カタテマ日記

2007/05/30
二日間のライブ終了。
5/28はヤノヒトリでの出演だったのですがタバコをやめたのが効いたのか、自分としては声がグワッと出ていい調子。Dコードで綴るビートルズメドレーも上手くいきご満悦ですよ。
キャバンクラブから本物のビートルズコピーのユニットの方も出演していてそりゃディズニーランドのような雰囲気でした。なぜかその方々に「僕の彼氏」とか訳の分からん呼ばれ方をしつつライナーは終了。
5/29はtalk to meライブ。新曲も交えつつぶっ飛ばしライブ。いい流れだねこのバンドは。ちょっとMCでウダウダしちゃったけどま、ご愛嬌かな…?
プロペラの皆さんも人間力が最高。さすがさすがの貫禄ライブ。本当以前から知り合っている大先輩ですからね。彼らのライブ中ステージ上で突然「矢野君、頑張ってるね!」なんて叫ばれて、ドギマギしてしまったけどなんかめちゃくちゃ嬉しかったのです。
来てくれた皆本当に有難う!



2007/05/27
セイコちゃんがTVでスペシャルライブと名のって「赤いスイートピー」を歌っていた。
自分は不覚にも感涙。なんなんでしょう。
メロディ?歌詞?アレンジ?歌?俺がマッコリを飲んでてほろ酔いだったから?
最後のを除いて、その四つとも全部がいいよねあれ。特にワンコーラス終わるまでが完璧。宇宙。
でもそれだけじゃなくて、生の映像で見るセイコちゃんのオーラ。唄歌いとしての風格。芸能界なんてアコギな世界の真っ只中で、今もずっと必死に船を漕いでるサマ。これがもう心にギュンギュン。
なんかアバのダンシングクイーンの唄のイメージって、今あのセイコちゃんという人間がピッタリくるような気がしてならない。あの栄光と悲壮感。表と裏のエンターテイメント感。あぁ美しい。
自分もエンターテイメントの人間としてみんなを感動させたいものだ、と拳をググ。あぁやるぞとウルルン。
そんな訳で明日、明後日とエンターテイメントします。
5/28は高円寺クラブライナーでビートルズがテーマのイベント。ヤノヒトリです。
5/29はtalk to meライブ。
気合入りすぎて赤いスイートピーを歌わないように頑張ります。



2007/05/23
禁煙生活。一週間経過。
よっしゃもろた。これはいけたでしょ。ムハハ。このタバコめ思い知ったか。
ただ今日の朝なんて、めっちゃタバコ吸ってた、夢を見た。そんでウワーっ!って。漫画か俺は。
でも普段は全然忘れるようになっているので、まぁ峠は越したんでしょうね。よかったよかった。
本当目覚めがいいですよ。びっくりするぐらい。
今まで前の日にボロクソになるぐらい飲んでた日なんて、朝起きた時もうマジで死亡する5秒前みたいな感じだったのですが、今はシャキッてなんとかなる。すげー。
でもタバコで体をムシバむ感じ、ダルってさせる感じって嫌いじゃないんだよなぁ…
いかんなー。俺Mだから、とか言ってまた吸わないようにね。未来の俺。



2007/05/20
禁煙生活実行中。
talk to meのブログのところのカウンタを見てみると、禁煙daysは四日を経過しているとのことだ。
どうだ俺。どうなんだ俺。
しかしウオオースイテーーとかなく、おだやかに煙草が生活から無くなっています。
これはいける。自然だ俺。いいぞ。
この四日間の間に相当なパーティの現場や、飲み会などにも参加しました。それはさも自分を試すかのように。さすがにちょっと呑んだ席では、まーまーそんな堅い事言わんと〜なんて、煙草の匂いが香しくなってしまった瞬間もありました。正直。今でもちょこちょこあります。
しかし大丈夫です。もう理由なんてないですよ。禁煙方法は意地。セラピーとか、パイポとかウルセー。
意地禁煙。
でも結構余裕ですーウヒーなんて調子こいたりして。また報告しまーす



2007/05/16
突然ですが、そして私事で申し訳ありませんが、私はここで高らかに宣言します。させてもらいます。
今日をもってワタクシ、タバコやめました。
こんなん聞いて自分の身近な範囲の人がこれを聞いたら、あ、またこの人言いよった。ハイハイ。
なんて言うだろう。しかしそれも自分の所業が原因でついたイメージ。何も言い返せない。
前回の(というのも可笑しいけど)ソレは折角一年ぐらい止めて、なんでか復活してしまったというアホみたいなパターン。
なんて精神薄弱なんだ!この俺のアホ!オタンチン!豚汁屋郎!
という訳でtalk to meリハ中に、ハルと俺で決心。ハルも俺もやめよう、なんて言ってたからいい機会です。喉にもいいと思うしね。最近みんな喉壊してるからな。本当流行ってるよ。みんなも気をつけてね。
こんなとこに書いてしまった



