如来ヶ岳は、里山でありながらも立派な一等三角点の山です。岐阜市北部に位置しており、Webを見ると、意外に人気があるようです。

276.1mという小さな山ですが、
自転車が使えそうで楽しみです。

PM . 1 : 00
高富トンネル北口そばの墓地スタート。

送電線鉄塔巡視路を利用します。小さな墓地の上から巡視路は始まります。多くの巡視路は無理なコース取りをしていて歩き辛いものですが、尾根上の切り開きになっており、とても歩きやすい道です。

PM . 1 : 10 109番鉄塔着。

PM . 1 : 30 110番鉄塔着。
110番鉄塔からは北に視界が開けています。
道は緩やかなになり、少し自転車が使えます。
南の八幡洞から道が上がっていましたが、
酷いヤブ道とのこと。

110番鉄塔からの展望
PM . 1 : 50 如来ヶ岳ピーク着。
頂上直下に分岐があり、間違えやすくなっています。倒木がいくらかあり「間違えたかな?」と不安になりますが、すぐに頂上の切り開きに到着しました。
展望はありません。その代わり大きな三角点がありました。そして三角点の標柱には「檜峠」と書かれています。(誰かが書いたもの)
ピークハントとパスハントの一石二鳥です。
小休止の後、来た道を下りました。
下りはほとんど乗車できました。
久し振りに楽しい下りです。
ただ小さな山ゆえすぐに終了。