カタテマ日記



2005/08/31
今日は第3世代緊急記者会見イン・オーサカの日。
俺企画なので色々用意し新幹線で慌てて大阪は扇町DICEへ。
こんなわけの分からないような変な企画にも、DICEの方達はとっても協力的で打ち合わせにも真剣に参加してくれる。熱いぜこのライブハウスは。
イン・トーキョーの時と基本的に同じスタイルでみんな正装で熱弁を振るう。
そして第3世代マスコットキャラクター選出会。
我らがサンプリングサンが提出したアシュラマン(三つの顔がある)のようなファニーなキャラクターはおしくも落選。いやー惜しい。
一般公募からのカワイらしいキャラクターに軍配が上がりました。詳しくは第3世代ホームページにそのうちアップされるでしょう。
そしてアホアホ企画、なにがでるかな弾き語り大会。
これは某TV番組でやっているようなホワンホワンしたサイコロにアーティストの名前が書いてあり、
お客さんに投げてもらい出た目にかいてあるアーティストが弾き語りを振舞うというアホ企画である。
今日の当たり目という目もあり、それはお客さんが弾き語りする人を逆指名出来るという目である。
俺の名前も出てしまい歌うことに。
そしてなぜか自分の持ち曲以外の歌を歌わなければいけないという縛りがいきなり出来てしまい、
俺はまたガンダムを歌うことに(哀戦士)。
そして今日の当たり目も出てしまい、なんとお客さんは司会進行役の栗原(ex真空メロウ)を指名。
彼は人生初の弾き語りを超緊張してやることに。フフフ。
ベーコンの神門も歌い、そして場は写真撮影会になり終了。
なにはともあれアホでした。
DICEでPAをやってくれたジャカランタンの滝井さんと飲み交わすために彼の家に宿泊。
兄貴はいいとこ住んでんなー。


2005/08/27

TABOO BAND解散ライブin下北沢QUEの日。
あれ、でもこれオールナイトだから8/28か?まいっか。
夏の終わりで超多忙なやつらばっかなので練習もろくに出来ずにしかも当日リハなし。
みんな不安を隠し切れずにメイクに没頭。
しかもこのまえのライブでは美容師さんがいたが今回はそれもいない。
やべーなんていいながらみんなでメイクのやりあい。要領覚えてみんなうまくなっているのが笑える。
しかもカフェロンシュンスケの阿呆はやる前に酔っておる。このあほー。
しかし一曲目は俺がソロで歌いだす名曲「ジュピター」だ!最高だ!
本当は俺が歌っている間に格好よく他のメンバーはうまいこと上手からスルスルと入ってくるはずだったのだが、このバカメンバー達は「矢野を驚かせよう」というだけの子供みたいな意思の元になんと客席から登場しよった。
!!ちょっとびびるが俺は今TABOO-BANDの暗黒のボーカリストなので微動だにしない。
調子よくガンガンやる。名曲ばっかなので最高。
お客さんも多分曲知らないはずなのによー盛り上がってくれる。いや有難い。
Queの店員はよーもりあがっとったね。
しかしこんなこといつまでもやっててもつまらんので今回でTABOO-BANDは解散です。
またなんか違うことでもするかもね。
次に登場したユニコーンバンドもいい曲ばっかやりよる。いいねえ。上手だし。
DJタイム。そしてなぜか俺はDJのやつにのせられてまた歌う。でもオモロイ夜だねえ。
シュンスケさんに肩車され、急速落下して地面に激突。いて!いかん・・・。俺も植木のこと怒ってられない。
昔最高にお世話になったアスカさんもイベントに来てくれていた。昔京都メトロでバンド界隈を凄く盛り上げた伝説店員であり、現ボニーピンクのマネージャーだ。おっすおっす。
イベント後これまたなぜか盛り上がったイベント関係者は近くのカラオケ屋に行き、大盛り上がり。
祐一と一緒にCHAGE&ASKAの万里の河を熱唱。俺達バンドを組もう!と約束をする。ダハハ。
こういうアホな夜がたまにあるといいよね。
帰りにポチョンとしたノラ猫を見る。うーん。いい日。
そして全然話は変わるがこの日記はブログの形式をとっていないので読んだら皆さん掲示板の方になんか書いてくれると嬉しいなぁ。なぁ。


