10月の庭のバラたち

気がつけばもう10月も半ば過ぎ。
今年はよく晴れた暖かい日が続きました。
そろそろ秋バラの季節。
うちのバラたちはポツリポツリですが・・・^^;

今年はつるになるバラに実をつけさせたので、
日に日に熟してくるのが楽しみです。

グランドカバーのつもりはないのですが、はびこるオキザリス。
この時期の庭が明るくなります。

ウィリアム・シェイクスピアの蕾とラヴェンダーセージ。
この組み合わせがとても好きです。

春の鉢苗で購入して庭に植えたパット・オースティンは
次々咲く優等生。

ポリアンサはさすがに四季咲き性がよく、
たびたび花をつけてくれます。

これもポリアンサのプリンセスマザー。

まだちょっとあっさり顔ですが、秋の雰囲気によく似合う
アイスバーグです。

秋になり、またたくさん咲いてくれそうなマチルダ。

淡雪とジプシーボーイの実。

ノイバラの実もずいぶん赤くなりました。

四季咲きバラのスペースではオディールマスケリエが咲いています。
でも・・・主役はブルーの花たち。

オベリスクにもサルビアアズレアが絡んでいます。

本当に繰り返し何度も咲くルイ・フィリップ。

家の東の勝手口コーナーもそろそろいっぱいかしら。

マダム・アルフレッド・キャリエールは今年1番の成長株。

9月のバラへ

庭のバラtopへ

10月のバラへ