暗くなってから、ワタリガニと遭遇すべく、船首に取り付けたLEDの サーチライトに照らされた海面に目を凝らし船を走らせます。ワタリガニを 見つけたら側まで接近し、大きなタモで掬い取ります。遅くても的が定まらなくても 危険に気づいたワタリガニはさっと海中深く潜ってしまいます。 上手な人で5割程度、 今夜同行してもらった名人は実に100パーセントの捕捉率で、ビックリ感嘆です。 今夜は波がややあったのと月夜だったため、初日としてはこんなものでしたが、次回は もっと頑張ります。とは言っても私は船を走らすだけですが。
2017年7月6日(木)更新
名古屋駅で幸運を呼ぶと言うイエロードクター新幹線に遭遇しました。
料金格安 山形の帰路、ようやく到着した名古屋駅新幹線上りのホームに、幸運を呼ぶと言う イエロードクター新幹線を発見し写真を撮ってきました。 電車から降りてから気づいた方も多かったようですが、しばしホームに 立ち止って写真を撮る方が見えました。15年間の山形出張で何回かは遭遇 しましたがすべては偶然に見つけたため何となく幸運に巡り合ったような錯覚に 陥ります。 しかし、JR東海のホームページを見ると、運転計画が載っているようで、 これを確認し線路脇にカメラを構え、新幹線が走ってくるのをじっと待つんだそうです。 さてさて今回はどんな幸運に巡り合えますやら。
2017年7月1日(土)更新
三重県石鏡沖までイサキ釣りに行ってきましたが、波が高くて散々でした。
料金格安 何としてもイサキ食いたいの一心で午前3時に起床、5時出航で三重県の 石鏡沖まで釣りに行ってきました。三河湾内はさざ波一つない完全ベタ 凪状態の天気、今日は曇り空、途中雨が降るかも知れないが、梅雨イサキ と言う位だから、まあこんなものでしょう。 しかし伊良湖水道を抜けたあたりで海況は一変、波長の短い大きな波が 次から次へとぶつかってくるため、走り難い事この上なしです。 超スローでの走行で、通常は20分程で行ける距離を一時間近く、 ドンブラコ、ドンブラコと走っていきました。 ようやく、目的地に到着、アンカーを打って釣り開始しようとしたら、一緒に 行った釣り友が船酔いでダウンしています。 それでも頑張って仕掛けを投入したら 幸先よくイサキが釣れ、今日はイサキ大漁かの予感は小アジの猛攻ですぐに消し飛ん でしまいました、小アジ入れ掛かりです。 波が収まってきたら、今度は雨が降り出す始末、合羽を着たら暑くてしょうがない、 気持ちよく濡れながら釣り続行です。 小アジを避けながらアンカーを何回か入れ直したものもイサキ はぱらぱらとしか釣れません、それでもどうにかお土産だけは確保できたので 途中鯛の島に立ち寄って一時半納竿、2時半に帰港しました。 30pを超える大きいイサキも混じっての釣行、お疲れ様でした。
2017年6月29日(木)更新
この季節のメバル釣りは難儀だと言うことが分かりました。
料金格安 通常、5月連休から10月半ばはメバルの夜釣りはやりません。 その理由としては、昼が長く、午後8時を過ぎないと暗くなりません。 従って、釣れだすのも遅く、冬場なら納竿する午後9時頃からようやく釣れ出し、 なんだかんだと12時近くまでの長丁場になってしまい翌日が大変な事と、アジや フグなどのエサ取りが多くなって釣りにならないからです。 しかし、今夜は誘われてメバル釣りに行って来ました。 月も波も無く静かな晩でしたが、メバルも不在のようです。 それでも10時半を過ぎたあたりからポツポツと釣れだし何とか土産だけは確保すること ができました。案の定、納竿は夜12時、帰宅は午前2時、早く寝ないと夜が明けてしまいます。
2017年6月28日(水)更新
今年前半最後のゴルフ大会でしたが、今日のスコアは散々でした。
今週に入って梅雨らしい天気になってきました、今日のゴルフも雨模様です。 しかしこの時期はかんかん照りより、小雨の方が凌ぎ易いです。 前回のスコアは87、今日も90を切ろうと頑張ったものの前半47、まだ望みは ありましたが、後半メタメタに崩れてしまい結局56、103に終わってしまいました。 前回の87はどうやらまぐれだったようです。
2017年6月26日(月)更新
読書がしやすい様にと、譜面台のような読書台を作成しました。
料金格安 古賀茂明さんの『日本中枢の狂謀』を読んでいます。 安倍政権の正体、自民党の正体が分かりやすく解説されており、メディアや官僚がなぜ 安倍政権に尻尾を振るのか、公明党がどうしてここまで自民党に協力するのか、今まで モヤモヤしていた物が吹き飛んでいくようです。 と言う話には関係なく、本が読みやすい様に読書台を作成しました。 まるで楽譜を乗せる譜面台のようでもあり机上でも、こうして椅子の上にでも置きやすく とても便利、釣りの合間にせっせと活用したいと思います。
2017年6月24日(土)更新
沖に出ても釣れないので、今日は近場の日間賀島周辺でキス釣りです。
料金格安 料金格安 6時出航で日間賀島周辺までキス釣りに行って来ました。 10年ほど前は、築見島周辺をうろうろしているだけで、篠島方面から漁船が 走ってきて、あっちへ行けと、釣り人を怒鳴りつけていましたが、最近は そんなこともなくなって(これがそもそも本来の姿ではありますが)自由に 釣りが楽しめるようになっていました。つい先日初めて知りました。 喜び勇んで、築見島周辺で竿を出したものの、肝心のキスはあまり釣れませんでした。 それに小さめのキスが多かったようです。10メートル前後を探りましたが、この時期 ですともっと浅めのほうが良いのかも知れません。
2017年6月22日(木)更新
山形の夕食は相変わらずの蕎麦、そして今はサクランボの盛期です。
料金格安 料金格安 6月20日から22日の三日間は山形に行っていました。 山形と言えば相変わらず蕎麦を頂いています。 蕎麦はカロリーがほとんどなく、痩せたい方にはぴったり、 またこの時期の山形は サクランボの盛期を迎え、駅構内ではいろんな種類のサクランボが売られています。 今年も豊作だそうですが、昨年に比べると、やや小ぶりだとか。お値段もそれ相応です。
2017年6月18日(日)更新
山形の知人から美味しいサクランボが届きました、そして今日は父の日です。
料金格安 料金格安 午後一番、チャイムが鳴って、山形から美味しいサクランボの便りが届きました。 何時もながら送っていただき、本当にありがとうございます。 山形に通うように なってから早や15年、今でも隔週でお邪魔していますが、これほど長く続くとは 思っても見ませんでした。多分、改善をしたいと言う現場の人の熱意と、山形の 人の温かい人情で、長続きしているような気がします、本当に有難い事です。 こちらからは通常ですと、三河湾名物のあさりを送るのですが、アサリは昨年も 今年も全滅、本当に困ったものです。 夕方には父の日だとかで息子と孫がやって きて、孫から手渡しで父の日プレゼントを頂きました。 これもまた例年の事ですが、本当に有難い事です。
2017年6月17日(土)更新
今年初めての脂ののった美味アジを釣らせていただきました。
先週の土曜日、ブリは釣れなかったものの、大きなアジをゲットして きた仲間が居ました。訊ねたら鯛の島礁周辺とか、その話を聞いて、今週は (中途半端に)アジを狙って5時出航の釣行です。 まずは伊良湖水道の朝日礁、 今日は早速の大物ヒット、久しぶりにドラグが引き出される音の 心地よさに酔いしれていたら、合わせを入れるのを忘れたのも油断、フック を外され、魚は逃げて行ってしまいました。逃げた魚はとにかく大きかった。 その後はアタリもなく、今日は予定の行動、鯛の島礁周辺に移動、アジとの対面に 胸が躍ります。しかし肝心の場所が広過ぎてわかりません、あちこち さぐっても釣れるのはカサゴとベラばかり、これはダメだとあきらめ戻った 伊良湖水道、、 石鏡に行っていた人から突然電話があって、鯛の島礁でアジが 入れ掛とか、これは場所を確認するためにも行くしかないと、元の鯛の島礁に 戻ったら、確かにアジは入れ掛りです。でもアミ籠が、撒き餌が、仕掛けがない、 あるのは竿とリールと腕だけ、これでは釣れません。 こうなればだれも見ていない 海の上、籠も撒き餌も仕掛けも全部寸借して、船を後ろに縛り付け、釣り始めたら アジの入れ掛かり、感極まって涙ちょちょ切れです。しかし入れ掛かりも 束の間、引き潮の流れが徐々に早くなったのと、大きな船を小さな船に縛り付け てしまったので、アンカーが引けてしまい、あたりがぴたっと止まってしまいました。 そのうち風向きも変わって午後二時、お土産は確保できたので帰ってきました。 帰宅してアジの刺身を造ったところ、脂がのっていて美味最高、この時期は ブリや真鯛よりアジ狙いのほうがいいと言うことが判明、次回からはアジ釣り に転向します。
