4月の庭のバラたち

2月に剪定したバラたちも、3月、4月と暖かいが増えるにつき、
芽を吹き、どんどん葉を茂らせ始めました。
中には3月まだ肌寒いうちから蕾をつけるものもありました。
4月に入るとチャイナやティーで蕾を見せるものが増えてきました。
まだまだ小さいですけれど・・・。
これから膨らんでゆく蕾を眺めわくわくする季節です。

はではでコーナーのバラを入れ替えしました。
門から入ってすぐ見えるところなので、
フロリバンダや、ERやチャイナなど四季咲きのバラが中心です。

癌腫のシャルル・ド・ゴールも元気な芽を見せてくれました。

ミニュエット、今年もたくさんの花を咲かせてくれるかな。

ジェネロサのバラも元気です。
ワスレナグサももうすぐたくさん咲きます。

去年の新苗。お迎えしたのが夏。その後の生育は今ひとつでした。
最強剪定しましたがどうなるでしょうか。真っ赤な葉っぱがきれいです。

ちび苗コーナー。まだ小さなバラの苗を植えています。
朝から昼まで日がよく当たり、西日は当たらない場所です。

手前がマダム・ルイ・レヴェック。
奥がブラッシュ・ブールソール。
カイヅカイブキに絡ませる予定です。

元気に葉を茂らせるママン・コシェと、赤胆紅心。

ロイヤル・プリンセス。向こうに見えるのは初挑戦のジギタリス。

イングリッシュ・ガーデンと、これも初挑戦のギガンチウム。

白木香と黄木香。今年はどのくらい咲くでしょう。
ちょこっとかな。

ヴィオレット。今年もたくさん咲いてくれるといいな。

淡雪とムラサキハナナ。

いつも元気なゴールドバニー。

2月のバラへ

庭のバラtopへ

5月のバラへ