2005/8/26

下北で河崎と飲む。
途中MONAレコードに行ったらなぜかダブルオー植木もいる。
こいつ最近よく会うなぁ。
MONAのイベントでなぜかこの男は今からベイブリッジまでマラソンをするという。
最大級のアホである。
しかもまえのライナーのライブでこの男は頭を打ってなんか三半規管がどうかしたとこかしてないとか。
ちょっと俺は怒っておいた。この馬鹿ものがと。
「俺が死んだら笑ってくれよ〜」なんて言ってたけど。笑えん。なめとる。


2005/08/24
TABOO-BANDリハーサル。
このバンドはみんな忙しいミュージシャン連中ばっかが集まってBUCK-TICKのコピーに没頭するちょっとどうかしてるバンドである。こんないい大人の人達がコピーバンドに熱中だ。ダハハ
中学生の時に相当はまっていたので、スタジオでそんなのをそのまま再現出来ると相当楽しい。
ウッヒャー!!だ。
みんなにこのウッヒャー感と馬鹿真面目さを伝えるためと、自己満足のためにやるのである。
特に後者の方が強いのが困ったものだ。しかも圧倒的だ。
しかしリハまた一回・・・。どうなることやら。


2005/08/22
今日はオフの日。
ってか俺滅茶苦茶日記書いてんな。よーやるよ。
なぜか夜にOO TELESA(ダブルオーテレサ)のボーカル植木が家にやってくる。
まあ彼は家が近くて気があうやつだからよく来るんだけど。(ちょっと一杯ってな感じで)
色々近況のバンドとかの最新音源など聞きつつダラダラうだうだ。
しかしあいつの最近の活動はすごい。
バンドでもソロでも司会でもDJでもなんでもむちゃくちゃになってやってる。
いいね。相当今日しんどそうだったけど。
やっぱロック野郎は最高だね。
俺も刺激を受けます。また呼び出そう。


2005/08/21
第3世代東京ライブ4DAYSの4日目。
今日の出演者は我らがサンプリングサン、NITT、エレキベース、ハミリーコンプータというメンツ。
いいじゃないこの日。
エレキはアメリカ帰り、帰国一発目のライブ。さすがにエンターテイメント王国で修行してきただけあって良い意味で緩く、幸せな雰囲気になるライブ。エレキっていいよなー。
ハミコンはお家芸のヘンテコな音楽をガッツリと見せ付ける。とっても熱い。
そしてニット。この人らの音楽いいよなー。そしてこの日のニット兄のロックギターぶりといったら!
モニターで見ててめちゃめちゃ燃えましたよ。
そして俺らは4DAYS最終日の最後を務める訳で大トリ!の出演。
スタッフやバンド達も期待を持ってこの出順にしてくれた訳ですから、そりゃ燃えますよ。
ズドバゴーン!と界王拳三倍のいきおいでやってやりました。
お客さんもとってもキラキラした笑顔で楽しんでいるようで場内は最高の雰囲気でしたね。ありゃすごい。
今日は酔っ払う。あれれれーー。しゃべりすぎだ。
第3世代の初っ端スタートとしてはなかなか面白いことになった4DAYSだったんではないでしょうか。
第3世代面白いぜ!



