2014/5/7 更新 コーティング液が、、、ボコボコに???

ヤフー!ブログ 「
マルモのオンチャンの言いたい放題、、、」 内の下記もご覧下さい。

ルアーメイキング 12 こちらも、、、ちょっと参考になるかも、、、

(瞬間接着剤/ホログラムの貼り方 など、、、、)

ルアーメイキング 11 こちらも、、、ちょっと参考になるかも、、、2010/11/20


(ホログラムフィルムの上手な 貼り方、、VOL.3 修整編 (一つ下の項目にあります。))

ルアーメイキング 8 こちらも、、、ちょっと参考になるかも、、、2011/4/21

(瞬間接着剤/ホログラムの貼り方 など、、、、)


こちらの ページは、ホログラムフィルムの貼り方 及び 剥れにくい貼り方、、

基本的な事を書いております。  この、工程が 全てでは、、、ありません!!


上の写真

まず、 型抜きした コピーに(ジグ) コーティングをする

サーフェイサーでも良いし ウレタンコーティング液でも良し (鉛を直接触らない様に、、)

完全に 乾燥・硬化させて下さい。




コーティングをした その上に そのまま貼ってしまうと、、、

大変な事に、、、  まず、サンディングペーパーの #180〜240 で、

上の写真の様に 全体が艶消しになる様にサンディングして下さい。(平面にして下さい。)

コーティングをした 表面は綺麗な様で これが結構 デコボコしています。

そのまま ホログラムフィルムを貼ると しっかりと下地の悪さが はっきりと観えてしまいます。

この時に、大きな凹みや わずかなデコボコは タミヤポリパテにて修正して下さい。

時間を、、、手間ひまを 惜しんでは、、、良い物は、、、出来ません、、




サンディングも済み  さあ!! ホログラムフィルムを貼ります、、、

あっ!! ちょっと、、、、まった!!!!

コピーJIG の表面を、
シリコン オフ で拭きます、

(脱脂作用のある液体です、、なければ、、シンナーなどでも良し!)

表面の脂分をしっかりと!!!取り除けて下さい。

この 工程を取り入れるだけで 粘着力が、、、数倍アップします、、




さあ、貼ってみます、

コピーJIG よりも 少し大きめに カットしたフィルムを貼ります、、

この時には、手に付いた 脂分も、、しっかりと取り除いて 作業をして下さい。




貼れました、サンディングをしていたので この様に デコボコはありません、、

ちょっと、、、、テクニックも、、、、必要ですが、、、、




余分な フィルムをカットします、、

この、ゼットJIG は カッターナイフの刃でカット出来ます、、、が、、、

形状によっては この様な、カットは出来ない場合もあります、、、、

色々な 発想で簡単に製作してください、、、




左右を貼って 上下の部分、、、、

このまま コーティングをして 塗装してしまうのも 良いのですが、、

ここからは、こだわりの メイキング、、、時間に余裕のある方に、、

同じ フィルムで、上の様にカットしたフィルムを 貼り付けます、、、

そして、Fアイ部分・Rアイ部分の 余分なフィルムをカットします、、、




左写真  出来上がりです。

右写真  ちょっと不安な お方は、、、瞬間接着剤で、、、、補強を、、、


まっ! これを観て すぐに売り物の様に 綺麗に出来るかは?????

失敗はすると 思われます、、、、

こりずに、、、何度も なんども、、、失敗して下さい、、、

なぜ、失敗をしたか を、、、考えて下さい、、、

成功への、、一番の近道です、、、、