矢野仁志のカタテマノオト

2008/08/29
うわー。もうNATSUが終わる。っていうか気候的にはもう終わってるな。
NATSU死ね、とか散々言っていながらいざ終わるとなるとなんだか物寂しいような物悲しいような。あぁ夏らしいことしてねー、なんて。
そんなふうに思わされるのも、一夏の恋だとか、祭りの終わりだとか、ナインティーンナインスリー恋をしたぁー!とかさもNATSUを青春の輝きのようにブツクサ言う日本の歌が悪い。
先天的に日本人はNATSUに対してそのような輝きイメージが体に刷り込まれてしまっている。腹立たしいことだ。
こうなったら「2009…夏DEATH」とか、「忌ましのNATSU」とか、「夏と胃痙攣」とか、「シュンシュウトウ(春秋冬)」とか、そういうヒットソングを作って日本人のインプリンティング(刷り込み)を解かねば。うおお。
しかし如何せんそういう日本で育った自分、夏に対して何かを期待してしまう純日本人の自分は8月の末日、8/31に海に近い千葉でライブです。最後の夏の日。
京都の友達片山君とこのレコ発に参加という訳です。本当はもっともっとツアー誘われてたんだけどなかなか合わなかったんだよな。でもちょっとでも出来て嬉しいです。はい。
千葉近隣の方是非最後の夏を謳歌しにやってきて下さい。
2008年8月31日(日)千葉LOOK
"生まれてはみたものの" 発売記念ツアー《ろくでなしの双六》
OPEN:18:00/START:18:30
前売:¥1,800/当日:¥2,300(+1ドリンク)
【共演】片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ/Empty Black Box/the swiss porno




2008/08/26
やってきました。下のコアイベント。
若井修君も来てくれて、しかも沢山のプレゼントをお客さんのために持ってきてくれて、そして次の仕事ってすぐに去っていった。あの人が一番アホだったんじゃないだろうか。
セカイイチのケイも今回初参戦だったのだけどあの人があんなにガンダム好きだとは思わなかった。リハ、本番ずっと今まで見たことないぐらいの笑顔で「おもろー」なんて。
大人の遊び。お客さんは楽しめたのだろうか。
そして勝ち取ってしまった景品(フィギュア)を配置するのにどうしたもんかと思案中。ここか?こっちか?どないしょ




2008/08/24
遂に明日。伝説の馬鹿イベント「ガンダムナイト」が誰に頼まれてもないのにまたまた開催される。
自分も参加します。
あの独特な空気感。あのアメトークみたいな微妙な雰囲気を味わいたい方、そして何よりガンダムが好きな人が集まればよいんじゃないかな、と思っています。また彼が来れるかもって言ってたしね。面白いかも。こんなです。
●8月25日(月)高円寺クラブライナー
Open19:00/Start19:30 ticket:Adv.\2,000/Door\2,300
【チケット発売】 CLUB LINER店頭 , 各バンド(カタテマでも受け付けてます)
「ガンダムナイトvol.3〜星の鼓動はエイトビート〜」
<LIVE> ガンドマン(ガンダムが好きなバンドマン達) / マスザワヒロユキ(テルスター&ザ・ガールハント) / 矢野仁志(talk to me) / 青木拓磨(パウンチホイール) / 栗原賢一(ザ・ガールハント) / 岩崎慧(セカイイチ) / 中根大輔(ex蝉時雨) / 他多数のガンドマン達
★ガンダムが好きなバンドマンによる、全てのガンダム好きの戦士達に送るこのイベント。 今回はいよいよ第3回を迎え、新たなガンドマンもぞくぞく参戦表明。ガンダムライブ、 ガンダムクイズ、ガンダムトーク、他ガンダム企画多数。バンドマンが本気で送るこの 一夜。3回目は「Zガンダム」を中心に、お送りします。君は刻の涙を見る!!!!!!!