2005/08/20
第3世代東京ライブ4DAYSの3日目。
今日の出演者はザ・ガールハント、The Strikers、FREEZER NOIZE、Multi Colored Voxというメンツ。
ストライカーズはライトセーバーを振りかざすパフォーマンスを見せる。悔しい。
今日のストライカーズはとっても良かった。うおお!と燃える。
ガールハントは増沢がすげえ気合を入れててなんとも感情むき出しの熱いライブ。
やりますなー。そしてなんといってもBASSクリック(栗原)はいつもより1.5倍ぐらいかっちょよい。
よっしゃ俺もやるぜ!ということでスタッフの人に任せて今日は打ち上げの席も程々に帰宅する。
うーん俺も大人になったものだ。
そしてその打ち上げショットを一枚。



2005/08/18

第3世代のイベント新高円寺クラブライナー4DAYS初日。
今日はラッキー13、ニルギリス、OOTELESA、BANKS$というバンド達の出演。
お客さんは大入りでとても暑かった!
あちーあちーと思っていたら空調がなぜかプスプス止まっていたりして。おい!
しかしみんなの気合が凄くてイベントはかなり面白いことに。皆気合入りまくり。
BANKS$はとってもよかったなぁ。
俺は薄ピンクの第3Tシャツを着て売り子してたりウロウロ仕事してたり。
しっかし素敵な馬鹿野郎どもですなー。みんなキラキラしとるよ。
俺も21日最終日に向けてムハムハと盛り上がってきてしまいました。
みんな良かったらこの空気感を体感しに来て下さい。
             
ガールハント増沢の           そしてそれを乾かす              打ち上げ風景
第3世代旗作りに奮闘の図
      ラッキー13イタル君


2005/08/17
今日は下北沢QUEに行き、シュリンプエッグチリソースというバンドの企画のイベントにお邪魔。
シナトラだったりハンサム兄弟だったり。
サブステージでゲーマーズというアコースティックデュオが参加してたんだけどこの人たちがまた凄くて。
アコギ二本だけで昔のファミコンゲーム音楽をそのまんま再現する楽しい人達。
ドラクエの色んな音楽だったりスーパーマリオの音だったり。
昔お母さんに怒られながらポチポチとゲームしてたりした日々も思い出したりして、ウゥイエーイって凄い盛り上がっちゃいましたよ。ああおもろ。
その後はなぜかNITTとオーノキヨフミ君と下北のせっちゃんへ。
やべー明日は第3イベント初日。しかしだらりと帰りは朝。



2005/08/15
今日の夜エレキベースのやつらがアメリカツアーから帰ってきたというので早速会いに行った。
家に行ったらエレキベースのギターの亀田君が疲れ果てて眠りこけていたが、無理やり起こし無理やりアメリカ話を聞いた。いやー本当に盛り上がったそうで。そしてその中でもとってもおもろい話が、
なんとあの天下のワシントンポストに記事として取り上げられたそうな!
なんとファンタスティック!
その記事はこれだ↓
(インターネット特有の翻訳ページですがこの翻訳がまた最高)。
エレキのワシントンポストの記事
すげえぜエレキ!笑かすぜエレキ!いやー俺もアメリカでモヒャーってやりてー。


