守屋山周辺概念図
守屋山周辺概念図
高遠と茅野は杖突峠で結ばれており、その西方に守屋山はあります。
アプローチが良く登山道もしっかりしており、バスツアーではるばるやって来る人達もいます。
好天に恵まれたこの日も、頂上で大勢の登山者に出会うことになりました。
立石登山口あたりの落ち葉
AM.9:50 立石登山口スタート
杖突峠から高遠側に少し下った立石から登ることにしました。このコースは同町片倉の守屋源一さんがひとりで作ったそうで、1999年夏開通しました。
大変な苦労があったと思われ大事にしたいものです。

今年はいつまでも暑く、秋はずいぶん遅れています。
しかしさすがに11月、ここにきて山里はいっきに秋の装いを始めました。木立はたくさんの葉を落とし、厳しい冬の到来に備えています。自転車をお供の山旅は大変なのですが、落ち葉の中をカサコソ歩くのはとても気持ちが良く、辛い登りも辛抱できます。

立石登山口あたりの落葉
鬼ヶ城の松
このコースは、1600mあたりで杖突峠からの登山道と合流します。途中「十文字岩」・「鬼ヶ城」などの巨岩があり、良い休息ポイントになります。登りは2時間程度ですから、色々見て回ると面白いかもしれません。
「鬼ヶ城」の大岩の上では、足下の岩肌から松が枝を出していました。わずかな岩の隙間から這い出した、この松の生命力に驚かされます。
ひょっとすると100年先にこの大岩は真っ二つに割れてしまっているかも?
「鬼ヶ城」の松
コルからの登り
AM.11:00 1514.7m小ピーク西方コル着
1時間程でちょっとした広場に登り詰めました。
木立が視界を遮っていますが、夏には涼しい木陰になるかもしれません。ここから熊笹の中を行くようになります。
1600mあたりで杖突峠からのメインコースと合流し、守屋山東峰ピークにたどり着きます。
コルからの登り
守屋山東峰1631.2mピーク
AM.11:25 守屋山東峰1631.2mピーク着
大きく開けたピークは、北・中央・南アルプスは勿論、美ヶ原・八ヶ岳など360°の展望を楽しむことができます。中級山岳のピークとして決して狭くはないのですが、大人気で多くの登山者でにぎわう為あまり落ち着いていられません。
休息もそこゝにして西峰を目指します。
方位版
自転車が迷惑にならないように。Mesu-Bati
東峰の立派な方位版
東峰と西峰を結ぶ稜線は起伏が少なく、かなり自転車を使えます。
稜線の走り
中間点には「カモシカ岩」と呼ばれる小さなコブがあり、いよいよ西峰ピークというところで登山道北側に避難小屋が現れます。しっかりとした造りですが、3人も中に入れば窮屈なほどの小ささです。
守屋山西峰1650.3mピーク
緩やかな稜線の走り
AM.11:40 守屋山西峰1650.3mピーク着
西峰も東峰同様360°の展望があります。
東峰に比べ広く平坦なためゆったりとしていて、こちらでお弁当にする人が多いようです。私たちもここで暖かいものを作り好天の頂上を楽しみました。
山々を四方八方に眺め、眼下に諏訪湖を見下ろせるような展望の良い山は、この守屋山を於いて他にはないように思えます。他の登山者がいなくなるまでゆっくりし下山にかかりました。
守屋山には今日の立石コースの他にもいくつか登山道がありますが、今回の下山コースはやはり登りに使った「立石コース」にしました。
守屋山西峰ピークのMesu-Batiの雄姿
Osu-Batiヘアピン
コースは全体にテクニカルですが、
上級者であれば100%の乗車が可能かと思われます。ちょっと練習にもなりすばらしいコースです。
   守屋源一様に感謝!感謝!
rider. Osu-Bati
Mesu-Bati ベ〜!
rider. Mesu-Bati