2007/05/14
talk to meはいつも笹塚というところで練習をしている。
いつも決まったスタジオを利用しているのでスタッフの人ともちょろちょろ話す機会も当然うまれる。自然居心地がよくなってくるってなもんだ。
今日は練習がないにも関わらず、練習がないのを知っていながら、このスタジオを訪れてみた。
そう、知っているにも関わらずだ。
店に入った自分の姿を見つけるやいなや、スタッフはあからさまにちょっとビックリ!してすぐ帳面をペラペラ調べだした。
「あれ…?矢野さんのとこ今日は…ありましたっけ?あれ?」
あーこの人は俺が今日練習がないにも関わらず、間違えて来てしまった人と勘違いしているようだ。そうだよね。そう思うよね。
「うん。やっぱり。今日はキャンセルされてますよね。今日は入ってないですよ…。」
そう。入ってない。なぜかスタッフの人はちょっと申し訳なさそうな顔をしている。スタッフ同士で顔をチラチラ見合わせながら独特な雰囲気になっている。
…オイオイ!何を言ってるのですかあなた。今日は入ってない。知っていながら来たのですよ。OK?最近調子どない?なんてスタッフの方と雑談を楽しんだ。そして自分は少ししてから帰った。
はー面白かった。



2007/05/11
浅草に行くのマッキ。
最近なぜだか古いこち亀(あの文庫版のやつね)にはまってしまっている自分はとってもタイムリー。
下町情緒に一通りウハウハしてから、神谷バーという老舗の居酒屋へ。
ここは電気ブランの発祥地。なんと明治時代からの創業という凄いところだ。
入るともうワヤクチャ。老若男女問わず大声でグワードワー。大歓声のよう。高度経済成長期を支えてきたのは俺達である、みたいな雰囲気の庶民パワー炸裂。
うわーすげーなんて圧倒されていると、なぜだか一番奥に陣取るお爺に手招きされる。ここ空いとるで〜なんて。座ったらもう50〜70歳ぐらいのお爺グループに囲われてえらいことに。
いつか呑んだ電気ブランってもうイメージどおりの工業用アルコールって言ったら言いすぎだけどそんな感じで全然旨くなかったけど、ここで呑んだ電気ブランはとっても旨かった。なんとアルコール度数45%。
最初の一杯買っただけで後はお爺からどんどん注がれる注がれる。アワワワ。もう勘弁。
話によるとこの店のこの奥の場所には普通の人は座れない、ここはスーパー常連しか座ってはいけない、ほらそこの人昭和3年生まれ、なんてディープ席だったらしい。うわー。
でもこんなとこってなかなかないよなー。リアルこち亀ですよほんと。みんな両さんみたいですもん。
お酒いける人は1回行ってみると絶対面白いと思うよ。ほら「神谷バー」で検索だ!
印象的だったのは、店出て帰る道すがら、さっき一緒にガハハハ騒いでたお爺がいて、一瞬目があったんだけどスッと帰っていった。騒ぐ時騒いで現実にスッと戻る。下町パワーを垣間見た気がした一日でした。



2007/05/08
満員電車を降りて、混雑する駅内。駅の通路は競歩のような歩き方の人たちでごった返す。
ズダダダダダって揉みくちゃになりながら皆一生懸命流れにのって歩いてんのに、突然前の人が「あ、売店。お菓子買わな。」なんていきなり立ち止まる。うわわわ、後続の人たちは流れがストップしてめちゃくちゃ。ドタバタなありさま。
この類の人達。後ろの人に悪いかな、流れが止まっちゃうのでちょっとずつずれて左に行こう、という発想が脳から欠如した類の人達。俺がお菓子を手に入れるためには後ろの人なんて知らん、みんな止まれや、なんて集団生活で自我を炸裂させる人達。
この類の人は出来るだけ早く絶滅するべきである。突然現れた宇宙人になんか輪っかのビームでキャトルミューティレーション。駆逐されるべきだ。人類の総人口の1〜2割ぐらい減るのではないでしょうか。そうしたら未来人間の食料問題も少しは緩和されるかもしれない。なんてアナーキーイン THE 今日でした。



2007/05/05
俺の大好きなPLAN9の芝居を見に行った!
なんか好きなだけにTVを沢山の人で一緒に見てるという感じがついて離れなかったけど、芝居って面白いね。はまる人の気持ちが分かる。
やっぱり彼らは素晴らしい個性の集団。ああ面白い。
ヤナギブソンはフラテリーズとか好きらしいしね。ってよく分からんか。
帰りの酒屋で知らないおじさんに、とっても高い焼酎というのを奢ってもらってしまった。まぁ呑めよなんて。銘柄もよく覚えていない。すまん知らないおじさん。



2007/05/02
talk to me東京大阪ライブの強行軍が終了。
みんなよく歌覚えててくれてどんどんノリが熱くなっていくのをみてとても嬉かったね。
大阪の打ち上げでは山田ワラオウさんの武勇伝祭り。最高に笑えて痛快な人生劇場。あの人芸人より面白いわ。
さてどんどん曲をあみ出さねば。神よ!降臨せよ!