2005/08/14
今日は夜から中嶋(スパイロ)の弾き語りがあるということで誘われていたが、行けず。ごめんよ。
少し休み気味の日に。


2005/08/13
今日は深夜から第3世代のまた企画が新高円寺クラブ「ライナー」であった。
もう俺限界。とにかく寝たい。
この企画は沢山のバンドマンがカレーを作りあい、お客さんが食べ、一位を決めようというイベント。
どこのバンドが一番カレーを作るのが上手いか。
はっきり言ってどうでもいい。アホである。
このイベントで一位になったバンドにはその日の売り上げ総取りというシステム。
第3世代資金にはまったく還元されない、これまたまったく未来を考えていない思いつきアイデア一発である。
しかしバンドにしてみりゃ魅力的であることにはかわらない。
それを受け、我がサンプリングサンからはBASS担当のノムが出品。
彼の自慢とする牛スジと大根を入れたカレーというちょっとかわった一品である。
しかしこれがまたなんともンマイ!のだ。
そして味だけの勝負ではなくエンターテインメント性を取り入れなくてはイカン!と考え、ノムの補佐にドラム河崎をつけ、彼らにコックさんのコスプレをするようにと命じる。ふふ。
河崎はちゃんと三時間もかかって背の高い帽子などを見事に作り上げ、ルックスは最高のものとなった。
そして味見の段階ではバンドマン界隈ではノムカレーは評判最高。
やる前のゲバ表では一番であるという。よしいいぞ。
しかし始まってみると結果は惜しくも惨敗。ガールハントチームの勝利に終わった。
お客さんには少しずつしか配らないということを考え、味を濃い目に、挽肉大目に入れたというガールハント栗原の思惑が見事に的中したとのこと。凄いね。
惜しくもカレー対決は負けましたが、皆相当おいしいカレーを作ってきましたね。俺もちょいちょいみんなの食べたけど。でも匂いがライブハウスに相当充満して(当たり前)、相当やばい状態に。もうちょっと空気が黄色だ。
お客さんもあれよくモリモリ食べとったね。ステージから見るみんなにカレーを配る景色は、第二次世界大戦時の配給制度のようで相当危ないことになってました。
その後弾き語りタイムに。
俺は相当フラフラで出場してしまい、あまり良く覚えていない。
弾いてたギターをめんどくさくなって誰かに演奏させて歌ってたのは覚えている。
あとインディア!というコールアンドレスポンスをしたのとインド的な動きをしたのは覚えている。
いい大人はあんなステージをやっちゃいけません。反省。
相当体がカレー色になり、へとへとになってタクシーで朝帰宅。
はよ休もう


2005/8/12
本日は俺らが東京に来て初の企画
「Sunpling Party vol.01」という企画イベントの日だ。ムホー!
本当に本当に全部自分らでやっちゃいました。だから相当周りには迷惑かけたと思いますが・・・
当日になって全体のチケット売りを総合して、ソールドアウトだということが判明。激あぶねえ。ちゃんと事前に止めないと。Tシャツもギリギリだったし。まったくもうハラハラだよおい。
今回はMCでなべやかんさんが登場してくれて、なんだかよく分からない雰囲気でしたがあれはあれでアリだよね。軍団の話とか、やばい仕事の話とか面白い。ドワハハと笑ってしまいました。本当にあの人は打ち合わせの段階からとっても真面目でした。そして背があまりにも小さかった。
もう一人のゲスト、ワハハ本舗の元氣安さん。あの壮絶な猥褻攻撃。核弾頭のようでしたよ。そしてあの5分のために20分間体にペイントしていたプロ魂。畜生、やる。
プレクトラムのタイスケさんもツボを突いたDJ。あぁあの人のセンス最高。
ライブはストライカーズメレンゲもとってもいいライブをやって、俺らも負けてなるかといいライブをしました。
バンドにもMCにもDJにも負けるかー!と。
最高に楽しかったです。そして演奏中ちょっと感動しました。
時間が少なかったのが申し訳ない気分で一杯。口惜しや。
京都でやっていたサンシャインとは自分の気分としては同じなんだけど、何か違う感じです。
色々演出を作っている感じの楽しさだとかは同じなんだけど、今回のこのイベントはちょっと何か違う方向だったという感じがする。
サンシャインは自分の周りの友達にいいバンドを紹介したい、という目的から始まったけど、今回のイベントは外に向けた感じ。もっと俺の知らない外へ。
どっちもとても面白いことだとは思うけどね。
いやしかし自分で言うのもなんだが、
最高のイベントだった!
そしてまた、
俺が一番楽しんだ!
これはいつも変わらない・・・