2017年6月14日(水)更新
近場の梶島周辺で今年初めてのキス釣り体験です。
先日のマリーナ清掃の日に、近場でもキスが釣れるようになったと聞いて今日は 6時出航でキス釣りに挑戦してみました。教わったポイントのヒロセは船外機のペラー をぶつけ大損害を被ったところ、あまり近寄りたくなかったのですが、恐る恐るアンカー を入れてキスを釣り出しました。 入れてすぐパタパタと大きなキスが二匹、これは幸先良い と喜んでいたら、その後がさっぱり続かず、やむを得ず宮崎港前へ移動、ここではピンギス ばかり、余りの小ささに、元のヒロセに戻って仕切り直し、今度はべらとフグの猛攻に遭遇、 10時前に餌切れ。その後はタコ釣りに転向、しかし一時間ほどやっても全く釣れず、11時前に 帰港しました。 今年初めてのキス釣りは、まあまあの白ギス15匹、ベラが二匹、草フグが 8匹ほどでした。フグ大好きな鈴木造船のお父ちゃんにフグを届けて本日のキス初釣り終了です。
2017年6月11日(日)更新
今日は年に一度のマリーナ清掃の日、多くの会員が集まりました。
今日は年に一度の、マリーナ清掃の日です。あいにくの曇り空でしたが、多くの会員が 集まって、わいわいがやがやと楽しいひと時を過ごすことができました。 駐車場周りは ゴミが沢山落ちていたようですが、海上の桟橋付近はあまりゴミもなく約一時間ほどで 無事に終了。終了後はパンとお茶をもらって、釣り仲間と梶島一周、 やはり海はマイナ スイオンやら元気の源が一杯です。また釣りはゴルフやマージャンと違って、一人でも 参加できるので、やめる必要もありませんが、死ぬまでやめられそうにもありません。
2017年6月10日(土)更新
快晴に誘われてのブリ狙いは(潜水艦に邪魔されて)ボウズでした。
料金格安 ジギング船の釣りブログを見ていると、連日ブリが釣れ盛っている様子、 特にブリが欲しいわけでもなく、格別な引きに惹かれ、6時出航で伊良湖水道 朝日礁へと向かいました。 ベイトはギッシリ映りますが魚は喰いません。 一時間ほど粘った8時前、早くもギブアップ、真鯛狙いで神島北側に移動、 ここでもアタリなく、下げ潮は中島礁へと。ここでマイボート (釣りの助手)が真鯛をキャッチ、しかしその後は全くアタリなく、そろ そろ時合い到来と期待し10時半頃、元の伊良湖水道へ戻ってきました。 ここでもアタリがなく、結局完全坊主で昼前にギブアップ、帰港しました。 後で知った事ですが、朝8時過ぎ、私らが移動した後で、朝日礁はブリの時 合いがあったとかで、ありもと丸はブリを大漁ゲット、私らが戻ってくる直 前にその喰いも止まったとかで、何とも情けない話に二度がっかりです。 そこでずっと粘っていれば、釣れるという事もありませんので、人間諦めが 肝心です。写真は蒲郡に向かう潜水艦です。
2017年6月8日(木)更新
色づき始めた山形のサクランボと、平田牧場の三元豚(ヒレカツ定食)です。
料金格安 料金格安 梅雨に入っても雨は一向に降りませんが、6月に入って山形名産のサクランボ は畑で色づき始めました。帰り道、写真撮ろうと思っても、どこの畑も鳥対策 でネットがかぶせてあって、撮影が難しかったのです。でもなんとか季節感は 伝えることができそうです。 山形駅から東京までは山形新幹線、乗り継ぎ時間があったので、久し 振りに平田牧場の三元豚ヒレカツ定食を頂きました。通常は2000円のもの ですが、サービスタイムとかで半額の1000円、是非ともトンカツが食べた くてと言うのではなく、半額に釣られて食べたと言うのが正直な話ですが 美味しかった事は、事実です。御馳走様でした。
2017年6月4日(日)更新
海で遊ぶ時間は楽しい、今日は船のキャビン内の整理整頓です。
昨日は自転車で少し走り過ぎ、夜になってから足がつってしまったので、 一夜明けた本日は、晴天と言う事もあって、マリーナに行ってキャビン内の 整理整頓をしてきました。 今の船に乗り換えてからもう5年、キャビン内は 防寒着やらカッパやら(本人から見ればごみではないのですが)毛布など使わない モノ(ゴミ)が一杯、一旦捨てようと思っても勿体ないという考えが頭の 中をよぎると、どうしても捨てることができないので、今回は一年以上使用して ないモノは捨てる事にしました。@毛布AタオルケットB穴の開いたタモC使用 してない小物入れD防寒着等々です。 今回捨てた防寒着は40年以上前、ヘラブナ釣りをやって いた頃大金を出して買ったものですが、とても暖かく、洗濯しても布地がしっかり していたので、ついつい捨てきれず持っていました。今回は使わないものと判断し 捨てる事にしました。使っていないジグや錘そして竿がまだまだ一杯船の中を占拠 しています。
2017年6月3日(土)更新
サイクリングロードを走って『豊田の浄水』まで行ってきました
料金格安 料金格安 雲一つない晴天ですが、風が強く釣りには不向き、そんな時には自転車に乗ってのミニ旅行。 刈谷の隣町、知立に出ると、逢妻女川の堤防上が豊田浄水までサイクリングロードとして整備 されています。 あまり人気がなく、土手の周りは草が生い茂ってますが、走りには支障ありません。 むしろ空いているので気楽に走れます。途中麦秋を感じさせる麦畑を発見、今はこんな季節です。
料金格安 料金格安 北西の風に押され行きはスイスイ、帰りは下りが多く楽チンンと思ったのですが、 往復とも同じ道では面白くないので、帰路は一般道を通って、帰る事にしました。 途中三好公園に取り道して休憩、散歩している人にシャッターを押してもらいました。 なかなか人が来ないので待つこと数分、これからのサイクリングには三脚を持って行 かないと。整備された街中の道路は、車さえ気を付ければ、走っていて楽チン です。家の軒先にはビワの実がたわわに実っている季節でもありました。
2017年6月1日(木)更新
先日の真鯛に続き、本日は久々にワラサを釣りました。
料金格安 料金格安 二日前から神島周辺でブリが釣れているとかでジギング船は大賑わい、本日は風もなく これでは、行かないわけにはいきません。5時半出航で神島周りと伊良湖水道に行ってきました。 ところが、昨日までとは打って変わってジギング船が一隻も見当たりません。釣れるものだと 早合点し、出てきてしまったが、よくよく考えたら今日は小潮、潮があまり動きません。 多分ブリは10時半の満潮前後が時合いだと決めつけ、取りあえず神島周辺で真鯛を狙う事 にしました。 しかし潮が動かないと言う事は悲しく、大苦戦です、因みに100bの深さでも 60号の錘で底が取れてしまうお粗末さ、これでは釣りになりません。 小さな真鯛一匹とワニゴチ一匹で前半終了です。
料金格安 料金格安 後半はジギング船が集まりだした朝日礁へ移動、到着した時は、すでにジギング船が 大船団になって釣りをしていました。船団の中は排気ガスの臭いで殺されそう。 青物釣りはベイトの群れから離れると釣れません、従来だと臭くてもジギング船の周りを ウロウロ走りまわっていましたが、今回はソナーを装着したので、自分でベイトの群れを 追いかけながらの釣りとなりました。 時合いを期待しての釣りでしたが、どうやら本日は時合いがなさそう、どこの船も退屈そう で釣れてる風情がまったくありません。 そんな中、偶然でしたが、一匹のワラサをゲット、 ジグを回収する途中、水面近くで喰った魚の引きは強烈でした。80p少し切れたためワラサ とバカにされましたが、丸々太って5.5`、気分は立派なブリゲットです。
