ほたるいかミュージアム                           

滑川港にあるホタルイカの博物館です。
土産物屋と併設していて、観光スポットの色が強いせいか、地元の知名度が低く、
家族連れが非常に少ないので、タッチングプールも非常に魚の状態が良いです。
と言いつつ、ここはとんでもない物が入っていたりする!!
ザラビクニン、モロトゲアカエビ、モタザコエビ、トヤマエビ、イバラモエビ、
コイボイソギンチャク、ズワイガビ、ベニズワイガニ、ヤマトコブシカジカ、ケガニ 
に触れました。
(多分港で取れた奴を水上げているので、随時変わると思われますが・・・。)
ホタルイカは大変弱く、3月から数ヶ月しか生きたホタルイカにお目にかかれませんが、
その分オフシーズンも趣向を凝らしてあって、結構楽しめます。
富山湾周辺の珍しい魚を展示している所があっても、触れる所はここだけでしょう!
珍しい物に触れ合いたい方は超お勧めです!!
ちなみに水槽にある「食べないで下さい」の看板は、昔エビの踊り食いをした酔っ払いの
おばはんが居たからとの事。

富山周辺でしかまず見られない深海魚ザラビクニンです。
水族館に居ても大変珍しいのに、触れる所をへっちゃらで泳いでます。
ただ、ただびっくり!!
こちらの町では、珍しい魚ではないのだろうか?
ちなみに昔MIUと言う飲み物の深海生物フィギュアと言うのが付いていて、それに登場していました。
柔らかくてぷにっとしています。
ちなみに食べれないそうです。

えっと、これはイバラモエビとキタザコエビ?でしょうか??
何か微妙に違う富山湾の小エビがたくさん居て、どれがどれだかよく判りませんが、とにかく珍しい物に触りました。

ちなみに下はタッチング写真が撮れませんでしたが、ヤマトコビシカジカです。
とっても変な顔で愛らしい!
もちろん触れましたよ〜!!
そして書く欄が無くなったので扱いがぞんざいなケガニ君です。
紹介が小さくなっちゃいましたが、
とっても可愛かったですよ〜。