枝の下に花がつく場合
 

 上は、日向ミズキのお花です。よく間違える花の代表選手です。お花が咲いた後に葉が出るので花期の枝を生ける時見分け難いですが、このお花は、枝の下に付くのだと言う事さえ分かっていれば簡単です。
 アップの一部分だけを見ると完全に逆さのような気が致しますが、枝の出生から申しますと写真のようになっています。うつむきかげんの楚々とした方が表なのです。
 
 生立華や、お茶室でのお花、掛け花、等の場合絶対に表を表として扱いますが、応用花等の場合は、時として裏を表に使います。これは、枝物としての感覚では無くお花の美しさを強調した使い方で、例えばまとめてマッス(塊)のように挿したりも致します。しかし、あくまでも本来の表と裏を知った上での事です。

 自由花と応用花での説明を参考にされて下さい。(此処をクリックすると行きます)