2017年5月30日(火)更新
継続しても一向にうまくならないゴルフ、今回は会心のスコアが出ました。
料金格安 入社したての若い頃、兄からもらったクラブでゴルフを始めました。 一年でシングルになろうと心に決め、毎週日曜午前中は練習場通い、半年後から コースに出るようになりました。最初のスコアは116、(月一回ゴルファーだったため) 100を切るまでに数か月かかりました。その間最高のスコアはハーフ42,45,47(恵那峡の 松竹梅1.5ラウンドコース)、後半の92が公式スコア、結局一年でのシングルは夢のまた夢、 ゴルフは一年限りでスパッとやめ魚釣り一本になりました。
それから30年後、寺子屋改善塾のメンバーと再開したゴルフ、100を切る事すら至難の 業に、原因究明しながらの基礎体力アップが功を奏し、今回87で上がることができました。 これからずっ〜とこんな調子なのか、たまたま今回だけだったのかは次回以降が証明して くれそうです。
2017年5月27日(土)更新
米沢と言えば米沢牛、米沢駅名物『牛肉ど真ん中』弁当を久々に食べました。
料金格安 今回の山形は変則出張、木曜日に自宅を出発し、金曜日と土曜日に仕事をして 土曜日の夜帰ってきました。10年以上前から山形に出張するようになりましたが、 出張の帰り道、毎回電車の中で食べた駅弁は米沢名物の『牛肉ど真ん中』です。 癖になる弁当で殆ど毎回食べていました。しかし消費税が上がった時に便乗値上げ をしたものだから、怒ってしばらく買うのをやめていました。 今回は久々のご購入です。 ちなみにこの弁当は駅弁コンテストで日本一になったとかのいわくつき、少し 高いかなとは思いますが、やはりそれなりの弁当でもあります。
2017年5月22日(月)更新
メバルを除き、沖釣りは3月29日以来の不調、今日は真鯛一筋でした。
料金格安 料金格安 釣れない釣りが続くと、あれこれと思い悩むようです。 @タングステンの錘が良いのかな、Aリーダーは細い方が良いのかな、B錘の塗装が 禿げているのがだめなのか、等々、次から次へとマイナス発想が湧いてきます。 天狗堂で塗料を買ってきて、錘の鉛を化粧直し、釣り針は新品に交換、今日は釣れるぞ、 釣れるぞと暗示をかけながら、見事に真鯛三枚と、ワニゴチ二匹、それにおまけの サメ(リリース)を釣ってきました。下げ潮の前半は神島の中の島礁前、上げ潮は横 瀬と神島の間50m付近です。
真鯛は三枚とも雌で産卵前、まだまだ乗っ込みはこれから のようです。写真は巨大船通過を待っている所です。

2017年5月20日(土)更新
体調回復後の初釣りは、またもやボウズでした。
料金格安 料金格安 あれもこれもと欲張るのはやめて今日は伊良湖水道でひたすらサワラ狙いです。 ベイトも沢山写って激釣の予感、ソナーの感度も抜群、船の周りはベイトだらけです。 しかし、舞台は申し分なかったのですが、一向に釣れません。今日もジギング船が一杯 ですが、何処の船も釣れている感じがしません。そうこうしているうちに昼近くなって 白波が立ってきたので、これを言い訳に退却、何を隠そう今日もボウズでした。 でも風邪が治って初の釣り、気分転換としては上々(言い訳)の一日でした。
5月三回目の連続ボウズです。
2017年5月16日(月)更新
疲れがたまったせいか、とうとうダウンしてしまいました。
5月11日(木)の夜遅く山形から帰ってから何となく体がだるく肩も凝るので (注意信号は十分出ていたのですが)不調に気づかず、家電の店先でモミモミ したり、海に行ってマイナスイオンを吸ったり気分転換に勤めていましたが、 気分転換の沖釣りで撃沈をくらって気分も落ち込んで、とうとうダウンです。 のどが痛くて、熱もある様子、早速かかりつけの耳鼻科に行って治療を受けて きました。二三日は通うようにとのアドバイスで水曜までの三日間通院、自宅で 静養していました。 金曜日からは薬もやめ80%ほど体調が戻ってきたようです。
2017年5月14日(日)更新
今日の沖釣りはあたりが一回もなく撃沈を食らったようなものです。
やや体調不良でしたが、サワラを釣りたい誘惑に克てず伊良湖水道へ。 日曜日とあってどこのジギング船もお客様がいっぱい、しかしジギング船も 私もサワラは一向に釣れません。 ひたすら頑張っては見たものの9時過ぎにはもうプッツン、サワラをあきらめ お土産確保の真鯛狙い。伊良湖水道から神島東の浅瀬へと移動、しかし真鯛も そう簡単には釣れません。今度は神島西の中の島礁付近で試すもアタリが全く ありません。10時半にはギブアップでしたが、もう少し粘って、11時半あきら めの納竿、早目の帰港です。 自宅パソコンでジギング船の釣果を確認、どこも 撃沈模様、しかしボウズはボウズ、今日もまた声もなし(5月は二回目)です。
2017年5月6日(土)更新
東北大学応援団名古屋支部会議(単なる飲み会+α)を開催しました。
料金格安 料金格安 午前中は近所のサイクルショップ『ジパング』に行ってほぼ一年近く走っている 愛車の前後輪のタイヤとチューブを交換してもらいました。自転車が汚れている と言うことで、自転車のクリーニング(写真)をやってもらいました。 午後は名古屋に行ってきました。要件は下記の通りです。
名古屋大学主管で今年夏、開催予定の七帝戦、応援団の後輩諸君も名古屋に やってきます。応援もさることながら、先輩として一番の楽しみは後輩の激励 会・親睦会です。昔は人数が少なくてどこでもやれたのが、最近はうれしい悲鳴、 団員が50人を超えての大所帯、会場はどこにするか、幹事は誰がやるのか、現役 との窓口はどうするか、東京大会ではどうだったのか調べよう、といろんな意見 が出されました。これから名古屋支部がまとまって、人数は少ないけれど、楽し かった・良かったと言われるように歓迎コンパの準備をしていきたいと思います。 この日集まってくれたのは、愛知製鋼の木下君、豊田通商の伊与田君、東洋紡の 中村君、金城学園学長の奥村君、そして私青木の5人です。三人寄らば文殊の智慧、 五人集まれば何とかなるでしょう。何とかならない分は大阪支部や東京支部にも 素直に応援してもらいましょう。 人事を尽くして天命を待つ、準備だけはしっか りやっていきたいと思います。とにかく後輩の諸君は元気でいらっしゃい、 暑い名古屋でお待ちしています。
2017年5月5日(金)更新
伊良湖水道でのサワラ釣りは撃沈、助手のマイボートがサワラ二本掛けました。
私はアタリもなくただ意気消沈するのみ、・・・・・・・声もなしです。
2017年5月3日(水)更新
早朝サイクリングいざ出発、ところが自転車はパンクしています。
気持ちのいい朝、サイクリングにいざ出かけようとしたら、自転車が パンク、今日から三日間、近所のサイクルショップは休み、チューブを 取り出し調べてみたらプラグのすぐ側に穴が開いています。修理も難し そうなので予備のチューブに交換、新しいチューブに替え空気を入れ完了。 気持ちをあらため出かけようとしたら空気が抜けておりがっくりです。 再度チューブをみたら、穴が開いており空気がダダ漏れでした。 タイヤを嵌めるとき噛み込んだ様です。予備がないためやむを得ず パンク修理を始めました。完成後30分放置、今度は空気が抜けて いません、大成功です。しかしもうその時点で気持ちがプッツン、 本日サイクリングは中止です。
余談にしては申し訳ありませんが、本日は文化の日、日本国憲法が施行された 記念すべき日なのです。日本国憲法の特徴は、国民主権、基本的人権の尊重、 平和主義で、崇高な理念のもとに作られた立派な憲法、世界中の国が同じような 憲法を持って、憲法を順守すれば、世界から争いはなくなると思います。 蛇足ですが、安倍総理の言う積極的平和主義は全くの詭弁なのでお間違いなく。
2017年4月30日(日)更新