2005/8/11
今日は第3世代というムーブメントの発表記者会見があった。
下北沢モナレコードである。ナイスでヒップな場所だ。
ナニを隠そうこのイベントの仕切りをしたのは俺なのである。ふふ。
しかもこんなイベントなのにチケットはソールドアウトという。お客さんも相当だ。
出演側には正装でピッチリきめてきてもらった訳であるが、なかなかアーティスト達の普通のスーツ姿を見るのは変なものである。蝉時雨のイズカ君なんかはもう120%違和感がない。そのまま丸の内オフィス街に放り出してもそのまま上手く着地して、その足で営業に行ってくれそうである。しっくりしすぎだ。
しかし会見中フラッシュがパシャパシャとあんなに瞬いていたのは圧巻でした。おぉまさに記者会見!
そしてその後、アーティスト達が下北沢の街に繰り出し、一斉に各所で弾き語りを始め出すという弾き語りジャックイベントに。
そのアーティスト達の演奏場所をお客様が投げるダーツによって決めました。アホでいいよね。
俺は下北沢北口に決定。
路上で弾き語るなんて相当久し振りの体験で最高でしたよ。スッカーとしますよ。途中でガンダムの曲を戯れでやった時に、ソレっぽい人達がウロウロ足を止めてくれたのはなんか嬉しかったです。
下北沢北口が相当いいカオスを形成し始めた時に増沢から
「矢野さん、やばいっす。苦情がやばいっす。すぐ中止して集合して下さい」
とのこと。
結局中止でそのイベントは終了・・・
ま、そりゃそうだ。
他の人はガンガンやったりしてるのにね。エコヒイキだ!
しかしお客さんの顔だったり、好奇心だったりがとってもいい感じに出ているのが伝わってきて、第3世代としての最初の企画としては成功だったんじゃないかなと思います。
終わり


2005/8/10
日記コーナーなんて作ってしまった。
しかも作り上げるまでに結構な時間をかけて・・・。まったくこの忙しい時に何をするか。
そういうときに限ってこういう無駄なことをやりたくなってしまうもので。
またなんか皆さん助言ありましたら申しつけ下さい。
写真とかもバンバン載せていこうと思いますので皆さんお楽しみに。


2005年8月9日
今日は京都からお友達である片山ブレイカーズ&ロケンローパーティ」という変な名前のバンドのライブに遊びに行ってました。高円寺はUFOクラブです。ウゥイエイ!
ライブは元気一杯で大迫力の良いライブでした。皆さんにもお勧めします。
しかしこの子らいつも東京に来るたびに俺を呼び出すの。そんでどっかいい店(勿論飲み屋)紹介して〜なんて駄々をこねるものだからいつも下北の居酒屋さんで飲み会ですよ。
ウゥイエイ!なんて叫びながら。ワーイワーイ。
いい感じでほろ酔いになったぐらいだったんですが、そのバンドのベースのトム君て子がナゼか新宿(?)の路上で寝てしまっていて、友達に助けられてなんとか事なきを得たということだったらしい。アホである。
そんで今日のこのライブの時のMCで、俺との飲み会の事とかをぺらぺらしゃべりよるものだから俺はウロウロとライブハウスで肩身の狭い思いをしてしまいました。
当然今日も打ち上げ。高円寺近くの白木やでパーティ。
ギターパンダさんだとかシナトラだとかエビの女の子だとかバンドから抜けてボーカルだけで成りあがろうとしてる人だとか。ほへー。
色々な人ごった煮の高円寺パーティは朝まで続くのでした。終わり。


2005年8月9日
なぜかこんな日記なんていうコーナーを作ってしまいました。
今まで更新の遅さがだけが抜きん出ていたいたこのカタテマノオトというページ。

しかしこんな日記なんちゅうのがあれば、とりとめもないことを書いても更新出来るわけです。
非常に便利です。今まで更新の度に過酷なまでの生みの苦しみを味わっていたものが(嘘にきまってますが)これならチョー楽チンです。チョーとか言ったらほんとに軽そうです。チョーチョー。
今まで無かったのが不思議ぐらいだったかもしれません。
本当は時勢に乗ってブログなるものに手を出そうとしたのですが
よく分からないままにウダウダしたもので、もう簡単なやつでいいや。
という訳で日記コーナー開設です。
もしかしたら他のコーナーに弊害が出るかもしれません。
でもそんなん知りません。試行錯誤です。日々なんてことのない日常が綴られていく事でしょう。
適当に見てやって下さい。宜しくお願いします。