2008/08/21
無茶苦茶涼しい。今朝なんて寒くて目が覚めてしまった。おかしいだろ。
でもこりゃ快適でいいすね、異常気象バンザイ、なんて思っていたら地震が頻繁にあったり、スコールのような雨が降ったり。地球はどうかしたんだろうか。風邪ひくぞみんな。
最近は長風呂しながらこち亀を読む、近くをウロウロとする、などしてなんとか鬱憤晴らしをしています。みんなどんな鬱憤晴らしをしてるんでしょうかね。
一度見ておきたかった祖師谷大蔵での偉人の銅像をパシャリとしてきました。
二駅の距離ですからテリトリーなんです。





2008/08/18

随分空けてしまった。すみません。
14日企画が終わり(来た人有難う)、16日に久々にオールナイトのイベントにも出演させてもらった。
久々にDJで馬鹿馬鹿しいプレイをして、自分はしょうもなかったけど楽しいイベントだった。
なんだか疲れていたので丸一日寝転んだりして休養。
やはり夏は自宅が一番です。
しかし夜がとても涼しくなった。夜なんかもう秋を感じます。
こんな時期、季節の変わり目、温度差が激しい時に体調をくずんじゃなかろうか。
あぶないですよ、皆さん気をつけなさい、と言おうとしたら自分が駄目で

 

2008/08/13
遂に明日だ。
19時だよ!
下北に!集合ぉ〜

 

2008/08/11
遂に待ちに待った企画イベントの日があと三日後。
来てほしいような来てほしくないような感覚。
この感覚は本当京都METROでイベントをやりだした時とまったく変わらずいつもピリピリします。

 

2008/08/08
いつもtalk to meのデモCDジャケットを作成しているのは何を隠そうこの自分なのだが(フフフ)、デモCDとはいえファーストコンタクトはやはり視覚。まず見られるのは外見。バブル時代の一斉を風靡した軟派番組「ねるとん紅鯨団」の告白文句でも「第一印象から決めていました。」なんてのがとても多かったぐらいなので、やはりナンダカンダ(こんな歌もありましたね)言っても見た目は大事だ。
それはやはりCDで言うところのCDジャケットということになるだろう。
なのでいつも音楽録音後に、ウヒーと別の脳を使った戦いが始まるのが自分の中の恒例行事なのだが、何分デザインなんてもののセンスにかけては極貧。
いつも一応イラストレーターなんて複雑な絵画ソフトを立ち上げてみるも、うわー色々出来るもんだなぁ、すごいなぁ、時代って流れてるね、科学の勝利、でも時代の流れや科学の進歩って必ずしも良いことばかりではなかったりするんじゃないだろうかしらん、人間の喜びや悲しみの触れ幅はいつの時代でも同じって思うね、そうじゃない?君どう?なんてデスクトップに呟きながら途方にくれて、日も暮れて虚脱。
アー!って締め切り間近にこねくりあげたアイデアをまとめて妥協して構成して出稿。チープトリック。
…今回もやってもうたか、なんて反省しながら届いた出来上がりを見てみると、お?、案外ええやん、なんて気に入ってしまったりして。
センスに欠けているながらもなかなか可愛らしい作品群が出来上がっているのではないでしょうか、ね、なんてちょっといやらしい?どう思う?君見た?ほんとにちゃんと見た?なんて今夜もデスクトップに。

 

2008/08/04
talk to meの録音も全て終了し、後はMIX&マスタリングの最終調整のみ。
またまた面白いものが出来そうです。早く出来上がったのを聴きたい。
この発売イベント、8月14日「talk to you vol.08」がもう近いです!あと10日しかない。
もう八回目、まだ八回目のこのイベント。
いつも出てくれるアーティストは面白い人ばっかです。ね。ウジャウジャとつまんない人多いもんね。だと思ってる。何様だおまえ、なんて感じである。
今回の愉快なアーティスト達。
古くから親交があって京都のイベントにも呼んだことがあるテルスター。
BURGER NUDSの頃に一緒にやったり、メンバーも親交が多いGOOD DOG HAPPY MEN。
これは変なイベントになりそうで大変いいです。
お盆真っ最中だと思いますが、皆さんぜひ!8月14日下北沢club Queに遊びに来てはどうでしょうか。是非待ってます!
チケット予約はこちらから→talk to meチケット予約フォーム