沖釣りもダメ、メバルもダメ、これを打破しようと今夜はメバル釣り、頑張りました。
料金格安 料金格安 沖釣りがだめなら内海でメバルを釣ろうと、何時もの知人と渥美伊川津まで行ってきました。 ただ前回は12時半近くまでだらだら釣っていたので、今夜はパタパタ・さっさと 釣って、遅くとも午後10時には上がるつもりで出かけました。 今夜は午後9時満潮の中潮で、満潮を挟んで前半上げ潮、後半下げ潮、こんな良い潮は 滅多にありません。おまけに、下弦の月で真っ暗闇、最高のメバル釣り日和です。 竿を出し仕掛けを作って電気浮きを装着、流れを確認しようと棚を浅くエサをつけずに入れて 置いた浮きが消し込んで、大きなメバルが釣れてしまいました。餌もつけてないのに何と言う 事でしょう、今夜は入れ掛かりの予感、いやが上にも期待感が高まります。 胸ワクワク、餌を付けて投入したら今度は浮きがピクリともしません。 嫌な予感です。そのうちポツリポツリと大型メバルが釣れ出し気分も上昇、しかしピッチが 上がりません。だらだらと今夜も午前1時までやってしまいました。 歳もわきまえずだらしのない釣りになってしまい、反省しきりです。
2017年4月29日(土)更新
好天に恵まれようやく出かけた真鯛釣り、一匹も釣れず撃沈です。
料金格安 今日は待ちに待った沖釣り日和、午前5時半出航で意気揚々と神島周辺へ真鯛釣りに 行ってきました。佐久島を通過する頃が一番波高く、沖へ向かうほど静かな、今日の 海況はベタ凪です。今日は真鯛中心に狙います。 神島東25bゾーンで釣り開始、アタリは何回もあるが掛かりません。 多分魚が小さいのでしょう、そのうち大きなアタリがあって、写真のマゴチが上がって きました。真鯛と違って引きが弱く一体何が掛かったのかと疑心暗鬼、魚体を確認し、 なんだマゴチか、と言われれば、マゴチもきっと気分悪いでしょう。 このマゴチの後がさっぱり続きません。フェリー航路がある神島南寄りの中之島礁に移動、 しかし、ここでも何も釣れません。鳥羽の方から走ってきた釣り友が、コンサ礁で真鯛が 釣れたが、潮の流れが速くなったので戻ってきたとのこと。それならばとコンサ礁まで足 を伸ばしてみたものの、やはり何も釣れません。 一所懸命釣りをしていたら、突然背中の方から人の声が、振り返ってみたら 海上保安庁、海技免状を見せてくださいとのこと、連休中の事故防止呼びかけをしていると のことでした。 結局ここでも何も釣れず、帰りがけ神島に寄って竿を出しても、もう気力がプッ ツン、11時には納竿して帰ってきました。マリーナで給油していたら突然突風が吹き出し、 これにはびっくり、海は突然の大時化でヨットも転覆したとか、天気予報が当たりました。
2017年4月28日(金)更新
豊明にある潟Rスモに行って、材料を調達、椅子を自作しました。
料金格安 30年以上使いこんだ椅子が壊れてしまいました。あと何年使うかもわからず、 新しく買うにはやや抵抗があります。それに作り付けの机が高いので普通の椅子では 低くて使いにくいのです。 洗車をする時のアルミ脚立にしようかとホームセンターで調べてみたら手頃の大きさ の脚立は5000円します。これはもったいないと豊明にある潟Rスモに行って端材をさがし、それを 切断してもらって、椅子を自作しました。座り心地満点、テーブル代わりにもなるので重宝です。
2017年4月27日(木)更新
ゴルフ場の芝も緑になって、今日は月一回の寺子屋改善塾ゴルフ大会です
今日は寺子屋改善塾、月一回のゴルフ大会、スコアを改善すべく練習 するでもなく、ただだらだらとお互いの健康を確認しあいながら、あと何回 ゴルフができるかなあ、ゴルフがやれるという事は健康な証拠だとぶつくさ 言いながらラウンドしてきました。 スコアも良いはずがありません。お互いにOB連発、池ポチャありと上がって みれば全員揃って100台のスコア、もう少しやる気を出さないと100を切るのも 大変になってしまいました。それでもパーが二つあってこれは何やら不思議です。
2017年4月23日(日)更新
釣り仲間と二人、渥美伊川津でメバル釣りを楽しみました。
料金格安 連休に入っても天気が悪く、なかなか外海には行けません。しかし今夜は夕方から 凪模様、釣り情報では、外海もあまり釣れないとかで、今夜は知人と二人、渥美 伊川津でメバル釣りです。 ポイントに到着した夕刻は南風、船が揺れないように船首を南に向けアンカーを 打ちました。春のメバル釣りは大型が次から次へと釣れるのが常識ですが、今年は 何やら異常、入れ掛かりには程遠く、ポツリポツリと釣れるのみ、午後9時になって も釣果はさびしく、 結局粘りに粘って午前零時半になってしまいました。 午後11時頃からは東の風に変わり、横波を受けて船が大揺れ、とても釣りにくく、 さりとてアンカーの入れ直しはしたくなかったので零時半に納竿、帰港しました。 帰宅は午前2時半、就寝は午前3時、夜遊びが少々過ぎました。
2017年4月22日(土)更新
今年もタケノコ掘りの季節到来、吉良でタケノコをゲットしました。
料金格安 料金格安 吉良の知人からタケノコが出たよ、と今年もお誘いの電話があって、タケノコ掘りに 行ってきました。 タケノコ掘りは時間との勝負、山で掘って車まで運び、鈴木造船の 大鍋まで運んで即あく抜き、タケノコから見れば残酷な話、さっきまで竹林でのんびり 暮らして居たのに、根元から掘り起こされ、石川五右衛門でもあるまいし、あっという 間に釜ゆで、しかしこうしてあく抜きしたタケノコはエグミもなく美味しいんです。
料金格安 料金格安 刈谷に戻ってから知人・友人に電話をしまくり、タケノコを取りに来ていただきました。 30本ほどのタケノコはあっという間になくなり、タケノコご飯や煮物へとなって各人の 胃袋の中に消えて行った事でしょう。タケノコの短い一生に合掌です。
2017年4月15日(土)更新
春到来ですが、今年のメバル釣りは大苦戦中です。
料金格安 前回もその前もメバル釣りは芳しくありません。しかしつい前回の水温は9℃でしたが 今回は14℃、愈々メバル釣りのシーズン到来、と勇んで出かけた渥美伊川津、今回は 中電火力発電所前にソナーを使って発見した新たな漁礁周りで釣りを行いました。 クラゲも流れていなくて幸い、、海はトロッと油を流したように凪いで、思わず笑みが こぼれるばかりの良い天気に恵まれました。 しかし暗くなっても、8時を回っても、メバルは一匹も釣れません。 其のうち近くに止めていた船(5艘ほど)も何時しか居なくなってわが船一艘残すのみ、 不安に後押しされ、この場所を教えてくれたホシケンマルに電話したら、釣れない時は 釣れないとのことだったので、釣れない時でも釣れる水中堤防に引っ越そうと言う事で、 真夜中の海を移動、午後9時近くホームグラウンドでの釣りを再開しました。 ここでも苦戦でしたが、なんだかんだと粘ってお土産は確保することができました。 クーラーいっぱい簡単にメバルが釣れたあの頃が遠い昔のように懐かしく思い出されます。
2017年4月14日(金)更新
ソナーの試運転を兼ね、伊良湖水道・神島周りに釣りに行きました。
新しく装着したソナーの試運転を兼ね、伊良湖水道から神島周辺を釣行してきました。 サワラ狙いです。 餌となる小魚(ベイト)を追いかけているサワラを釣るには、まずはベイトを見つけ探す 必要があります。ベイトを発見する方法としては鳥山、サワラのような魚が 海の中でベイトを食べ出すと、逃げ惑ったベイトが海面にまで浮きあがってくるのです。 それをめがけて上空から海鳥が集まってきて鳥山を作るのです。ただ鳥が遊んでいるだけ の場合もあります。その他に、魚群探知機、通称魚探と呼んでいるものです。海底に向かって 超音波を発信し、その跳ね返り信号をモニターに映し魚の群れを見つけるものです。 通常はこの方法でベイトを見つけています。 ただしこれでは船の直下しか見る事ができません。ソナーはチルト角度をつけて超音波を 斜め方向に発信し魚探と同じく戻った信号をモニターに写し見るものです。 大間のマグロ船は大体これを装備してマグロを追いかけています。 前置きが長くなりましたが、このソナーのテスト半分の釣行でしたが、周囲に ベイトがいなければどんなに優秀な機器でも何にも役に立たたないことが証明できました。 という訳で本日は30pの真鯛一匹で終了、一緒に行ったマイボート(釣り友) は60pオーバーの真鯛をゲットしましたが他人の魚を写真に撮ってもしょうがないです。
2017年4月11日(火)更新
饅頭屋のおばあさんに、車(ハイゼット)ぶつけられる
バレーで捻挫している孫の通院で、接骨屋まで送っていき、30分ほどの 待ち時間、左端に車を止め読書をしていたら、後ろから来た車が右脇を すり抜けた際、前から車がやってきて、慌てたおばあさん、ハンドルを 左に切って車後部を私のハイゼットの右バンパーにこすり付ける事にな りました。 運転ミスによる小さな事故ですが、近くの刈谷警察署まで行 き事故証明を書いてもらい、孫を自宅に送ってから三河ダイハツ刈谷店 に修理依頼。子供をはねた訳でもなく幸い、 余談ですが、そのおばあさ んの車は前後左右傷だらけ、自分がぶつけた傷なら修理もしませ んが、保険で直してくれると言う言葉に甘え修理します。
2017年4月10日(月)更新
雨やら、強風やら釣りに行けないので、庭の芝生を張り替えました
料金格安 例年の3月4月に比べ、今年の春は気象異常を感じます。春の天気は三寒四温、 “降る、吹く、曇”の繰り返しで、少なくても週に一回くらいは釣りに行け るものですが、ここのところ雨が降ったり、風が強かったりで釣りにも行けません。 『小人閑にして不善を為す』の不善はやり尽くし、やる事もなかったので猫の額 ほどの庭の芝生を全面的に張り替えました。 古い芝生とともに、古い土も引きはがし 均した後に芝の床土を撒いて、その上に新しい芝生を張っていきました。言葉に すれば簡単ですが、老体には結構な重労働でくたびれました。すべての芝がきちん と芽を出してくれるとうれしいのですが、多分数枚は後日手直しが必要になるかとは 思いますが、まずは一段落です。
2017年3月30日(木)更新
今年初の、寺子屋改善塾ゴルフ大会を楽しんできました。
昨年12月以来、今年初の寺子屋改善塾ゴルフ大会、その間4か月、一回もクラブを 出すことも握る事もないぶっつけ本番のゴルフ大会を、天気にも恵まれ、岐阜県恵 那市山岡カントリーでIN8時31分スタートで楽しんできました。久しぶりのゴルフ でしたが、上手にも下手にもならず、何とか最後まで回ることができました。 それでもINスタート10番ホールはいきなりパー、これはイケルと思った 11番はトリプルボギー、その後もボギー、ダボ、トリプル、ダブルスコ アと重ねた大乱れのゴルフですが、 10番に引き続き、14番、OUTに入って 5番、8番がパーと本日のパーは4個、その割には酷いスコアーで合計 106、 しかし所詮ゴルフは遊び、健康で楽しく遊んだだけでも感謝です。 因みに他のメンバーは103と109、みんな下手くそです。
2017年3月29日(水)更新
神島周辺で、今シーズン初めての真鯛釣りを楽しんできました。
料金格安 料金格安 今年に入って1月2月と魚はだらだらと釣れ続き、2月後半になってようやく 釣れなくなったので、船を上架し、年一回の船底塗装やらエンジンのメンテナン スを行ってもらいました。船底塗装後、3月後半のメバル釣りは貧釣に悩まされ ていますが、本日は気分一新、6時出航で今シーズン初めての真鯛釣りに挑戦 してきました。 最初は神島東30mゾーン、何回流してもさっぱり釣れず、神島西側の 60mゾーンへ移動、ここでも結局ボウズ、遥か彼方の伊良湖水道に ジギング船が固まって何やら釣れそう、早速飛んで行きましたが、 ジギング船はどこへ行っても釣れなかったと見え、伊良湖水道40〜50 メートルゾーンに集結していただけでした。 ふと時計を見たら、もう10時過ぎ、でもまだボウズ、だんだん焦りが 出てきて、最後のポイント(中之島前)へ移動、そこでようやく55pの 真鯛をゲット、続いて50p、次の流しで60pの桜真鯛をゲット、 その後はアタリが遠のき、12時半納竿で帰港しました。春先乗っ込み の真鯛は白子が楽しみ、この真鯛の白子がメチャ美味しいのです。
2017年3月25日(土)更新
メバル釣りリベンジ、水温が低すぎるのか、またもや撃沈です。
3月12日(日)のメバル釣りはボウズ、釣れない釣りは熱中する分、面白いの ですが、今回はそのリベンジで出かけて行きました。青虫とエビをたくさん持って、 どれだけメバルが釣れようとも餌切れの心配だけはまずありません。 今夜は新月、前回と違って真っ暗闇、最高のメバル日和です。 そして前回の水温は8.1℃、今夜は9.1℃、一度上昇しています。 『ヨシ!今夜は大漁』との期待も、徐々に不安が忍び寄って、夜7時を回った 頃には木端微塵に打ち砕かれ、今夜も情けない釣りになってしまいました。 メバルがだめならせめてお土産にと、あれこれ仕掛けを変えて頑張った結果は メバル、カサゴ、全部まとめてもやっと15匹ほど、水温が上がった頃に再度メ バルちゃんに会いに来ます(挑戦と言う言葉がそもそも傲慢でいけなかった)
2017年3月22日(水)更新
山形と言えば蕎麦、蕎麦と言えば庄司屋、今夜も頂いています。
料金格安 山形滞在中は蕎麦三昧、到着した晩にそばを頂き、その翌日も夜は蕎麦、 そして最終日の夕食も蕎麦、要するに山形の夕食は毎晩蕎麦なのです。多分 蕎麦だけなら体重も少しは減るかと思うのですが帰って計ってみると大体二` は増えています。 ビールのせいか、日本酒のせいか、食べ過ぎなのか、何年も わからなかったのですが、最近やっとその原因が判明しました。帰宅して2〜3日 で体重が戻る事からして変だとは思っていましたが、水分の摂り過ぎが原因でした。 行き帰りの電車の中、水やらコーヒー、お客様の会社にいる間のお茶やコーヒー ガバガバ飲んでいたので、前回の出張で控えめにしたら、体重が増えませんでした。 夏場は熱中症の心配もありますが、夏から水を飲む習慣がずっと続いていたのが その原因だったのです。
2017年3月21日(火)更新
山形出張の新幹線乗車時間は約5時間、貴重な読書時間です。
料金格安 名古屋駅から東京まで、東京から山形まで新幹線に乗っている時間はおよそ5時間 今では貴重な読書時間となっています。山形到着までに大体の本なら読み終えます。 行きに一冊、帰りに一冊と言うのなら最高でしょうが、帰り道はひたすらぐったり 座席にもたれてうつらうつらしながら帰ります、本を読む気力は皆無なのです。 今回の出張で読んだ本は『日米合同委員会の研究』吉田敏浩著 創元社です。 驚くべきことに日米合同委員会で密約として決まったことを、日本政府が実行する と言う事、これでは日本は植民地、アメリカが宗主国です。 合同委員会の出席者は 日本のエリート官僚、米国からは高級軍人という異例の組み合わせ、通常こちらが 官僚の場合は相手国は国務省なのに、なぜか官僚×軍人と言う組み合わせ、この 委員会こそが、戦後の日本を牛耳ってきており、今でも日本はアメリカに隷従した ままなのです。表向きは日米安保条約、その下に日米地位協定、しかし具体的な 方向付けはすべてこの合同委員会で決定、公にできない組織のためすべてが密約に なっており、日米委員会が密約製造会議になって日本の独立を妨げているのです。 しかも、これを望んでいるのは、アメリカではなく、日本の政治家や官僚だと言う 事も驚き、殆どの日本国民はこのことを全く知りません。密約がなぜわかったかと 言うと、さすがにアメリカは民主国家、50年も過ぎれば外交機密文書も一般に開示 されるのです、しかしこれだけ明らかになっても、日本政府は何も認めていないの です、もう異様としか言い様がありません。日本とはそういう国なのです。
2017年3月18日(土)更新
春は名のみの冷たい風の中、サイクリングで半田に行ってきました。
料金格安 料金格安 『春は名のみの風の寒さよ〜谷の鶯 歌は思えど〜時にあらずと声も立てず〜』早春賦に 歌われたように、立春を過ぎ春とはいえ、まだ冷たい風の中をサイクリングで半田まで 走ってきました。 本当は衣浦大橋を回って小垣江から刈谷に向かう予定でしたが、道を間違って気が 付いたら半田にいたという次第、半田では渡船場の跡地を発見、そこに漢詩の石碑 が建っており、立ち止まってしばし当時の情景を偲んできました。 余談ですが、最近は五言絶句や七言律詩など漢詩を勉強していたので、この歌詞も 何となくその意味が分かってうれしい発見となりました。
2017年3月15日(水)更新
モニターが新しく追加され、船の運転席が一層賑やかになりました。
料金格安 料金格安 3月12日のメバル釣りは撃沈(全くのボウズ)その腹いせにという訳でも ありませんが、その後船を再び上架し、今週は船をいじくり回した結果、 運転席周りが一層賑やかになりました。 その後17日(土)に試運転してみたら、前が少し見にくい感じはしましたが、 実際操船する時は、立った姿勢でレーダー見たり、回転窓から外を確認する 事になるので、方位計は見にくいものの、モニターが視界を遮って前が見え ないと言うこともなさそうです。 今シーズンはこのモニターの大活躍で、イサキ、アジ、サバ、ブリ、 サワラ、太刀魚と大漁間違いなしの予感がします。
2017年3月12日(日)更新
絶好のメバル釣り日和、前代未聞のボウズでがっかり
料金格安 料金格安 春先は風の吹く日が多くなかなか釣りに行けません。 3月12日(日)は、ようやく訪れたメバル釣り日和、私の誕生日と言う事で 赤飯を夕飯代わりの弁当にして、いそいそと渥美伊川津に行ってきました。 3月も半ばを過ぎ、あちこちに春の花が咲いていますが、吉良に行く途中の ビニールハウスにも沢山の綺麗な花が咲いていました。 黙って花を撮影する花泥棒の気分ですが、昔写真を撮らせてくださいと わざわざ断ったら、どうぞどうぞ、と気さくな返事、それ以来仕事の邪魔を してもいけないので、黙って花泥棒しています。 渥美伊川津・中電前に夕日が沈み、これからメバル釣りのお時間、 夕日を眺めながら今夜は釣れるだろうかと胸わくわくの一瞬です。 日没過ぎて、周りが暗くなって、程なく東の空に満月が煌々と昇ってきました。 沈んだ太陽が東の空からまた昇ってきたのかと錯覚するような明るさには 驚きましたが、静かな夜です、風も波もなくベタ凪です。 ところが7時になっても8時になっても、タナをあれこれ変えても何も釣れず 結局のところボウズで終了、メバル釣りでボウズは今まで一回もなかったので、 じつに感無量です。
2017年3月10日(金)更新
長崎県の眼鏡橋に負けない愛知県大府市横根の眼鏡橋です。
料金格安 料金格安 先日長崎県の眼鏡橋を紹介しましたが、金曜日に愛知県大府市横根にある眼鏡橋を 撮影してきました。この橋は明治23年建立、石造りの立派な橋です、150年近く 一回も補修されたこともなく、これほど完全な姿で残っていること自体驚きです。 ここの場所は川と川が立体交差しており、橋の上を別の川が流れているのも特徴、 のどかな春の日に、近くにあるこんな遺跡をのんびり眺めながら散策する極上の 時間です。
2017年3月8日(水)更新
今年の誕生日は山形駅前リッチモンドホテルで過ごしました。
料金格安 今年69歳の誕生日は山形駅前のリッチモンドホテルで過ごしました。 好き好んで行った訳ではなく、たまたま仕事の関係で3月8日の晩は山形に居た と言うだけの話です。 チェックイン時にフロントの女性から、ささやかなプレゼントですが とペットボトルの水を頂きましたが、今夜はこれを飲んで早めに就寝です。 夜遊びもせず早目の就寝が一番のプレゼントです。 明日からは69歳、不惑の年もとうに越え、今は心の欲するところに従いて 法を越えず、自由気ままに生きている所でしょうか。それにしてもメバルが 釣れない、サワラが釣れない、ブリが釣れないと、不惑どころか、不満たら たらで一向に欲望から解放されません。欲望が無くなったら人間も枯れてし まうのでしょうが、釣りに関しては欲望ギラギラ困ったものです。
2017年3月4日(土)更新
渥美伊川津でメバルの夜釣り、一瞬の時合い逃さずお土産確保です。
料金格安 吉良宮崎マリーナを午後2時出航、メバル釣りの前にワカメを採ろうと早目の 出航です。海は穏やか潮は小潮、午後4時ごろの干潮ですが、小潮と言えど も春先の昼間の潮は良く引きます。水中堤防がもう少しで波間から顔を出し そうな雰囲気、恐る恐る近付いていきます。水中の障害物にペラーをぶつ ける事数回、修理にお金を掛ける度にバカやったなあと思いますが、何回 やってもさっぱり学習の成果が身についていません。 本題に戻って、ワカメ は生育不良、少ししか採れませんでした。こんな静かな土曜日は釣り客も 多かろうと、早目にメバルポイントに移動し、暗くなるのを待ちます。 6時過ぎ、周りが暗くなっていよいよメバルタイム突入の雰囲気ですが、 一向に釣れません。 そのうち釣り仲間のトットちゃんから電話、この間は 二匹しか釣れなかったとの事、今日はその二匹を超えるのも大変だと辛抱 していたら、7時過ぎから突然入れ掛りモードに突入、しかしそれもほんの 一瞬、8時過ぎた頃には潮が止まり、後は全く釣れません。 数は少なかったものの、結構型も揃って、御土産だけは釣れたので早めに 納竿し9時過ぎには帰港しました。
2017年3月1日(水)更新
写真のメガネ橋は長崎県のものですが愛知県大府市にもありました。
料金格安 大府市に住んでいる知人とぶらぶらと市内を散策していて案内されたところが 大府市横根にある眼鏡橋、この橋は川と川が立体交差しており下側の川にかか って、上を流れる川を支える役割を果たしていました。 明治34年建造ですから 、およそ100年前の物、今日まで一回も修理した事がない強固な造り、知人が 市役所に石垣の一部が崩れていると連絡したことから工事が行われていました。 どうして眼鏡橋かと言うと石組構造で強度を持たせるために中間に 支柱がはいり、それが眼鏡のような形になっているためです。 長崎の物はきちんと管理され名所にもなっているようですが、大府市の橋は 地域の人にも忘れ去られ草が生い茂っている様、誠に残念です。今度写真を 撮ってきます。
2017年2月28日(火)更新
試運転を兼ねて伊良湖水道から三重県菅島沖まで(釣りに)行ってきました。
料金格安 料金格安 今日は試運転、釣れても釣れなくてもいいやと、行く前から釣れなかった時の 言い訳を考えながら、伊良湖水道を越え、神島右側の横瀬へ、小女子のベイト がびっしり、魚探には大きな魚が一杯映っています。 言い訳忘れて戦闘モード、 約30分頑張ったもののなにも釣れず、いつしか鳥山もベイトもいなくなって後 に残されがっかりです。三重県答志島前のシモーサ、コンサ礁辺りもさっぱり、 菅島前まで移動してもだめ、 やむを得ず真鯛釣りに切り替え、小さいながらも根性で一枚釣って帰りました。 6時出航から港に戻るまでエンジンかけっぱなしで消費燃料は64g、 船底塗装の効果も出たようで、試運転無事に終了です。余りの貧釣、連れから タコをもらってきました。
2017年2月27日(月)更新
船底塗装を終えようやく船を下すことができました。
料金格安 料金格安 毎年2月になると魚も釣れなくなるので、船を上架し船底塗装やらエンジンの メンテを行ってもらいます。しかし今年は2月に入ってもブリやらサワラが釣れ 続き、そのニュースに接するたびにメンテ時間が長く感じられました。
料金格安 メバル日和が来ても行けず、仲間を岸から見送るだけ、情けない話です。 翌日、どうだった? 昨晩は釣れた?と聞いたら『ベタ凪でメバル釣りには最高 だった』と聞くと少し腹立たしく、『しかしあんなに いい天気だったのに、潮が悪かったせいか釣れなかった』と聞くと腹の中で は少しホッとしたりして、まだまだ人間としての修行が足りない事、痛感します。 他人の不幸は蜜の味などと言いますが、他人の不幸を望んだりしてはいけません、 そう言えば、昔、魚が掛かった友達の竿先を自分の竿で水面をたたきながら 『ニゲロ ニゲロ』と喚いていた人もいましたが、これはもう下品そのものです。
2017年2月24日(金)更新
船底塗装やらで海に通っている間に刈谷の梅が満開になっています。
料金格安 料金格安 季節の移り変わりは早いもの、早朝サイクリングで梅の花が咲きだしたのを発見し、 もうすぐ春かなと思っていたら、もうこんなにも梅が満開になっていました。 桜の花はパッと咲いてパッと散ってしまうため、それにつられ慌ただしく花見を行います が、梅の場合は知らないところでポツリポツリと咲き出し、いつしか満開になり、それが 長い期間続くため人々から忘れ去られているようなところがありますが、 それでも季節を忘れず毎年春一番に咲き出す梅の花は本当に偉いと思います。
2017年2月21日(火)更新
ピエール・マルコリーニのチョコレートをお土産に買ってしまいました。
料金格安 料金格安 ピエール・マルコローニのチョコレートがおいしいので買ってきてくれと 孫娘に頼まれ、山形に行く途中、東京駅での手待ち時間に件の店探しを行いました。 近くの人に聞いて、店は難なく発見できましたが、商品の価格にびっくりです。 11個入りで4000円、倍くらいの箱で一万円、あるところにはあるものです。 帰り道、控えめに、小さな箱を買って帰りましたが、孫娘の喜んだこと、一粒 400円のチョコレートが、なぜか釣り餌青虫一杯500円に重なってしまいました。 青虫だったらメバルが30匹は釣れそうです。
2017年2月21日(火)更新
刈谷駅ホームの時刻表(平日)を見て思う事を書いてみました。
料金格安 山形へ出かけるときは自宅から名鉄タクシーで刈谷駅へ、刈谷駅からJR東海道線で 名古屋へ、名古屋からは新幹線を利用します。何時も通過している刈谷駅、何気なく 見ていた時刻表を撮影してみました。この時刻表を見ているといろんな事が浮かんで きます。 @高校へ通学していた頃…電気機関車や煙を出す蒸気機関車が走っていた。
 本数は一時間に一本か二本程度だったと記憶している(東北本線)
A一時間に6本以上で超便利、名古屋に行くのに車は不要、名鉄本線もある
B山形の奥羽本線は本数が少なく一時間に一本か二本、不便、車に頼りがち
C車がないとなぜか生活不便、昔は車や電車がなくても生活できた
D公共機関に頼るか車を所有させるかは政治判断、政治家の責任重大
E人間の欲望には限りなく生活スタイルを変えないと地球はいつか壊れます

2017年2月15日(水)更新
船を上架し、キャビンに年一回のお化粧直し・ワックス掛けしました。
料金格安 山形から帰ってから、冬型の気圧配置で毎日強風が吹き荒れ、釣り日和が 待ちきれずとうとう2月14日(火)に船を上架、翌日15日(水)寒い北風の 吹く中で、キャビンに年一回のお化粧直し・ワックス掛けを行いました。 ワックス掛けしてもその効果は一か月ほど、残り11か月は汚れる一方ですが ワックス効果を求めると言うより、一年間の垢を落とすと言った方が適切です。 同じように船体の水垢は、便所掃除のサンポールでさっと拭いてきれいにします (これが意外にいいんです)。 エンジンオイルやプラグの交換、そして船外機の腐食防止のために亜鉛(アノード) を交換したり、年一回のメンテナンスを行います。 多少お金はかかりますが、命を 預ける道具として最低限の事はやっておかないと、エンジントラブルでの漂流だけは 避けないといけません。最後に船底塗装を行い、その後再び水面に戻します。 これが言わば年一回の儀式です。
2017年2月12日(日)更新
想定外のサイクリング、強風の中を80キロ走ってしまいました。
何時もの早朝サイクリング、今日は少し遅め9時のスタート、いつもの サイクリングロードに行ったら、刈谷市主催の『かきつばたマラソン』と重なり サイクリングロードは、そのコースとかで進入禁止になっていました。 それならば天気も良いので、衣浦大橋まで行って見るかと快調に走り、程なく到着、 この調子ならばと、今度は碧南まで走ってみようと、そのまままっすぐ碧南方面へ、 そして碧南から吉良へ、吉良から安城を通って刈谷に戻ってきました。 行きは追い風で楽だった分、吉良から刈谷まではずっと強風の向い風、時速15キロ くらいがやっと、風にあおられながらよたよた走行で戻ってきました。走行距離は 約80キロ、所要時間は6時間でした。とにかく復路がきつかったです。 しかし碧南から吉良へ行く道は右側に三河湾を望み、春から初夏にはもう一度走って みたいコースでした。
2017年2月7日(火)更新
名古屋駅で前代未聞、大変な事態が発生しました。
料金格安 山形に行く際、東海道新幹線の特急券は『エクスプレス』でネット予約しています。 この日も、何時ものように名古屋駅で名古屋から東京に向かう特急券を受け取 ろうと自動券売機で手続きを始めたら、 なんと発車時刻を過ぎているじゃありませんか。 発行を急きょ取りやめ、窓口へ駈け込んだら、『お客さん、これは発車時刻を過ぎて しまったので列車変更できません、このまま発行しますので自由席にお乗りください』 と伝えられ、まあそれでもいいかと特急券を発行してもらったら、今度は、『お客さん この特急券は東京から名古屋行きですよ』と言われ唖然としてしまいました。 どうやら間違って東京から名古屋までの特急券を買ってしまったようです。 もう一枚予約してある帰りはどうなってますかと聞いたら、それは2月9日東京から 名古屋になっています、という返事、駅員のご配慮で、東京から名古屋までの間違い 特急券をいったん発行、そのままキャンセルしていただきました。なお、本日の チケットは新たにネット予約購入し、 結局は何時もと同じ列車、同じ座席で東京まで 移動することが出来ました。13年間通っていますがこんな失敗は初めて、そろそろ ボケの毒気が回ってきたのかも知れません。
何事もなかったかのように、今日も富士山が綺麗に見えました。
2017年1月29日(日)更新
青物は低調でも真鯛(76p)一匹ゲットしました
風がやんで久々に釣り日和がやってきました。今日は潮の関係で早目6時に マリーナ出航、三重県の答志島前、コンサ・シモーサ礁を目指します。 伊良湖水道を越えたあたりで猛烈な鳥山、つい船速が落ちてしまいます。 魚探にはベイトの反応が一杯、これでは素通り出来ません。 早速ジグを準備して投入、そして第一投で早くもブリが・・と書きたい ところですが、当たる気配もありません。いつしか鳥も、ベイトの反応も 消えてしまいました。 30分ほど浪費しましたが、気を取り直し所定の目的地まではもう目の前です。 本日は風向きも潮の流れも同じ方向、最高の釣りコンディション、しかしアタリは さっぱりありません。こんな筈ではない、こんな筈ではないと思いながら時間だけ が経過していく嫌なパターンになってきました。
料金格安 料金格安 9時過ぎ、このままではボウズとの懸念がモクモク、迷わずお土産確保に方向転換、 ジギング止めてタイラバでの真鯛釣りにチェンジ(節操も何もありません)しました。 仕掛けはシラスを意識したタコベイトの特別製(自作)です。これがみごとにはまって 大きなアタリと引きで上がってきたのは写真の真鯛、計測したら76p、4.5キロです。 今までの最高は82p、これは二番目の大きさ、右の写真が特製の仕掛けです。
料金格安 料金格安 今度は釣り友がサワラカッターに遭い、ヤヤッ、時合い到来かと釣りのスイッチが 入りましたが、アタリが続きません。 程なく目の前を大きなイルカの大群が通過して いくではありませんか、これはもうだめ、イルカが泳ぎまくっているこんな日は魚は 釣れません、もうがっくりです。 あきらめムードで時の流れに身をゆだねていたら、 右手からやってきたのは僚友のホシケンマル、『お〜い、釣れるかい』と聞いたら、 『クーラーが満タンになってしまったので、早いけどもう帰る』と何と気障な台詞、 釣った場所を訊ねたら、もっと菅島よりの所、恥も外聞もなくすぐに移動です、 船もベイトも多く、釣れそうな感じ、しかし時合いが去った後の海は何も釣れません。 その後海上をふらふらしていたものの、あまりの頼りなさに12時前に納竿、あきらめ て港に帰ってきました。こんな日は釣行できただけでも有難い事なんだと自分に言い 聞かせ、船にも感謝しながら清掃し帰りました。
2017年1月22日(日)更新
好天に恵まれ久々の沖釣り、答志島沖まで釣行しました。
料金格安 1月7日以来久々の沖釣り、2日前の20日(金)ブリ3枚上げたとのニュース に惑わされ、ブリ・サワラ狙いで三重県答志島沖まで釣行してきました。 6時半薄暗い吉良宮崎マリーナ出港、まっすぐ答志島沖へと向かいます。 殆どベタ凪の伊良湖水道を20ノットで横切っておよそ50分、コンサ礁で 鳥山発見、如何にも釣れそうな雰囲気につい寄り道、しかし鳥はアテに なりません、さっぱり釣れず、鳥の移動をきっかけに目的の 答志島沖へ移動、 水温が下がっているので深場中心に攻めてみました。 水深ほぼ70bです。しかし1時間、2時間たっても何も釣れません。 『今日はボウズかも知れない』と言う嫌な予感がよぎります。 こうなればお土産だけでも釣ろうと仕掛けを変え真鯛狙い、節操も 何もありません、私はお土産を釣るのです。 ベイトは小さなイカナゴとか、できるだけベイトに似せた仕掛けを作って 投入した途端に真鯛がヒット、引きが弱かったのでお祭りかと勘違い(お魚 さんには失礼)途中からぐいぐい、釣り上げた獲物は70pの真鯛 でした。その後すぐに65pの真鯛を追加、釣友に『真鯛欲しいか』と聞い たら要らないとのつれない返事、2枚あればお土産は十分なので、 ブリ釣 りに戻した途端サワラカッターにジグを取られ、すわ!、ジアイ到来かと 意気込んだものの、結局ブリもサワラも釣れずじまい、12時沖上がり納竿、 この日は長潮、潮の動きも弱くマリーナの仲間は全滅、愛知県のジギング 船も撃沈模様、真鯛が釣れただけでも幸運の一日だと言えそうです。
2017年1月18日(水)更新
夕方からメバル凪、これは行かなくっちゃ、初メバル釣りです。
料金格安 昼中は波風があっても夕方から海が静かになる事が時々あります。 こんな夜はメバル釣り、マリーナを午後4時出航、暗くなる直前 ポイントに船を留めました。海面はベタ凪、いかにもメバルが釣れ そうな雰囲気です。 胸ワクワクで投入した仕掛け、暗くなっても さっぱり魚信がありません。こんなはずはない、そんなはずはない と思いながらいつしか苦しい釣りになってしまいました。 釣り開始から2時間、やや諦めモード、こうなれば得意のお土産狙い と何時もの変節ごころ、メバルばかりにこだわってはいられません。 カサゴも美味しいのです。電気浮き釣りから胴付き仕掛けに変更し 海底近くの岩場をコツコツ探りながらどうにかカサゴを15匹ほどゲット、 ようやくクーラーも半分くらいになったので夜9時過ぎ納竿し帰港です。 またもや節操のない釣りになってしまいましたが、最後は何でも 釣ったほうが勝ちなのです。
2017年1月15日(日)更新
日本全国に寒波到来、刈谷にも滅多に降らない雪が積もりました。
料金格安 料金格安 1月12日からの山形出張、朝から晩まで雪が降り続き、村山地方では 積雪1b、大蔵村肘折では2b50aとか、14日(土)も雪は降り続きます。 しかし山形新幹線は雪にはめっぽう強く、山形駅を定刻発車、遅れなし で東京に到着しました。福島からは雪もなかったので今夜は順調と思っていたら 定刻発車したのぞみ、浜松あたりから雪が降り出し徐行運転、名古屋に20分遅れ で到着です。東海道本線は45分以上の遅れとか、やれやれと思って在来線のホー ムに上がったら約50分遅れの特別快速豊橋行きがピッタンコ到着、こんな運の良い ことってあるんでしょうか。 しかし刈谷駅ではタクシー待ちの長い行列、雪の降る 中を1時間待っての乗車でしたが、午前零時前には無事自宅到着、翌朝の刈谷市内 は9センチの積雪でした。
2017年1月7日(土)更新
穏やかな釣り日和に恵まれ、今年二回目の釣りに行ってきました。
料金格安 料金格安 今日は小潮、潮の動きが少ないため、釣果はあまり期待できませんでしたが、穏やかな 日は滅多に巡ってきません。行ける日に行かないと竿を出す機会すら無いと言う意地汚い 釣り師根性で、マリーナを6時半出航、ブリ狙いで答志島前まで行ってきました。 途中寄り道もなく一路答志島前まで、2日の朝はプレジャーボートが一杯でしたが 今日は、やや波が高いせいか、はたまた釣れなかったせいなのか、空いている感じです。 多分イワシだと思うのですが、ベイトも活発に移動しているため、さっきまで魚探に 一杯映っていたのに、気づかぬうちに消えていたりして、ベイトを追いかけまわし ながらの、せわしない釣りになってしまいました。こういう時はソナーが欲しいです。 そうこうしているうち何やら大きそうな魚がかかり、ドラグ調整が甘かったせいか、 ラインがずるずる出てしまいましたが、上げてみれば丸々と太ったブリに一安心です。 すわジアイか、と意気込んでも後が続かず、その後はサワラが、助手に真鯛が、ポツリ ポツリと釣れる程度、時間だけが流れ、12時過ぎ納竿、港に帰ってきました。 しかし、この寒い時期、釣果があっただけでも満足しなければいけないことを 考えれば、先ず先ずの大漁だと感謝しなければいけません。
2017年1月2日(月)更新
今年も初釣りは晴天に恵まれた1月2日、釣果は大きなサワラです。
料金格安 昨年12月26日以来の釣り、今年の初釣りは、昨年同様晴天に恵まれた1月2日でした。 6時半にマリーナを出港、途中横瀬で様子を見たが、昨年暮れの実績から 三重県のコンサ、シモーサ礁周辺が良さそうと判断、即移動しました。 波穏やかな晴天 のため釣り場は船、船、船だらけ、パラシュートアンカーを入れるため、集団と は少し離れた位置で釣り開始、程なくしてサワラをゲット、今日は入れ掛かりか と思わせただけで後はさっぱり続かず、釣れないためか周りの船もいつしか消え ていました。魚は釣れずとも、竿が出せるだけでもいいかと、のんびりしすぎた せいか、其のまま終了の時間到来、昼過ぎには帰港してしまいました。 夕方の情報では、その後ジアイがやってきて、ブリやサワラが釣れたようですが、 こちらは先月26日の余韻がまだ残っている状態、悔しさも湧かず、また今年一年間 健康に恵まれ、釣りができる喜びに感謝したいと思います。お魚さん、今年も どうぞよろしくお願いします。
2017年1月1日(日)更新
初もうでは近くの熊野神社、今年も自身の健康と世界平和を祈願してきました。
料金格安 料金格安 何より有難い事は自分自身の健康、今年も健康に恵まれ、そして世界が平和で ありますよう、近くの熊野神社でお祈りしてきました。お賽銭も少ないので、 少しばかりのお願いをさせていただきました。 家に戻ってからは釣竿を前に魚が沢山釣れますよーにと熱烈にお祈りしました。 お魚さん今年もよろしくお願いします。
2017年1月1日(日)更新
あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。
料金格安 昨日は12月31日、一夜明け今日は元旦、何もなかったかのように、 皆さんが口をそろえておめでとうございますと挨拶を交わします。 そしてまた一年が過ぎていくのかと思うと、この毎日を重ねることが 人生なのに、ただ何となく繰り返し流れていくようで、とは言っても 同じ日は二度と繰り返す事はないのですが、それでも時間だけは止ま らずに流れていきます。そんな流れを少しでもゆるめようと、会う人 ごとに、あけましておめでとうございますと挨拶を交わします。 今年三月には69歳になります。人間的には余り成長しなかったけれど 齢だけは毎年重ねる事になりました。今年も生かされている間は一所 懸命、世のため・人のため、お役にたてるよう、精いっぱい、昇る朝 日のように、誠実な心で生きていきたいと思います。
皆様今年もどうぞよろしくお願いいたします。
写真は今年の初釣り(1月2日)で撮った神島に昇る朝日です。